目次
エープリール・フール
ブラックデー
4月の星座 しし座
虹が見え始める季節
新茶の季節
桜とお天気
花見の歴史
日本人と桜
忌日の季語
しあわせをもたらす春の季語
2種類のジェット気流(偏西風)
今年は「猛暑日」が減る?
あなたもできる!?天気予報
シイタケには日光浴をさせよう!
タケノコパワーでやる気まんまん!?
キャベツの底力
納豆という不思議な食べ物
日本独特? ネバネバぬるぬる食品
白い食べ物は肺を潤す
ご飯の缶詰
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ
少エネ調理鍋
一日の食事バランス
B級グルメが食文化を作る?
パンの歴史
お茶のTPO
食品原材料表示
気に関する老化
インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCの働き
昔は青鼻、今は水鼻
老化と成長ホルモンの働き
漢方薬をより効かせる飲み方
治る理由と治らない理由
肝を養う春の養生
喘息に注意
大人のアトピー
好きなことをやる勇気
タンポポは万能薬!?
金は持っている人の所に集まる 
地球儀にツバルを見る
御舘の乱、判断の是非
世間の、意外に利口なことにハッとする
宇喜多直家の成長戦略
(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」
(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」
(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」
(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」
(電子レンジレシピ)「お好み はんぺん」
吉田松陰を育てた母が説く風呂の効用
イギリス人は外交上手
馬や駕籠は楽か?
情報公開と情報隠蔽の損得
文字とは何か?
人工クモ糸を創った
宝くじ納税という考え方
空き家解体の是非
電子図書館
タダでテレビ電話
動物の鳴き声
格安スマホの甘い罠
国民の声を無視出来ない時代
 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)
日本料理を圧迫し続けた武士階級
肉食とタブー
三日見ざれば
軍の発言力は流した血の量に比例する 
『古事記』の神々(その1)
『古事記の神々』 
名文は業務連絡に適さず
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

27 / 71ページ

試し読みできます

食品原材料表示

最近私は食品を購入する際には食品原材料表示を気にするようにしています。
私は昔から牛乳が飲めない体質なので「牛乳さえ飲まなければ大丈夫」そう思ってきましたが、どうやらそうではないようです。

牛乳が飲めないと言っても2通りあります。
1つは牛乳アレルギーでもう1つは乳糖(ラクトース)不耐症です。
牛乳アレルギーとは牛乳中のタンパクに反応するもので牛乳そのものや牛乳が使われている食品であればアレルギー症状が出てしまいます。
乳糖不耐症とは牛乳中に含まれる乳糖が腸で分解できない為に下痢をする体質のことなのでヨーグルトや乳糖が含まれていない牛乳では症状は出ません。
乳糖というものは牛乳だけに含まれているわけではなく、実に様々な食品に一部で添加されています。
身近なものではパン類、クッキーやチョコレートなどのお菓子類、ソースやドレッシング類、ハムや冷凍食品、インスタントラーメンなど様々です。
市販の飲み薬の中にも乳糖が含まれているものがあります。

おなかの調子が悪くなる原因は乳糖だけとは限りません。
甘味料の中には一度に多量に摂取すると良くないものもあります。
ガムやキャンディーなどのパッケージ部分に「一度にたくさん食べるとお腹がゆるくなることがあります」
などと書かれた注意書きにご記憶のある方も多いと思います。
多量の糖質が腸内で吸収されにくくなる為に起こると言われています。
アルコール類や炭酸飲料、冷たい飲み物は胃や腸の刺激になるのでなるべく量は控えたほうがよいでしょう。
例えば、よく冷えたビールなんかは「冷たい+アルコール+炭酸」の三拍子が揃った「3重苦」ということになりますね。

あまり過敏になってしまうと食べたい物も食べられなくなってしまいそうですが、なにがなんでも排除しなくてはならないというわけではなく、少しだけなら大丈夫という場合もあるので、どの程度までなら摂取しても大丈夫なのか、そういった面も知っておくと食品に対しての意識がより高まると思います。

(コラムニスト ディック・ハンター/絵:吉田たつちか)2005-04


試し読みできます

気に関する老化

 皆さん歳をとると、若い頃のような元気がなくなった・・・とか、根気がなくなった・・・気力が湧かない・・・など、気に関する衰えを表現されます。
 気は生まれつき親からもらった先天の気に、食べ物や新鮮な空気から取り入れた後天の気があわさり作られていますが、やはり歳とともに、その生成量も減ってくるんですね・・・。

