閉じる


なんで?

どうして?なんで???と英語で聞くとき
WHY? と聞きますね。


他の英語表現に
How comeというのがあります。


かなり前のレッスンを思いだしました。

男性の生徒さんとの会話です。
(会話の内容はすっかり忘れましたけど)



私:How come(どうして?)

すると、その男性の生徒さん・・・


By subway(地下鉄で)
って元気良く答えてくださいました・・・


How は 日本語で “どのように~”などと言う意味。
Comeは “来る”とか“行く”という意味。



その生徒さんきっと直訳して

How どうやって、 Come 来たの?
と理解されたのでしょうね。


けっこう、こういう間違いってやっているかもしれませんね。




あいたた!

これは友人の英語講師(日本人)の話。

以前アメリカに留学中のこと。

アメリカ人男性の友人とお食事して、途中まで二人仲良く帰路に着く。

住むところは違うので、別れ際にその男性、

"OK, Mari. I will give you a ring!.  See you next week!" 
 

と伝えて去って行った。


で、その友人Mariは、

"Ring?!"

リング? 

リングって指輪だよね

I will give you a 指輪指輪 ってことだよね?
と解釈。

ここまでくれば、もう妄想劇驀進あるのみドンッ

「君に指輪をあげる」なんて、きゃ~どうしましょうラブラブ
指輪って特別な意味あるよね音譜

つまり、これって・・これって・・プロポーズドキドキ

いつ、指輪指輪をくれるのだろうと
どきどき、わくわくの毎日を過ごしたMari

が、何事もなく過ぎた週末。

後日、判明したことは、

a Ringとは、a Call  つまり指輪ではなく

"電話
"するよってこと。

Ring---電話電話と指輪指輪じゃ、結構な違いですね。

前後の意味や、お互いの関係をよ~く考えてから
どきどき、わくわくして、本当の指輪をもらうのを
楽しみにしましょう!

ま、自分にご褒美で指輪を買うのもアリかと!"



イケてないな~。

最近、ちょっと、思いだした”笑える話”べーっだ!


★友人編


昔LAにいた時、友人達とSFに車2台で
行くことになった。


途中レストランに寄ったはいいけど、
私達日本人8名がずらっと座っているので、
ウエーターさんが緊張しながらオーダーを取っていた。


友人達と私は難なく注文終了!


当時イケメンのカレ氏

(英語はできないが格好をつける人) の番となる。



”そうだな~”ともったいぶって考えてると、

そのウエーターさん、



"Oh, SODA?  OK!"と言って




厨房に戻り、ホントにソーダを持ってきた。



そのカレ氏、訂正も文句も言わず(言えず)
好きでもないソーダを飲んでいた。ショック!






★同僚編


G社にいたときの同僚の英語の先生(日本人)が
アメリカにホームステイしていた時の話。


庭で、ホストマザーと和やかに庭のお手入れ。


マザー "What would you like to do this weekend, Mari?"


同僚・ "Well, I'd like to ride a ホース"


マザー "You...what???"


同僚  "I would like to ride a ホーーーース!!!と今回は
     

しっかり強調して言ったらしい。


怪訝な顔したホストマザー、ガレージに行ってなにやら持ってきた。

手には、そう・・そのホースが!(水をまくときに使うホース)





なんで、こんなホースに乗りたいのか?と聞かれ、
やっと事態がのみこめた同僚。




Horse の発音が悪くてhose 

と勘違いされたそうです。





★もうひとつ、この同僚の話。
 (話の前後は省略)


I want to take a バス。と発音したために
起こった悲劇。



本当はbath(お風呂)といいたかったのですが、
thがうまく発音できなくて、
ホストファミリーにはbusと聞こえたそう。



で、それまでは学校までホストファザーが
車で送迎してくれたのだけど、


”ああ、Mariは車で行くのが嫌なんだ、
 バスの方がいいんだな”ということで車の送迎をストップ。





次の日から、泣く泣くバス通学というハメに!!!



当時は自分の英語の間違いや勘違いを訂正する
英語力も勇気もなかったための、
悲しくも笑えるお話でした~。


発音って大事ですわい!!!


おてやわらかに

「もしもし」って英語では何と言いますか?

はい、皆様ご存知、Helloですね。

でも、不思議ですよね、Helloって挨拶の言葉です。
”こんにちわ”と相手に投げかけるわけですよね。

英語では、電話でもそのように挨拶をする文化。

これを、直訳しないで、”もしもし”と日本語に翻訳した方最初の方は凄いですよね。

Good morning
 もそうですね。

”いい朝ですね”と訳さず、”おはよう”と日本での場面に置き換えて訳されてます。


さて問題です。

I this deer have.

ってどんな意味かわかる方いますか?

