閉じる


ボンバーガール

試し読みできます

1

2009年、秋・・・・・・。

 

10月下旬にしては寒くない。ウインズはきょうも人で一杯だった。

桜井栄光は新聞を両手で握り締めながら、売場窓口の前にある画面を見上げていた。

画面に映るサラブレッドは皆美しく、歩き方も堂々としていて力強い。

「迷うぜ」

彼は中学生のときから競馬をスポーツとして観戦していた。知らぬは親ばかりなりで、そういう中学生は珍しくない。

20歳になると晴れて馬券を買った。キャリアは今年で7年だ。

桜井栄光は、画面に映し出されるオッズや馬体重を新聞に書き込んでいった。

「ふう」

桜井栄光 Sakurai Eikou.

見た目はギャンブラーというより、売れないロックンローラーという感じだ。

黒髪は洒落ていてファンキーな雰囲気を醸し出している。桜井の隣に男が並んだ。

「マサルさんは何買いました?」桜井が聞いた。

「オレはこのレースは買わない」

「それができるからマサルさんは黒字なんですね。オレみたいに東京と京都で両方24レース全部手出しちゃうから、当たっても大赤字なんですね」

「24レースは無謀だよ」マサルは明るく笑った。

桜井栄光も引き締まった体をしているが、マサルはスプリンターのごとく逞しかった。

飛志勝 Hishi Masaru.

名前も珍しいが性格も珍しかった。正真正銘アメリカ生まれの日本人。

マサルは桜井と同じ会社にいたが、会社と闘って解雇された。

短い黒髪に日本人離れした精悍なマスク。自信満々の笑み。会社で勤務していたときから、その素性は謎が多かった。

 

 

 


試し読みできます

2

桜井が早口に言った。

「マサルさんが辞めてから、倉庫にいい子が入りましたよ。マサルさん好みのボンバーガールが」

「オレはじゃじゃ馬タイプは苦手だ」

マサルは桜井の先輩。37歳だが若々しく、目も生き生きと輝いていて、ハリウッドスターのようだと皆から言われていた。しかし会社の上層部は、マサルのことを「会社を傾かせる怪物だ」と批判していた。

桜井が一生懸命アピールする。

「じゃじゃ馬といってもルックスは抜群ですよ。まあ、かわいくないじゃじゃ馬なんかだれも相手にしませんが。ハハハ」

「暴言だな」マサルが笑顔で呟いた。「女は顔じゃない。ハートだ」

「確かに昔から男は度胸、女はアンヨって言いますもんね」

「言わない」

ファンファーレが鳴った。

「そのボンバーガールの名前は?」

「國里尚。ハタチです」

「クニザトナオ」

「気性激しいですよ」桜井栄光は自慢げに話した。「キレるとよくオレの頭を引っ張り棒で叩きまくるんです」

「危ない子だな」

画面はスタート地点を映し出す。各馬はゲートの中に順次入っていくが、暴れて入らない馬もいる。

「マサルさんに一度合わせたいですよ。暴れ馬だけど純ですよ」

「エーちゃんの説明だと性格がよく掴めないな」

「もっとわかりやすく言うと、プライムステージを人間にしたような感じです」

「全然わかりやすくない」

 


試し読みできます

3

スタートした。桜井栄光は会話をやめて一緒に走る。しかし馬券を買っていないマサルが話しかけてきた。

「エーちゃんはその子はダメなのか?」

桜井は画面と新聞を交互に見ながら答えた。

「オレの本命は別にいますから」

マサルも画面を見ながら話す。

「エーちゃんの本命。亜美か?」

「何を言う気ビバーチェ。涼子ですよ」

マサルは感心した。

「なるほど涼子チャンか。あの子は魅力的だな」

「魅力的?」桜井は一瞬マサルを見てから画面に目を戻した。「魅力的ってまさかマサルさん?」

「エーちゃんが出走するレースには、オレは出ないよ」

「ありがたき幸せ」桜井は頭を下げた。「マサルさんの大外一気のゴボウ抜きは破壊力抜群ですからね。同じレースは走りたくないです」

桜井は画面に見入った。恋のレースも大事だが、まずは目の前の競争だ。

第4コーナーをカーブして最後の直線を駆け抜ける。

「よし取れる。そのまま、そのまま!」桜井が画面に向かって絶叫した。

50歳くらいだろうか。スーツを着たサラリーマン風の男が、桜井の隣で叫ぶ。

「差せ、差せ!」

「そのまま!」

「差せ!」

「そのま・・・NO!」

桜井が買っていた馬は後ろから来る二頭の馬に交わされた。

 


