目次
エープリール・フール
ブラックデー
4月の星座 しし座
虹が見え始める季節
新茶の季節
桜とお天気
花見の歴史
日本人と桜
忌日の季語
しあわせをもたらす春の季語
2種類のジェット気流(偏西風)
今年は「猛暑日」が減る?
あなたもできる!?天気予報
シイタケには日光浴をさせよう!
タケノコパワーでやる気まんまん!?
キャベツの底力
納豆という不思議な食べ物
日本独特? ネバネバぬるぬる食品
白い食べ物は肺を潤す
ご飯の缶詰
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ
少エネ調理鍋
一日の食事バランス
B級グルメが食文化を作る?
パンの歴史
お茶のTPO
食品原材料表示
気に関する老化
インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCの働き
昔は青鼻、今は水鼻
老化と成長ホルモンの働き
漢方薬をより効かせる飲み方
治る理由と治らない理由
肝を養う春の養生
喘息に注意
大人のアトピー
好きなことをやる勇気
タンポポは万能薬!?
金は持っている人の所に集まる 
地球儀にツバルを見る
御舘の乱、判断の是非
世間の、意外に利口なことにハッとする
宇喜多直家の成長戦略
(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」
(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」
(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」
(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」
(電子レンジレシピ)「お好み はんぺん」
吉田松陰を育てた母が説く風呂の効用
イギリス人は外交上手
馬や駕籠は楽か?
情報公開と情報隠蔽の損得
文字とは何か?
人工クモ糸を創った
宝くじ納税という考え方
空き家解体の是非
電子図書館
タダでテレビ電話
動物の鳴き声
格安スマホの甘い罠
国民の声を無視出来ない時代
 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)
日本料理を圧迫し続けた武士階級
肉食とタブー
三日見ざれば
軍の発言力は流した血の量に比例する 
『古事記』の神々(その1)
『古事記の神々』 
名文は業務連絡に適さず
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 71ページ

試し読みできます

虹が見え始める季節

虹と言えば「希望の橋」「夢の橋」などとロマンティックなイメージをお持ちの方が多いと思いますが、日本では虹は不吉なものだと思われていた時代もあるようです。

日本の暦には二十四節気をさらに3つずつ細かく分けた七十二候というのがあります。4月15日から19日ごろは「虹始めて見る(あらわる)」というのがあります。

太陽の光は、基本的には「白色」です。「白」というのは全ての波長の光を全て混ざったもののことです。が虹は、太陽の白い光線が、雨粒の中で2回の屈折と1回の反射を行うことで、7色に分けられて見えるようになる現象です。

雨粒の半径が大きければ大きいほど、それはくっきりとします。また、太陽の光も強ければ強いほど、虹ははっきりと見えるようになります。だから、だんだんと陽射しが強くなるこのころに、ようやくその年初めての虹が見えるようになる、と、昔の人は考えたようです。

虹の色は赤橙黄緑青藍紫の7色が一般的に知られています。(7色がはっきり分かれて見られることは非常にまれですが)これは、赤が外の場合と紫が外の場合の二通りがあります。赤が外の場合を「主虹(しゅこう・しゅにじ)」といい、この方が一般的ですが、逆に紫が外の場合を「副虹(ふくこう・ふくにじ)」といい、主虹に比べて色も薄いので見つけにくいです。主虹の外側にできたり、公園の噴水で見かけるのはこのタイプです。

11月22日から26日ごろ、「虹蔵(かく)れて見えず」という七十二候があります。陽射しが弱まって虹もできなくなるのですね。それまでのあいだ、激しい夕立のあとなど、空を見上げて、虹を探してみてはいかがでしょう?

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

新茶の季節

春の訪れと共に新茶の季節となりました。

日本のみならず、世界のお茶の源流である中国においても春は茶摘みの最盛期となります。

中国のお茶といえば真っ先に浮かぶのが「烏龍茶-うーろんちゃ-」ですが、実は烏龍茶の歴史は数千年に及ぶ中国茶の歴史から見るとまだまだ浅く、製法が確立されたのは約200年前の清代と言われています。日本では余り知られていませんが中国におけるお茶の生産量も7割は緑茶が占め烏龍茶は2割程なのです。元は主産地である福建省や広東省でのみ一般的に知られていたお茶で、北京や上海では烏龍茶を知らない市民の方が多かったくらいですが、華僑の働きかけによって国内よりもむしろ日本のように海外での知名度と需要が高まっていったのです。

