目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女

第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)

 ──── From : 工藤さん携帯

 

お久しぶりです。お元気ですか?あれからなかなかこっちに顔を見せてくれないし、メールもないから、どうしてるかなーと思っていたんですが、たしかキミは、いつかのメールで『復活の日』を待ってるって言ってましたね。3年前も、わざと来るのを遅らせたって。まあ、結局あの日はキミの期待には添えなかったんだけど・・・。だから今日こそは、それに応えようと思い久々にメールしました。まあね・・・その間こっちでも色んな事があってさ。メールだと長くなりそうだし、ネタバレになっても何だから、今日はとりあえずヒントだけ!ヒントは・・・

 

『足音が、近づいてきた』

 

です。今度の日曜、どーですか。もし、ご都合がつくなら、ぜひ別荘へいらして下さい。

 

・・・麻衣と二人で、待ってるぜ。

  

  

 ・・・あの『いちばん輝いていたクリスマス』から早くも3年が経ち、時は2012年。もちろん、どこかの映画で語られていた世界の終わりが来る事もなく、少なくともボクの周りでは穏やかな毎日が続いていた。特にこれといって変わった事もなかったけれど、しいて挙げるとするなら

 

『謎の中学生』から『謎の高校生』にジョブチェンジ

 

した事くらいかな。それでも、パーティーメンバーの中には相変わらずアイツ・・・嶋野陽平がいた。腐れ縁もここまで来たら、ヴィンテージものだ。まさか高校まで一緒になるとは思わなかった。おまけに、クラスまで同じだなんて。

 

「・・・おい」

 

「何だよ」

 

「返してくれよ」

 

「何を?・・・別にお前に何も借りてないだろ」

 

「オレの涙だよ!お前ずーっと黙ってたろ、どこの高校に行くかって」

 

「ああ」

 

「ホントお前ずりぃわー。卒業式の日に、あんなしんみり『これでお前ともお別れだな・・・』なんて言うからよぉ」

 

「何、お前泣いたの?だって笑い飛ばしてさ『何言ってんだよ、いつでもメールできんじゃん!』って言ってたくせに」

 

「目ぇ見たろ!?もうウルウルで、お前に聞かされた時も一瞬固まってただろーが!」

 

「おい陽平・・・ちょっ、おい泣くなって・・・」

 

「泣いてねぇぇーし!・・・花粉症なんだよオレ」

 

「ゴメン・・・あの時は悪かったと思ってるよ。それに、まさかお前がこの ──── 」

 

「ああっ!!何だよバカにすんなよ!そりゃ、ちょっとはお前のほうがデキる奴かもしんねーけど、オレだって・・・やる時ゃやる男なの!目指せ『アキバ系ロボット科学者』!・・・ロボットにも、萌えをっ!!!ですよ」

 

「・・・まあ、頑張んなよ」

 

たしかに陽平のヤツ、理科は結構得意らしいんだけれどね。でも・・・数学苦手でもなれるのかな、科学者って。

 

「いずれは、でっかい研究所に就職して・・・あっ!あそこはどうかな、『NBATCL国立生体工学応用技術総合研究所』!!・・・でもなぁ、最近あそこ不祥事続きだし・・・」

 

たしか3年前にも、オレの『心の師匠』大澤センセーが ──── 『尊敬してたのに・・・まさか殺されちまうなんて』ひとり盛り上がってるかと思ったらガックリ肩を落としたりしてとっても忙しい陽平くん。いつから博士が彼のセンセーになったのか、それはさて置き。・・・そう。実は、ついこの間もそこで『ある不祥事』が起こったんだけれど・・・

 
 

──── どうやら、それが麻衣さんの・・・『ノア計画』の復活のカギを握っているみたいなんだ。


第15章 時空を翔る少女(2)

 ──── 2012年3月26日午前9時24分、NBATCL所長室。

 
 

「おはようございます、所長。お呼びですか」

 

「ああ、おはようございます。工藤博士、実は今日あなたに『いいお知らせ』が・・・」

 

「はあ・・・何でしょう」

 

「来年度より、長らく凍結してきた『ノア計画』を再開したいと思いまして」

 

「えっ、そんな・・・マジっすか!?」

 

