目次
エープリール・フール
ブラックデー
4月の星座 しし座
虹が見え始める季節
新茶の季節
桜とお天気
花見の歴史
日本人と桜
忌日の季語
しあわせをもたらす春の季語
2種類のジェット気流(偏西風)
今年は「猛暑日」が減る?
あなたもできる!?天気予報
シイタケには日光浴をさせよう!
タケノコパワーでやる気まんまん!?
キャベツの底力
納豆という不思議な食べ物
白い食べ物は肺を潤す
ご飯の缶詰
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ
少エネ調理鍋
一日の食事バランス
B級グルメが食文化を作る?
お茶のTPO
食品原材料表示
気に関する老化
インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCの働き
昔は青鼻、今は水鼻
老化と成長ホルモンの働き
漢方薬をより効かせる飲み方
肝を養う春の養生
大人のアトピー
好きなことをやる勇気
タンポポは万能薬!?
金は持っている人の所に集まる 
地球儀にツバルを見る
御舘の乱、判断の是非
世間の、意外に利口なことにハッとする
宇喜多直家の成長戦略
(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」
(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」
(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」
(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」
(電子レンジレシピ)「お好み はんぺん」
吉田松陰を育てた母が説く風呂の効用
イギリス人は外交上手
情報公開と情報隠蔽の損得
文字とは何か?
人工クモ糸を創った
空き家解体の是非
電子図書館
タダでテレビ電話
動物の鳴き声
国民の声を無視出来ない時代
 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)
日本料理を圧迫し続けた武士階級
肉食とタブー
三日見ざれば
『古事記』の神々(その1)
名文は業務連絡に適さず
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

エープリール・フール

4月1日は『April Fool』こと『エープリール・フール』の日。
直訳して『四月馬鹿』、漢語的表現では『万愚節』と呼ばれるこの日は、害のない嘘をついて人をからかっても良い日となっています。
この『エープリール・フール』の由来ですが、一つだけでなく色々な説があるのをご存知でしょうか。
一つ目の説は、4月1日はキリストの命日であり、キリストが弟子の一人であるユダの嘘で裏切られ死に至ったことを忘れないために作られたというもの。
二つ目の説は、1564年にフランスのシャルル9世が、それまで3月25日を新年としていたのを、1月1日に強引に変更したことに対して反発したフランス国民が、4月1日を嘘の新年として祝い始めたのがきっかけになったというもの。
三つ目の説は、インドの仏教徒が、毎年春分から3月末にかけて行う”悟りの修行”に関するもの。この修行は3月末で終了し、4月1日には再び迷いの世界に戻るため、この日を『揶揄節』と名付け、からかったり嘘をついたりし始めたのが、世界中に広まったといわれています。
エープリール・フールが日本に伝わったのは大正時代。始めは『不義理の日』と呼ばれ、ふだん義理を欠いていた失礼に対してお詫びの手紙を送る日とされていました。
インターネットが普及した現代では、エープリール・フールにちなんでセンスの高い嘘をウェブ・サイトで公表する人も多く、どの嘘が一番面白いか競うコンテストまである程です。
一年に一度だけ、嘘をついても良い日があるなんて本当にユーモラスな風習ですよね。
あなたは、どの由来説が有力だと思いますか?
(コラムニスト JULIE/絵:吉田たつちか)2005-04

試し読みできます

ブラックデー

2月のバレンタインデー、3月のホワイトデー。では、4月は?お花見?いえ、いえ韓国にはもっと重要な行事があります。
 日本同様に様々な商戦と想いが交差した結果、残念なことに見事撃沈組が発生するのは、韓国も同じこと。では、この戦いに敗れた若者達はどこへ?ご安心を!
恋人ゲットできずにブラックな気持ちを過ごす日「ブラックデー」なるものが存在するのです。
 撃沈組は、4月のその日、黒い服を着て中華屋で、ジャージャー麺(黒い食べ物)を食べるという、黒ずくめの儀式に望みます。来年こそは!と今年の無念を晴らすようですが、最近では、ブラックデー・オフ会も盛んなようで、その日ばかりは、中華屋さんもちょっと重苦しい雰囲気になるようです...。
 ジャージャー麺は、安くてボリュームもあり、韓国人の大好物。特にお金のない学生など若者が、おやつ代わりに食べるファーストフード。そんな食べ物を取り入れるところが、なんとなく韓国の若者文化を象徴していると思えます。
と、このように日本にはないイベントが、韓国には山のように存在します。特に、カップル間のイベントになると、正直、私など覚えきれません。
 一例を挙げると、100日記念日。これは、もっとも重要なようで、カップルが付き合い始めて100日目をお祝いするというものです。そして、初めて二人で映画に行った日から100日目記念日というように、初めて何かを行った日から100日目記念バージョンが生まれていきます。
 
さらに、赤い薔薇の花を贈るとか、ぬいぐるみを贈るとかいった具合に、各々の100日記念日ごとに男性が女性にプレゼントする物までも決まっているのです。100日というのは、おそらく儒教の影響でしょうが(韓国では、誕生してから100日目のお祝いを盛大に行います)それにしても、膨大な数の記念日を、よくもまあこなしている物だと、私など思ってしまいます。恋は盲目。それぐらい朝飯前なのでしょうね。

