目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

15 / 132ページ

第3章 昔むかしの(3)

 「博士の部屋に、連れてってくれないかな。そこに行けば・・・何か分かるかもしれないから」

 

だからといって、もう今さら引き返せなかった。ボクはもう、

 

禁断の領域

 

に足を踏み入れてしまったんだ。彼女と行動を共にしようと決めた、あの時から。

  

  

 彼女は、入り口の扉のちょうど向かい側のドアに近づいた。すると、またロックが解除されたような電子音が聞こえた。ドアを開けて部屋を出たボクらの目の前に現れたのは、ほとんど何も見えないような暗い空間、その上のほうへずーっと続いていた白い階段だった。彼女の後ろについてその階段を上っていったボクは、疲れていたせいか少しずつ二人の間の距離が広がっていくのを感じた。声をかける気にもならなくて、ぼんやりと『心地いい足音』を響かせて上っていく彼女の背中を眺めていると、まるで

 

天国への階段を上っていく、天使

 

みたいだった。だんだんと暗闇に溶けていく彼女の姿に、

 
 

ひょっとして、このまま消えてしまうんじゃないか ──── 。

 
 

って、急に不安になった。だから、焦ったボクは階段を駆け上がって彼女の白い手を取ったんだ。

 

「・・・ごめん」

 

足を止めた彼女は、もちろんいつものように何も言わなかった。けれど、ボクの気持ちを指先で・・・しっかりと握り返してくれたその手で、受け止めてくれたんだ。そのまま、ゆっくり二人で階段を上っていった。しばらくして後ろを振り返ったボクは、下へ細く伸びる『白い道』がかすんでいるのを目にして、『もう、こんなに上ってきたんだ・・・』立っていた場所のあまりの高さに、思わず足がすくんでしまった。


第3章 昔むかしの(4)

 やっと階段を上りきると、そこにはハシゴがあった。天井にはハッチがあって、その表面にはパスコードを入力する装置があった。ここもやっぱり彼女の出番・・・と思っていたら

 

ピポパポッ・・・ピーッ ────

 

もうとっくに彼女はハッチを開けて、上に行っていたんだ。急いでハシゴを上ったボクは、ハッチの穴から少しだけ顔を出して

 

「ここは・・・」

 

「大澤博士の、書斎・・・です」

 

壁のスイッチを押して明かりをつけた彼女が言った。そこは、さっきまでいたあの『研究所』とはまるっきり雰囲気が違っていた。ゆっくりとハシゴを上って部屋に入った・・・その途端に何となくホッとしたのは、壁も床も一面木目の美しい木の板が張り巡らされていたからだ。もちろん閉じたハッチの部分も同じようになっていて、あまり目立たないように出来ていた。さすが博士・・・本棚には難しそうな外国語の本がびっしりと並べられていて、もうクラクラしちゃいそうだった。そんな『本の嵐』の中に日本語で書かれたものを見つけると、やっぱり安心するというか・・・嬉しくなった。・・・どれどれ?『究極の進化論 ~不気味の谷を越えてロボットは人間になりうるか~』ふむふむ、こっちは?『感情の数値化 ヒトの脳と人工知能の境界線』・・・うん、なるほどね。

 

「で、これは・・・『メカに魂は宿るか』?ああ・・・うん。それから、この本は・・・えっ、『死者を蘇らせる禁断の呪術』!?」

 

これだけ科学的な本がたくさんあって

 
 

死んだ人を、生き返らせる ────

 
 

なんて、あまりにも異質だった。でも、『異質』なのはその内容だけじゃなかったんだ。それは、ここにあるどんな本より、読み込まれていた。手垢で汚れた表紙、よれたページが何よりの証拠だった。


第3章 昔むかしの(5)

 「ん?・・・何だろ」

 

その本を閉じて棚に戻そうとした時だった。そこから一枚の紙切れのようなものが落ちたんだ。見ると、そこには

 
 

89年8月 深山の別荘にて

 
 

と書かれてあった。『・・・写真、かな』ボクはそれを拾い上げた。

 

 

 

緑の美しい木々に囲まれたログハウスをバックに、40代半ばくらいの男の人と高校生くらいの女の子が、肩を組んで幸せそうな笑顔で写っている。

 

あれ?この子・・・ ────

 

ボクの視線は、いつしかそばにいた彼女へ向けられていた。少し眠気のさしていた頭をしっかりさせようと頬っぺたを叩いて、目をゴシゴシこすった。もう一度写真を見る。・・・うん。今度は彼女を。・・・やっぱり、似てる。ボクは、写真を目の前に掲げて『三度目の正直』・・・彼女と見比べてみた。・・・うん、間違いないっ!

 
 

──── 彼女は、この女の子が『モデル』なんだ!!!

