twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 天見谷行人
価格 無料
タグ 小説長編小説ヒューマンドラマ文芸うつ病リストラブラック企業住宅営業ハウスメーカー精神障害障害者ひきこもり精神疾患気分障害自殺自殺未遂ノベル青春就職仕事
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

359 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 24ページ (Web閲覧)
136ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ついに12,000閲覧突破(2018/7/19)元住宅営業マンのうつ病患者自身が書き下ろした初の本格小説。アマミヤユキトはインテリアコーディネーターの資格を持つ、一流ハウスメーカーの営業マン。彼の職場はお城の様な豪華な展示場。オフィスは都心の一等地。高速道路を見下ろすビルの最上階。そんな誰もがうらやむ、一部上場企業で働き始めた、彼を待ち受けていたのは……他社との激しい受注競争、社内のパワーハラスメント、客からの無理難題、吹き荒れるリストラの嵐。彼はうつ病を発症する。エリートサラリーマンからの転落。会社を辞め、引きこもり生活を始める。収入はゼロ。車を売った。新聞も携帯もやめた。そして受け取ったのは精神障害者手帳だった。出口の見えないうつ病との闘い。それはたったひとりでアポロ13に乗り込むようなものだった。だが、地球で待っているはずのNASAには誰もいなかった。それがうつ病の現実だった。たったひとりで、一体どうやって地球に帰ってくるのか?あわや孤独死か、という目に遭いながら、それでも彼はうつ病からの帰還を目指す。もやはこれはフィクションではない。明日、自分の身に降り掛かるかもしれない無縁社会の闇。そこに光は見えるのか?自己の再生、それでも人が生きて行く意味を根底から問う意欲作。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる・・・*アルファポリスの絵本ひろばでは「R」が付いてい...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

人工知能は大量のデータ処理能力と速度において既に人間を超えているが・・・機械的ロボットは人の作ったプ...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

もっとみる