目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

12 / 132ページ

第2章 世にも奇妙な(5)

 そういえば・・・ひと駅か、ふた駅過ぎた頃だったかな。まあ、その前から『あれ・・・?』何かヘンだなって思っていたんだけれど、ちょっとオドオドした感じの

 

目つきのおかしいオニーサン

 

が、チラチラこっちを見ながらちょーっとずつちょーっとずつ『拡大』。・・・わざわざこの窮屈な人の波を縫って、にじり寄ってきたんだ。ボクは、何ていうかちょっと恥ずかしいんだけれど・・・怖くなって。彼女の手をギュッと握っちゃった。ボクのほうを見下ろしてくれたのに

 

「・・・ん」

 

黙ってうなずくしかなかった。このゾクッとする感じは、汗ばんだTシャツがクーラーで冷やされたからってだけ ──── だろうか。で、ついにそのオニーサンはボクたちの真後ろにピターッとくっついてきた。・・・はっ、鼻息が・・・きっ、気持ち悪いよぉ~・・・!!

 

「ね・・・ちょっと、あっち。あっち行こ・・・?」

 

聞こえてるかなんて分からないくらいの小声、囁きかな・・・でそう言って手を引っ張っていこうとしたその時、突然彼女はそのオニーサンのほうへクルッと顔を向けたんだ。

 

「・・・!!!???」

 

ボクも、その時だけは思わず吹き出してしまいそうになった。オニーサン、彼女に気づかれてないと思ったんだろうね。急に振り向かれたもんだからさ、もうビクウゥゥゥッッ!!!!ってなっちゃって。でも、まだトボけてたんだよこの人。吊り広告とか見たり、ほとんど息の口笛吹いたりして。ごまかせると思ったのかもしれないけれど ────

 

彼女の瞳は、ずっとオニーサンの動きを追っていたんだ。

  

  

 とうとうそんな彼女に恐れをなしたのか、オニーサンはそそくさと逃げようとした。・・・?してたんだろうね。でも何だか必死なわりに全然動いてなかったんだけれど。

 

「許可なく私の重要機密部位に接触する事は、禁じられています」

 

不意に、静かな電車内にこだまする彼女の爽やかな声。まただ・・・!!また彼女の


『警告』

 

周りの乗客の視線がボクたちに集中した。重要機密部位 ──── つまり『大事なトコロ』に・・・接触、さわったってこと。オニーサン、焦る!でも、逃げるに逃げられなかった。何故なら・・・

 

 

 

 

「イッテェッッ!!ちょっ、オイ何すんだよっ!?放せっ・・・!!!」

 

彼もまたオバさんと同じように、彼女の体に触れた瞬間に腕を思いっきりつかまれていたから。騒然とする車内、知らず知らずにボクらの周りに、若干スキマが出来ていた。そのせいで体を動かしやすくなったオニーサンは必死に腕を振り払おうとしていたけれど・・・

 

「俺が何したってんだよっ!?コラァッ・・・オォイッッ!!!」

 

もう最後のほうはね、ハアハア言っちゃって。疲れちゃったみたい。

 

「あなたは、許可なく私の重要機密部位に接触・・・しました」

 

『どういう事なの、チカン?』『やだぁ・・・!!』微妙な顔で首をひねりつつ、小声でそう話す女の人たちも。

 

「フザけた事言ってんじゃねえっっ!!!てめコラ、ぶっ殺すぞ!!!」

 

「・・・!!どっ、どうなの・・・?」

 

ロボットは、プログラムされない限り能動的にウソをつく事は出来ないはずだ。仮に、もし彼女に搭載されている人工知能がすごく優れたものであったとしても、彼女に与えられた命令は

 

『博士を捜索すること』

 

ただ一つであって、ここでウソをついて罪もない人をチカンにする事には当然何のメリットもないんだ。だから・・・

 

「間違い・・・ないんだよね?」

 

「はい。重要機密部位への、不特定な接触・・・は第一級の脅威とみなされます。したがって、このようにその脅威・・・を排除した、というわけです」

 

そう言って、オニーサンの腕を上げて見せる彼女。シーン・・・と水を打ったように静まり返る車内。やっぱり・・・慣れないよね、この口調。だって

 

『ヘンなところを触ってきたんですっ!!』

 

じゃないんだもの。

 

「証拠はあるのかよっああっっ!?・・・次の駅で降りるんだから、放せっ。・・・オラ早く放せバカッッ!!!!」

 

証拠なんて、そんなの・・・あるはずなかった。たとえ彼女の『瞳』がすべて記録していたとしても、その時にはもう

 

このオニーサンは、捕まっていた

 

んだ。だからきっと、ごまかしている様子しか映っていない。

 

「・・・ボクは、君を信じてるよ?でも・・・ホラこの人、もう降りるんだって。だから・・・ ──── !!」

 