烏龍茶は一般に「発酵」と呼ばれる茶葉の酸化の度合いによって味のバリエーションが多く、その中でもペットボトル等で売られている日本の烏龍茶の多くがモチーフにしているのが福建省北部・武夷山(ぶいさん)の岩山に自生する茶樹から作られる「岩茶-がんちゃ-」です。

武夷山は世界遺産にも指定されている景勝地で、古くから茶樹が自生していたといわれ、中でも世界最高峰と呼ばれるお茶「岩茶・大紅袍-だいこうほう-」の茶樹は樹齢350年とされています。毎年1~2キロしか採取できず数百万円で取引されるこのお茶の樹は僅か4本、国家によって管理され一般の人は近付くことすら出来ません。

4大岩茶の一つ「岩茶・白鶏冠 -はっけいかん-」、春に萌え出した葉の先が赤く鶏の鶏冠(とさか)の様だから、というように岩茶のネーミングには様々由来のある物が多く、このように見た目に由来する物や、また「岩茶・不知春-はるしらず-」は芽吹きが他の茶樹に比べて遅いため茶葉達は春を知らずに育つ、といった見立てに由来する物などもあります。また同じく「岩茶・不見天-ふけんてん-」は、日の当らない岩場のくぼみに生えていて生涯天を見ることがないから、などもあります。

樹齢数百年といわれる岩茶はとてもではありませんが、原木を挿し木した茶樹から製茶された岩茶なら十分に手が届きます。名前から想像される様々な由来に思いを馳せながら、休息の一時を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

(コラムニスト 現庵/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

桜とお天気

ようやく4月に入りました。4月といえば桜。桜と言えば花見、ということで、今回はちょっと桜について書いてみます。
桜の見ごろと言えば、一般的に、関東では4月の10日前後でしょうか。今年は4月3日と10日が日曜日ですが、3日ではちょっと早め、10日ではちょっと散りすぎか? というのが平年の咲き具合のようですね。
この頃のお天気は、「花冷え」「花曇り」といった言葉もあるように、どんよりと曇って寒い日があったりします。かと思えば「花の嵐」といって、せっかく咲いた花を強い風が惜しげもなく吹き落としてしまうこともあります。しかしおおまかにいって4月の前半といえば、まだお天気が周期的に変わる「三寒四温」の時期ですので、桜の咲き加減と晴れるか曇るかは、その年の運次第、無責任に聞こえるかもしれませんが、本音のところ、そんなところかと思います。
本で読んだ話によりますと、桜というのはただ、「暖かくなったから咲く」というものでもないそうです。冬に十分な冷え込みがないと咲けない性質を持つようで、その本ではそれを睡眠にたとえ「深い睡眠を取らないと、しっかり目覚めることができない」と表現されていました。そのせいかどうか知りませんが、北海道では桜と梅がほとんど同じ時期に咲くとか。(桜が咲くのが相対的に早いということ。梅の方が遅いとも)
また、桜の名所として全国的にも古くから有名な奈良県吉野郡でも、最も有名な吉野町の辺りは4月中ごろに見ごろを迎えるそうですが、もっと標高の高いところでは、ゴールデンウィークごろにようやく満開になるそうです。
 桜は何分見ごろの短い花です。今年のお花見がお天気に恵まれますように!(夜桜見物で風邪をお召しになりませんように!!)

 (気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか) 2005-04

 


試し読みできます

花見の歴史

日本人が一年で一番楽しみにしている行事は、花見だろう。毎年、場所取りに奔走したり、弁当や酒に凝ったりと、準備の段回から心が弾む。冬の間に縮まってしまった心と体を、思い切り伸ばす為の宴にも思える。

桜を愛でる歴史は深く、奈良時代に編さんされた『万葉集』にも桜の美しさを詠まれたものも見られる。しかしこの頃の花見と言えば梅であった。花見が桜になったのは、平安時代からだ。

作庭文化が栄えつつあり、山から桜を移植し、気軽に楽しめるようになったからであろう。花見と言えば、桜の花を見るということが定着したのも、平安時代だ。

武家が台頭し出すと、今度は美しさだけではなく、すぐに散ってしまうという儚さにも注目されるようになる。「花は桜木、男は武士」と言われるように、命を潔く散らす代名詞のよう呼ばれる。これは、第二次世界大戦まで続く、兵士の生死観として定着した。特攻隊の辞世の句に度々引用された。大愚良観和尚の歌「散る桜 残る桜も 散る桜」とあるように、桜を死の象徴として捉えていたようだ。

