閉じる


<<最初から読む

28 / 247ページ

試し読みできます

16

健三が言った。

「マサル、久しぶりだな」

「どうも」

「マサルさん、席用意してますよ」桜井が尚の前の席を指した。

「サンクス」

マサルが席についた。亜美が笑顔で手を振る。

「久しぶり!」

「元気?」

「マサルさんがいないから寂しいよ」

尚が亜美を見て小さく首を左右に振る。桜井が皆を制した。

「まあまあまあ。とりあえず乾杯か?」

マサルが空のグラスを持つ。亜美の席はマサルから少し遠い。尚は目の前の自分の役目だと思い、瓶ビールを両手で持った。

「どうぞ」

「ありがとう」

尚は唇を結んですました顔のままマサルにビールを注いだ。それを見た桜井が絶叫する。

「おおお! な、尚が人にビールを注いでいる!」

(テメー)

尚は声には出さず口だけ動かして桜井を睨んだ。

「め、珍しい!」

「エーちゃん」涼子が腕を掴む。「デリカシーってある?」

「巷でオレはミスターデリカシーと呼ばれている」

「ダメだ」涼子は諦めた。


試し読みできます

17

皆ビールやウーロンハイを持つと、改めて乾杯した。それぞれ軽くグラスを合わせる。

「カンパイ!」亜美が手を伸ばしてマサルと乾杯した。

マサルは目の前の尚ともグラスを合わせ、桜井に続き涼子とも乾杯した。

「岸守さんも久しぶり」

「あ、どうも」涼子は慌ててグラスを合わせた。

マサルから涼子に話しかける。

「係長になったんだ?」

「そうなんですよ。緊張ですよ。でも皆さんが優しい人ばかりだから助けられています」

桜井が割って入る。

「涼子チャン、逆ゴマスリか?」

「ゴマスリ?」

「ほら、涼子チャンのほうが役職上だから部下に逆ゴマスリ」

「部下なんて思ってないから。仲間ですよ、みんな」

すでに酔っ払っている藤山健三が、名村国男に聞いた。

「史上最強馬っていったら、やっぱりルドルフかディープに絞られるだろう」

「ここへ来て馬の話はやめようよ」

亜美の哀願を無視して、健三と名村は盛り上がった。

「いや、健三さん。ファンは戦績だけじゃ納得しませんよ。マックイーンもテイオーもブライアンも黙ってないです」

「なるほど」健三はビールをグイグイ飲む。「最強牝馬はもっと複雑だな」

「馬の話はまた今度。せっかくマサルさんがいるんだから」

「亜美。マサルがいるから馬の話しなきゃ、いつ話すんだ?」健三が暴走すると止まらない。

 

 


試し読みできます

18

「千八の鬼・藤山健三を止められるヤツはいないぜ」桜井も加わる。「最強牝馬はヒシアマゾンでしょう」

「エアグルーヴもいるぞ」健三が言った。「あとシンコウラブリイにノースフライト」

「ふーちゃんか」

亜美が顔をしかめた。

「あのね。日本語で喋っているのに、英語より難しい会話を目の前でされているあたしの立場って考えたことある?」

健三は、亜美の猛追を振り切り、マサルを見た。

「マサルはだれだと思う。最強牝馬?」

「成績からいったら最強じゃないかもしれないけど、印象深いのはスターバレリーナだな」

「わあ、わあ、わあ!」桜井が騒ぐ。

「スターバレリーナ?」亜美の顔が怖い。

「わあ、わあ、わあ!」

「エーちゃん」

呼び止める亜美を無視して桜井はマサルに言った。

「マサルさん。ベガを忘れていませんか。ベガはベガでもホクトベガ!」

「でも好きだったのはスターバレリーナだな」

「わあ、わあ、わあ!」

「エーちゃん」亜美は笑顔だが蒼白だ。

「何だダンスパートナー?」

亜美は割り箸やおしぼりを手当たり次第桜井の顔面に投げた。

「馬に例えられて喜ぶのはあんたらだけなんだよ!」

「痛い、あ、割り箸をないがしろにするとは、さては環境問題に無関心だな?」

「話をそらすな!」


試し読みできます

19

桜井と亜美は放っておき、尚はマサルにビールを注いだ。

「マサルさんって、外国人に間違われませんか?」

「たまに国籍を聞かれる」マサルは笑顔で話した。

また桜井栄光が乱入する。

「尚。マサルさんは正真正銘の外国産馬だぞ」

「サンバ?」

「サンバといってもお嫁サンバじゃねえぞ。知らないか」

「アメリカで生まれたんだ」マサルが言った。

「そうなんですか?」

驚く尚。涼子も黙って聞いていた。桜井が早口で説明する。

「両親は日本人。でもマサルさんが生まれたのはアメリカだ」

「英語ペラペラとか?」尚が聞く。

「そんなことはない。ナチュラルなアクセントには自信があるけど」

「尚。マサルさんの仕事を知りたいか?」

「いい」マサルが一瞬真顔で桜井を睨む。

「何です?」

「尚。何を隠そう、マサルさんは馬券生活者。さすらいのギャンブラーだ」桜井は自慢げに語った。「年収は1000万円」

「1000万?」涼子が聞いた。

「その話はいい」

マサルがそこに触れたがらないので、尚も涼子もそれ以上聞くのをやめた。

 


試し読みできます

20

桜井が話題を変えた。

「マサルさん。この尚もなかなか非凡ですよ」

「非凡?」

マサルが熱い目で尚を見た。尚も憧れの眼差しで見つめ返した。

二人の視線を涼子は複雑な気持ちで見ていた。

「マサルさん。尚は中学生のとき、スピーチコンテストで優勝しているんです」

「スピーチコンテスト?」マサルが興味を示した。

「ディペートでも優勝しているんです。まさに無敗の二冠馬」

「バじゃねえよ」尚が睨む。

「それに彼女は頭の回転が速い。入社3ヶ月で出庫の仕事を全部覚えてしまったからね」

「3ヶ月?」マサルが目を見張った。「普通1年はかかるよ」

尚はかしこまった顔で言った。

「それは、エーちゃんの教え方が上手いからでしょ」

「それがすべてとも言えるけどな」

「ハハハ」

マサルと同時に笑った涼子は、笑顔のままマサルと顔が合ってしまった。なぜか慌てて目をそらす。その二人のそぶりを尚は真顔で見ていた。

「そろそろお開きか?」

桜井が言うと、亜美が口を尖らせた。

「嘘、あたしマサルとほとんど喋ってないよ」

「知るか」名村が小声で呟く。

金曜日ではない。皆は仕方なく自分のグラスを飲みほした。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

ブラックサワさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について