試し読みできます

4

「よし取った!」

男は満足の笑み。桜井は放心状態。男は勝ち誇った笑顔で桜井を見た。

「明日のメインも教えてあげようか?」

桜井栄光はハズレ馬券と新聞を宙に投げた。

「わあああ!」

「ダメだよ」マサルが腕を掴んで止める。

「あ、そういう姿勢じゃ一生当たらないね」

男は笑いながら去っていく。桜井は床に落ちた新聞にストンピングの嵐。

「どこに印つけてんだバカヤロー!」

「人のせいにしたか」マサルが笑顔で呆れる。

「てい、こらあ! ほらあ!たわけこらあ!」叫びながら新聞を踏みつける桜井栄光。

「何でそこで長州力が出てくるんだ、幅広いな」

「やるかこらあ! タコこらあ!」

 

土日で大切なお金を失い、月曜日の朝は精神的ダメージを負った状態で出勤。良くない生活のリズムだった。

桜井栄光が勤務する冠田ゴム工業株式会社は、毎週月曜日に朝礼を行う。

都会にある小さなビルの3階が本社で、朝礼はそこで行われる。

本社には、社長、専務、部長がいて、営業や事務員が働いている。その本社から歩いて5分のところに倉庫がある。桜井はそこで働いていた。

 


試し読みできます

5

朝は8時半から始まる。月曜日は9時5分前になると、皆でゾロゾロと本社まで歩いていく。

倉庫の社員が本社に到着すると、朝礼が始まった。

冠田社長の面白くない話。相川専務の毎週同じ挨拶。そして黒田部長の叱咤と行くはずだったが、いつもと違ってニコヤカだ。

眼鏡を直すと、黒田部長は人事を紹介した。

「えー、埼玉工場で製造の責任者をしていた岸守涼子さんが、きょうから本社勤務となりました」

若い女性が一歩前に出た。やや照れた感じで皆に挨拶した。

「岸守です。よろしくお願いします」

彼女は深々と頭を下げた。

岸守涼子 Kishimori Ryouko.

肩までの黒髪。穏やかな表情。控えめな雰囲気に見えるが、涼子は反骨心が旺盛だった。

冠田ゴム工業株式会社は、東京本社と倉庫のほかに、埼玉工場と神奈川工場がある。総勢100人の会社だ。

涼子は桜井と同期だった。年齢も同じ27歳。

マサルが言った通り、涼子は魅力的な女性だ。笑顔が素敵で、責任感が人一倍強く、性格は優しかった。

朝礼が終わると同時に倉庫のメンバーがロケットスタート!

バタバタと部屋から出て行き、エレベーターでもめる。

「ほらブザー鳴っちゃう、ブザー鳴っちゃう」桜井がうるさい。

ブザーが鳴ってしまった。

「何で5人なのに鳴るんだよ。コクオーが馬体重オーバーしてるからだな」

「うるせえ。静かに乗れば大丈夫だ」

ブー!

「ほらみろ」

「黙れ。テメーの声がうるせえからだ」

「声で鳴るかバカ!」

 

 

 


試し読みできます

6

騒がしい声を、顔をしかめて見ていた部長の黒田だったが、涼子を見ると笑顔で言った。

「倉庫には行かなくていいからね」

「なぜですか?」涼子は不思議そうな顔で部長を見た。

「倉庫は野蛮人の集まりだから。ハハハ」

「部長がそういうこと言っちゃダメですよう」涼子も笑った。

 

本社は社長を始め、重役の目が光っているが、倉庫は無法地帯と化していた。

前にこの倉庫の責任者をしていた飛志勝は、上下関係を排し、威張る幹部には睨みをきかせ、倉庫に王国を築きつつあった。

会社は飛志勝を円満退社させる予定でいたが、本社にも情報網を張っていたマサルには通用しなかった。

逆に不当解雇で会社を責め、戦争状態にまで発展し、会社は大きな痛手を受けた。

社内に噂が広がるのは早い。飛志勝は表向きは円満退社だが、実際は激しい戦闘が半年以上続いたことを皆は知っていた。

だから「飛志勝」の名前は社内ではタブーで、重役の前でその名前を口にするのは倉庫のメンバーだけだった。

亜美はマサルのファン。桜井栄光と名村国男はマサルを尊敬していたし、桜井は今でも付き合いがある。藤山健三はマサルの先輩だが親しい仲だ。

マサルが辞めてから入社した新人の國里尚だけが、マサルを知らなかった

 


