閉じる


4. 教育効果測定の重要性

4. 教育効果測定の重要性

これまで,人材育成について,調査結果及び提案を述べた。人材育成の実務において,最も重要であり,困難であるのが,導入した人材育成プログラムが,人材の教育効果の測定である。

育成プログラムは,その導入に社員の協力が必要である。

また機会費用(社員の時間,労力)を支払い成立する。さらに研修やセミナー講師等,人材育成を社外にアウトソースする場合は,金銭的なコストも発生する。

その為,人材育成を計画する場合,その育成プログラムが支払い労力やコスト以上の価値を生み出すか,教育効果を測定することが重要である。

教育コストに対して,教育結果が良ければ,より人材育成計画を進め,結果が悪ければ,改善,もしくは計画を断念する必要がある。しかし現状としては,教育直後のアンケートの良し悪しだけを評価の判断材料としている場合が多い。



尚,定量的な評価項目には表3のような指標(KPI:key performance indicator)を設定し,管理すれば良いという報告例がある(3

この指標は,米国のTraining Magazineが人材育成における優良企業ランキングを作成する際に参照しているパラメータをベースにしている(3

これら項目において高い点をとることができるならば,世界レベルで認められるということになる。教育効果測定に力を入れることで,人材育成費用の無駄を洗い出すことが出来る。



また教育効果の測定は,目標の見える化につながる。例えば,「自己啓発として語学習得に取り組んでいるか。」「自己啓発としてコーチング,マネジメント等の学習に取り組んでいるか。」等を測定項目として質問した場合,社員に対して,語学や,業務スキルの重要性を再認識させるきっかけになる。また全社統計を示すことで,社内における自分のレベルを確認することができる。人材育成は,大きく二分すると,社員に対して仕事を行う能力をつけさせる教育と,社員の精神面に変化を与えさせる為の2種類になる。そして前者の能力をつけさせる教育は,知識や方法を外部からインプットさせる教育と,元から持っている能力や知識を表面に出す為の教育に分けられる。研修やOJT制度により,仕事を行う能力をつけさせる教育が充実し,その教育効果を測定することで,社員の精神面に変化を与えさせることができると考えられる。



尚,教育効果測定は,他の企業内推進活動にも適用できる。

活動成果を定量化することで,活動コスト,業務フローをより最適化できると考えられる。


3 人材教育効果の測定指標(3