目次
はじめに
第Ⅰ章 働くことを志しているあなたへ
1 児童養護施設現状
2 保護と養育
3 子育てと目標
4 衣食住と生活感
5 親の役目の伝承
6 家族援助の実際
7 人間関係を学ぶ
8 遊びと対人関係
9 地域への所属意識
10 調理室と法律
11 児童福祉のニーズ
12 児童養護施設で働くには
13 児童指導員の資格要件
14 児童養護施設への就職
15 子どもとの関係
第Ⅱ章 働くあなたへのメッセージ
1 新任職員のあなたへ
2 主観は危険
3 ガイドラインの策定
4 人生のキーポイント
5 子どもの数だけ
6 様々な方法
7 真実はそこにある
8 施設内虐待の防止
9 暴力とは
10 情報開示と提供
11 与えつづける愛
12 幼児との信頼関係
13 ノーマライゼーション
14 手間を惜しまない
15 時間と空間の解放
16 共に生きるの精神
17 子どもの行動特性
18 後輩の育成
19 職員の精神的ケア
20 自立のための準備
21 実習生の受入
22 ボランティアの力
23 食の安全への取り組み
24 新任職員の悩み例
25 中堅職員とは
第Ⅲ章 児童養護施設の職種と業務
1 法律で定められた職種
2 保育士(小舎制の場合)
3 保育士と児童指導員
4 支援の流れ
5 生きるノウハウ
6 記録の書き方
7 通院引率の注意点
8 家庭支援専門相談員の役割
9 ケースワーカー
10 心理療法担当職員
11 調理室と栄養士
12 調理室業務例
13 主任業務について
14 中間職(係長・課長級等)の業務
15 自己チェックリスト
第Ⅳ章 児童養護施設関連制度
1 児童家庭支援センター
2 児童家庭支援センター職員資質
3 地域交流スペース
4 低年齢児受け入れ
5 グループホーム型
6 苦情解決制度
第Ⅴ章 経営と会計
1 経営の課題点
2 事業計画と報告
3 年度末の事務室
4 予算書の見方
5 福祉施設における予算管理
6 財務諸表の見方
7 資金運用
8 最高議決会議
9 適正な事務処理
10 建築事業の概要
11 理念の継承
12 憲法第89条問題
13 グループウェア活用
14 給与の仕組み
15 勤務評定と昇級
第Ⅵ章 児童心理療育施設(情緒障害児短期治療施設)
1 新規開設に向けて
2 児童心理療育施設開設準備室の主な業務
3 開設の課題点
4 基本的生活習慣例
5 教育指導計画
6 学校との連携計画
7 分教室分校関連法
第Ⅶ章 おわりに
去りゆく保育士の心情
おわりに
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