 気の働きのひとつに、各臓腑と組織の生理機能を促進する働きがあるのですが、気が衰えれば臓腑の働きも低下するため、疲れやすくなったり、気力が湧かなくなってしまいます。

気には、体を温める働きや、外敵から体を守る働きもありますが、気の働きが低下すると、体が冷えやすくすぐに風邪をひいてしまったり、病気がなかなか治らず、奥へ奥へと入っていってしまうこともあります。免疫力の低下が現れますので感染症に罹らないようにウガイや手洗い、マスクの着用、人混みを避ける事が大切です。

 身体のバリヤーを強化する方法の一つに、昔から言われている乾布摩擦がありますが、体表の陽気を補い血行を良くするので理にかなっています。また、もうひとつの重要な働きに、気の固摂作用があります。

固摂とは、内臓の位置をしっかりと固定したり、血液を脈管から漏らさないようにする、汗や尿、便などを漏らさないようにする働きです。これが衰えると、内臓が下垂したり、痔がでやすくなること。そして少し動いても汗がダラダラ出てしまう。アザ(内出血)ができやすい。尿漏れを起こしやすい、などの不快症状に見舞われることになります。

 気は目に見えませんが、大切な働きをしているのです。気が弱っているかどうかは、頭のてっぺんの百会をさわってみるとよくわかります。気がしっかりと充実していれば、百会は弾力がありしっかりとしていますが、気が低下すると、グニャグニャします。 

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2009-04


試し読みできます

インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い

 今年もまたインフルエンザの季節になりました。

私も先日、急患センターの当直をしたのですが、A型インフルエンザの方が多く、待合室の空気も独特の温病の臭いがして、「う、うっ・・・うつらないように頑張らねば・・・(-_-;)」と思いました。

 先日の安保先生のお話では、インフルエンザが流行しているとき同じようにインフルエンザのウイルスを吸い込んでいるわけですが、発病する方としない方のちがいは、マクロファージの段階でウイルスが処理されるかどうかの違いということでした。

つまり、マクロファージが元気で、ウイルスを食べ尽くせば、発病しないし、マクロファージが満腹で働けず、顆粒球やリンパ球の免疫細胞に動員をかけると、発熱し、戦いが始まります。(発病)こうなると、戦いが終わるにも、一定の時間を必要とします。

 マクロファージさまに、貪欲にウイルスを食べ尽くしていただくには、普段よりマクロファージに腹ペコでいてもらうことが大切です。

 糖分の多い食べ物、油が多く消化が悪いもの、肉、卵、乳製品等の異種タンパクの多い食事(いわゆる美味しいもの)をたらふく食べていると、それを処理するのにマクロファージは満腹になりウイルスのような美味しくないものには見向きもしなくなります。(これは極端な表現ですが・・・つまりそういう感じ)

皆さんも、食べ過ぎの後に、風邪をひいた経験はありませんか?

 このお話を聞いた後の当直でしたので、腹7分を心がけ、当日の朝は温かいお粥を食べていざ出陣!!

もちろんマスクをして、インフルエンザの患者さんに服薬指導後は、ティートリーでうがいをしました。

そして、タンブラーに、タンポポ茶を2袋入れてゆき、チビチビ飲んでいました。お陰様で、発病もなく元気です。

皆さんも

1,粗食を腹七分

2,タンポポ茶で解毒

3,喉の痛みがあれば銀翹散で、温病(インフルエンザ)対策しましょう・・・ね。(安保先生との対談から②)

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2008-04


試し読みできます

昔は青鼻、今は水鼻

「昔は青鼻、今は水鼻」これは何のことでしょう?

そうです!これは、昔の病気と今の病気の違いを述べたものです。

終戦後~昭和30年代前半までは食料事情も悪く、ほとんどの方が栄養失調気味でした。

そのため、いろいろな感染症にかかりやすく、一度かかるとなかなか治らない!子供たちも青鼻をダラ~と垂らして、着物の袖が、鼻でコペコペになってピカ~と光っている光景が思い出される方も多いと思います。

青鼻の正体は、黄色い膿をもった鼻汁のことで、細菌と戦ったあとの白血球の死骸です。

今日では日本中どこを探しても、青鼻を垂れているような子はもういませんね!逆に増えているのは、子供からお年寄りに至るまで、薄いシャビシャビの水鼻をティッシュでかんでいる光景です。

水鼻は花粉などの異物を体から洗い流そうとする反応で、花粉症や、アレルギーなどのときに見られる症状です。涙でグシャグシャになる、水っぽい痰が出る、下痢をする・・なども同様の反応です。

