目次
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
前日譚 目覚めの刻(とき)を待つ少女
独白 プロローグ
独白 プロローグ
第1章 眠れる森の
第1章 眠れる森の(1)
第1章 眠れる森の(2)
第1章 眠れる森の(3)
第1章 眠れる森の(4)
第1章 眠れる森の(5)
第2章 世にも奇妙な
第2章 世にも奇妙な(1)
第2章 世にも奇妙な(2)
第2章 世にも奇妙な(3)
第2章 世にも奇妙な(4)
第2章 世にも奇妙な(5)
第3章 昔むかしの
第3章 昔むかしの(1)
第3章 昔むかしの(2)
第3章 昔むかしの(3)
第3章 昔むかしの(4)
第3章 昔むかしの(5)
第3章 昔むかしの(6)
第4章 不思議の国の
第4章 不思議の国の(1)
第4章 不思議の国の(2)
第4章 不思議の国の(3)
第4章 不思議の国の(4)
第4章 不思議の国の(5)
第4章 不思議の国の(6)
第4章 不思議の国の(7)
第4章 不思議の国の(8)
第4章 不思議の国の(9)
第4章 不思議の国の(10)
第4章 不思議の国の(11)
第5章 嵐の前の
第5章 嵐の前の(1)
第5章 嵐の前の(2)
第5章 嵐の前の(3)
第5章 嵐の前の(4)
第5章 嵐の前の(5)
第5章 嵐の前の(6)
第5章 嵐の前の(7)
第5章 嵐の前の(8)
第5章 嵐の前の(9)
第6章 山のあなたの
第6章 山のあなたの(1)
第6章 山のあなたの(2)
第6章 山のあなたの(3)
第6章 山のあなたの(4)
第6章 山のあなたの(5)
第7章 ツミキクズシ
第7章 ツミキクズシ(1)
第7章 ツミキクズシ(2)
第7章 ツミキクズシ(3)
第7章 ツミキクズシ(4)
第8章 子心親不知
第8章 子心親不知(1)
第8章 子心親不知(2)
第8章 子心親不知(3)
第8章 子心親不知(4)
第8章 子心親不知(5)
第8章 子心親不知(6)
第9章 男はツラいよ
第9章 男はツラいよ(1)
第9章 男はツラいよ(2)
第9章 男はツラいよ(3)
第9章 男はツラいよ(4)
第9章 男はツラいよ(5)
第10章 禁じられた遊び
第10章 禁じられた遊び(1)
第10章 禁じられた遊び(2)
第10章 禁じられた遊び(3)
第10章 禁じられた遊び(4)
第10章 禁じられた遊び(5)
第10章 禁じられた遊び(6)
第11章 君死にたまふことなかれ
第11章 君死にたまふことなかれ(1)
第11章 君死にたまふことなかれ(2)
第11章 君死にたまふことなかれ(3)
第11章 君死にたまふことなかれ(4)
第11章 君死にたまふことなかれ(5)
第11章 君死にたまふことなかれ(6)
第11章 君死にたまふことなかれ(7)
第11章 君死にたまふことなかれ(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女
第12章 いのち短し走れよ乙女(1)
第12章 いのち短し走れよ乙女(2)
第12章 いのち短し走れよ乙女(3)
第12章 いのち短し走れよ乙女(4)
第12章 いのち短し走れよ乙女(5)
第12章 いのち短し走れよ乙女(6)
第12章 いのち短し走れよ乙女(7)
第12章 いのち短し走れよ乙女(8)
第12章 いのち短し走れよ乙女(9)
第13章 あゝ無情
第13章 あゝ無情(1)
第13章 あゝ無情(2)
第13章 あゝ無情(3)
第13章 あゝ無情(4)
第13章 あゝ無情(5)
第13章 あゝ無情(6)
第13章 あゝ無情(7)
第13章 あゝ無情(8)
第13章 あゝ無情(9)
第14章 クリスマス・キャロル
第14章 クリスマス・キャロル(1)
第14章 クリスマス・キャロル(2)
第14章 クリスマス・キャロル(3)
第14章 クリスマス・キャロル(4)
第14章 クリスマス・キャロル(5)
第14章 クリスマス・キャロル(6)
第14章 クリスマス・キャロル(7)
第14章 クリスマス・キャロル(8)
第14章 クリスマス・キャロル(9)
第14章 クリスマス・キャロル(10)
第14章 クリスマス・キャロル(11)
第14章 クリスマス・キャロル(12)
第14章 クリスマス・キャロル(13)
第14章 クリスマス・キャロル(14)
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女
第15章 時空(とき)を翔(かけ)る少女(1)
第15章 時空を翔る少女(2)
第15章 時空を翔る少女(3)
第15章 時空を翔る少女(4)
第15章 時空を翔る少女(5)
第15章 時空を翔る少女(6)
第15章 時空を翔る少女(7)
第15章 時空を翔る少女(8)
第16章 君の名は
第16章 君の名は(1)
第16章 君の名は(2)
第16章 君の名は(3)
第16章 君の名は(4)
第16章 君の名は(5)
第16章 君の名は(6)
第16章 君の名は(7)
第16章 君の名は(8)
第16章 君の名は(9)
第17章 秘密の逢瀬
第17章 秘密の逢瀬(1)
第17章 秘密の逢瀬(2)
第17章 秘密の逢瀬(3)
第17章 秘密の逢瀬(4)
第17章 秘密の逢瀬(5)
第17章 秘密の逢瀬(6)
第17章 秘密の逢瀬(7)
第17章 秘密の逢瀬(8)
第17章 秘密の逢瀬(9)
終章 いつまでも、いつものように
終章 いつまでも、いつものように(1)
終章 いつまでも、いつものように(2)

