twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション ホラー・オカルト 作者 本屋好き
価格 無料
タグ ホラー掌編
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

96 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
16ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 「朝、友人の家で起きたら気味の悪い生物を見た。しかもそいつは私のあとをつけてくる。幻覚だと思いこもうとするが、このリアリティは何なのか?なぜこんな幻覚を見るのか。考えてみると、原因は昨日、薬島と痛飲したせいだと思うが確信が持てない。もしや7年ぶりに会った桑島のせいか?特に変わったことはなかったはずだ…。だが、そういえば変な夢を見たな。」
 10,000字弱の掌編を書きました。初めての投稿で、初作品です。「夢」について考えながら書いていたらこんなものが出来あがりました。
 コメントいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