目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

18 / 132ページ

第3章 昔むかしの(6)

 外はすっかり夜のとばりが下りて、窓の外には満天の星空が広がっていた。

 

「うわあ、キレーだなぁ!やっぱり、この辺りは空気いいんだ」

 

ふと視線を落としたボクは、窓ガラスに映る自分の姿に気がついた。そんなボクの後ろでたたずんでいた彼女。どこを見るわけでもなく、ただ目の前に視線を向けているだけ・・・一体何を思ってるんだろう。

 

「ほら、見てごらんよ。星、きれいだよ?」

 

彼女の手を引いて、外の星空を指差した。窓ガラスには全く表情を変えないまま星を見つめている彼女の姿が映っていた。その時ボクは、何となくこんな事を考えたんだ。

 
 

彼女は、自分がどんな姿をしているのか・・・知ってるのかな ────

 
 

って。

  

  

 「ね、そこに映ってる女の子・・・見て?」

 

ジッ、ジィー・・・キュ、キュ ──── 焦点を合わせようとする『瞳』、そのサーボ音が聞こえた。静かな夜は、彼女が『人間ではない』事をあまりにも残酷にさらけ出していた。

 

 

「見た?・・・それが、君だよ」

 

しばらくじっとしていた彼女は、おもむろに指で顔をなぞるようにして触り始めた。首を左右にゆっくりと動かしたり、アゴを上げたり引いたりしながら、その作りを分析しているようにも見えた。

 

「そのデータは、ちゃんと残しておくんだよ?君が、君である証なんだからね」

 

プログラムという名の鎖に囚われ、与えられた命令に従って行動する事しかできない彼女に『自由』はなかったんだ。ロボットである以上、自我を持つ事は絶対に許されなかった。でもやっぱり、ボクには彼女が『彼女』である事に何の意味もないとは、どうしても思えなかった。そこにはきっと

 
 

彼女がなぜ作り出されたのか ────

 
 

その理由があるような気がしたから。20年前にここで撮られた写真、そこに映っている『彼女』。・・・たしか、大澤博士がノアを作り始めたのも20年前だった。『20年前』・・・それが、重要なキーワードであるのは間違いなかった。

 
 

20年前に、いったい何があったのか ────

 
 

『それさえ分かればすべての謎が解けるかもしれない・・・!』そう思ったボクは、何から手をつければいいか分からなかったけれど、とにかくわずかでも残された手がかりを探そうと博士の机に向かったんだ。


第4章 不思議の国の(1)

 「・・・い。・・・おいっ、キミ!」

 
 

──── 待っててよ。今、君が生まれた謎を・・・解いて・・・

 
 

「・・・ちょっと、起きてっ」

 

「・・・ううぅ~ん。ちょ・・・ちょっと待って、まだ ──── あ・・・誰?」

 

 

 

 

窓から差し込んでくる眩しい太陽の光に手をかざしながら、眉をひそめて振り向いたボクの目の前に見知らぬ男の人が立っていた。メガネをかけて作業服を身に着けたその人は、すっごくニコニコしていた。だからちょっと、逆に怖かったんだ。

 

「俺は、工藤俊介くどうしゅんすけ。・・・実は、大澤征夫博士の助手をしてたりするんだ。おっ、今ので目ぇ覚めた?・・・おはよう」

 

「あっ、おはようゴザイマス!・・・あ、コレ」

 

『謎を解く』・・・なんていいカッコしておきながら、やっぱり寝ちゃってたみたい。そんなボクの体に、いつの間にかブランケットがかけられてた。てっきり、工藤さんだと思って見上げたらやっぱり楽しそうに笑ってたから

 

「かけてくれたんですか?」

 

「うん。きっと、ノアだろうね。俺はホラ・・・今来たばっかだから」

 

ノア ──── えっ、彼女が?・・・おや、そういえば彼女がいない。どこに行っちゃったのかな・・・?

 

「アイツなら、心配ないよ」

 

ボクがキョロキョロしていたら、工藤さんがそう言った。スッと出したその手の中には『携帯』が握られていた。

 

「電話するんですか?」

 

「と思うだろ?・・・これにはGPSってヤツが入っててね、それを使ってノアを追跡するんだ。あんまり、ここに長居しててもしょうがないし・・・とりあえず行こう!」

 

工藤さんは、まだ少し寝ぼけていたボクの腕をグイッと引っ張ったんだ。


第4章 不思議の国の(2)

 工藤さんについて部屋を出たボクは、床が土で汚れているのに気がついた。それは、うっすらと足跡のようにも見えた。ずっと奥のほうまで続いている。きっと、彼女のだ。

 

「また裸足で・・・」

 

「・・・やっぱり、靴履かせとけば良かったかな」

 

その時、今さらだけれどボクも

 

靴を『脱いでいない』

 

ことに気がついた。どうしようかと思って視線を落としたら・・・

 

「ああ、キミも・・・」

 