「ええ、マジです。ですから、あなたにも以前同様に大澤博士の研究室で他の研究員の皆さんと共に・・・博士の遺志を継いで、プロジェクトの実現に向けてさらに頑張っていただきたいと ──── 」

 

「はいっ、それはもう!お任せ下さい!!・・・ですが」

 

「はい?」

 

「何でまた、急に?」

 

「ええ、そこなんですがね?・・・今度は逆にN.A.R.P.自体の存続が危ぶまれておりまして。あなたも、主任がこのところいらっしゃらないのにお気づきだと思いますが・・・」

 

「ええ、だから最近はもー楽しくって楽しくって。・・・海外に長期出張なんですよね、いつまでです?」

 

「・・・すみません。実はアレ、嘘なんです」

 

「またまた~。エイプリルフールには早いですよ所長・・・」

 

「いやいや、ホントなんです」

 

「ちょっと・・・どっちなんですか」

 

「いや、だから・・・嘘っていうのが、ホントなんです」

 

「何か・・・こんがらがってきた。じゃあ、もっかいお尋ねしますけど・・・主任は、『ただの出張』なんですよね?」

 

「いえ、違います」

 

「・・・では、いったい何なんです?主任がいない理由は」

 

「はい、『いらっしゃらない理由』・・・それはですね」

 

「それは?」

 

「なんと、有珠家うすけ主任が・・・」

 
 

──── エエエエェェェッッッ!!!!・・・ま、マジっすか・・・。


第15章 時空を翔る少女(3)

 ──── 2012年4月15日午前11時8分、深山市内別荘。

 

「久しぶり・・・おおっ、えらく背が伸びたなあ」

 

出迎えてくれた工藤さんは、メガネを掛け例の緑色のエンジニアっぽい格好でたたずんでいた。それはちょうど、3年前ここで初めて会った時の姿をほうふつとさせた。

 

「麻衣さんは?」

 

あのメールを読んだら、『期待するな』ってほうがムリだ。ボクは人差し指をクイッと上に向けて、彼女の部屋のほうを指した。そしたら工藤さんニンマリ嬉しそうに笑って、地面のほうを指差したんだ。

 

「・・・とりあえず行こう」

  

  

 ちょうど一週間くらい前かな。『次世代ロボットプロジェクト責任者、殺人幇助ほうじょ容疑で逮捕』・・・工藤さんの直接の上司にあたる人物が3年前に研究所で起きた襲撃事件に関与しているというそのニュースは、所長さんを始めとする研究所の関係者たちに衝撃を与えた。博士の書斎の地下、ラボに繋がる長い階段を歩きながら工藤さんがポツリポツリと話し始めたんだ。

 

「所長に聞かされた時はビックリしたよ。・・・まさか、あのKBYが逮捕されちまうなんて」

 

出勤していない理由、それは決して出張などではなく何故か所長さんも驚いた・・・

 

『とある重要機密の漏えい』をKBY自ら暴露し、進んで数ヶ月もの間自宅謹慎中

 

だったからだ。当初の逮捕理由もその事に関するものと思われていた。しかし実際にはそんな事実すら存在せず、本当のところは、3年前の事件を手引きした疑いでの逮捕だった。しかも、それだけでは済まなかった。捜査が進むにつれ、何と23年前のあのひき逃げ死亡事故にも関わっていたという事が明らかになったそうだ。そう・・・23年前に『組織』に対して大澤博士の奥さんと麻衣さんを殺害するように仕向けたのも、ノア計画の『秘密』を脅迫のネタとして提供したのも・・・

 
 

──── あの、クソバーコード野郎だったんだ。

 
 

「ったく、アイツ『謹慎中』に何をやってたのか知らないけど・・・」

 

「逃げるつもりだったのかな?」

 

「・・・さあな。ま、もーどーでもいーや!」

 
 

 ・・・でも、その『逮捕の真相』を知ってショックを受けていたのは・・・工藤さんだけじゃなかった。

 

「大丈夫なの?・・・所長さん」

 

「ああ、また今日も昼からお見舞いに行くつもりだけど・・・ひどく、落ち込んじゃっててね」

 

私が、もっと早くに気づいていれば、征夫さんの奥さんもお嬢さんも・・・征夫さんだって、あんな事にはならなかったのに・・・!! ──── 涙ながらにそればかりを繰り返して、工藤さんが顔を見せるたびに謝りどおしなんだそうだ。