試し読みできます

7

倉庫の入口に、本社の柏原主任が立ち、落ちたゴミを蹴っていた。

「汚ねえな。掃除なんかしてねんだろ」独り言のように呟く。

柏原はいつも高価そうなスーツを着ている。不良っぽい髪をした細身の長身。ポケットに両手を突っ込み、蔑みの表情で倉庫の中に入ってきた。

倉庫はそんなに広くない。古い木造の二階建てだ。

「桜井」柏原が偉そうに呼んだ。

「何だ?」

「何だじゃねえだろ。同期でも俺はもうすぐ係長になるんだ。お前は平だろ」

桜井栄光の中で早くもファンファーレが鳴り響いた。

「係長ってそんなに偉いのか?」

「当たり前だ。それがわからないならサラリーマンなんか辞めろ!」

藤山健三は倉庫の外で作業をしていた。

藤山健三 Fujiyama Kenzou.

60歳だが会社一の怪力。現役バリバリだ。ガムシャラなファイトで8時間疲れを知らないとばかりに動きまくる。底知れないスタミナの持ち主だ。

柏原の威張った態度を見て、臨戦態勢に入っている若い女性は、國里尚だ。

國里尚 Kunizato Nao.

短めの黒髪がよく似合う。愛らしい目。魅力的な唇。しかし性格は荒っぽかった。作業着は着用せずに、グレーのトレーナーにジーパン、スニーカーのラフだがお洒落なスタイル。年齢は二十歳だ。

チャーミングなルックスと男勝りの性格のアンバランスが魅力を際立たせている。ほとんどノーメイクで綺麗な顔。スリムなボディ。だが気性は人一倍激しかった。

 

 


試し読みできます

8

柏原は、自分を睨む尚に目を向けた。

「尚。何だその目は?」

「呼び捨てにしないでください」

柏原はポケットから両手を出すと、威圧するように尚に近づいていった。

「社長にも言ったそうだな。尚君って君付けされたら、女子社員に君付けは古いって」

「言いましたけど何か?」

「何?」

柏原は上から睨んだ。尚も睨み返す。

「おまえは何か勘違いしてないか」

「さっきから尚とかお前とか何様だよテメー!」尚が爆発した。

「て、テメー?・・・」

いきなり怒鳴られて柏原はびっくり眼だ。彼の常識では、一年に満たない新人が、幹部を怒鳴るなどあり得ないことだ。

しかし尚は止まらない。

「主任だか死人だか知らないけどなあ。女だと思って甘く見た時点でセクハラなんだよ。法律を勉強しろよ。道徳は幼稚園からやり直せ!」

額の汗を拭うと、柏原は言った。

「その口の聞き方は何だよ」

「あたしは敬語を使ってたよ。それなのにテメーが2階からもの言うから、こうしてテメーの低レベルな会話に合わせてやってんだよ金払え!」

あいた口が塞がらない柏原に、桜井栄光が言った。

「泣け」

 

 


試し読みできます

9

このふざけた一言に、柏原は激怒した。

「よしわかった。お前らがそう出るなら大問題にしてやるからな。二人とも次の職場を探してとけ」

セリフを吐き捨てた柏原に、桜井が得意のマシンガントークで攻めた。

「係長が上で平が下。まさかそんな考えでいるとしたら古過ぎるぜ。シーラカンスと呼ぶぞ。まあ、シーラカンスに失礼だけど」

鞭が入った。

「弱い人間ほど威張るんだ。強い人間は威張らない。ある意味威張るヤツは私は弱いですって全世界にアピールしているようなもんだぜ。おめでとう。そもそもこんな小さな会社の係長になるくらいで天下を取ったような先ほどからの態度。志が水溜りより低いぜ。さては竜馬がゆくを読んでいないな」

4コーナーをカーブして最後の直線。

「今は上下関係ではなくて円卓会議なんだよ。車座だよ社長も社員も。世界の主流を学べ青二歳のコンコンチキ野郎!」

「・・・・・・」

怒りで震える柏原。そこへ、ずっと黙ってイスにすわっていた名村国男が立ち上がると、一言呟いた。

「7馬身のぶっちぎりって感じだな」

「あたぼーよ。いや、10馬身だな」

桜井が得意満面の笑顔。柏原は拳を握ったが、傍らにいる名村国男が怖い。

名村国男 Namura Kunio.