閉じる


第11章 君死にたまふことなかれ

第11章 君死にたまふことなかれ(1)

 ヒゲオはボクに銃口を向けたまま、舌打ちをして無線を取った。

 

「どうした、運び終わっ ──── おい、お前たちはいったい何を・・・」

 

静まり返った室内。はっきりとは聞こえなかったけれど、何やら叫び声と銃声のような物音が漏れてきた。

 

「おい。・・・おいどうした?返事しろ!」

 

『・・・』しばらくして、ため息をつきながら無線を切ったヒゲオは

 

「おい小僧・・・貴様何をした?ああっ!?・・・スイッチを・・・スイッチを押したのか!!!」

 

「ボクは何もしてないっ!!だって、触る前に見つかったじゃないか!」

 

フッ・・・もうどうだっていい。ぶっ殺してやる・・・死ね・・・!!!! ──── 今にも引鉄に指が掛かろうかというその時、

 
 

ドガァァァンンンッッ!!!! ────

 
 

轟音とともに入り口のドアを吹き飛ばして、大きな黒い塊が飛び込んできたんだ。回転がおさまって、よくよく見るとそれは・・・血まみれになったヌリカベだった。

  

  

 「ま・・・まさか、そんな・・・!!!オイッ、しっかりしろ!!」

 

ヌリカベは顔を傷だらけにして、息も絶え絶えにヒゲオの襟元にしがみついて必死に口を動かし、か細い声を絞り出している。

 

「あの女が・・・ロボットがいきなり動き出して・・・俺たちを・・・!!」

 

そのまま口から泡を吹いて気絶してしまった。ヒゲオは額に冷や汗をにじませながら、ピストルを構えて恐る恐る入り口に近寄っていく。そっと、少しだけボクも覗いてみたんだけれど一見誰もいないようだった。

 

「!!??ンンンッッッ!!!ヒェエエェェェッッッ・・・!!!」

 

クールに足を踏み出して、カッコよく狙いをつけたつもりのヒゲオはいきなりみっともない『叫び声』を上げて、フラフラと奇妙な『踊り』を見せて壁にぶち当たったかと思えば、あらぬ方向に2発『威嚇射撃』したんだ。それもそのはず、ヤツは横からヌッと伸びた白い何かに腕を取られ、胸ぐらをつかまれたんだから。


第11章 君死にたまふことなかれ(2)

 「麻衣さん!」

 