 

「でも、所長になんて分かるはずないんだよ。あんにゃろの一番近くにいた俺だって全然気づかなかったんだから・・・」

 

『もう元気出してください。博士・・・おじさんだって、分かってくれてますよ。だって・・・だって何よりもプロジェクトの再開を一番喜んでるのは、おじさんなんですから!』そう所長さんを励まし続けていた工藤さん。聞けば、大澤博士と所長さんはもともと同期なんだそうで、お互いの夢だった『ロボットと人間が共存する社会』の実現に向けて、今から約40年前に独立して立ち上げたのが現在の研究所の前身となる『ミヤマ・ヒューマイコン製作所』だった。

 

「だから・・・今はとにかく、まずNHP-001をきちんと完成させてプロジェクトを形にしなきゃ」

 

工藤さんはラボに繋がるドアに手を掛けて奥へ押し開けた。

 
 

──── 所長にも、早く麻衣に会ってもらわないとな。

 
 

3年ぶりだった。ボクの目の前に、頭をケーブルでコンピュータに繋がれて、サイバーでテカテカなあの『歯医者の椅子』に腰を下ろしていた彼女が姿を現したんだ。


第15章 時空を翔る少女(4)

 「髪の毛、切ったんだ?」

 

うなじの辺りに繋がっていたケーブルからふと目をやると、彼女の肩につくかつかないかのところでふんわり毛先がカールしていた。

 

「ああ、どうしようか迷ったんだけど」

 

やっぱり、このほうが麻衣らしいから ──── 工藤さんはパッと23年前のあの写真を取り出して、ボクに見せながら比べている。

 

「いい感じじゃない!・・・うん、一緒一緒」

 

「そうかな?・・・散髪屋じゃないから、結構苦労したんだよ。気づいたら、一日丸つぶれ」

 

「お疲れさまでした♪」

 

少し恥ずかしそうに微笑んでうなずいた工藤さんは、モニターや資料などを見ながらキーを入力したりして、中断していた作業の続きに取り掛かっていた。長い巻物のような資料には、日付と何やら意味不明な数字とアルファベットの羅列が続いていた。

 

「今は、何をしてるの?」

 

「とりあえず、3年前のチップの動作状況を調べておこうと思ってね」

 

ちょっと、これ見て ──── 遠目から眺めていたさっきの『巻物』を手に近づいて来た工藤さん。よく見るとそれは左に『PMPAD』と記され、右側に『NCMAD』と記された列が時系列ごとに何かを記録する帯グラフのようになっていた。それは1972年の6月20日から始まって、2009年の12月23日で終わっている。

 

「あっ、ひょっとしてこの6月20日って・・・麻衣さんの」

 

「そう、誕生日だよ。・・・で、そこからずっと来て、ところどころアルファベットとか数字の間にすきまがあるだろ?」

 

「あっ、まさかそれが、不具合で欠落した記憶なんじゃ・・・!?」

 

当たった!・・・と思って工藤さんを見たら、な~んか微妙な顔でしばらくじっとこっちを見つめて

 

「じゃなくて・・・俺たちと同じ、記憶の欠落。単なる物忘れだよ。・・・そんなさ、生まれた瞬間とか小さい時の事なんて覚えてない事もあるじゃないか。・・・それと一緒」

 

「・・・そっか。じゃあ問題の場所は ──── 」

 

「それは、ここから」

 

そう言って工藤さんが指で丸を描くようにして示したのは、『NCMAD』列の1981年からだった。そこから、一時機能停止に陥る2009年8月22日までが、ほとんど真っ白だったんだ。

 

「ちょっと待ってよ!・・・ってことは」

 

工藤さんが、笑っているようなそうじゃないような複雑な表情で二度かぶりを振った。

 

「あの、『クリスマスの日』に俺たちと過ごした麻衣は・・・」

 
 

──── 8歳だったんだよ。


第15章 時空を翔る少女(5)

 思っていたとおり、あの『幼さ』の要因は記憶の欠落にあった。工藤さんにモニターを見るように促され、ボクはその症状が一度に起こったものではなく、数回に分けて段階的に起こったものであると説明された。

 