空気が汚染されてきたこと、食糧事情の変化で体にとって異物となるものを摂りこみ過ぎていること、体がとても冷えやすくなってきていること等が原因です。

 

今年もまた、花粉の季節がやってきますが、体質改善は今からでも決して遅くはありません。

去年はとても花粉の量が多かったにもかかわらず、養生により全く症状のない方もみえました。

アレルギーは、突然起こることがありますが、逆に養生により、いつの間にか治る可能性もあります。

今年こそ、是非体質改善にチャレンジしてみてください。

 

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

漢方薬をより効かせる飲み方

「漢方薬を病院で処方してもらっているけれど何だか思うように効かないの!」と言われる方が時々あります。

世間では、漢方薬は穏やかな効き目というイメージが定着しているようですが、漢方薬でも即効性の物がいろいろとあります。

風邪の時の葛根湯、麻黄湯などは、体に強く働きかける作用があり、飲んでしばらくすると、発汗したり、ぞくぞく感がとれてきます。

一般的に、急性病の漢方は、証さえピッタリとあえば非常に早くききます。

とくに、風邪をひいて、寒気がする。節々が痛むなどの、寒による症状を呈している場合は、いただいたエキス顆粒状の漢方薬でも、お湯のみ半分くらいのお湯に溶かして、温めて飲むと、非常に早く効いてくるので、是非お試しください。

また、慢性の病気で、漢方薬を処方してもらっているけれど、なかなか効果が現れない!という方・・・。

それは、一つには証がしっかりと合っていない可能性があります。

一ヶ月ほどして、全く何の変化もない場合は、処方された先生にもう一度ご相談ください。

また、証が完璧にはまっているのに、3ヶ月ほどたっても、全くよくわからない・・という場合は、服用している本人の側に問題があります。

漢方薬の処方というのは、現代のものではなく、昔の人の智慧から培われてきたものです。そのころと現代

では、食事の内容が大幅に変わっており、現代人は非常に腸が汚れています。甘いもの、油物のとりすぎで繊維質の不足する食生活をしていると、腸は汚れ、機能、免疫力ともに低下します。

漢方薬は、生薬成分に配糖体というものを含んでおりこれが、腸内細菌により分解されないと、薬効を示すことができません。

つまり、腸の働きが低下していると、漢方薬は、ズバリ、効きにくいのです。

何日も便秘傾向にある人、ニオイのきついウンチやオナラが出る人は要注意です!

まず、漢方薬を飲む前に1週間ほど、お腹の大掃除をされることをお勧めいたします。

具体的には、

1、油物、甘いものを控えて玄米とお味噌汁、根菜を中心とした和食メニューにきりかえる。

2、大豆製品、味噌、漬物などの発酵食品は乳酸菌を補い、腸の働きを促進!

3、ワカメ、キノコ類、こんにゃくなどをよく噛んで食べる。

4、その他に、腸の働きをよくするサプリメントをとるのもOKです。

一週間も続けると、便秘も解消され、お肌がツルツルしてきます。

こうなれば、処方された漢方薬はとてもよく効くようになります。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵)2005-04

 


試し読みできます

大人のアトピー

大人のアトピーのご相談に多いのが陰部のアトピーです。お子さんのアトピーでは、卵、乳製品、動物性のタンパク質、脂肪そして白砂糖食品を摂りすぎず、穀物菜食を取り入れてゆくことが養生の基本となりますが、大人になってから発症するアトピーは、肺、脾、腎の弱りと肝の使いすぎ(異常亢進)が根本にあります。

 長年アトピーの発症と緩解を繰り返している方は、基本的な食養生はすでに身につけておられ、季節の変化に伴うストレス、環境の変化に伴うストレスが差し水となって一時的に症状が出るが養生のコツを知っておられ、何とか体調をコントロールする術を身につけておられる方が殆どです。

 ところが、大人になってから初めてアトピーを発症した方は、今までうんと加工食品、インスタント食品、外食を重ねてこられた方が多いようです。そして年齢とともに五臓が弱まり、今までのように解毒できなくなった結果、症状が現れます。

 加工食品やインスタント食品、外食は、添加物が多いだけでなく、脂肪もカロリーも高いものが殆どです。血液の中に、未消化のタンパクや薬品があふれると、肝臓は大変に疲労します。 解毒しきれない毒は脂肪の中に一時蓄えられます。

 乳腺、陰部は、どちらも肝の経絡が通っており、非常に毒が溜まりやすい箇所なのです。さらに陰部は他の皮膚に比べて熱放散しやすい箇所ですので、他の皮膚の汗腺が閉じていて汗がなかなかかけない方では解毒が陰部に集中してしまい、なかなか症状が改善されないのはこのためです。

 陰部の症状がなかなか取れない方は、解毒を促進するタンポポ茶やツヤゴールドに、肺脾腎の虚損を補い、代謝経路を改善する通竅を加えられることをお勧めします。 汗がかけない、気持ちよく排便できないなどは肺の働きが大変に関与しているからです。また、下剤に頼らないと排便できない方は、長く服用しても心配のない土大黄に変えてみられてはいかがでしょうか?

