目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

7 / 132ページ

第1章 眠れる森の(5)

 「・・・あっ、やっぱり。ケガ、してるね」

 

ロボットがケガ? ──── しないのは、もちろん分かってる。でもボクは、反射的に彼女の足に目をやっていた。『転んだ時に、ひょっとして・・・』なんてね。やっぱり、すねのところを擦りむいているみたいだった。かがんで様子を見てみたら、皮膚が縦に数センチくらい裂けていた。痛そうだなって、ほんの一瞬思った。そりゃ血は出ていなかったけれど、人間なら

 

骨が見えている

 

のと同じだったから。『ゴメンね?・・・ちょっと痛いけど』ついついそう口走ってボクはちょっとだけ皮膚を開いて中を覗いてみた。痛そうな顔一つしないで、そんなボクを見下ろす彼女。予想通りのメカニズム・・・金属の骨組みや、いろいろな色の配線が見える。やっぱり、このままじゃマズいかもしれない。ボクはポケットからハンカチを取り出すと、その傷を覆うようにしてしっかり結んだ。

 

「よしっ・・・これでオッケー」

 

あの時、あの公園にあれだけの人がいたら、中には彼女に対して哀れむ気持ちを抱いた人もいたはずだ。でも、今こうしてボクの目の前にいるという事は、少なくとも彼女に深く関わった人はいなかったんじゃないか。『大丈夫?』と親しげに尋ねられたとしても、彼女はこれまで通り『無視』して行っちゃうだろう。ただ

 

自分を作ってくれた博士に会う

 

そのために、いつまでも・・・どこまでも歩き続けるんだ。その体が、壊れるまで。

 

エネルギーを使い果たして、活動を停止するまで ──── 。

 

でも、だからといってボクにはもう彼女を放っておく事が出来なかった。あのシグナルを耳にした時から、何かもう・・・止められなかった。

 

「ボクも一緒に行くよ」

 

ためらっちゃいけないと思った。僕は彼女の手を取って歩き始めたんだ。触った感じは人とほとんど変わらなかったのに、その冷たさにビクッとなった。

 

「エネルギーは、後どれくらいもちそう?」

 

「バッテリー持続時間、残り13分47秒です」

 

やっぱり・・・そんなもんか。ボトルに半分も残ってなかったからなあ。

 

「じゃ、とりあえず『水分補給』しなきゃ」

 

ボクたちは、例の公園へ向かう事にした。たしか、あそこには水飲み場もあったはず。きっと、これで彼女の『優先順位』も修正されるだろう。


第2章 世にも奇妙な(1)

 「うわ・・・いるよなぁ、やっぱり」

 

子供のはしゃぐ声がしたから、だいたい想像はつくけれど。・・・!!??ちょっ、ちょっと待って待って!!!辺りを見回した彼女は、バツが悪かったボクを置いてきぼりにして、やっぱり噴水のほうへ歩き始めた。だから慌てて腕をつかんだんだけれど・・・

 

意味なかった。

 

引っ張ろうとした格好のまま逆にズルズル引きずられるばっかりで、『止まって止まってっ・・・!!ストォォォップッ!!!』って叫んで、やっと足を止めてくれた。後ろを見たら、数メートルくらい跡がついてたんだ。その時は、ちょっとあの日のオジさんの気持ちが分かる気がしたよ。

 

「ホラ見て?あそこ」

 

ボクは、噴水のちょうど向かい側にある水飲み場を指差した。その時、グッドタイミングで男の子が水を飲み始めた。彼女はそれを『記録』するみたいにして、じっと見つめていた。

 

「今度から、ああいう場所で水を補給するんだよ?それなら、誰にも文句言われないから」

 

すると彼女は向きを変えて、また歩き出した。もう、噴水なんてすっかり忘れているみたいだった。彼女の様子をうかがいながら、ボクは一足先にそこまで走っていった。念のため、水の出し方を教えようと思ったんだけれど・・・余計な心配だったな。キュッ、キュッと実に手馴れたスムーズな動作で蛇口をひねっていた。ただ・・・ちょっと

 

出しすぎ

 