のどが詰まりそうになった。『放してあげて』なんて絶対、口が裂けても言えなかった。そしたら結局・・・

 
 

──── 痺れを切らしたオニーサンが、強引にその手を振り払って・・・降りてったんだ。


第3章 昔むかしの(1)

 ・・・まったく、とんだ騒動に巻き込まれちゃったけれど。あれから、ボクたちは電車を乗り継いでようやく目的地である深山みやま駅に到着。外へ出ると、そろそろ空はオレンジ色が濃くなり始めていた。

 

「ここからは、近いの?」

 

「ラボまで距離は、約10・・・キロメートルです」

 

それが、いくら遠くても。・・・ここからは、もちろん『徒歩』で。疲れを知らない彼女に導かれながら、ボクは駅の自販機で買ったスポーツドリンクを飲みのみついて行くのがやっとだった。お手々つないで仲良く・・・って言うよりはヨタヨタと引っ張られつつ。

 

「ここ?」

 

まぶしい西日に目を細めながら歩き続けていると、てっきりそこにあると思った都会的な高層ビル群を抜けて、静かな住宅街へ。『こんな所に、そんな ──── 研究所なんてあるのかな・・・』なんて思ってたらやっぱりそこも『無視』して。やがてボクたちは、ひと気のない山のふもとにポツンと据えつけられた鉄の門の前にやって来ていたんだ。

  

  

 「もう・・・ゴールだよね?」

 

彼女はスッと腕を伸ばして、手の甲あたりを門の前にかざした。

 
 

ピピッ・・・ガチャリッ ────

 
 

すると、そんな音がして扉が少しだけ手前に開いた。彼女に続いて中に入ったボクは案外重いその門を引っ張って閉めた。再びガチャリと音がして、門は自動でロックされた。場所に似つかわしくない『テクノロジー』が、

 

ここには、たしかにそういった研究をしそうなトコロがある

 

それを物語っていた。ボクたちは更に、うっそうと茂る森の中の険しい山道を登っていった。舗装もされていなかったので、さすがに登山道のようにはいかなかった。何度もずり落ちそうになったけれど、その時にはさすがに彼女の力が心強かった。

  

 「えっ・・・ひょっとして、ここがその ──── ラボ?」

 

まだ山の中腹のような気がしたのに、ボクたちは突然開けた場所に出たんだ。思わず後ろを振り返ったボクは、通ってきた住宅街の小さな灯りを目にした。目の前に現れた建物はピラミッドの先端を真横に切り取ったような形をしていた。それは後ろ側がわずかに山にめり込んでいるようだった。正面の大きな鋼鉄製の扉の上にはやっぱり、監視カメラが。

 

『いよいよ、それらしくなってきたぞ・・・!』

 

ボクは、胸の高鳴りを抑え切れなかった。


第3章 昔むかしの(2)

 そんなボクとは違って、いつもいたって冷静な彼女は、その扉に近づくともう一度パッと手をかざした。

 
 

ピー、ピー・・・ガッコゥンッ!・・・グウゥゥゥゥン ────

 
 

それ相応の重々しい音を響かせてゆっくりと開いていくドアの向こうの暗闇へ、彼女は吸い込まれるように入っていく。どうやらこっちをうかがっていてくれたらしく、そんな事に全然気づかないで興奮しっぱなしだったボクは、おかげで閉まりかけた頃になって慌てて駆け込むはめになってしまった。

 

「フゥ・・・危なかったぁ・・・!!」

 

鈍い金属音と共に扉が閉じられると、それに連動して室内に明かりがついた。ボクはそこに広がる光景に思わず息を呑んだ。

 

「すごい・・・」

 

穏やかに空調が効いていてちょうどいい具合に涼しかったその室内は、何となく薬品っぽいスースーする匂いが漂い、そこには大きなコンピュータのサーバや、ロボットアームなど様々な『らしい』設備がずらりと並んでいた。壮観な眺めだった。歯医者にあるような形をした金属製の椅子は、ベッドのように水平にも変形するみたいだった。恐らく彼女は、ここで待機していたんだろう。近くにはパソコンもあった。大澤博士は、きっとこれを使って彼女を起動させたに違いない。少し埃の積もったキーボードに触れながら、ボクはいよいよあの時の事を聞こうと思った。森の中で倒れている彼女を見つけた、あのときの事を ──── 。

  

  

 「君は・・・どうして、あの森で倒れてたの?」

 

「著しいエネルギー低下により、セーフモードへ移行しました。その後、緊急シグナルを発信し ──── 」

 

「でも・・・そう、今みたいにさ?口動いてなかったよ」

 

「セーフモード中、音声システム以外は完全に停止します」

 

・・・あの『腹話術』のタネ明かしは、そういう事だった。でも、まだ気になる事があった。ここからあの森まで行くのに、いくら徒歩とはいえ彼女が36時間もかかるとは思えなかった。もしバッテリーがじゅうぶん充電されていれば、倒れる事はあり得ないはずだ。