そこから姿を現したのは、ヒゲオを高々と持ち上げる彼女だった。その腕を振りぬき、壁に投げつける。ドスッと鈍い音がしてぐったりとなったヤツの元へ、さらにゆっくりと近づいていく彼女。その白いワンピースはあの二人 ──── サカナとヌリカベに銃で撃たれたのか、もう穴だらけでボロボロだった。その機械的な動きには、どこか・・・懐かしささえ覚えた。空虚な瞳でヒゲオを追い続ける彼女を見ていると、まるであの頃のままみたいだったけれど、今はただ『静かに怒っている』ようにも見えたんだ。

 

「くっ、来るなあっっ!!!」

 

ヒゲオは肩で息をしながら苦しそうに唸って、床に転がっていたピストルに手を伸ばした。腕を震わせながら彼女に狙いを定め、死に物狂いで引鉄を引き続けていた。その度に甲高い金属音が響いていたけれど、彼女自身は涼しげな顔で、止まる気配すらなかった。ヒゲオはいよいよ彼女の頭を狙って・・・

 

「なっ・・・クソッ、こっ、これで・・・これでいい加減に ──── 」

 

銃口から放たれたその弾丸は彼女の頬と額をえぐり、ギィンッという音とともに跳ね返ると天井の蛍光灯を割った。

 

「・・・」

 

至近距離から撃たれた2発もの弾の威力にさすがに顔を背けさせられても、なおヤツの顔を捉えつづけ、ついに再び彼女はその襟元に手をかけた。狂ったようにしゃがれ声を上げて引鉄を何度も引いていたヒゲオ。でも弾切れか、カチャカチャと弱々しい音がするだけだった。壁に擦りつけられるようにギリギリと持ち上げられてまでも、彼女の腕や顔を殴りつけてまだ抵抗しようとしていた。でも、殴れば殴るだけ自分の手に血がにじんでいくのを目の当たりにしたヒゲオは

 

「ぎぃやぁぁっっっ・・・!!ああっ、う、腕があっ・・・!!よっ、よくも私の・・・」

 

『飛び回るハエに苛立った』彼女の逆鱗に触れてその腕を折られ、やっと観念したようだった。

 


第11章 君死にたまふことなかれ(3)

 

 

──── 私は、もう死ねないの。・・・あなたのおかげで。

 
 

もはや精も根も尽き果てた様子のヒゲオにグンと近づいた彼女は、クロム色のメカニズムが覗く傷だらけの顔を見せつけて、低い声でそう言い放った。

 

「ぐえぇっっ・・・こっ殺さないでくれお願いだ・・・!!」

 

じっと苦しみにもだえるヒゲオの顔を怖いくらいの三白眼でにらみつけたまま、その首根っこを壁に押さえつけ続ける彼女。

 

「くっうぅぅぅっっ・・・たっ頼む!頼むから命だけは・・・命だけは助けてくれぇ。もっもう何もしないから ──── 」

 

 

 

その時、ズゥンッ!とすごい音がしてヤツのこめかみスレスレに強烈なパンチがめり込んだ。

 

「もう、何もしない?・・・当たり前じゃない。あなたは、私だけじゃなくお母さんもその手で殺した。それに、今度は・・・」

 

お父さんまで ──── 『もう・・・じゅうぶんでしょ?』彼女は血だらけで横たわる博士に目をやるとそう息のように弱々しく言ったんだ。悲しげにうつむく彼女を見つめていた工藤さんは驚きのあまり固まっているみたいだった。

 

「そんな、おばさんまで・・・。麻衣、今の話は・・・本当なのかい?」

 

「この人は、私を車ではねた張本人よ。私が・・・交通事故に遭ったのは、偶然でも何でもない。最初から、きっちり計画されてたの。・・・こうなるようにね」

 

彼女はパンチした手を壁からゆっくりと戻し、パラパラとコンクリートの欠片が落ちるその指先をじっと見つめていた。そこからはやっぱり、『人ならざる』冷たい金属が覗いていたんだ。


第11章 君死にたまふことなかれ(4)

 彼女は、工藤さんが20年前のあの日に思いを馳せようとしたところへ重ねるように淡々と語り始めた。

  