かな。勢いよく噴き出す水を、彼女は全く顔色を変えずに体の中に取り込んでいく。こりゃ『喉を潤す』なんてレベルじゃないな。そうしてしばらくの間、彼女は同じ体勢で水を飲み続けた。さすがにちょっと気まずくなってキョロキョロしてたら、口をポカーンと開けたままボンヤリこっちを見ていた一人のお母さんと目が合っちゃってね。もう笑ってごまかすしかなくて、その間ずっと彼女の背中をポンポン叩いてた。

 

「おねえちゃ~ん、早く代わってよぉ~」

 

そんな女の子の声でボクは、彼女の後ろに『ちょっとした行列』が出来ているのに気がついたんだ。それはまるで

 

大きなお姉ちゃんが、小さな子供たちを差し置いて独り占めしている

 

・・・そんな光景だった。

 

「ごっ・・・ゴメンねぇ~」

 

ボクは作り笑顔のまま慌てて水を止めて、彼女の腕を取った。

 

「もう、もう行こう・・・!」

 

彼女と目は合わさなかったけれど、『不思議そうに』見つめてくる視線はヒシヒシ感じていた。


第2章 世にも奇妙な(2)

 「まだ、完全に給水されて ──── 」

 

「うん、分かってるよ。・・・でもさ、もうだいぶ溜まったでしょ?残り時間は、どれくらいィィィ・・・かなぁァ?」

 

・・・気になったから。ボクは、指で彼女の顔に飛び散っていた水を拭いながら聞いたんだ。だから後ろのほう少し上ずっちゃった。だって、もう触った感じが

 

本物

 

だったからさ。手だけでもビックリしたのに、顔はそれ以上だった。無意識のうちに、またボクは彼女の頬っぺたをツンツン突いていた。

 

「バッテリー持続時間、残り25時間46分33秒です」

 

そんな事をされても、すました顔できっちり報告してくれたよ。まあ、これで当分は安心だな。さぁて・・・と、これからどうしよう?『博士』を捜すったって、彼女は居場所を知らないみたいだし・・・。よしっ、それじゃあ ────

 

「君のこと、もう少し教えてくれないかな」

 

何か、手がかりが見つかるかも。

 

「シリアルナンバー、NHP-001。N.O.A.H.ノアシリーズのプロトタイプとして、大澤征夫おおさわゆきお博士によって製作されました」

 

いきなり来たね、博士の名前。ふむふむ・・・なるほど ────

 

「ノアシリーズって?」

 

「正式名称、Neo Organic Automated Humanoidネオ・オーガニック・オートメイテッド・ヒューマノイド 。次世代アシスタントロボティクスプロジェクト支援ロボット計画の一環として製作されたアンドロイドです。ノア・・・とは、その略称です」

 

「ふぅ~ん・・・プロトタイプ、か。まさかとは思うけど、他にも君みたいのがいたりするわけ?」

 

「大澤博士がノアシリーズの開発に着手したのは1989年8月7日です。そして2009年7月22日、NHP-001が製作を完了。NHP-001稼動開始日時は2009年8月20日03時21分08秒です」

 

20日って・・・昨日じゃないか!!

 

「データを追跡したところ、NHP-001以外のシリアルナンバーのノアについてのブート記録は残っていませんでした。したがって2009年8月21日14時37分52秒の現時点では、NHP-001のみが稼動している・・・と推測されます」

 

・・・うん。そりゃそうだね。もし彼女みたいなロボ・・・いや、『アンドロイド』が他にもいたとしたら、もう・・・きっとどこかで大騒ぎになってるはずだよ。だって、今テレビとかインターネットなんかで見るアンドロイドって本当に

 

ロボット

 

なんだもん。誰が見たって人間じゃないって分かる。もちろん中には見た目が『人間みたい』なのもあるけれどさ。それって、何だか・・・

 

顔が、コワい

 

んだもの。それに・・・ほとんどのヤツが歩けなかったりするしね。

 

「でも・・・その大澤博士って、スゴい人だね」

 

大々的に公表すれば、もう有名になるどころの騒ぎじゃない。きっとノーベル賞とか、いろんな賞も総なめだよ!・・・たぶんね。世界中のロボット工学研究者も、この技術を欲しがったりするんじゃないかな。でも、博士は決してそうするんじゃなくて

