閉じる


<<最初から読む

42 / 65ページ

荒れる国会

 

 

・41・

「何をやってるんだ!復興に全力を尽くさなきゃダメだろ!?」野党の党首が、首相を罵倒した。「…なら、アンタは全力を尽くしてるのか?反論するだけで何もしない」「何だとっ!?」荒れる国会。議長の一言でそれは収まった。「争うなよ。力を合わせるコトにその力を使ってくれ!」 #twnovel

 

 


アタマの悪い総理大臣

 

 

・42・
記者会見。「総理、コレは想定の範囲外だったそうですが、なぜ想定しなかったんですか?」「…想定しなかったから、想定されなかったんだ!キミは想定してたか?」「…いえ…」「じゃあ、誰が想定してた?想定してたなら、早く教えろってハナシだよ!オレ、アタマ悪いんだから」 #twnovel

 

 


完璧じゃない総理大臣

 

 

・43・
「私が完璧になんでもこなせるなんて、誰が言ったんだ?」「…いや誰も言ってません」「だろ?だから私に期待する方が間違いだったんだ」「…そう、かもしれませんね」「まったく…総理大臣になんてなるんじゃなかったよ。完璧を求められすぎる。…「完璧な人間」などいないのにさ」 #twnovel

 

 


極秘セミナー

 

 

・44・

「では今日は「隠し方」のセミナーです。活発な意見交換をお願いします」T電力の役員は言った。「こんなセミナーをやっていいんですか?」参加者の一人が質問した。「…もちろん、いけませんよ。だからこのセミナーの存在も隠す必要があります。その為のセミナーです」「なるほど」 #twnovel

 

 


変化

 

 

・45・
「老人達はそれを守ろうと力を尽くしているけど、我々には何の意味もない。世界の状況はまるっきり変わってしまった。変わってしまったコトを嘆いても仕方ないだろ?変化を受け入れて生き方を変えていかなくちゃ、生きる意味がない。変化するコトに意味があるのさ」狼男は語った。 #twnovel

 

 



読者登録

由内傷人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について