 (韓国食文化研究家 カン美加)2005-04


試し読みできます

虹が見え始める季節

虹と言えば「希望の橋」「夢の橋」などとロマンティックなイメージをお持ちの方が多いと思いますが、日本では虹は不吉なものだと思われていた時代もあるようです。

日本の暦には二十四節気をさらに3つずつ細かく分けた七十二候というのがあります。4月15日から19日ごろは「虹始めて見る(あらわる)」というのがあります。

太陽の光は、基本的には「白色」です。「白」というのは全ての波長の光を全て混ざったもののことです。が虹は、太陽の白い光線が、雨粒の中で2回の屈折と1回の反射を行うことで、7色に分けられて見えるようになる現象です。

雨粒の半径が大きければ大きいほど、それはくっきりとします。また、太陽の光も強ければ強いほど、虹ははっきりと見えるようになります。だから、だんだんと陽射しが強くなるこのころに、ようやくその年初めての虹が見えるようになる、と、昔の人は考えたようです。

虹の色は赤橙黄緑青藍紫の7色が一般的に知られています。(7色がはっきり分かれて見られることは非常にまれですが)これは、赤が外の場合と紫が外の場合の二通りがあります。赤が外の場合を「主虹(しゅこう・しゅにじ)」といい、この方が一般的ですが、逆に紫が外の場合を「副虹(ふくこう・ふくにじ)」といい、主虹に比べて色も薄いので見つけにくいです。主虹の外側にできたり、公園の噴水で見かけるのはこのタイプです。

11月22日から26日ごろ、「虹蔵(かく)れて見えず」という七十二候があります。陽射しが弱まって虹もできなくなるのですね。それまでのあいだ、激しい夕立のあとなど、空を見上げて、虹を探してみてはいかがでしょう?

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

新茶の季節

春の訪れと共に新茶の季節となりました。

日本のみならず、世界のお茶の源流である中国においても春は茶摘みの最盛期となります。

中国のお茶といえば真っ先に浮かぶのが「烏龍茶-うーろんちゃ-」ですが、実は烏龍茶の歴史は数千年に及ぶ中国茶の歴史から見るとまだまだ浅く、製法が確立されたのは約200年前の清代と言われています。日本では余り知られていませんが中国におけるお茶の生産量も7割は緑茶が占め烏龍茶は2割程なのです。元は主産地である福建省や広東省でのみ一般的に知られていたお茶で、北京や上海では烏龍茶を知らない市民の方が多かったくらいですが、華僑の働きかけによって国内よりもむしろ日本のように海外での知名度と需要が高まっていったのです。

烏龍茶は一般に「発酵」と呼ばれる茶葉の酸化の度合いによって味のバリエーションが多く、その中でもペットボトル等で売られている日本の烏龍茶の多くがモチーフにしているのが福建省北部・武夷山(ぶいさん)の岩山に自生する茶樹から作られる「岩茶-がんちゃ-」です。

武夷山は世界遺産にも指定されている景勝地で、古くから茶樹が自生していたといわれ、中でも世界最高峰と呼ばれるお茶「岩茶・大紅袍-だいこうほう-」の茶樹は樹齢350年とされています。毎年1~2キロしか採取できず数百万円で取引されるこのお茶の樹は僅か4本、国家によって管理され一般の人は近付くことすら出来ません。

4大岩茶の一つ「岩茶・白鶏冠 -はっけいかん-」、春に萌え出した葉の先が赤く鶏の鶏冠(とさか)の様だから、というように岩茶のネーミングには様々由来のある物が多く、このように見た目に由来する物や、また「岩茶・不知春-はるしらず-」は芽吹きが他の茶樹に比べて遅いため茶葉達は春を知らずに育つ、といった見立てに由来する物などもあります。また同じく「岩茶・不見天-ふけんてん-」は、日の当らない岩場のくぼみに生えていて生涯天を見ることがないから、などもあります。

樹齢数百年といわれる岩茶はとてもではありませんが、原木を挿し木した茶樹から製茶された岩茶なら十分に手が届きます。名前から想像される様々な由来に思いを馳せながら、休息の一時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

(コラムニスト 現庵/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

桜とお天気

ようやく4月に入りました。4月といえば桜。桜と言えば花見、ということで、今回はちょっと桜について書いてみます。
桜の見ごろと言えば、一般的に、関東では4月の10日前後でしょうか。今年は4月3日と10日が日曜日ですが、3日ではちょっと早め、10日ではちょっと散りすぎか? というのが平年の咲き具合のようですね。
この頃のお天気は、「花冷え」「花曇り」といった言葉もあるように、どんよりと曇って寒い日があったりします。かと思えば「花の嵐」といって、せっかく咲いた花を強い風が惜しげもなく吹き落としてしまうこともあります。しかしおおまかにいって4月の前半といえば、まだお天気が周期的に変わる「三寒四温」の時期ですので、桜の咲き加減と晴れるか曇るかは、その年の運次第、無責任に聞こえるかもしれませんが、本音のところ、そんなところかと思います。
本で読んだ話によりますと、桜というのはただ、「暖かくなったから咲く」というものでもないそうです。冬に十分な冷え込みがないと咲けない性質を持つようで、その本ではそれを睡眠にたとえ「深い睡眠を取らないと、しっかり目覚めることができない」と表現されていました。そのせいかどうか知りませんが、北海道では桜と梅がほとんど同じ時期に咲くとか。(桜が咲くのが相対的に早いということ。梅の方が遅いとも)
また、桜の名所として全国的にも古くから有名な奈良県吉野郡でも、最も有名な吉野町の辺りは4月中ごろに見ごろを迎えるそうですが、もっと標高の高いところでは、ゴールデンウィークごろにようやく満開になるそうです。
 桜は何分見ごろの短い花です。今年のお花見がお天気に恵まれますように!(夜桜見物で風邪をお召しになりませんように!!)

 (気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか) 2005-04

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について