「1989年5月21日午後7時13分、仕事が終わり帰宅途中だった大澤紀子のりこ当時40歳・・・は交通事故により死亡した。目撃証言によれば、現場から逃げ去った車は黒のワゴン ──── 」

  

って、その時の話し方は妙に機械的な説明口調だった。表情もどことなく硬くて・・・

  

「私は、その日の事を一瞬でも忘れたことはなかった。お母さんを殺した犯人を捕まえたいって、ずっと考えてた。そんな時だったわ。・・・あなたから、わざわざ姿を見せてくれたのよ」

  

と思ったら、いつもの麻衣さんの穏やかさが戻った。でもそれも束の間、また『彼女ノアさんらしさ』が・・・

  

「3ヶ月後の1989年8月23日午後4時37分、夕食の買い物を終えて深山市内の別荘へ帰る途中だった大澤麻衣当時17歳・・・を同じく黒のワゴン車ではねて、現場から逃走した ──── そうでしょ?」

  

「何てこった・・・」

  

工藤さんは、ヒゲオの満足そうな笑顔を目にして愕然とした。ヤツは、ケラケラと力なく笑いながら

  

「いやいや、まいりましたよ。どうせなら、私たちがあなたを・・・いや、『ノア計画』を狙った理由も話してもらいたいところだが ──── 」

  

『まあ、無理でしょうね・・・』記憶装置にアクセスしようとしているのか、小刻みに首をかしげている彼女に向かってバカにするようにそう言った挙げ句、舌をベロベロさせてわざとおどけて見せたりしたんだ。


第11章 君死にたまふことなかれ(5)

 「たしかに、お嬢さん・・・あなたに使われているテクノロジーも非常に興味深い。だが・・・」

 

それ以上に面白いのは、それを利用しようとする人間の浅ましさですよ ──── まるで開き直りとも取れるような飄々とした態度を取ったヒゲオは、すでに海外の軍需系企業数社から買いつけのオファーが来ていた、なんて聞いてもいないのにベラベラとしゃべっていた。・・・えらく元気だったんだ。

 
「まあ、今となってはそれももう全部台無しになってしまった。・・・ええ、そうです。おっしゃる通り、20年前にあなたの母親とあなたを襲ったのは、この私だ。ああ、もちろん・・・」

 

そちらのご老人もね ──── よせばいいのに、半分笑いながら平然とそんな事を言ったもんだから・・・ヤツは背中を彼女に思い切り殴られて、床に叩きつけられてしまった。ヒゲオは口から血を吐き咳き込んでいたけれど、何とか体を自力で起こすと壁にもたれかかって

 

「・・・母親を狙ったのは、賭け・・・みたいなものだった。『死人を復元する』、そんな絵空事をこの目で確かめられるまたとないチャンスだ。・・・大切な家族が娘だけになれば、これ以上誰も失いたくなかったはずの博士なら・・・きっとプロジェクトの完成を急ぐだろうと踏んだわけですよ」

 

もしお嬢さん、あなたに・・・何かあった時の『保険』としてね ──── 確証なんて何もないただの『妄想』を並べ立てたヒゲオは、困惑して唇を震わせていた彼女にチラリと虚ろな視線を投げてうなずいた。

 

「麻衣さん、そんなヤツの言う事なんて気にしちゃ・・・」

 

そこへヤツは、性懲りもなくズケズケと大声で割り込んでくる。

 

「プロトタイプがあなたである事も、まったく私たちの思惑通りだった。となれば・・・自分の娘を被験者にした事なんて、そうそうたやすく公に出来るわけがない。・・・自分の独り善がりな願望を満たすためだけに莫大な金をつぎ込んだ事がバレたら ──── 」

 

「あなたのせいで、私たち家族はメチャクチャに・・・!!!」

 

彼女は、苦しみうめき声を上げながら笑っていたヒゲオの胸ぐらをつかんで、また立ち上がらせた。フラフラと揺れながらヤツはもたれるようにして、息も荒く耳元に不気味にささやいた。

 

「お嬢さんあなた・・・あなたはただの『道具』、オモチャ、リアルドールなんですよ。・・・せっ、せっかくの独り暮らしに満足できなかった、寂しい老いぼれの相手をするために・・・作り出された ──── 」

 
 

──── お願い。・・・もういい加減、死んでくれる?

