目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

4 / 132ページ

第1章 眠れる森の(2)

 おでこの汗が妙に冷たく流れていく。そうしてボトルの中の最後の一滴が口の中に落ちると、彼女のお腹のあたりからブゥゥゥゥン・・・って音が聞こえた。まさか、爆発するんじゃ・・・!!!って思って慌てて後ずさりしたその時、いきなり彼女はムクッと起き上がると、手を地べたに着く事もしないで足の力だけですっくと立ち上がった。別に腕を広げてバランスを取ったりするわけでもなく、膝を曲げたかと思うと、そこからはもう流れるような動きでスゥゥゥ・・・っと。その無駄のない人間離れした行動に、ボクはぼんやりと彼女を眺めてしまっていた。と、おもむろに彼女はクルッとボクのほうを振り向いて

 

「ありがとうございます。ご協力感謝します」

 

しゃべった?今度はちゃんと口が動いてたような・・・。でもそれを思い出す暇さえ与えてくれない彼女はまた背を向けて、黙って歩き出した。だんだんと遠ざかっていく背中を見て、やっと我に返ったボクは・・・

 

「ちょっとっ、どこ行くの!?」

 

そう声をかけたんだ。でも、もちろん彼女は止まってくれない。まだ少しおぼつかないその足取りは、ボクを不安にさせた。裸足のまま、ゆらゆらと歩いていく後ろ姿はボクに色々な事を考えさせた。このまま放っておいていいのかな。もし、また倒れたりしたら?誰かに見つかって、ロボットだって事がバレちゃったら? ──── なんて、そんなのボクが気にする必要ないんだろうけれど。でも、『水をあげた』・・・たったそれだけの事が心の中でドンドン大きくなって、情が移っちゃったのかもしれないんだ。


第1章 眠れる森の(3)

 「ちょっと待ってよ!」

 

だからボクは叫んだ。それでやっと立ち止まった彼女はゆっくりと振り向いてくれた。

 

 

その冷たい感じの眼差しに一瞬ちょっとドキッとしたけど、ボクは彼女のそばへ駆け寄って、これからどこへ、何をしに行くのか聞いたんだ。

 

「博士の捜索を、続行します」

 

「一人で?」

 

「はい。私は基本、単独行動をプログラムされています」

 

「・・・居場所は、分かってるのかい?」

 

「いいえ」

 

「じゃあ、どうするの?」

 

「・・・」

 

真顔。

 

「また、今日みたいになったりしたら」

 

「・・・」

 

また、真顔。

 

「 ──── だから、もしまたエネルギーが切れちゃったりしたらってこと」

 

そう言ったら、彼女・・・急に口が達者になっちゃって。

 

「ただちに、給水する必要があります。私は、水を電気分解して発生する水素をエネルギーとして稼動しています。1回の満給水で、最大36時間の ──── 」

 

「わっ、分かった分かったっっ!!・・・もういいから」

 

あっ ──── その時、ボクの携帯がメールを受信した。『スゴい子』という件名がついたそれは、幼稚園の時からの友だち、陽平ようへいからのものだった。


第1章 眠れる森の(4)

 ──── From : 陽平

 

昨日さ、公園でスンゴイの見ちゃった!この子、顔は結構カワイイんだけど・・・やってる事が(@Д@;ま、とりあえず動画つけといたから見てよ。

 
 

また変なものでも撮ったのかななんて思いながら、添付ファイルを開いたボクは、そこに映っていた光景を見て唖然とした。・・・人の少なくない休日の昼間の公園で、一人の女の子が突然噴水に足を踏み入れた。ざわつく周りの人たちをよそに、彼女は水を浴び続けている。その横顔がズームされると、ボクの予感は的中した。雫がはねる長いまつげに、くるっとした瞳。そして水を浴びるというよりは、大きく口を開けて

 

その水を取り込んでいる

 

ように見えたその姿は、まさしく今目の前にいる彼女に違いなかった。水を補給しようとしていたのは、今のボクになら分かった。でも、何も知らない人なら・・・きっと、こうするだろうな。まして、それが

 

口うるさそうなオジさん

 

なら。もちろん最初は優しく肩を叩きながら、そこから出るようにうながしているようだったけれど、案の定無視し続けて従おうとしない『奇妙なムスメ』に、少しずつ態度が変わっていったんだ。今度は彼女の手を乱暴にバシバシ払いだしてさ。それでも、やっぱり彼女は動かなかった。そのつもりはないんだ。体の中にある『タンク』をいっぱいにするまでは。たしかに・・・たまたまその場所に立っているようで、そこは一番水のかかる効率的な場所のように思えた。とはいえ、それで満タンにするにはえらく先の長い話になりそうだった。で、とうとう痺れを切らしたオジさんは彼女の腕をガッとつかむと、無理矢理引っ張って連れ出そうとしたんだ。それでも、やっぱ一つも動かなくて。フッ、その時のオジさん・・・面白かったな。まるで壁か柱でも引っ張ってるみたいに、目を白黒させていた。その

 

『寸劇』

 

を見て、周りの人たちや陽平からも笑い声が聞こえていた。・・・でも、そんな雰囲気は彼の『アッ!!』という大声と同時に激しくブレた画面で一変した。すぐに映像は落ち着いたけれど、そこには力なく地面にへたり込んでいる彼女の姿が映っていた。そう・・・ハッキリとは分からないけれど、たぶんオジさんだ。きっと引き剥がすようなつもりで、もう力任せにどかせたに違いない。ふとカメラに気づいた彼女。視線を向けたところで動画は停止した。その

