閉じる


<<最初から読む

13 / 247ページ

試し読みできます

1

ここは社長室。

大きなデスクの前に冠田社長がすわる。向かって左側に相川専務。右に黒田部長が立っていた。

これがいつもの位置だ。三人とも眼鏡をかけている。桜井栄光は陰で「メガネトリオ」と呼んでいた。

冠田社長が言った。

「黒田君。倉庫はどうにかならんかね」

「はい・・・」

柏原を係長にして、倉庫の責任者にしようとしたが、その案は完全に消えた。

「やはり柏原君のように役職でガツンと行くタイプは、3分で倉庫から突き出されるハメになりますからな」

黒田の弱気を、相川専務は指を差して責めた。

「君がそんな甘やかしているからダメなんだよ。ねえ社長」

急に顔を向けられ、冠田は答えた。

「マサル君の影響で、みんなは幹部を枝葉だと思っているからね」

相川は険しい表情になった。

「飛志の話はよしましょう。彼の言う通りにしたら、会社は潰れますよ。彼はただの理想主義者です。組織というものをわかっていません」

「マサル君のあのセリフがまだ忘れられないよ」社長は両手を額に当てた。「組織に上下関係を持ち込む者は、悪魔の化身・・・・・・か」

「社長」相川が焦る。「感動しちゃダメですよ。彼が会社にいたら、組織は崩壊します。辞めさせて正解だったんです。ああいう怪物を入れてはいけなかったんです」

黒田は何かを言いたそうな顔をしたが、話題を変えた。

「社長。岸守さんはどうです?」

 


試し読みできます

2

「どうって?」

「倉庫の責任者に」

「何を言うんだね!」相川が怒る。「飢えたハイエナの群れに美しいカモシカを投げ込むようなものだよ」

「私は適任だと考えます」黒田が社長に言った。

「君!」

相川の反対を押し切って黒田は力説した。

「実は彼女と桜井君は同期で親友なんです。桜井君は彼女に協力しますから、間違っても岸守さんがいじめに遭うことはありません」

「なるほど」冠田社長は興味を持った。「岸守さんなら威張らないしね。黒田君と岸守さんで、ちょうど鞭とローソクになるしね」

相川が腰をかがめた。

「社長。飴と鞭です」

「そうそう、飴と鞭、両方が大事だからね」

「しかし役職が主任では」相川が言った。

「社長」黒田が意見を述べる。「わが社初の女性係長となりますが、岸守さんなら十分その資格があると思います」

冠田は感心した。

「黒田君。君はだれとだれが仲良しとか、一人ひとりの性格や実力を把握していて、なかなか素晴らしいよ」

「あ、ありがとうございます!」黒田は感激した。

 

 


試し読みできます

3

善は急げ!

早速、岸守涼子は社長室に呼ばれた。

彼女は、特にミスをした覚えはないが、緊張した面持ちで社長室に入った。

「岸守さん」冠田社長が言った。

「はい」

「私は入社以来ずっと君を見てきたが、皆に優しいし、新人には懇切丁寧に仕事を教えるし、素晴らしい人がわが社に来てくれたと思ったものだよ」

思いがけない話に、涼子はかしこまった。

「ありがとうございます。嬉しいです。でも私なんかまだまだです」

顔を紅潮させて一礼する姿も美しい。三人は思わず見とれた。

「そこでだね。君を、係長に昇格させたいんだ」

「・・・係長!」

涼子は目を丸くした。嬉しいというよりも驚きが先だ。三人は笑顔で涼子を見つめる。

「受けてくれるね」

「しかし・・・」

ためらう涼子に、黒田がニコヤカな顔で言った。

「社長は実力で人事を決める人だから。そんなに驚くこともないでしょう」

冠田もすかさず返す。

「実は黒田君の推薦なんだよ」

「いえいえ」黒田は謙遜ではなく別の意味で慌てた。

 

 


試し読みできます

4

「部長」涼子は感動した顔で黒田を見つめた。

黒田は落ち着かないそぶりで目をそらす。涼子は社長を見ると、満面に笑みをたたえて質問した。

「でも、係長って、何をすればいいんですか?」

冠田の目が泳ぐ。

「黒田君。言いなさい」

「いやいやいや、社長から」黒田の笑顔が怪しい。

「じゃあ、相川君」

「私が言うんですか?」相川は咳払いをすると、涼子を真顔で見た。「君を、倉庫の責任者に任命します。おめでとう」

一人で笑いながら拍手する相川専務。重い空気を察知してやめた。

「・・・・・・そうですかあ」涼子が落胆の色を見せる。「そういうことでしたかあ」

散々持ち上げられてその気になってしまった自分にも腹が立つ。涼子は落胆が段々怒りに変わっていった。

「つまり、あたしに辞めろって言いたいわけですね?」

「何を言うの!」社長は慌てた。「そんなこと思うわけないでしょう」

涼子は怖い顔で冠田社長を見た。

「人事を断ったら首ですか?」

「まさか。黒田君。黙ってないで何か言いなさい」

「岸守さん。大丈夫だよ。倉庫は優しい人たちばかりだし」

「よく言いますよ!」涼子は目を剥いた。「部長が言ったんでしょ。倉庫は野蛮人の集まりだって!」

「野蛮人?」相川は指を差して黒田を責めた。「君! 自分の部下に何てこと言うんだね」

「野蛮人はまずいよ野蛮人は」冠田も顔をしかめた。「せめてゾンビの集まりくらいにしとかないと」

 

 

 


試し読みできます

5

相川がまた腰をかがめた。

「社長。ゾンビのほうがひどいと思います」

「ゾンビはかわいいじゃない」

「かわいい?」相川が首をかしげる。

「だって、ゾンビって、こうやって飛ぶ奴でしょ?」冠田社長は両手を前にして飛び跳ねる真似をした。

「あれはキョンシーです」

「キョンシー?」

「ゾンビとキョンシーは何も繋がっていませんけど」

「そうだっけ?」冠田は黒田にも聞いた。

「はい。ゾンビならまだ野蛮人のほうがいいと思います。ハハハ・・・」

バン!

「わあ!」

涼子が両手でデスクを叩いたので、社長も思わず立ち上がってしまった。涼子は直立不動の三人を睨みながら言った。

「社長」

「はい」

涼子の目が怖い。

「あたしは係長にも倉庫の責任者にもなりません!」

 



読者登録

ブラックサワさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について