 

「ここを出た時、君は水を補給されてなかった?」

 

「はい。ブート直後、私は既に設定により補助バッテリーでの稼動可能状態にありました。いかなる場合においても、行動可能な状態ならば命令の実行が優先されます」

 

ただ、あくまでも『補助』に過ぎなかったから。彼女に与えられた制限時間は・・・きっかり1時間。すぐにバッテリーは底をつきそうになった。水を求めさまよい歩いた彼女がたどり着いたのが、偶然にもあの公園だった。けれど結局そこでも満足に補給できなかった彼女は、とうとうあの森で倒れてしまった ──── というわけだ。

 

「それにしても、博士はどうして君をここから出させたのかな・・・」

 

「・・・」

 

何かを言いたげに見えた彼女の眼差し。その時突然、ボクはいやな寒気に襲われた。真っ白で整然とした室内があまりに冷たそうで、さらに体感温度を下げたからというわけじゃなかった。

 
 

ひょっとしてボクらは、ここに戻ってきてはいけなかったんじゃないか ────

 
 

ふと、そう考えてしまったからだ。


第3章 昔むかしの(3)

 「博士の部屋に、連れてってくれないかな。そこに行けば・・・何か分かるかもしれないから」

 

だからといって、もう今さら引き返せなかった。ボクはもう、

 

禁断の領域

 

に足を踏み入れてしまったんだ。彼女と行動を共にしようと決めた、あの時から。

  

  

 彼女は、入り口の扉のちょうど向かい側のドアに近づいた。すると、またロックが解除されたような電子音が聞こえた。ドアを開けて部屋を出たボクらの目の前に現れたのは、ほとんど何も見えないような暗い空間、その上のほうへずーっと続いていた白い階段だった。彼女の後ろについてその階段を上っていったボクは、疲れていたせいか少しずつ二人の間の距離が広がっていくのを感じた。声をかける気にもならなくて、ぼんやりと『心地いい足音』を響かせて上っていく彼女の背中を眺めていると、まるで

 

天国への階段を上っていく、天使

 

みたいだった。だんだんと暗闇に溶けていく彼女の姿に、

 
 

ひょっとして、このまま消えてしまうんじゃないか ──── 。

 
 

って、急に不安になった。だから、焦ったボクは階段を駆け上がって彼女の白い手を取ったんだ。

 

「・・・ごめん」

 

足を止めた彼女は、もちろんいつものように何も言わなかった。けれど、ボクの気持ちを指先で・・・しっかりと握り返してくれたその手で、受け止めてくれたんだ。そのまま、ゆっくり二人で階段を上っていった。しばらくして後ろを振り返ったボクは、下へ細く伸びる『白い道』がかすんでいるのを目にして、『もう、こんなに上ってきたんだ・・・』立っていた場所のあまりの高さに、思わず足がすくんでしまった。


第3章 昔むかしの(4)

 やっと階段を上りきると、そこにはハシゴがあった。天井にはハッチがあって、その表面にはパスコードを入力する装置があった。ここもやっぱり彼女の出番・・・と思っていたら

 

ピポパポッ・・・ピーッ ────

 

もうとっくに彼女はハッチを開けて、上に行っていたんだ。急いでハシゴを上ったボクは、ハッチの穴から少しだけ顔を出して

 

「ここは・・・」

 

「大澤博士の、書斎・・・です」

 

壁のスイッチを押して明かりをつけた彼女が言った。そこは、さっきまでいたあの『研究所』とはまるっきり雰囲気が違っていた。ゆっくりとハシゴを上って部屋に入った・・・その途端に何となくホッとしたのは、壁も床も一面木目の美しい木の板が張り巡らされていたからだ。もちろん閉じたハッチの部分も同じようになっていて、あまり目立たないように出来ていた。さすが博士・・・本棚には難しそうな外国語の本がびっしりと並べられていて、もうクラクラしちゃいそうだった。そんな『本の嵐』の中に日本語で書かれたものを見つけると、やっぱり安心するというか・・・嬉しくなった。・・・どれどれ?『究極の進化論 ~不気味の谷を越えてロボットは人間になりうるか~』ふむふむ、こっちは?『感情の数値化 ヒトの脳と人工知能の境界線』・・・うん、なるほどね。

 

「で、これは・・・『メカに魂は宿るか』?ああ・・・うん。それから、この本は・・・えっ、『死者を蘇らせる禁断の呪術』!?」

 

これだけ科学的な本がたくさんあって

 
 

死んだ人を、生き返らせる ────

 
 

なんて、あまりにも異質だった。でも、『異質』なのはその内容だけじゃなかったんだ。それは、ここにあるどんな本より、読み込まれていた。手垢で汚れた表紙、よれたページが何よりの証拠だった。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について