目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


<<最初から読む

1 / 132ページ

前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女

 

 

  「お父さんを許してくれ。お前を奴らの手から護るためには」

 

こうするしか、ないんだ ──── 眠る少女の艶やかな黒髪を撫でて、その頬に触れ、

物寂しげに見つめるひとりの老科学者。彼は、20年前に事故で亡くした娘を

アンドロイドとして甦らせた。

 

「オジさん、これで・・・いいんですよね?」

 

その背後で、絞り出すような声でそう言った助手。彼は、その娘の幼馴染であり恋人だった。

 

「ビーコンで、居場所はつかめる。後は、A.I.人工知能を信じるだけだ」

 

さあ、もう行こう ──── 老科学者は、名残惜しそうにアンドロイドに視線を向け続けている

助手の腕を取ってその場を後にするのだった。


独白 プロローグ

──── 2009年、夏の終わり。ボクはほんの少しだけ、未来に近づいた。


第1章 眠れる森の(1)

ピー・・・ピー・・・ピー・・・ ────

 

 

  8月、あと少しで夏休みが終わろうかという頃。ひと夏の生命を懸命に生きるセミの鳴き声がフッと消え入った時だった。ボクは唐突に彼女と出会ったんだ。それは何かの信号なのか、決して大きくなかったけれどはっきりと聞こえたその音に誘われるように、ボクは森の中に倒れている彼女を見つけた。真っ白なワンピースだけを身に着けていた彼女は、それも、それと同じくらいに色の白い肌も泥だらけにして、うつぶせに倒れていた。おそるおそる顔を覗き込むと、その瞳は見開かれたままだった。彼女は地面に口をつけているのにすました表情で、ピクリとも動かなかった。『しっ、死んでるの・・・!?』でも、その間もずっとボクの耳には携帯のエラー音のような、細くて高い音が聞こえ続けていた。

 

 「大丈夫ですか!?」

  

そうやってボクが大声を上げて体を揺すっても、やっぱり彼女は何の反応も示さない。でもその音はピタリと止まった。彼女を起こそうとしても、その体つきに似合わないほど不思議なくらい重たくて、ちょっとやそっとじゃびくともしなかった。だからボクは彼女の肩・・・二の腕あたりに両手をかけて、もう腕の力ってよりは自分の体重を使って、とりあえず仰向けにする事にした。ゴロンッ・・・って、どうしてもよからぬ想像をしてしまいそうになるんだけれど、不思議と怖くはなかった。『こんなに汚れて・・・』顔や体、服についた泥を払っていた時、ちょっと妙な事に気がついたんだ。それはワンピースの下。そこから透けているのは、当然肌だと思っていた。でも、そこに見えていたのは、まるで深く開いた穴のように黒い何かだった。じっと目を凝らすうちに、その黒い『モノ』の中に

  

カチカチカチ・・・ジィィィッ、ジージジッ ────

  

と、そうかすかに音を立てている機械みたいなものが見えた。ひょっとして、ロボット? ──── でも、本当にこんな人間みたいなのがいるなんて・・・あり得るのかな。

  

「緊急給水要請。ただちに、水を補給する必要があります・・・ただちに、給水を開始して ──── 」

  

ってまた彼女から不意に、今度はそんな『声』が。やっぱり・・・口は、動いていない。わけが分からなかったけれど、このまま放っておくのも気が引けたから、ボクはちょうど手に持っていたミネラルウォーターのキャップを開けた。

  

このまま流し込むのか?・・・それしか、ないよなあ。

  

ボクは意を決して彼女の口を指で押し開けて、その中へ水を出来るだけゆっくりと注いだ。


第1章 眠れる森の(2)

 おでこの汗が妙に冷たく流れていく。そうしてボトルの中の最後の一滴が口の中に落ちると、彼女のお腹のあたりからブゥゥゥゥン・・・って音が聞こえた。まさか、爆発するんじゃ・・・!!!って思って慌てて後ずさりしたその時、いきなり彼女はムクッと起き上がると、手を地べたに着く事もしないで足の力だけですっくと立ち上がった。別に腕を広げてバランスを取ったりするわけでもなく、膝を曲げたかと思うと、そこからはもう流れるような動きでスゥゥゥ・・・っと。その無駄のない人間離れした行動に、ボクはぼんやりと彼女を眺めてしまっていた。と、おもむろに彼女はクルッとボクのほうを振り向いて

 

「ありがとうございます。ご協力感謝します」

 

しゃべった?今度はちゃんと口が動いてたような・・・。でもそれを思い出す暇さえ与えてくれない彼女はまた背を向けて、黙って歩き出した。だんだんと遠ざかっていく背中を見て、やっと我に返ったボクは・・・

 

「ちょっとっ、どこ行くの!?」

 

そう声をかけたんだ。でも、もちろん彼女は止まってくれない。まだ少しおぼつかないその足取りは、ボクを不安にさせた。裸足のまま、ゆらゆらと歩いていく後ろ姿はボクに色々な事を考えさせた。このまま放っておいていいのかな。もし、また倒れたりしたら?誰かに見つかって、ロボットだって事がバレちゃったら? ──── なんて、そんなのボクが気にする必要ないんだろうけれど。でも、『水をあげた』・・・たったそれだけの事が心の中でドンドン大きくなって、情が移っちゃったのかもしれないんだ。


第1章 眠れる森の(3)

 「ちょっと待ってよ!」

 

だからボクは叫んだ。それでやっと立ち止まった彼女はゆっくりと振り向いてくれた。

 

 

その冷たい感じの眼差しに一瞬ちょっとドキッとしたけど、ボクは彼女のそばへ駆け寄って、これからどこへ、何をしに行くのか聞いたんだ。

 

「博士の捜索を、続行します」

 

「一人で?」

 

「はい。私は基本、単独行動をプログラムされています」

 

「・・・居場所は、分かってるのかい?」

 

「いいえ」

 

「じゃあ、どうするの?」

 

「・・・」

 

真顔。

 

「また、今日みたいになったりしたら」

 

「・・・」

 

また、真顔。

 

「 ──── だから、もしまたエネルギーが切れちゃったりしたらってこと」

 

そう言ったら、彼女・・・急に口が達者になっちゃって。

 

「ただちに、給水する必要があります。私は、水を電気分解して発生する水素をエネルギーとして稼動しています。1回の満給水で、最大36時間の ──── 」

 

「わっ、分かった分かったっっ!!・・・もういいから」

 

あっ ──── その時、ボクの携帯がメールを受信した。『スゴい子』という件名がついたそれは、幼稚園の時からの友だち、陽平ようへいからのものだった。



読者登録

紫峯蓮舞さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について