「まず一番初めは・・・ここ。2009年8月22日午後4時7分、ちょうど俺が博士のOSからオーバーライドさせた時だ」

 

1回目の欠落範囲はそんなに大きくなかった。同じ日の午後1時16分、博士の研究室で『麻衣さん』として目覚めてから、工藤さんが再び博士のパソコンで彼女を停止させた午後4時1分の間のNCMAD(チップ内のメモリーログ動作データ)が消えていた。だから、彼女は『父親の死』を覚えていなかったんだ。そうして、2009年12月23日午後1時32分。彼女が4ヶ月ぶりに目覚めてから別荘の1階に下りた頃くらいかな。・・・そう。ちょうど1人称が

 

『私』から『麻衣』に ──── 『俊ちゃん』から『助手さん』に変わった、あの時

 

その時にはもう、メモリーログは2度目のデータ欠落を起こし彼女はついに・・・『若返って』しまう。既存NCMADは1985年まで消去され、ボクが家に帰ろうとした2009年12月23日午後4時57分

 

必死にボクを引き止めようと『駄々っ子』になっていた

 

あの時には、さらに4年分の既存データが消失、とうとう麻衣さんは8歳の女の子になってしまったというわけなんだ。

 

「・・・何か、ショック与えちゃったのかな。みんなで鬼ごっこしたりして、激しく動いて遊んだから」

 

「さあ・・・よく分からないけど。でも、たぶん一番の原因は俺だろうな」

 

聞くところによると、オーバーライドさせて彼女を強制起動させた時のニューロ・チップの温度が100℃近くにまで達していたそうだ。それがもう根本からチップをおかしくさせて、通常の温度になってからでもデータ欠落を引き起こしているのかもしれない・・・そう工藤さんは言う。

 

「じゃあ、これからますます記憶がなくなってっちゃうかもしれないって事!?」

 

また必死になっていたボクを落ち着かせるように、手のひらを上下させて息を吐く工藤さん。

 

「何の措置もしなかったら・・・ね。でも、もうほらプロジェクトも再始動したし。その辺は、ちゃ~んと改良するから大丈夫さ」

  

  

 「・・・そっか。なら、安心した。ああ、それはそうと・・・こっちの。『PMPAD』の方は、全然空白がないけど・・・これは?」

 

2009年8月20日午前3時21分、彼女がここで初めて起動してから、ボクを病院に送り届けてから門のそばで一時機能停止する8月22日午後6時28分までの間と、2009年12月23日に再起動してから停止するまでの約9時間のデータがびっしり。

 

「ああ、実を言うと・・・ニューロ・チップには、麻衣の『個人データ』記憶とか行動パターンや、クセなんかが保存されているだけで、それを動作に反映させて、それに伴う色々なシステムを制御するために、もう1つ別のチップを使ってるんだ。左のPMPADは、そこにもともと組み込んである『基本行動プログラム』の動作データだよ」

 

たしかにNCMADの新規データ記録日時は、PMPADよりも遅い2009年8月22日午前5時23分になって・・・あれ?

 

「あのさ・・・たしか、工藤さんが麻衣さんの名前を呼んだのって ──── 」

 

「うん。とっくに10時は回ってた。俺も変だなーって思ったんだけど・・・よく考えたら」

 

ここでアイツと目が合ったのが、たしかそれくらいの時間だったかな ──── 首をかしげる工藤さん。その後は一旦ニューロ・チップの動作は止まっていた。とにかくチップを目覚めさせる『起動制御』に初めから何かの異常があったんじゃないか・・・工藤さんは色々調べながらそう言っていたけれど、納得している様子とは言いがたかった。

 

「ん?・・・ここも、PMPADだけが追記されてる」

 

ふと視線を落とした工藤さんが見つけて指を差した。見ると、2009年8月22日午後4時7分から約2時間、『基本行動プログラムのデータだけが記されていた。一方で、工藤さんが彼女を止めた午後4時1分には、もうNCMADのデータには『Abort強制終了』の文字だけが表示されていた。・・・やっぱり、そうか。どうりで何となくクールで、いつもより大人っぽい感じがしたと思ったよ。ボクを病院に連れて行ってくれたのは、『麻衣さん』じゃなかった。

 
 

──── やっぱり、『彼女』だったんだ。

 
 