 食物の他に、肝に大変負担をかけるのが、ストレスと睡眠不足です。大人にはどちらもつきもので、だからこそ養生していただかないとそこから脱することができません。その日のストレスはその日に帳消しにする発想。そして遅くとも11時には就寝してくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2011-04

 


試し読みできます

タンポポは万能薬!?

春の訪れを告げる草花、タンポポ。川の土手や畑のあぜ道、駐車場の端など、至る所で見ることができます。放射状に生えた緑の草と色鮮やかな黄色い花びらは、行きかう人々に「もう重いコートは脱ぎなよ」と促しているかのようです。

タンポポは食材にもなります。古くからヨーロッパやアラブで葉をサラダやスープに入れて食べていました。根は細かく刻んで乾燥させ、それを焙煎して飲料にしました。色や風味がコーヒーに似ているのでタンポポコーヒーと呼ばれ、現在でも飲まれています。日本では花を天ぷらにして食べる習慣があるようですが、苦みがあるせいか食卓にはあまり並びません。食べたことのない人も多いでのではないでしょうか。かくいう私もその一人です。

けれども、良薬は口に苦し。実はタンポポはこのうえない健康食材なのです。まず、葉にはC型肝炎ウイルスを圧制する効果があります。よって、漢方薬の原料として使われています。根には利尿作用や血液の循環を良くする作用があり、タンポポコーヒーを飲むと高血圧や糖尿病などの生活習慣病の改善につながると考えられています。また、ホルモンのバランスを整える力もあり、妊婦さんの母乳の出を助けたり、妊娠しやすい体に変えたりもします。その他、冷え・胃弱・便秘に効くので、まさに万能薬と言えましょう。日本では近年、ハト麦や黒豆などとブレンドしたタンポポ茶が発売され、健康食

品コーナーで見かけるようになりました。天ぷらにして食べるのはちょっと、という人でもお茶なら大丈夫ではないでしょうか。ノンカフェインですので眠れなくなる心配もありませよ。

大地に力強く咲くタンポポは、やがて綿毛のついた種子に変わります。白くて丸いふわふわした種に、フッと息をかけて飛ばすのも楽しいですね。飛ばされた種が翌年新しい芽を出し、そして私達の健康を維持する万能薬に成長するかと思うと余計に楽しみが広がります。

(小説家 華山 姜純/絵:吉田たつちか)2011-04

 


試し読みできます

金は持っている人の所に集まる 

 かつて、私が師と仰ぐ元帝国陸軍参謀で兵法評論家の故大橋武夫氏は、その著書の中で戦前、ある中国の古老から言われた言葉として、「日本人は皆、儲けを7割方持って行こうとするが、逆に、『あの人は儲けさせてくれる』という評判が立てば、多くの人が儲け話を持ってくるようになり、結果、3割の儲けでも、3人が持ってくれば9割となるわけで、より大きな利益が確保できる」というのを挙げておられました。

 まあ、現実社会では、7割獲れる相手からは8割獲ろうとしてくるし、厳しい要求をしていないと逆に足元を見てくる・・・ということがあるのも事実で、なかなか、この通りには行かないが、考えさせられる話ではあります。

 よくよく考えて見れば、元手が不要で確実に儲かる話なら、誰も、他人に持っていくことはないわけで自分でやるもしくは買って手元に置いて将来の値上がりを待つ、あるいは秘蔵するのでしょうが、それが出来ないから人の所へ持っていくわけですよね。

 つまり、「将来、儲かるけど、まずは自分では出せないくらいの元手がいる」・・・という場合などに、人が考えるのは「元手に相当する額を借りてくる」か、それが出来ないなら、「買える人の所へ持ち込んで手数料なり、販売益なりを得る」ということでしょう。

 後者の場合、そういう話を持って行くには、まず、「最初から、買えそうにない人」の所へは持っていかないわけで、「ぎりぎり買えるけど、買うのに、清水の舞台から飛び降りるような判断をしなければならない人」の所もなるべく避けたい・・・と。