 

密かに、彼女だけを『外の世界』へ送り出したんだ。

 

そこに一体、どんな『目的』があるのか・・・それは、まだ分からない。でも、そこにはきっと名誉やお金なんかよりも、

 

もっと大切な何か

 

があるような気がする。

 

「博士、何か言ってなかった?行き先とか」

 

「いいえ」

 

「でも、君を起動したのって・・・博士なんでしょ?」

 

「いいえ。私は、2009年8月20日03時21分08秒に研究所ラボのコンピュータによって自動的にブートされました。起動設定には、第一級のクリアランスを要します。したがってそれを操作したのは大澤博士・・・と推測されます」

 

「じゃあ、その時にはもう博士はいなかったんだ?」

 

「はい。コンピュータにも記録は残っていませんでした」

 

「だから、君は博士を捜そうって思った」

 

「いいえ。事前にインプットされていた命令は『ラボから退去せよ』その一つのみです。私はそれに従い、指定された区域を出るまで歩行を続けました。命令を完遂後は通常、待機状態に入ります。しかし今回『管理責任者の不在記録』がなかったため、最高責任者である大澤博士の・・・『捜索』という命令がその後自動的に追加されました」

 

・・・とにかくっ。そのぉ・・・今はアレだよ『博士を捜してる』ってこと。まあ、こんな話をしてても傍目から見たらフツーに

 

『背が高くて色白の女の子』が、『日に焼けたチビ』と散歩してる

 

・・・みたいな。ゆっくりボクが少し先を歩いて、ポケットに手を入れたまま時々後ろを振り返ったり。彼女のさ、腰くらいまである長い黒髪もいい感じに風になびいてて。だから・・・

 
 

ホント、何気なく眺めていてくれたらよかったのに ──── 。


第2章 世にも奇妙な(3)

 「アンタ、靴は?」

 

って、また口うるさそうな『オバさん』が。買い物ぶく・・・エコバッグ?を肩から提げて、腰の周りに・・・まるで要塞をかまえているみたいな体型のそのオバさんは、一旦はボクらの横を何事もなく通り過ぎてくれた。なのにさ、わざわざ戻ってきて。たしかに、その瞬間彼女の足元をチラッと見た鋭い目つきにイヤな予感はしてた。

  

「何で履いてないの。足、汚れちゃうでしょうが」

 

じっと自分を見つめているばかりで何も答えようとしないその『奇妙なムスメ』に、怪訝な顔をするオバさん。

 

「けっ、健康法なんですっ・・・裸足で、歩くっていう」

 

「アンタに聞いてないわよ」

 

上手くごまかしたつもりだったのに、スンゴイ顔でにらまれちゃった。・・・どうしよう、ちょっと手ごわそうだぞ?このオバちゃん。

 

「何これ、ハンカチ?こんなとこに巻いてどうしたの?」

 

「ああああっっ!!そっ、それは・・・その、おまじないなんですっ!『好きな人と両思いになれる』って。だから取らないでっ!取っちゃダメっっ!!」

 

ますます、しかめっ面になっていくオバさん。何も言わないほうが良かったかなぁ・・・。でもなぁ ────

 

「許可なく私の重要機密部位を目視する事は、禁じられています」

 

「イタタタッ!ちょっとアンタ何するのっ!?放し・・・放しなさいよっ!!」

 

その時、ついに彼女は口を開いた。・・・ううん、それだけじゃ済まなかった。ハンカチに指を引っ掛けて中を覗き込もうとしたオバさんの腕を思いっきりつかんだんだ。何かをわめき散らしながら、エゴバッグでバシバシ彼女を叩いていた。そこから2リットルの水が入ったペットボトルがドサッと落ちた。オバさんの顔がだんだんと恐怖にゆがんでくる。全然ひるまないで腕をつかみ続ける彼女に

 

「助けてぇぇぇっっ!!だっ、誰かぁぁぁっっ!!!」

 
 

こっ、殺されるぅぅぅっっ!!!! ────

 
 

『何言い出すんだ、この人は・・・!!』ボクは慌ててオバさんをつかんでいた彼女の腕に手をかけた。

 

「もういいよっ、行こう!」

 