「・・・何か、嬉しそうだね」

 

「へへ・・・まあね」


第15章 時空を翔る少女(6)

 「彼女は、まだ動けないんだよ・・・ね?」

 

「ああ。今ちょうど研究所傘下の工場で換えのパーツを作ってもらってる最中さ。いや、麻衣のボディ自体は動かない事もないんだけど、やっぱりギアが磨耗してたり、パーツも金属疲労を起こしてたりして耐久力が低下してるんだ」

 

だからまたいつ破損するか分からないという事で、ほとんど全てのパーツを交換しないとならないんだって。工藤さんいわく(モチロンおじさんも言ってたよ!by俊介)

 

耐久力は絶対条件

 

なんだそうだ。

 

「まあ定期的にメンテはするとしても、少なくとも100年は大きな交換なしでそのまま行けるくらいじゃなきゃダメなんだよ。だってさ、いざ『ノアで復活しましたー、1日で壊れましたー、修理するので1年は会えませーん』じゃあ・・・」

 

『傷ついた心を癒す』・・・そんな、せっかくのプロジェクトの意義がなくなっちゃうじゃないか ──── 工藤さんは彼女の頭をなでながら、しみじみと言った。

 

「1年だけって言ったって、やっぱり長いし・・・寂しいよね」

 

工藤さん自身は『幼なじみを亡くした人』とはいえ、もちろん製作者だからいつだって彼女を見守る事は出来る。でも、実際にこのプロジェクトによって『帰ってきた』大切な人と共に過ごす家族の人たちは、当然修理している期間中は『極秘機密』として会うことも叶わない。工藤さんは、その間に家族の気持ちが冷めてしまうことを危惧していたんだ。だからこそ『いつまでも、いつものように暮らしてほしい』 ──── それが大澤博士の願いだった。

 

「でも、おじさんだって決して『大切な人を亡くす』・・・その事実をおざなりにしているわけじゃない」

 

むしろ、いつ終わるとも知れない悲しみや寂しさ、虚しさや自責の念に駆られる苦しみを自ら経験しているからこそ、このプロジェクトを少しでも早く実現しようとしていたんだ ──── と、工藤さんにしては珍しいくらい熱く語っていた。

 

「・・・あの、さ。すっごくイイ話の腰を折るみたいで、ホント悪いんだけど・・・」

 

「ん?」

 

「麻衣さん、ちゃんと直るのに1年も掛かっちゃうんだ?」

 

工藤さんは、彼女の腕や脚、顔を動かしたりして具合を見ながらつぶやくように言った。

 

「いや・・・まあ普通は、これくらいの破損だとパーツ交換と組み立て、メンテも入れてだいたい4ヶ月から半年で終わるんだけど・・・。今回は何せプロジェクト自体復活して間もないから、パーツも在庫そのものがなくて一から作らなきゃならないんだ。それに・・・いよいよ麻衣には」

 

NHP-001、プロトタイプとしての役目も果たしてもらうつもりだからね ──── 工藤さんは真剣な眼差しで、目覚めの時を待ち眠り続ける彼女を見つめていた。

 
 

──── 『プロジェクト・ノア』・・・征夫おじさんの夢を、実現させるために・・・。


第15章 時空を翔る少女(7)

 「あっ、そうそう・・・これちょっと見て」

 

工藤さんはカタカタとキーボードを操作して、モニターに何やら設計図みたいなものを表示させた。

 

「これは・・・」

 

「新しい動力炉さ。キミも知ってると思うけど、これまでのノアは水だけをエネルギー源として使ってきた。・・・言い換えれば、『水しか飲めなかった』わけだ。まあ、ノアとして新しく生活を始める被験者にはきちんと説明して納得してもらうつもりだったんだけど・・・」

 

「納得しないでしょ」

 

工藤さんが苦笑してうなずいた。今まで食べられていた美味しいもの全てが食べられなくなり、定期的な水分補給だけを『義務づけられる』・・・たしかにこれはちょっと、キツいかも。

 

「いや、別に食べられない事はないんだよ?でも、味もしなけりゃエネルギーとして活用もされず『腹』に溜まる一方で、おまけに・・・」

 