 
 

彼女は、目を合わせようとしなかったヒゲオの首をガッとつかんで無理やり顔を近づけてヤツの耳元にそうお返しした。そのまま彼女は、足を突っ張ってもがきながら必死で抵抗するヒゲオをまるで無視して、軽々と両腕で持ち上げたかと思うと、今度はデッキをまたいだ向こう側の壁をめがけて放り投げたんだ。


第11章 君死にたまふことなかれ(6)

 「・・・」

 

壁にぶち当てられたヒゲオはうずくまって動こうとしなかった。ヤバいと思って覗き込んだら、どうにか息はあるみたいだったけれど・・・。しばらくしてうなり声を上げて体を起こしたヒゲオはボロボロ涙を零して、唇を腫らしながら彼女をにらみつけている。それは強気から来るものじゃなくて、もう怯えきっていると言ったほうがいいかも知れない。じりじりと迫る彼女から、残った片腕の力だけで体を引きずって逃げようとしているヤツの助けを求める眼差しがボクの心に突き刺さる。いくら顔を背けても、それは焼きついて頭から離れなかった。

 

「麻衣、もうよせ!やめるんだっ!!」

 

ついに工藤さんが動いた。彼女を後ろから羽交い絞めにして止めようとしたんだ。でも・・・

 

「邪魔しないで」

 

強烈な力で振りほどかれた工藤さんは、その勢い余って吹き飛ばされたみたいになってしまった。ドンッ、ガシャン!カラカラ・・・あちこちの器具をなぎ倒して倒れこむ。肉体的・・・いや、それよりもむしろ精神的ショックで動けなかった工藤さんは仰向けになってボーッと天井を見つめていた。でも、チラリと動かした視線の先にあったものに手を伸ばしてから急に動きがせわしなくなったんだ。

 

「・・・!!??ダメだ、効かないっ。どうなってんだ・・・!!!」

 

工藤さんは拾ったリモコンを離れた彼女の背中にかざしてカチカチ何度もスイッチを押していた。にもかかわらず、まるで動きを止める気配すらなかった。・・・そう。管理責任者として登録されていた工藤さんを突き飛ばした時、あるいはもっと前から彼女のシステムには何らかの『異常』が起きていた。事故で亡くなったと思っていた母親が本当は殺されたと。そして、その犯人があろう事か今度は父親までも手にかけた。彼女 ──── 麻衣さんは自分から全てを奪ったこの男に復讐しようとしていた。その激しい感情こそが『彼女』の制御システムをオーバーフローさせていた。勝手に再起動したのも、きっと・・・それが原因なんだ。

 

「博士のコンピュータはっ!!??」

 

完全停止からの再起動リブートは博士のOSからしか出来ない ──── なら、その逆も・・・?ボクは工藤さんが言ってたことを思い出した。


第11章 君死にたまふことなかれ(7)

 ヒゲオは、工藤さんが大澤博士のコンピュータに走っていくのをすがる思いで見つめていた。それを見たからってわけでも何でもない、むしろ『何を今さら・・・』って思ってたくらいだけれど

 

「・・・麻衣さん、もうやめよう?こんなヤツ殺したって、君のお母さんは戻ってこないよ。博士・・・お父さんだって、こんな事望んでないよ!?」

 

いつしかボクはヒゲオと彼女の間に立ち塞がって叫んでいた。まさか、この男をかばう事になるなんて思ってもみなかったけれど。これは・・・決してコイツのためなんかじゃない。人の命をもてあそんで、幸せを奪われた人の気持ちを踏みにじるようなヤツに生きる資格はないって、ボクだって思ってるよ。でもっ・・・だからって、

 
 

──── 君に、人殺しになんかなってほしくないんだよ!!!!

