閉じる


<<最初から読む

21 / 65ページ

輪番停電 2

 

 

・20・
「なんだって…!?なぜあんなにスムーズで美しい輪番停電ができるんだ!?…日本は化け物か!?」「あんなテクニカルな輪番停電は、他の国には真似できないだろう…一体どんな訓練をしているんだ?」世界中が不思議に思う日本の輪番停電。その謎は当の日本人にも、解明は難しい…! #twnovel

 

 

 


 


楽園町 1

 

 

・21・
「また揺れましたね」「そうですね~、最近は多いですね」「こう地震ばかりだと、本棚が片付かなくて困りますね」「まあ、慣れですよ。季節が変わればおさまりますから」「じゃ、仕事行ってきます」「毎度どうもありがとうございま~す!」コンビニでの会話。 #twnovel

 

 


 


楽園町 2

 

 

・22・
「あなた、午後はお隣さんの家に行くの?」「そうだよ。お隣さん、風力発電機の調子が悪くて大変なんだ。修理してあげなきゃ」「今日は暖かいらしいから、家の中の電気は切っておいて充電したほうがいいわね」「さすがだな。…夜も暗いままでもいいけど」「まあ、あなたったら…」 #twnovel

 

 



楽園町 3


 

・23・
政府から忘れ去られた町。しかし各家庭の風力発電機と太陽光発電機で、町の中の電気を全てまかなっている。食物も、ほぼ自給自足だ。町民はお互いに助け合って、平和に暮らしている。忘れ去られていたとしても、幸せな町。 #twnovel

 

 


楽園町 4

 

 

・24・
「今日はいい風が吹きますね」「ああ、これなら今月の電気は大丈夫そうだ。風力発電機を直してくれてありがとう!おかげ様だよ」「いえいえ。礼には及びません。困った時はお互い様です」「…ん?また何か作るのかい?」「雨で動く揚水発電機です。梅雨の前に」「さすがだね」未来。 #twnovel

 

 

 

 

 


 



読者登録

由内傷人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について