 

いつもの真顔

 

は、もう見慣れたと思っていたけれど。さすがにこの時ばかりは、ちょっと悲しげで、寂しそうに見えてね。何だか胸が苦しくなった。


第1章 眠れる森の(5)

 「・・・あっ、やっぱり。ケガ、してるね」

 

ロボットがケガ? ──── しないのは、もちろん分かってる。でもボクは、反射的に彼女の足に目をやっていた。『転んだ時に、ひょっとして・・・』なんてね。やっぱり、すねのところを擦りむいているみたいだった。かがんで様子を見てみたら、皮膚が縦に数センチくらい裂けていた。痛そうだなって、ほんの一瞬思った。そりゃ血は出ていなかったけれど、人間なら

 

骨が見えている

 

のと同じだったから。『ゴメンね?・・・ちょっと痛いけど』ついついそう口走ってボクはちょっとだけ皮膚を開いて中を覗いてみた。痛そうな顔一つしないで、そんなボクを見下ろす彼女。予想通りのメカニズム・・・金属の骨組みや、いろいろな色の配線が見える。やっぱり、このままじゃマズいかもしれない。ボクはポケットからハンカチを取り出すと、その傷を覆うようにしてしっかり結んだ。

 

「よしっ・・・これでオッケー」

 

あの時、あの公園にあれだけの人がいたら、中には彼女に対して哀れむ気持ちを抱いた人もいたはずだ。でも、今こうしてボクの目の前にいるという事は、少なくとも彼女に深く関わった人はいなかったんじゃないか。『大丈夫?』と親しげに尋ねられたとしても、彼女はこれまで通り『無視』して行っちゃうだろう。ただ

 

自分を作ってくれた博士に会う

 

そのために、いつまでも・・・どこまでも歩き続けるんだ。その体が、壊れるまで。

 

エネルギーを使い果たして、活動を停止するまで ──── 。

 

でも、だからといってボクにはもう彼女を放っておく事が出来なかった。あのシグナルを耳にした時から、何かもう・・・止められなかった。

 

「ボクも一緒に行くよ」

 

ためらっちゃいけないと思った。僕は彼女の手を取って歩き始めたんだ。触った感じは人とほとんど変わらなかったのに、その冷たさにビクッとなった。

 

「エネルギーは、後どれくらいもちそう?」

 

「バッテリー持続時間、残り13分47秒です」

 

やっぱり・・・そんなもんか。ボトルに半分も残ってなかったからなあ。

 

「じゃ、とりあえず『水分補給』しなきゃ」

 

ボクたちは、例の公園へ向かう事にした。たしか、あそこには水飲み場もあったはず。きっと、これで彼女の『優先順位』も修正されるだろう。


第2章 世にも奇妙な(1)

 「うわ・・・いるよなぁ、やっぱり」

 

子供のはしゃぐ声がしたから、だいたい想像はつくけれど。・・・!!??ちょっ、ちょっと待って待って!!!辺りを見回した彼女は、バツが悪かったボクを置いてきぼりにして、やっぱり噴水のほうへ歩き始めた。だから慌てて腕をつかんだんだけれど・・・

 

意味なかった。

 

引っ張ろうとした格好のまま逆にズルズル引きずられるばっかりで、『止まって止まってっ・・・!!ストォォォップッ!!!』って叫んで、やっと足を止めてくれた。後ろを見たら、数メートルくらい跡がついてたんだ。その時は、ちょっとあの日のオジさんの気持ちが分かる気がしたよ。

 

「ホラ見て?あそこ」

 

ボクは、噴水のちょうど向かい側にある水飲み場を指差した。その時、グッドタイミングで男の子が水を飲み始めた。彼女はそれを『記録』するみたいにして、じっと見つめていた。

 

「今度から、ああいう場所で水を補給するんだよ?それなら、誰にも文句言われないから」

 

すると彼女は向きを変えて、また歩き出した。もう、噴水なんてすっかり忘れているみたいだった。彼女の様子をうかがいながら、ボクは一足先にそこまで走っていった。念のため、水の出し方を教えようと思ったんだけれど・・・余計な心配だったな。キュッ、キュッと実に手馴れたスムーズな動作で蛇口をひねっていた。ただ・・・ちょっと

 

出しすぎ

 

かな。勢いよく噴き出す水を、彼女は全く顔色を変えずに体の中に取り込んでいく。こりゃ『喉を潤す』なんてレベルじゃないな。そうしてしばらくの間、彼女は同じ体勢で水を飲み続けた。さすがにちょっと気まずくなってキョロキョロしてたら、口をポカーンと開けたままボンヤリこっちを見ていた一人のお母さんと目が合っちゃってね。もう笑ってごまかすしかなくて、その間ずっと彼女の背中をポンポン叩いてた。

 

「おねえちゃ~ん、早く代わってよぉ~」

 

そんな女の子の声でボクは、彼女の後ろに『ちょっとした行列』が出来ているのに気がついたんだ。それはまるで

 

大きなお姉ちゃんが、小さな子供たちを差し置いて独り占めしている

 

・・・そんな光景だった。

 

「ごっ・・・ゴメンねぇ~」

 

ボクは作り笑顔のまま慌てて水を止めて、彼女の腕を取った。

 

「もう、もう行こう・・・!」

 

彼女と目は合わさなかったけれど、『不思議そうに』見つめてくる視線はヒシヒシ感じていた。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について