 美味しい話が行く所は、①「買えるだけの資力がある」②「買うかどうか結論がすぐ出る」③「言い値で買ってくれる」の三要素を満たした人ということになるでしょう。

  現実には下から順に要素を満たしている人から話を持っていく・・・ということになるのでしょうが、もっとも、その三要素を一番最後まで満たす人・・・というのは、つまり、それくらいの大きな買い物をすることにそれほど抵抗がない人・・・ということであり、平たく言えば、庶民とは為替レートが二桁も三桁も違っている人ということになるわけですね。

この点、よく、世上には、「美味い話はないか?」、「お買い得物件が出たら・・・」などと言う人が居ますが、いくら「買う気」があっても・・・と思わなくもないような気も。ま、いずれにしても、飲み屋の請求書如きで青息吐息の私には関係ない話ですね。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)2010-04

 


試し読みできます

地球儀にツバルを見る

  この春、晴れて小学一年生になった姪に私の父が何か記念にプレゼントをしたいと考えた。孫がこれから学校で勉強していく上で必要なもの……それは、地球儀だと思いつき、早速通販で学習用地球儀を購入したのだ。そして先日、姪が遊びに来た時にダンボール箱

から出して見せると、姪は「日本はどこ?」という質問より先に、クルクル地球を回して遊ぶ。ああ、その昔、私もこうやって地球儀を回して遊んだなと子供の頃を思い出し、つい微笑ましくなってしまった。

 しかし、微笑んでばかりもいられない。やっと動きの止まった地球を姪と見ていると、日本の下、赤道を越えた日付変更線沿いに、あのツバルがあるではないか。すべての国名が平仮名で表記され、ごく小さい島など載っていない子供用学習地球儀に、なぜ、同じように小さな島であるツバルが載っているのか不思議に感じた。

ツバルは、国土面積25.9平方メートルという南太平洋に浮かぶ島国だ。人口1万2千人弱で、ココナッツやタロイモ、バナナなどを栽培する常夏の楽園が、水没の危機にさらされているという報道は記憶に新しい。地球温暖化の影響で、このまま海面の温度が上昇し、南極の氷が解けたら一番に海のなかに消えてなくなるだろうと予想されている島なのだ。

この地球儀を見て、ふと考えた。もしかしたら、数十年後には地図上に表記されない国になってしまうのではないかと。

 子供用学習地球儀に、その名前を載せるのには大いに意義がある。この島がなくならないように、今から子供達に地球温暖化の恐ろしさと悲しさを伝え、次世代を担う彼らにこの問題を真剣に取り組んでもらうよう指導する必要があるのだ。残念ながら、今の大人には各国のさまざまな思惑が衝突し、これといった地球温暖化対策は打ち出されていない。現在の子供が国家レベルではなく、地球レベルで考える大人に成長して欲しいと大いに期待する。
(小説家 華山姜純/絵:吉田たつちか)2010-04

 


試し読みできます

御舘の乱、判断の是非

 今年のNHK大河ドラマは上杉景勝の股肱の臣・直江兼続で新潟県は盛り上がっているようです。

 その直江兼続ですが、最近の大河ドラマは、必要以上に「良い人」なってしまう傾向があるようで、彼が兜の前立にあしらったと言われる「愛」という字についても、現代人はすぐに愛情の「愛」を連想しがちですが、実際には、上杉謙信が「毘沙門天」の「毘」を旗印にしていたように、こちらも信仰対象である「愛染明王」か「愛宕権現」の「愛」だったようです。

ただ、彼の智謀が主君上杉景勝を導いたということは否定しようがない事実なのでしょうが、私にはその中でどうしても首を傾げる判断があります。

 まず、武田信玄と上杉謙信、好敵手として史上名高いこの二人は、同時に、この時代の有力武将には珍しく最後まで家督を譲ろうとはせず、現職のまま没した人物です。

 ただ、信玄とは対照的に、謙信は生涯妻帯もしなかったことから、当然のように実子がなく、養子として実甥の景勝を迎えていたものの北条氏康の八男を人質に迎えた際に、これにかつての自分の名乗りである景虎という名を与え、人質としてではなく、養子としてしまったことから話がややこしくなっていきます。

景虎にすれば感無量のものがあったでしょうが、すでに後継予定者となっていた景勝からしてみたら、「叔父さんは何てことをするんだ!」と思ったでしょう。

 その結果、謙信が没した直後から当然のように「御館の乱」と呼ばれる養子間の内乱が勃発しますが、ただ、この時点で兼続は数えの19歳。微妙なところですが、2年後にはもう重用されていたということを考えれば、このときも、景勝から何らかの諮問はあったと考えて良いのではないでしょうか。