やっとオバさんを放した彼女の手を取ってボクは『ゴメンなさいっ!』平謝りして逃げ出した。オバさんは追いかけてこなかったけれど、肩で苦しそうに息をしながら今も夢に見そうなくらいのコワい顔でずっとこっちを睨み続けていたんだ。

 

「・・・でもっ・・・ボクだって・・・『許可』なんか・・・もらってないよっ?」

 

ボクは・・・やっぱり細い手をしっかり握り締めたまま必死で走りながら、涼しげな横顔を見せている彼女に聞いてはみたんだけれど・・・

 

「・・・」

 

やっぱり、何も答えてくれなかった。


第2章 世にも奇妙な(4)

 あの、公園の時も思ってたけれど。彼女・・・スゴい力だな。この細い体のどこにあんなパワーが。やっぱり、

 

人間じゃない

 

んだ。そりゃあ、『中』覗いたから。知ってるんだけれど、それ以外は人間と全く変わらなかったんだもの。とにかくいろいろ分からない事が多すぎた。だからやっぱり、一度

 

彼女が“目覚めた”場所

 

へ行ってみる必要があるんじゃないか ──── ってそう思ったボクは、日が暮れないうちに彼女に案内してもらって大澤博士のラボに向かう事にした。

 

「ここからは、どれくらいあるの?」


「ラボまでの距離は、約53・・・キロメートルです」

 
「・・・電車で行こう」
 
彼女が『歩き』だったから、結構近いのかと思ったら・・・わりと、遠かった。駅に入ったボクたちは、案の定行き交う人みんなに、『注目』された。絶対見るのは、やっぱり

 

彼女の素足

 

ちっちゃい子なんかは『あのお姉ちゃん、靴はいてないよ~?ねぇ~ねぇえ~』って。周りを認識しようと、ゆっくり頭を動かしていた彼女はもちろん気づいていない。・・・それは、いいとして。でも

 

ホラホラお母さん、何か言ってあげてよ・・・。

  

  

 そんなわけで、キップを買ったボクは『ハイこれ』彼女に握らせて先に改札を通った。そしたら

 

キンコ~ン♪

 

その後 ────

 

「お客様っ!」

 

さらにその後 ──── ミシミシミシッッ!!!・・・ってヤな音が。もう焦った焦った。彼女ってば、キップ入れないで通ろうとしたんだ。

 

「ダメじゃないか!キップッ!!・・・キップそこに入れないと」

 

ボクがそう言ったら、不思議そうな顔(この時はホントそんな風に見えたな・・・)してさ?手のひらを『ICカード読み取り装置』に何回も何回もかざしてたの。・・・と思ったら、今度はボクの持ってた携帯をじぃぃぃっと。

 

「あっコレ?ボクのは、これが『キップ』みたいなもんなの」

 

いや、だからさ・・・周りの人見てたと思ったから、もうキップの使い方くらい覚えたかなって。

 

「お客様、それ。この・・・そうそう、キップをここに通して下さい。そしたら通れますから」

 

手開いたら、キップぐにゃぐにゃ。この駅員さん、顔つきが険しかったから厳しそうかもって思ってたら、意外に優しかった。それに、だけじゃなくってすっごく几帳面みたいで、わざわざ彼女の手からキップを取って、しっかり伸ばして伸ばして・・・

 

「ハイ、どうぞ」

 

また彼女の手に、それも指先にちゃ~んと持たせてくれてさ。無事に通るのまで見届けてくれたんだ。

 

「彼女、電車に乗るの今日が初めてなんです」

 

「ああ、そうですか・・・」

 

その駅員さん、どこか感慨深げに切なそうな笑顔を浮かべてうなずいていた。この人の頭の中で、一体どんな想像がめぐっているのか ──── 気になりつつも、ボクは会釈して彼女の手を取りプラットフォームへ。

  

  

 「うわっ・・・混んでるなぁ」

 

ドアが開いて、中の人が降りてきたんだけれど・・・わずか数人だったから、差し引きゼロか。ひょっとするとそれどころでもないかってくらい。

 

「ボクから、離れちゃダメだよ」

 

むせ返りそうな人いきれに乗り込む直前、ボクはそう彼女に耳打ちした。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について