そのままじゃ出ないから。・・・分かるだろ? ──── ・・・なるほどね。お腹タンクに溜まった内容物は本来水の入るべき許容量を少なくするだけにとどまらず、水と混ざり合ってエネルギー変換の効率も低下させてしまう。もちろん放っておくと故障の原因にもなりかねないから、結局メンテナンスをして全部きれいに取り除かなくちゃならない。

 

「そう考えたら、麻衣さんは・・・」

 

工藤さんは何だかちょっぴり気まずそうに笑みを浮かべて、彼女に視線を投げながら

 

「この子の場合は、何て言うかさ・・・もう『達観してた』感じだったよな。・・・ノアとして生きることを受け入れてたって言うか。これは、あくまでも俺の想像なんだけど・・・」

 

ひょっとすると麻衣は、こうなる事を望んでたんじゃないかなって ──── 彼女は、博士のそばでずっと『ノア研究』を見守り続けていた。反対してた?・・・いや、単に仕事をする父親を気遣っていただけだとしたら、一緒に旅行もしないだろうし、あの23年前の写真のように幸せそうな笑顔は見せないはずだ。研究が形になるのを少なからず応援していた麻衣さんは、自分の母親の死をきっかけに、『死んだ人を蘇らせる事のできる』・・・そんな、ノア計画への思いをこれまで以上に募らせていったのかもしれない。


第15章 時空を翔る少女(8)

 「あ・・・だから、嬉しそうだったんだね」

  

あの3年前の『クリスマスの日』、工藤さんは料理をちゃんと麻衣さんの分まで作ってあげていた。華やかな料理の盛られたお皿が目の前に並べられた時のキラキラした瞳に、満面の笑顔。・・・ただでさえ『満身創痍』の、いつ停止するとも知れない体で、もしかすると故障してしまうかもしれないのに、幸せそうにお肉を頬張ったり、ケーキをパクッと口に運んだり、ジュースを美味しそうに飲んだりする姿は・・・ますますボクを勘違いさせるほど、そこには決して『変な気遣い』なんか感じなかった。本当に、ただ彼女は『オジちゃんの手料理』を食べたかっただけなんだ。

 

「でも、麻衣のヤツ・・・『美味しかった』って言ってくれて。お世辞でも、嬉しかったよ」

 

「きっと本当に美味しかったんだよ」

 

人間として暮らしていた頃の『味の記憶』みたいなものが呼び覚まされたとしたら、ひょっとして彼女の『脳』・・・ニューロ・チップがそれを『味覚』として認識する事もあるんじゃないかな! ──── なんて言ったら、まんざらでもなさそうに笑みを浮かべて

 

「さあ・・・どうだろうな。もしそんな事があるとすれば興味深いけど、もちろん皆が皆そうなってくれるとは限らないだろ?だから・・・」

 

実は、今こんなのも開発中なんだ ──── 楽しそうにそう言った工藤さんは、またポンッとキーを押してモニターに別の設計図を表示させた。最初のヤツが、まあ言ってみれば『胃と腸』だとすると、次のは・・・その形からして、思いっきり『舌』だった。

 

「今まで、舌はハッキリ言って『らしく見せるための飾り』に過ぎなかった。そんなのなくたって、ノアは『話せる』からね。でも、せっかく動力炉を新しくして、今度はどんな食べ物でも燃やしてエネルギーに変換できるようになるんだから・・・」

 

じゃあ、どうせなら『味』も分かってもらいたいって事で ──── その機能は、ヒトのそれに近いものらしい。部位に応じて大まかに4つの味覚(甘さ・辛さ・苦さ・酸っぱさ)を識別して、ニューロ・チップに伝達する仕組みになっているんだそうだ。

 

「・・・そっか、とにかく今はそういうのを作ったり他にも色々しなきゃなんないから」

 

「そーゆー事!だから、もうしばらく待ってて。キミには寂しい思いさせ・・・あっ、別に寂しくはないか。たまに今日みたくここで作業してるし、いつでも覗いて ──── 」

 

「いいよ!待ってる。ボクが、そうするヤツ・ ・ ・ ・ ・ ・だって・・・知ってるでしょ?だって・・・」

 
 

──── 今度会う時は、同い年になってるんだもんっ。

 
 

何年もの時を経て、ますます『人間らしく』なっていく彼女。・・・1年後が、今から楽しみだ。