1 児童養護施設現状

 「児童養護施設は、保護者のない児童(乳児を除く。ただし、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には、乳児を含む。以下この条において同じ。)、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とする。」と言うのが法律の条文となっています。
 まず、保護者のいない児童については、現実的には、全体の8%程度であり、殆どの場合、両親又は、一人親が存在しています。昭和20年代は、戦災孤児等、保護者のいない児童が多く存在していましたが、昭和30年代以降より減少傾向にあります。
 条文の( )内の但し書きで「乳児を含む」とありますが、これが、児童養護施設における低年齢児受入の制度に繋がっています。
 虐待されている児童は、読んで字のごとくで、特に解説は、必要ないと思います。
 その他環境上養護を要する児童とありますが、この条文が、おおまかな表現のため、児童養護施設には、単に家庭養育困難な状況だけではなく、非社会性・反社会性の児童、軽度の知的障害、情緒不安を示す児童、低学力児童等、様々な個性(特性)を有する児童が入所してきています。
 退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うとありますが、実際には、「今、そこにいる児童」が勿論、優先されるため、なかなか、密度の濃い支援体制が組めないのが現状です。ましてや、家庭環境の調整となると、児童相談所にお任せするのが一般的であり、児童養護施設の制度として家庭支援専門相談員が配置されていますが、その制度を100%活用できていないのが現実です。それは、最低基準で示されている児童指導員及び保育士の人数が、少年おおむね六人につき一人となっているため、元々の支援者数が明らかに不足しており、家庭支援専門相談員分の加算を受けても、児童指導員及び保育士の補充となってしまうためです。
 法律の条文と現実の間にギャップが生じているのが、現在の児童養護施設の大きな課題点と言えます。
 さて、一般の方は、児童養護施設がどんなところか、知らなくて当然なのです。日本人が知識を蓄えていく、最大の制度は、学校教育ですが、幼稚園から高校までの教育の中で、児童養護施設の説明は、一切、学習しないからです。児童養護施設について教育を受けるのは、社会福祉関連の専門学校や短大、大学等です。しかし、それらの学校でも児童福祉学の一部分として、児童養護施設の項目がある程度で、残念ながら具体性に欠ける内容であることは、仕方のないことでしょう。
 ところが、児童養護施設と言う単語は、多くの人が知っています。それは、TVニュースや新聞の記事として目にしていたり、ドラマの中で主人公の悲しい生い立ちの材料として取り上げられたりしていることが一因として挙げられます。これは、児童養護施設と言う言葉は知っていても、その内容に対して誤解曲解を引き起こす原因ともなっているのが現状です。
 これまで、述べてきた内容だけでも、実は、児童養護施設は、制度的にも啓発的にも整理されていないと言うことが理解できると思います。
 だからこそ、重要なことは、人材育成なのです。優れた人材のプロ集団が、子どもたちの養育を担うことが求められます。
試し読みできます

