閉じる


<<最初から読む

11 / 65ページ

プロメテウスとゼウスの会話 2

 

 

・10・
「しかしその熱情から生まれた者もいる。デュオニソスやヘラクレス…」「ま、まあ…そうだな」ゼウスは顔を赤らめた。「恥ずかしがるコトは無いさ。求め続けるコトは正しいんだ。ヘラクレスは私達神々さえ救ってくれた」「ああ、驚きだ」「だから、信じよう。鉄の種族の美しさを」 #twnovel

 

 



ルシファーの意志

 

 

・11・
「不謹慎だと?私にとっては褒めコトバだな」ルシファーは笑いながら言った。「神は死んだ。もういいだろう、自由にしてやれよ、人間達を!」ミカエルをにらむ。「人間達を信じろ!彼らは彼らで、彼らの「社会」を築くだろう…!」 #twnovel

 

 


破壊神シヴァ

 

 

・12・
「シヴァ、今回のはさすがにやりすぎじゃないか…?」私はシヴァに訊いた。「大丈夫だ。迷える魂は全て涅槃へと導いた。悲しむコトは無いさ」「…信じているのか?」「そうだ。最悪の事態になる前に…人間は人間のチカラで立ち直るべきなんだ」破壊神の言葉は、意外にも優しかった。 #twnovel

 

 

 


深海のナマズさん

 

 

・13・
深海、日本海溝ではナマズさん達が頑張っています。「な、なんとかしてバランスを取り戻すんだ!」力を合わせて、なんとか日本列島を支えようとしています。もう少し…もう少しでバランスを取り戻せるでしょう。どうか彼らを責めないで。 #twnovel

 

 

 


大洗の少年

 

 

・14・

「大洗の海が大好きなんです」少年は海を見つめながら言った。「家が流されたのに?」私は訊いた。「それは、仕方なかったんです。海に罪は無い。…ただ…」「ただ?」「この海が汚されるコトは我慢できない。なんとかならないですか?」少年のまっすぐな目に、私は言葉を無くした。 #twnovel

 

 



読者登録

由内傷人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について