目次
エープリール・フール
ブラックデー
4月の星座 しし座
虹が見え始める季節
新茶の季節
桜とお天気
花見の歴史
日本人と桜
忌日の季語
しあわせをもたらす春の季語
2種類のジェット気流(偏西風)
今年は「猛暑日」が減る?
あなたもできる!?天気予報
シイタケには日光浴をさせよう!
タケノコパワーでやる気まんまん!?
キャベツの底力
納豆という不思議な食べ物
日本独特? ネバネバぬるぬる食品
白い食べ物は肺を潤す
ご飯の缶詰
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ
少エネ調理鍋
一日の食事バランス
B級グルメが食文化を作る?
パンの歴史
お茶のTPO
食品原材料表示
気に関する老化
インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCの働き
昔は青鼻、今は水鼻
老化と成長ホルモンの働き
漢方薬をより効かせる飲み方
治る理由と治らない理由
肝を養う春の養生
喘息に注意
大人のアトピー
好きなことをやる勇気
タンポポは万能薬!?
金は持っている人の所に集まる 
地球儀にツバルを見る
御舘の乱、判断の是非
世間の、意外に利口なことにハッとする
宇喜多直家の成長戦略
(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」
(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」
(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」
(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」
(電子レンジレシピ)「お好み はんぺん」
吉田松陰を育てた母が説く風呂の効用
イギリス人は外交上手
馬や駕籠は楽か?
情報公開と情報隠蔽の損得
文字とは何か?
人工クモ糸を創った
宝くじ納税という考え方
空き家解体の是非
電子図書館
タダでテレビ電話
動物の鳴き声
格安スマホの甘い罠
国民の声を無視出来ない時代
 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)
日本料理を圧迫し続けた武士階級
肉食とタブー
三日見ざれば
軍の発言力は流した血の量に比例する 
『古事記』の神々(その1)
『古事記の神々』 
名文は業務連絡に適さず
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

63 / 71ページ

試し読みできます

 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)

女性はすごく得している生き物。少しの気遣い、心遣いでとても綺麗になる。今までメイクをしなかった子ががメイクをするとかわいくなったりするのが身近な例。ではどうしたら今まで以上に綺麗になれるのか・・それは「自分をよく観察すること」
よくモデルの真似をしてメイクをしたり同じ服を着ている女性がいると思うが、それはちゃんとその人に似合っていますか??
大事なのはその人や雑誌を「参考」にだけ留めておくこと。まずは鏡をみよう!
自分にはどんな服装が似合いますか?どんな色が合いますか?どのラインの自分がセクシーに見えますか?

「このジーンズをはけばお尻が小さく見える!」これは必ずしも全員に当てはまる訳ではありません。
みんな体型やボディーラインは違うのですから。服がいくらかわいくても時代の最先端でも自分に合っていなきゃ全く意味がないと思いませんか?又自分の年齢に合った服を着ることです。歳は変えられません。その歳に合った服を着ることがその年齢のあなたをより綺麗に見せるのです。

本当のおしゃれは自分の体をよく知るところからです。それから雑誌やテレビなどでいろんな服やメイクを見て自分に合う服を選んでいきましょう。そして外見だけではなく内面も磨いていきましょう。
「人は外見によらない/外見で判断するな」といいますが、第一印象は外見からではないですか?人は5秒でその人に対する印象が決まるといわれます、そしてそれはなかなか変わらないのです。

さあ自分観察始めましょう!
(コラムニスト TOKO/絵:吉田たつちか)2005-04


試し読みできます

名文は業務連絡に適さず

日露戦争時の帝国海軍の名参謀にして、天才と謳われた人物に司馬遼太郎さんの著作、「坂の上の雲」で有名な秋山真之という人物が居ます。この人が書いた文章で名文として有名なのが日本海海戦の折に大本営に向けて打った「天気晴朗なれど波高し」の一文です。

 これは、司馬さんによると、たまたま、航海日誌の最初のページに書いてあったことなのだそうで、秋山参謀としては他意はなかったのかもしれませんが、戦後、彼はこの一文を巡って激しく非難されたとか。

つまり、「名文すぎる」と・・・。

 作戦報告に、名文は一切必要なく、名文が一度、まかり通るようになると、作戦の失敗などの都合の悪い事実を、名文で固塗するようになるということだったとか・・・。なるほど・・・と。

 参考までに、こういう場合に好まれる文章とは以下のような物でしょうか・・・。

 「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」〈出征中の徳川家康の家臣、本田作左衛門が嫁に宛てた手紙〉

つまり、火の用心と子供の面倒と仕事の道具である馬をよろしく・・・と。

 「三島の胴体と首の距離 1メートル」〈作家、三島由紀夫の割腹自殺の際の警視庁入電〉当時、警察には色々な情報が飛び込んできて、生死がよくわからなかったのだとか。首と胴体が1m離れていれば間違いなく死んでるわな・・・と。

 「ダンナハイケナイ、ワタシハテキズ」 〈西南戦争前夜、熊本鎮台司令長官種田政明少将が愛妾と同衾中に不平士族に襲われたときの、状況を知らせる愛妾からの電報〉

司令官は助かりそうもないけど私は無事だから電報を打っている・・・と。

 すべて、短文ながら、状況がよくわかりますよね。用件を手短に、それでいて、的確に相手に知らせなければならないビジネス文書などには必要な心得のひとつでしょうし、ついでに言えば人の話を最後まで聞かないお年寄り対策にもなります(笑)。

ワタシも苦労させられましたから・・・。だって、話聞かないんだもん・・・。

(小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか) 2011-04


試し読みできます

奥付



おもしろコラム(4月編)


http://p.booklog.jp/book/22969


編集者:井上勝彦
編者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/atec/profile


発行所 : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/22969

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/22969



試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について