1 新任職員のあなたへ

 児童養護施設で働き始めた、その日から、あなたは、福祉従事者としてのプロ(専門家)です。子どもたちも、その保護者も、更に関係機関も、そのように見ます。プロは、その業務に関して、常に勤勉であることが求められます。児童養護施設では現場の職員を「直接処遇職員」と呼びますが、直接処遇とは、子どもたちに対しての直接処遇であり、つまり、あなたは、子どもたちへの対応に関して、常に学び、分からない時は、書籍やその他の専門家からアドバイスを求めることが重要です。勿論、同僚からアドバイスを貰う時もあることでしょう。その際、そのアドバイスを真摯に受け止め活用していく柔軟性も求められます。
 あなたは、子どもたちへの対応を工夫していく専門家です。その工夫が上手くいった時、保護者にフィードバックしていく、そこに専門家としての醍醐味が見いだせます。保護者が家庭において対応困難と認めざるを得なかった子どももいることでしょう。そんな、子どもや家族において、児童養護施設は、救いの場ではないでしょうか。
 常に、初心に戻りましょう。「子どもたちのために働きたい」、誰もが、夢と希望を持って働き始めたことでしょう。子どもたちへの対応が難しければ難しいほど、子どもたちから学ぶことは、たくさんあると思います。それが「共育」(共に育つ)なのです。
 プロとして最も基本的な内容は、「仕事に私情を挟まない」と言う事です。私たちは、つい、プライベートでイライラする事柄が生じると、それを仕事の時間まで引きずってしまったり、チームワークの中で、職員関係が偏ってしまったり、昨日遅くまで飲んでしまい仕事の時に居眠りをしたり、やる気を失っていたり等が、人間だからありえます。
 しかし、私たちは、プロです。例え、心の中では、泣いていても、子どもたちには、笑顔で対応するくらいの意識を持てるくらい自分を鍛えていくこと、そのプロセスを自覚と表現できます。また、プロゆえに普段の健康管理も大切になります。体調を崩すと意欲の低下に繋がり、それは、子どもたちや他の職員に迷惑をかけることに繋がります。
 私たちの役割で最も重要なことの一つに子どもたちと時間を共有することが挙げられます。それは、仕事的には、サボタージュに見られそうですが、明らかな勘違いです。生活の中の心のケアとして重要なことは、さりげないコミュニケーションです。
 「どうせ私のことなんか見てくれてない」「気が向いた時だけ関わるのはやめて」、子どもたちの心の声が聞こえてきませんか。私たちは、積極的に子どもたちに関わることが大切です。必要な時だけとか時々とかでは、子どもたちは、満足しません。細く長く、つまり継続的に関わっていくことが重要なのです。「いつも、私のことを見てくれているんだ。気にしてくれているんだ。」の感覚が子どもたちを安心へと導いていくことでしょう。
 話題は、どこにでも転がっています。服装・ニュース・TV番組・行事・趣味・天気・体調・遊び等々です。時には、夢を語り合うこともいいでしょう。また、駄洒落に代表される無駄話も大切です。無駄話をきっかけに笑いが生じ、それが笑顔へと繋がっていくからです。結局、コミュニケーションの最終形態は、「笑顔」と言う事になります。
 子どもたちに対応する時、知識に頼ろうとしていませんか。あるいは、考えすぎていませんか。勿論、専門的な知識も確かに大切です。しかし、まず私たちが会得しなければいけないことは、子どもたちとの付き合い方の「感覚」では、ないでしょうか。具体的には、
①言葉がけによる、表情・仕草・言動・体調の変化。
②お話・注意・叱責時に於ける、表情・仕草・言動・体調の変化。
③スキンシップ(握手・ハイタッチ・だっこ・おんぶ・肩車・体を洗ってあげる・くすぐる・プロレスごっこ・添え寝・ほっぺに触れる・頭を撫でる等々)による表情・仕草・言動・体調の変化。
④対応のタイミングに於ける表情・仕草・言動・体調の変化。
⑤情緒的不安定の状態。
⑥本当に体調が悪いのか?体調が悪いと自分で追い込んでいるのか。風邪等の疾患の予兆なのか。仮病なのか等々の判断。
⑦幼少期・少女少年期・思春期・青年期、様々な時期の子どもたちの心の揺れ。
⑧まだまだ、いろいろあると思いますが、ここでは、省略します。
 これらの状況は、知識だけでは、臨機応変対応できません。各々の職員が感覚的に会得し、そのためには、様々な対応を試行錯誤する必要があります。只、引継ぎに於いて感覚的な部分は、難しい場合があります。そのような時は、客観的事実を引き継げば、よいでしょう。
 あなたは、研修に参加することもあります。そこに参加費・交通費・日当・宿泊費等のコストが掛かっています。その費用は、措置費つまり税金から工面される訳です。つまり、マンパワーの育成と言う観点から国民が投資していると考えても過言ではないでしょう。従って、研修中に居眠りをしたり、退出して観光したりはもっての外の行為です。また、研修後は、その情報を職場に還元することが義務です。「研修報告書」を確実に提出しましょう。
 児童福祉に対する意欲を持続し働ける職場、これが児童養護施設でありたいと望みます。そのために必要なことの一つに、同僚間の励まし合いが挙げられます。「褒める」「認める」「力づける」「助言する」「補助する」「フォローする」そして、時には「叱咤激励」する。失敗したときは、振り返って失敗理由を探したり、慰め合ったり、協力しあったりなどなど、このようなシーンの積み重ねが職場を活性化し、職場全体がレベルアップしていく原動力になることでしょう。まずは、同僚を認め信頼しあうことから始めましょう。
 最後に、子どもたちは、大人に成長するとき、人生について次の根本的な疑問に対して、解答を求める必要があります。
①私は何なのか:自己の確立
②私は何故生きているのか:人生の意義
③私は何をなすべきか:人生の目的
 そして、子どもたちの大人への成長に関わっていくのが、私たちワーカーです。子どもたちは、日々大人に向かって成長しています。一日たりとも無駄にはできないわけです。「共育」、私たちも子どもたちと共に、自己の確立、人生の意義、人生の目的について解答を求めていき、互いに成長していきましょう。

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格300円(税込)

読者登録

工藤光穂さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について