その上で、私が首を傾げるのは、景勝が上杉家の家督を相続することを優先し、大敵、織田信長の存在を後回しにしたことです。

 当然、機を見るに敏な信長がこの好機を見逃すはずもなく、内乱が長期化する間に領土は瞬く間に侵食され、終結したときには、わずかに一国半となってしまい、その結果、武田家が滅びると、織田の鋭鋒は勢いそのままに、四方八方から上杉領へなだれ込み、上杉家は滅亡の瀬戸際に立たされます。

このとき、上杉家が滅亡しなかったのは、信長が本能寺の変にて横死したからに過ぎず、単に運が良かったというに過ぎません。

 そこら辺を考えれば、両者は内紛など引き起こすことなく、理性を持って、一致協力して大敵信長に当たるべきではなかったでしょうか。

景虎が家督を継ぐと、北条家の傘下に組み込まれてしまうという危機感があったのかもしれませんが、景虎からすれば、自分を捨て殺し同然に人質に出した実家に対して、安穏と実家の下風に置かれることを良しとしたとは思えず、できるだけ実家の援助は受けたくなかったというのが本音だったでしょう。

 であれば、二人に妥協点はあったように思えますし、何より本来、強敵に対しては呉越同舟で一致結束しやすいものなんですけどね。 

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)2009-04


試し読みできます

世間の、意外に利口なことにハッとする

 「世間の、意外に利口なことにハッとするときがある」

・・・これは、私が師と仰ぐ兵法研究家・大橋武夫さんの言葉です。

 抹香臭い説教と違い、生で会社経営されてこられた方の言葉だけに、大変、身近に感じ、まさに、生きた言葉だと思います。

この言葉のとおり、世間とは、それほど、愚かなものでもないと思います。

 黒澤明が、その名作「隠し砦の三悪人」の中で描いた百姓二人は、臆病で強欲などうしようもない連中でしたが、三船敏郎演ずる侍大将の目を盗んで、ちゃっかりと姫の居場所を密告しに走ったところなどは、まさしく、その好例だったでしょうか。

 マキャベリも言っています。

 「大衆は抽象的なことにはまるで判断能力を有さないが、具体的なことになると、かなり的確な判断を下す」と。

ただ、私に言わせると、その利口な世間というやつは、同時に、必ずしも人格者ではないようです。

考えてみれば、人間の集まりから出来ているのが世間ですから極めて人間臭いものをもっているのも当然なのでしょう。

(もっとも、当然ながら世間という奴は、いろんな要素をもっている以上、人間と一緒で、「いい奴」「悪い奴」で、簡単に線分けしてしまえるものではないようですが・・・。)

 世間というやつは、人と同じように、驚き、怒り、そして、嫉妬する・・・。

この点で、思い起こすのが、フランス革命における革命指導者の一人で「ジロンド派の女王」と呼ばれたロラン夫人です。

幼い頃から美貌と才知に恵まれていたこの女性は、長じてよりはルソーの思想をよく理解し、熱烈な民主主義者となり、やがては議会の多数を占めるジロンド派の黒幕的存在として「ジロンド派の女王」と呼ばれるまでになります。

 これにより、フランス革命勃発時には、その理論的指導者の一人として、これに参画しますが、やがて、革命の「熱気」は「狂気」の様相を帯び始め、夫人の「理想と理論」は「権力闘争」へと変質してしまい、ついには、夫人自身も「フランス人に自由を与えるのは早すぎた」という言葉と共に獄中の人となります。

そして、やがて、ギロチン台に上ることになった夫人は、今度は、「自由よ、汝の名の下でいかに多くの罪が犯されたことか」との言葉を遺して刑場の露と消えるわけですが、これこそ、革命という物の持つ特質の一端がわかるように思います。

 つまり、革命という物は、往々にして、「自ら発する欲望という名の熱により、当初の理想や理念などとはほど遠い物に変質してしまうことがある」ということです。

(革命が熱を帯びるのは、革命という物の本質が持たざる者が持つ者に取って代わるという階級闘争である以上、やむを得ない話であると思います。

即ち、「持たざる者」とは「持ったことがない者」であるとも言え、一旦、そういう人が持てる立場となったときには、「この機会に出来るだけ・・・」と考えがちなことから、その欲望は際限なく膨張してしまうものだからです。)