 
 

髪は長くなかったけれど、顔立ちは全く同じ。ぱっちりした瞳に長いまつげ、鼻や口元も本当にそっくりだった。それだけじゃなく、色白なところも。だからボクは思い切って、彼女にこの写真を見せてみた。

 

「ここに写ってる人、誰だか分かる?」

 

「・・・データベース照合の結果、合致率97.85パーセントで大澤征夫博士・・・と推測されます」

 

しばらく二人を交互に見ていた彼女は、男の人のほうで視線を留めてこう言った。でも、それは・・・ボクも何となくそんな気はしていた。

 

「じゃあさ、こっちの・・・女の子は?」

 

じっと彼女は『自分』を見つめていた。・・・長いな。博士の時と違って、今度は『検索』に妙に時間がかかっていた。

 

「まだ?・・・まだなのかな」

 

そうして気をもむ事数分、彼女はようやく顔を上げて

 

「データベース内に、当該データが存在しません」

 

そんなバカな・・・。こんなに楽しそうに笑っているのに、この二人が全くの他人なんてあり得なかった。

 

「ほらっ、たとえば大澤博士の知り合いとかさ、いるんじゃないの?その・・・家族とか親戚とか」

 

また数分の沈黙。その後は、やっぱり・・・

 

「データベース内に、当該データが存在しません」

 

そう。・・・きっと『彼女』のデータは、博士自身が意図的にインプットしなかったんだ。

 

「君と・・・そっくりなんだよ?」

 

「・・・」

 

後ちょっと、もう少しで謎が解けるかもしれないっていうのに。ボクは、もどかしくてたまらなかった。

 

「じゃあ、君のモデルはっ!?・・・NHP-001は、一体誰がモデルなの?」

 

「データベース内に、当該データ ──── 」

 

「もういいっ!!!・・・もう、いいよ」

 

大澤博士は『彼女』に関する事を、何もかも隠そうとしていたんだ。


第3章 昔むかしの(6)

 外はすっかり夜のとばりが下りて、窓の外には満天の星空が広がっていた。

 

「うわあ、キレーだなぁ!やっぱり、この辺りは空気いいんだ」

 

ふと視線を落としたボクは、窓ガラスに映る自分の姿に気がついた。そんなボクの後ろでたたずんでいた彼女。どこを見るわけでもなく、ただ目の前に視線を向けているだけ・・・一体何を思ってるんだろう。

 

「ほら、見てごらんよ。星、きれいだよ?」

 

彼女の手を引いて、外の星空を指差した。窓ガラスには全く表情を変えないまま星を見つめている彼女の姿が映っていた。その時ボクは、何となくこんな事を考えたんだ。

 
 

彼女は、自分がどんな姿をしているのか・・・知ってるのかな ────

 
 

って。

  

  

 「ね、そこに映ってる女の子・・・見て?」

 

ジッ、ジィー・・・キュ、キュ ──── 焦点を合わせようとする『瞳』、そのサーボ音が聞こえた。静かな夜は、彼女が『人間ではない』事をあまりにも残酷にさらけ出していた。

 

 

「見た?・・・それが、君だよ」

 

しばらくじっとしていた彼女は、おもむろに指で顔をなぞるようにして触り始めた。首を左右にゆっくりと動かしたり、アゴを上げたり引いたりしながら、その作りを分析しているようにも見えた。

 

「そのデータは、ちゃんと残しておくんだよ?君が、君である証なんだからね」

 

プログラムという名の鎖に囚われ、与えられた命令に従って行動する事しかできない彼女に『自由』はなかったんだ。ロボットである以上、自我を持つ事は絶対に許されなかった。でもやっぱり、ボクには彼女が『彼女』である事に何の意味もないとは、どうしても思えなかった。そこにはきっと

 
 

彼女がなぜ作り出されたのか ────

 
 

その理由があるような気がしたから。20年前にここで撮られた写真、そこに映っている『彼女』。・・・たしか、大澤博士がノアを作り始めたのも20年前だった。『20年前』・・・それが、重要なキーワードであるのは間違いなかった。

 
 

20年前に、いったい何があったのか ────

 
 

『それさえ分かればすべての謎が解けるかもしれない・・・!』そう思ったボクは、何から手をつければいいか分からなかったけれど、とにかくわずかでも残された手がかりを探そうと博士の机に向かったんだ。


第4章 不思議の国の(1)

 「・・・い。・・・おいっ、キミ!」

 
 

──── 待っててよ。今、君が生まれた謎を・・・解いて・・・

 
 

「・・・ちょっと、起きてっ」

 

「・・・ううぅ~ん。ちょ・・・ちょっと待って、まだ ──── あ・・・誰?」

 

 

 

 

窓から差し込んでくる眩しい太陽の光に手をかざしながら、眉をひそめて振り向いたボクの目の前に見知らぬ男の人が立っていた。メガネをかけて作業服を身に着けたその人は、すっごくニコニコしていた。だからちょっと、逆に怖かったんだ。

 

「俺は、工藤俊介くどうしゅんすけ。・・・実は、大澤征夫博士の助手をしてたりするんだ。おっ、今ので目ぇ覚めた?・・・おはよう」

 

「あっ、おはようゴザイマス!・・・あ、コレ」

 

『謎を解く』・・・なんていいカッコしておきながら、やっぱり寝ちゃってたみたい。そんなボクの体に、いつの間にかブランケットがかけられてた。てっきり、工藤さんだと思って見上げたらやっぱり楽しそうに笑ってたから

 

「かけてくれたんですか?」

 

「うん。きっと、ノアだろうね。俺はホラ・・・今来たばっかだから」

 

ノア ──── えっ、彼女が?・・・おや、そういえば彼女がいない。どこに行っちゃったのかな・・・?

 

「アイツなら、心配ないよ」

 

ボクがキョロキョロしていたら、工藤さんがそう言った。スッと出したその手の中には『携帯』が握られていた。

 

「電話するんですか?」

 

「と思うだろ?・・・これにはGPSってヤツが入っててね、それを使ってノアを追跡するんだ。あんまり、ここに長居しててもしょうがないし・・・とりあえず行こう!」

 

工藤さんは、まだ少し寝ぼけていたボクの腕をグイッと引っ張ったんだ。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について