「どうしよう、脱いだほうがいい?」

 

「いやあ、この際だから・・・もうそのまま行っちゃえば?」

 

一人も二人も大して変わらないよ ──── って。・・・スゴいな、この人。ここって、たしか大澤博士の別荘じゃあ?それにしても、こんなにサラッとそういう事が言えるってことは、二人はきっと長い付き合いなんだろうな。それでも一応ボクは、被害が少なくなるようにつま先で、なおかつ彼女の足跡に重ねるようにしながらそぉ~っと歩いたけれどね。

  

 

 「ドアが開いてる・・・」

 

「念のために、カギ掛けてチェーンもしておいたんだけど・・・無駄だったな」

 

工藤さんは、頭をかきながらつぶやいた。彼は、玄関の横にある棚を開けてガサゴソと何かを探していたんだ。

 

「あったあった」

 

サッと彼が取り出したものは、キラキラとラメの入った白いサンダ・・・いや、ミュールだった。

 

「それって、彼女の?」

 

「そうだよ」

 

玄関を出ると、工藤さんは止めてあった車のそばに立ってポケットから携帯を取り出した。ちょうつがいが外れて斜めに傾いてしまっていた玄関のドアは、激しく壊れていた。ロックの決して細くない金属のでっぱりもポッキリ折れて、ガラスは開けられた時の衝撃で割れていた。チェーンはというと・・・切れずにそのまま引っ掛けるプレートごとごっそりドアに持っていかれてブラ~ンとぶら下がっていた。

 

「行くよ、乗って!」

 

工藤さんは、ボクにそう声を掛けると車に乗った。何となく無用心な気がしたから、そっとドアを閉めた形にした後、小走りで入り口の段を下りたボクは助手席に乗り込んだんだ。

 
 

奇妙なコンビを乗せた車は、乾いたエンジン音を響かせて彼女のもとへと走り出した ──── 。


第4章 不思議の国の(3)

 「あっ、そうそう!・・・キミはさ、どうしてノアと一緒にいたの?」

 

流れる景色をボンヤリ眺めていたら、ふと工藤さんがそんな事を言ってきた。

 

「えっ・・・それは」

 

「俺があそこに着いた時には、玄関にはちゃ~んとカギが掛かってたから。で、靴も履きっぱなしだったって事は『あー、あっちから入ってきたのか・・・』ってね」

 

「あっちって、もしかして・・・山の?」

 

「そう、そこ。まあ、一応『関係者以外立入禁止』・・・っていうか、『不可』って事にはなってるんだけど」

 

工藤さんが言うには、あの門は彼や博士の持つIDカードやノアシリーズに実装されているセンサーにしか反応しないらしいんだ。だから、あそこから入るためにはとにかく『関係者』と一緒にいる必要があった。

 

「俺や博士とならともかく、ノアと一緒にあそこまで行くのは・・・まず無理なんだ」

 

ボクは、うなずいてこう言った。

 

「基本的に、単独行動するようにプログラムされてるから」

 

「おっ、よく知ってるな。そう、その通り。ついて行こうとしても・・・下手すりゃケガしかねない。結構『人見知り』だし」

 

ひそかに後をつけようとしても、センサーで感知してるからすぐバレるんだって。だから当然『立入禁止区域』には侵入できない。その直前に『不審者とみなされて、排除される』そうだ。

 

じゃあ、ボクはどうして ──── ?

 

「何かのきっかけで、キミを『いいひと』だって思ったのかもしれないね」

 

・・・いや、絶対工藤さんのほうが『いいひと』だと思うんだけれど。見ず知らずの、言ってみれば

 

不法侵入

 

していたヤツなんかを何の疑いもなく平気で車に乗せるんだもの。

 
 

──── ノアが自分から、キミが一緒に行動するのを『許可』したってことさ。


第4章 不思議の国の(4)

 ノア ──── 彼女が事前に登録されていない人間に対して警戒レベルを解く事はまずないらしい。でも話を聞いていると・・・

 

『単独では処理できないような状況に陥っているノアに対して、それを補助したり命令を遂行するために有益な情報などを提供する』

 

そんな『協力』をする事で段階的にレベルが下がる可能性がある・・・そう工藤さんは言った。

 

「これが、今のに当てはまるか・・・分かんないんだけど」

 

ボクは、倒れていた彼女を見つけてから一緒に行動するまでの経緯を話した。

 

「 ──── それで、とりあえず彼女が起動した場所に行ってみようって・・・」

 

工藤さんは深く何度もうなずきながら、ボクの話に耳を傾けていた。

 

「なるほど・・・いや、ありがとう!よく水を飲ませてくれたね。ホントなら、しっかり補給しておくべきだったんだけど・・・何せ急だったから」

 

その時、ほんの一瞬かな・・・工藤さんが少し寂しげな表情をしたんだ。さっきまでとは、あまりに雰囲気が違ったから、ドキッとして言葉に詰まってしまった。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について