 古くは、秦の始皇帝以後の項羽と劉邦の覇権戦争・・・、近いところでは、日本の明治維新、また、ロシア革命におけるスターリン体制確立や毛沢東の文化大革命なども、この範疇に入るでしょうか。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)2008-04


試し読みできます

宇喜多直家の成長戦略

 戦国時代、今日の岡山県一帯に盤踞した戦国武将に宇喜多直家という人物が居ます。備前から、備中、美作の一部まで、ほぼ、今日の岡山県に相当する版図を一代で切り取ったほどの武将です。といっても、意外に知られていない人物で、むしろ、豊臣家の五大老の一人にまでなった息子の宇喜多秀家の方が知られているのかも知れません。

 直家は、享禄2年(1529年)の生まれ。上杉謙信より1歳、織田信長より5歳の年長です。宇喜多家は、元々、名門であったものの、直家6歳の時、祖父が暗殺されたことから一気に没落し直家は流浪の少年時代を送らねばならなかった。その後、成長した直家は、備前国に勢力を持っていた浦上宗景に仕え、宇喜多家復興の為に、政略謀略をもって頭角を現し、次第に備前に勢力を伸ばしていきます。彼は、まず、祖父を暗殺し、宇喜多家没落の発端となった島村盛実を暗殺したのを手始めに、舅である中山信正や龍口城主?所元常を殺害。その後も、三村家親、金光宗高などを暗殺し、その所領を自己のものとするなど勢力拡大に勤め、浦上家中でも、並び立つ者無き実力者となった。次に、安芸(広島県)を中心に中国地方一円を支配する大大名、毛利輝元の勢力と浦上家が対立するようになると、今度は一転、毛利と結び、その力を背景に主家・浦上家を滅ぼし、これによって備前一国と備中、美作、播磨の一部を領有する戦国大名に成長。さらに、今度は毛利輝元と中央で勃興した織田信長の対立が尖鋭化し、次第に毛利家の旗色が悪くなってくると、これまた一転、織田家の部将、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の勧誘に応じ、毛利家を裏切り、積極的に毛利方へ攻撃を仕掛けます。

 この男の成長戦略というものは、割とはっきりしたものであった。一言で言うならば、「より強い奴と組んで強い奴を制する」というものだった。この男の凄いところは、その「明確な戦略」を、「明快に実行」に移してきたところにある。その為には、決して、手段を選ばなかった。身内・親戚・恩人・主君・・・、何ら躊躇うことなく毒殺、謀殺ばかりで今日を成し、戦いらしい戦いは殆どしなかったとさえ言われています。直家と生涯、行動を共にした実弟でさえも、直家の前に出るときは、暗殺を用心して、鎖帷子(くさりかたびら)を着用していたとさえ言われています。

 本当に最終目標にまで到達することが可能であったようにも思えてきますが、現実には、直家の天下は来なかった。直家自身が、毛利と織田の抗争が激しさを増しつつあった天正10年(1582年)、死去していたからだ。直家存命ならまだしも、後に残されたのは、9歳の一人息子・秀家であり、それに何より、もう、この頃になると、宇喜多家は織田家の中国戦略やその後継者・羽柴秀吉の天下統一路線の中に組み込まれてしまっており、それ以上の成長は無理だったでしょう。むしろ、ここまでで終わったと言うところが、所詮、直家の戦略の限界だったのかも知れません。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)2007-04


試し読みできます

(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」

ロールキャベツ : ひき肉を使わず薄切り肉で作ります
<材料(2個分)>
キャベツ  2枚
牛肉or豚肉の薄切り  4枚
ベーコン   2枚
塩  少々
コショウ  少々
ブイヨン  1/3個
水 350ml
スパゲティー(乾燥) 1本(中の太さ)
ピンクペッパー   適量

 

<作り方>


①キャベツの大きい葉を外して、よく水洗いし、表側の芯の厚いところを 包丁でそぎ取る。ポリ袋に水気が残ったままのキャベツを入れ、口を軽く結んでレンジ500wで2分加熱する。 

 

 

 

 

 

② 加熱したキャベツをポリ袋から出してあら熱を取る。温度が下がったら、表を下にして広げ、肉をのせ軽く塩・こしょうをする。肉を少しずらして中央に置き、クルクルと手前から2回巻く。次に左右を折り込んで、葉先まで巻く。

 

 

 

③ 巻き終えたロールキャベツにベーコンを帯のように巻きつけ、巻き終わりを、長いままのスパゲティーで刺し、反対側に出たら1cm程度残しポキッと折る。途中で折れてもそのままにして、再度刺してください。食べられるものですから~