桜井や涼子と同期の27歳。通称コクオー。

身長185センチ、体重90キロの巨漢。プロレスラーのような肉体を誇る。口数は少なくいつも物静かだが、何を考えているかわからないから、社内では結構恐れられている存在だ。

 

 


試し読みできます

10

獰猛な雰囲気を漂わせる名村国男。彼が怒ったところを見た人はいない。それが怖さに拍車をかけていた。

柏原は、尚と桜井と名村の三人を前にして、引くに引けない。

「これは、飛志勝の影響だな」

「ここにいない人の悪口を言うのはやめろよ」尚が真っ先に食ってかかった。「あたしは自分の意思で発言してんだよ!」

桜井が入口のほうを指差す。

「あ、マサルさん」

「え!」柏原は慌てて振り向いた。

「何ビビッてんだよ」桜井はケラケラ笑った。「さすがの柏原君もマサルさんは怖いか」

「何が柏原君だ。役職で呼びなさい」

「わかったよシーラカンス係長」

「何だと」

睨む柏原に、桜井は手拍子で応えた。

「あ、シーラカンス! あ、シーラカンス」

桜井だけではなく、名村まで無表情のまま手拍子しているのが怖過ぎる。

「貴様ら・・・」

そこへ藤山健三が重いケースを両手で抱えながら倉庫に入ってきた。

「おい、雨降ってきた。モノ中に入れろ」

バキッ!

視力が悪い藤山健三がケースで柏原を突き飛ばした。桜井と名村も焦る。

「ストレート過ぎるぜ」

「暴力はいけないな」

柏原は腰を押さえて立ち上がると、藤山健三を睨んだ。

「わざとだろ!」

「バカヤロー。倉庫にとって通路は命だ。通路にスーツ着て突っ立ってたらなあ。足に台車ぶつけられたって文句言えねんだこのド素人が!」

柏原は驚いて藤山を見ていたが、何も言わずに走って倉庫を出ていった。

 


試し読みできます

11

倉庫の事務室から幹中亜美が出てきた。

「どうしたの、何の騒ぎ?」

幹中亜美 Mikinaka Ami.

肩にかかる綺麗な茶髪。ボリュームのあるお洒落な髪。いつも笑顔を絶やさない天真爛漫さが売り。

スタイルは抜群でモデルのよう。自他共に認める冠田ゴム工業の1番人気だ。

國里尚はすました顔でゆっくり事務室に入ると、受話器を取った。彼女は本社に電話をかける。

「國里です。黒田部長いますか?」

尚は無表情で、心配顔の桜井と亜美を見た。

「あ、國里です。柏原主任にセクハラされたんで、これから告訴の手続きのために早退してもいいですか?」

黒田は慌てた。

『ちょっと待ちなさい。ちゃんとするから。ねっ』

「わかりました。あと、健三さんは暴力なんかふるっていません」

『え?』

「今から柏原主任がそちらに行ってないことないこと言うと思いますが、会社が主任の側につくなら、あたしは戦争を仕掛けます」

黒田は思わず飛志勝との悪夢の日々を思い出した。

『もっと穏やかに行こうよ。私が片方の話だけを聞くと思う。ハハハ。見くびっちゃダメだよ。ハハハ』

「・・・わかりました」

尚は電話を切って受話器を置くと、すました顔で桜井の顔を見て、事務室を出た。

 

 

 

 


試し読みできます

12

「怖い」亜美は人ごとのように笑う。「エーちゃん。この倉庫って、野蛮人の集まり?」

桜井は笑顔で首を左右に振った。

「ま、人間らしいのはオレと亜美チャンくらいだろう」

「ハハハ」

「あとはまあ、動物園みたいなもんかな」

「キャハハハ!」

 

柏原は本社に戻ると、すぐに黒田に言った。

「藤山健三に暴力をふるわれました。すぐに首にしてください」

黒田は険しい表情になると、眼鏡の奥から柏原を睨んだ。

「君に落ち度はなかったかね?」

「え?」

「女性社員にセクハラなんかしてないね?」

先手を取られた。それより部長が倉庫の人間の言うことを聞くほうが我慢ならない。柏原は怒り心頭だ。

「勝手にしてください!」

柏原は席を蹴るように部屋を飛び出した。その背中を見て黒田は頭をかいた。部長は悩みが絶えない。

 

 

 

 


« 前の章