 
 

「・・・」

 

ボクの声が余韻を残して消えた後も、カタカタと必死にキーボードに入力する音は続いていた。・・・ダメだ。聞いてくれない。どんどんヒゲオのほうへ圧迫される。3人の間の距離もほとんどなくなってきた。生気の失われたような眼差しでボクを捉え続ける彼女。・・・えっ?彼女は・・・彼女はいったい、どっちなんだ。麻衣さんなのか、それとも・・・

 
 

──── 『彼女』なのか。

 
 

「邪魔しないで。・・・命令の遂行の、妨げになる場合は・・・あなたも殺さなくちゃならない」

 

いよいよヒゲオに覆いかぶさるようにかがんでいたボクの首筋に、彼女の腕が伸びてきた。その白く細い指がものすごい力で食い込んでくる。

 

「ぐっ・・・ま、麻衣・・・さん ──── 」

 

いくらもがいても、彼女の指からは逃れる事が出来ない。そのままボクは宙に浮かされてしまった。彼女はまたじっとボクを見つめ、小刻みに首をかしげていた。『ボクのデータ・・・消えちゃったのかな』息が、出来ない・・・もうボクは、このまま・・・死んじゃうのかな。

 
 

──── 頼むよ。スイッチを切るのでも思い出すのでも、この際どっちでもいいから、急いで・・・


第11章 君死にたまふことなかれ(8)

 ・・・?意識がなくなる寸前だった。ボクはドサッと床に落とされたんだ。見上げると、ぼやけた視界に彼女が腕を伸ばしたまま固まっていた。

 

「・・・工藤さん」

 

「良かった、間に合って・・・。大丈夫かい?」

 

どうやら、ようやく彼女を停止させられたみたいだ。僕は立ち上がって彼女を見た。でも傷だらけの顔を見たら、何だかもうたまらなくなって、ウルッときそうになった。だから、ごまかすみたいにこう言ったんだ。

 

「またすぐ、スイッチ入れてあげるよね?」

 

「ああ、モチロン。原因を調べて、ちゃんと直したらすぐ起こすよ」

  

  

 「いやあぁぁぁ・・・たっ助かった・・・。坊やありがとう、キミのおかげだよ」

 

その時、聞きたくもない雰囲気ブチ壊しの耳障りな声がガンと後ろ頭に響いた。ビクッとさせられて余計にムカついたからわざと聞こえないフリしてたんだ。

 

「おっおい、キミぃ・・・そんな意地悪しないでくれよ。痛たたたた・・・仕方ない。じゃあ最後に一つだけ、どうしても・・・そのぉ・・・聞いてもらいたい『お願い』が・・・あるんだが」

 

・・・あんまり消え入りそうな声だったから、チラッとだけ見た。そしたら、苦しそうに息をしてボクのほうへ腕を伸ばしてさ

 
 

──── 私の、小さな『命の恩人』と握手を・・・させてくれないかね。

 
 

って。『ボク・・・?』もうヒゲオはうなずく力すら残っていなかったのか、ゆっくり瞬きをした。『・・・そこまで言うなら、握手くらい・・・いいかな』でも工藤さんはやっぱり、ずっとヤツの事をにらみ続けていた。だから余計何か、かわいそうになっちゃって・・・

 

「・・・ん」

 

でも、さすがにナマは嫌だったから、例の青いハンカチで手を覆ってサッと差し出したんだ。もう、すぐ引っ込められるようにね。

 
 

──── 危ないっっ!!!

 
 

・・・と思ったら・・・さ。あい・・・アイツ・・・ヒゲオがさぁ?アイツが・・・逆に手ぇ引っ込めてさ?い・・・いきなりポケットから何か光るものを出して・・・きっ、きたんだ。工藤さんが叫んでくれた・・・時には、もっ・・・もう遅かった。ボクのおなかに熱くて重い痛みが・・・はっ、走って ──── 遠くのほうで、バンバン・・・キーボードを叩く音が・・・

 

「 麻衣ぃぃぃっっ!!!動けっ、動いてくれぇっ!!!ノアぁぁぁぁっっ!!!早く・・・!!!」

 
 

──── あの子を・・・お前の『協力者』の命を、救ってやってくれ・・・!!!