 

 

 

 

④ 容器に、分量の 水・ブイヨン・塩・こしょうを入れて良く混ぜ、ベーコンを巻きつけたロールキャベツ・きのこを入れ、フタをしてレンジ500wで18分加熱する。加熱後、味をみて塩コショウで味を整える。
 (電子レンジ料理研究家  MaRoママ/絵写真共)2010-04

 

 


試し読みできます

(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」

切り干し大根煮:おふくろの味をレンジで

<材料(2~3人分)>
切り干し大根 大さじ 3(一応の目安)
豚肉 ※ 薄切り 1枚
にんじん  小3cm
しいたけ ※ 2枚
※豚肉の代わりに、薄揚げでも美味しいです
※しいたけは、もどした干ししいたけでもOK!
切り干し大根のもどし汁 大さじ 3
しょう油  大さじ 2~3
砂糖  小さじ 1/2~1
小さじ 1/2~1
※しょう油と砂糖の分料は、お好みで・・・

 

<作り方>

①調理する直前に、切り干し大根を水洗いし、タップリの水に浸けておく。豚肉は1cmの細切り、にんじんはマッチ棒状に、しいたけは5mm厚さに切っておく。

 

 

 

 

 

 

②切り干し大根の歯ごたえのある食感が好きな方は、10分程度で水から引き上げ、ゆるく絞って約3cmに切る。柔らかい食感が好きな方は、もう15分程度そのまま浸けてから使う。長くつけ過ぎると、風味がなくなります。

 

 

 

 

 

③容器に、切り干し大根・豚肉・にんじん・しいたけを入れ、よく混ぜた切り干し大根のもどし汁・しょう油・砂糖をまわしかける。全体をざっくり混ぜ、フタをしてレンジ500wで5~6分加熱する。
 

 

 

 

 

 

(電子レンジ料理研究家  MaRoママ/文写真共)2009-04

 

 


試し読みできます

(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」

<材料 (2・3人分)>
 
 ウド   1本
( 山ウドでもOK)
酢水
 ・水  300cc
 ・酢  大さじ2
調味液
 ・出し汁(濃い目)  大さじ5
 ・しょう油  小さじ1
 ・塩  小さじ 1/2

<作り方>
①ウドは節で切り離し皮を厚くむく。厚くむいた皮は「ウド皮キンピラ」になります。ウドの風味と歯ごたえがたまりません。

 

 

 

 

②皮をむいたウドを2cmの輪切りにし1時間以上酢水につけておく。
*山ウドはアクが強いので酢水につける時間を長くしてください。

 

 

 

 

③酢水を十分 洗い流したウドを 容器に入れ調味液をかけて さっと混ぜ、フタをしてレンジ500wで2分30秒加熱する。加熱後、さめるまでそのまま置いておく。
*加熱調理したものは温度が下がる時に味がしみ込んでいきます。
*長時間加熱するより、煮えたらそのまま温度が下がるまで常温で冷ますと、味が良くしみとおって煮崩れもありません。
 (電子レンジ料理研究家 MaRoママ/絵・写真。文共)2008-04

 

 
 

 


試し読みできます

(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」

<材料 (2人分)>
豚肉 (ロース) 200g
エリンギ   3~4本
粒マスタード  大さじ 1+1/2
マヨネーズ  大さじ 3
卵黄  1個分 
塩  少々
こしょう   少々
 
<作り方>
① 豚肉に塩・こしょうを して、もみ込んでおく。
*脂の少ない肉のときは塩・こしょうしてからオリーブオイルを大さじ1加えて下さい。
エリンギの長いものは横2つに切り、5mm厚にスライスする。
 

 

② 分量の粒マスタード・マヨネーズ・卵黄を小さ目の容器に入れ、よく混ぜてソースを作る。 

 

 

 

 

③ 少し深めの大皿に豚肉一枚とエリンギ2~3枚を少しずらせるように交互に重ねていく。
*始めと終わりは肉になるようにしてね。
 

 

 

④ 豚肉とエリンギを重ねたものが皿の中央に来るように整え、その上に粒マスタードソースをかけ、ナイフ等でまんべんなく塗りつける。フタをしてレンジ500wで約4分加熱する。
*(豚肉なので火が通っているか確かめてネ。肉が生っぽかったら追加加熱してください)
 そのままテーブルへ出し、切り分けて食べてください。
(電子レンジ料理研究家 MaRoママ 絵・写真共)2007-04


 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について