しかし、庶民の桜観は少し違う。元々の庶民の花見は、春の訪れを噛み締めるものであった。カレンダーなど無い時代、桜の開花こそが春の到来だった。そして、花は散ったとしても、また来年美しい花を咲かせる桜を、命の喜びとして見ていた。だからこそ、大勢で集まり大騒ぎをした。今でも、心の奥底にこの昔の思いが残り、花見を楽しむのではないだろうか。全ての生物が活動し始める春、大いに命の喜びを謳歌したいものだ。

(文:講談師 旭堂花鱗/絵:吉田たつちか)
2006-04


試し読みできます

2種類のジェット気流(偏西風)

 「台風が偏西風に流されて西から東へ進んでくる」 「黄砂が偏西風に乗って日本へやってくる」 などなど、日ごろの天気予報の中で、「偏西風」ということばはよく耳にされると思います。この偏西風は、中緯度帯に位置する日本の気候を語る上で、欠かすことのできない重要な要素の一つです。  

 雨が降ったり台風ができたりする程度の、およそ高度約10kmまでの高さのことを「対流圏」と呼びます。その対流圏の上の方で、中緯度地帯では、一年を通して特に強く吹いている西風があり、それを「偏西風」と呼びます。(ちなみに極地方では「極偏東風」、赤道付近では「北東貿易風」という東よりの風が吹いています)  

 偏西風は南北方向に波打って流れていて、南に張り出したところが「気圧の谷」となり、地上では低気圧が発生します。逆に北に張り出したところは「気圧の尾根」といって、高気圧が発生します。  

そんな偏西風の中でも特に狭い幅で強く吹くもののことを「ジェット気流」と呼びます。日本付近を流れるジェット気流には2種類あります。

 一つは「亜熱帯ジェット気流」といって、北緯30度付近で一年中、 ほとんど安定して吹いています。もう一つは「寒帯前線ジェット気流」といい、冬場に現れます。  

そもそも空気には、温度を一定にしようとする性質があります。上下方向の温度差が大きくなりすぎたときには、空気は「対流」という方法で、雲を作って雨を降らせ、温度を一定にしようとします。しかし南北の温度差がある限度を超えると、波動を起こすことで温度差を解消しようとするのです。だから北半球では、南北の温度差がより大きい冬場に、寒帯前線ジェ ット気流が登場して、南北の温度差を小さくしようとするのです。

(気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)2008-04


試し読みできます

今年は「猛暑日」が減る?

 天気予報でよく「アメダス」ということばが使われますがこれがどういった意味かご存じですか? 

「アメダス」とは地域気象監視システム「Automated Meteorological Acquisition System(AMeDAS)」の略です。全国の約1,300か所に設置され、そのうちの約840か所では「気象4要素」といわれる気温、風向・風速、日照時間と、降水量を観測しています。それ以外の地点では降水量のみを観測しています。

 また降雪量の多い地域の約200か所では積雪量のみを計測しています。観測所の平均間隔は約17kmなので、局地的な気象の予想に役立ちます。

 アメダスでは「Auto」ということばが使われているように10分ごとに自動的に計測を行い、その結果は電話回線を通して一時間ごとに地域気象観測センターへ集められます。

しかし雨量や風速の値が一定以上になるとそれらのデータは臨時に自動的に地域気象観測センターへ送信されるようになっています。

 これらの気象要素を観測するためには、それぞれに条件があります。アメダスが設置したときにはその地点がそれらの条件を全て満たしていたとしても、アメダスの歴史が始まって何十年も経った今では、周辺環境の変化にともなってアメダスのデータが決して正確ではなくなってきて、移転を余儀なくされる場合が出てきました。

 2007年と2008年に64か所が移転されました。その結果、観測される気温がこれまでよりも低くなるのではないかと予想される地点がいくつか出てきました。

 日中の最高気温が30度を超える日を「真夏日」、最近では35度を超える日を「猛暑日」というようになりましたが、この猛暑日も減るのではないかと予想されています。

  (気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)2009-04



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について