この英語は、私が20代の時担当していた年下の頑固な男性生徒さんの発言です。

その方 ”超超”初級レベルなのですが、私が日本人なので
「オレの英語がわかんね~んだよ、参ったぜ」系の生徒さま(>_<)

こちらもサービス業ですので、頬を引きつらせながらも笑顔で接してました。

が、この英語さすがにわからず・・・・

しばらく考えました。

でも、

やはりわかんな~い。

仕方なく意味を教えていただきました。

”これしか持ってないんだよ!って意味だと・・・

・・・はてなマーク

今な・なんてはてなマーク


これしか・・・って、もしかして・・・


his (これ)、dear (鹿・・しか・・




で~ですか~( ̄□ ̄;))

でも、その方、”なんでわかんないんだよ~! 
だから日本人の講師は困るんだぜ~”

的な表情でおられました(汗



わっかるわけ、ないじゃないですか~そんな英語ヽ(`Д´)ノ

そして、あるレッスン終了後、その生徒さん
外国人講師と初めて挨拶するという場面がありました。

私との場合と違い、ニコニコのその生徒さん。

初対面でその外国人講師に何て言ったと思いますか?



ソフト ハンド プリーズ。

Soft hand please.





確かに、その先生100キロは大きく越えてるBIGな女性の先生でしたし、手もどこもかしこも、やわやわでしたが・・・

その先生どう反応していいのかわからず、しばし呆然。

が、日頃から関わっている私はすぐにわかりました。

フフフ( ̄▽+ ̄*)

”お手柔らかに”でしょ?

ピンポーン♪

って、そんなの普通の英語じゃないですから~(;´Д`)ノ

その生徒さんは最後までご自分の創作英語にご満悦でしたけど。

ここまででなくとも、日本語に引っ張られて、変な英語になることが多々あるので、本当に気をつけないといけないと日々思います。


消防士の放火

本日の登場人物は4名。

1.友人のベン 
  (性格のいい、見た目ちょっと、とっちゃん坊や風の29歳)

2.ベンの奥さん、Mさん。  
  (キャメロン ディアス似の年上美人妻)

3.消防士のイケメンT隊長 (日本人)

  
  
  

  海外旅行に毎年行く。現地の人とすぐ馴染めるタイプ。
  英語はかなり初級だがコミュニケーションをとるのがうまい・・・(と思う)


4.そして、このわ・た・し


ある日の我が家でのParty.
みんなで楽しく飲んだり食べたり
ワイン

T隊長もなんとか頑張って英語を話しているので、私は一切、口も手も出さずニコニコしながら
 彼の英語・・(もどき)を聞いている。

ベンもMさんも
さすが英語講師だけあり、じっくりと話を聞いてくれている。

辛抱強い二人に感謝!

やっと、T隊長が英語で一文章言い終わったところでベンが質問体勢に!

Ben: What time do you start to work everyday? (
何時に仕事が始まるの?)

これくらいの英語
なら、大丈夫なはずと、またしても、全く口も手も出さずニコニコ聞いてるわたし音譜

T隊長、一生懸命考え、言葉を選びながら時間をかけて言った英語が
    
T隊長: ア~イ スタ~ト・・・ファイアー・・エイト テン。

私:   フムフムと(心の中で英語にしてみた)
     
    ギョエー( ̄□ ̄;)!!

      
   I start fire (at) 8:10. ってことですか~! 隊長!!

     (start fire → 火をつける)



二人を見ると、笑いをぐっとこらえて微笑んでいた・・・
が言葉を失っているようだった。

ど~しよう、この沈黙・・・

とそこで、


T隊長: ”あ、今の英語だったら、自分で火つけちゃってますよね。
       
消防士が放火してどうすんの?って感じですよね~” 
      

と気づいてくれた(ホッ)


ベン:  隊長自ら火をつけまくって、で、ちゃんと皆で消火して、
     「今月の隊のノルマ達成♪♪」 って報告できるかもね~。 
     
                  


と英語で突っ込みをいれていたが、なんで、T隊長の日本語わかったのだろう??



私:これでやっと笑えるとばかりに、ブハーと高笑い。

T隊長が言いたかったのは、


I start to work at a Fire Station at 8:10.
(8時10分には署で仕事してます)


青の部分が抜けてしまったため、
消防士の自分が朝一で、放火しまくってるという英語に
なってしまったわけですね(汗

大切な友人ですので、笑うわけにもいかず・・・
こらえていた時間が長く辛かった(汗

消防士の話がでたので、
ついでに消防関係の基本的な英語を書いておきますね。

ま、使うことはあまりないでしょうけどね。

1.消防士     Firefighter 
 (性差別表現をなくすため、fireman, firewoman
 ではなく、これが使われている)

2.消防署     Fire Station

3.消防車     
Fire Engine

4.救急車     Ambulance

5.火災警報器  Fire-Alarm


6.炎        Flame
(復習の炎→flames of revenge  
リベンジは聞きなれてますね)

7.可燃性の    Flammable 
(燃えやすい)

8.火       Fire


(これは誰でもご存知な単語ですが、Fireには 解雇つまり首にするという意味もあります)

 I got fired.   → 首になった
 You are fired   → お前は首だ!

9.アメリカの消防、警察、救急   911

10.消防長    Fire Chief

11.放火       Arson
 



読者登録

英語講師@えいこさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について