目次
エープリール・フール
ブラックデー
4月の星座 しし座
虹が見え始める季節
新茶の季節
桜とお天気
花見の歴史
日本人と桜
忌日の季語
しあわせをもたらす春の季語
2種類のジェット気流(偏西風)
今年は「猛暑日」が減る?
あなたもできる!?天気予報
シイタケには日光浴をさせよう!
タケノコパワーでやる気まんまん!?
キャベツの底力
納豆という不思議な食べ物
日本独特? ネバネバぬるぬる食品
白い食べ物は肺を潤す
ご飯の缶詰
栄養がないけど貴重な食べ物 コンニャクとゴボウ
少エネ調理鍋
一日の食事バランス
B級グルメが食文化を作る?
パンの歴史
お茶のTPO
食品原材料表示
気に関する老化
インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い
コラーゲンの合成に必要不可欠なビタミンCの働き
昔は青鼻、今は水鼻
老化と成長ホルモンの働き
漢方薬をより効かせる飲み方
治る理由と治らない理由
肝を養う春の養生
喘息に注意
大人のアトピー
好きなことをやる勇気
タンポポは万能薬!?
金は持っている人の所に集まる 
地球儀にツバルを見る
御舘の乱、判断の是非
世間の、意外に利口なことにハッとする
宇喜多直家の成長戦略
(電子レンジレシピ)「ロールキャベツ」
(電子レンジレシピ)「切り干し大根煮」
(電子レンジレシピ)「ウドの さっと煮」
(電子レンジレシピ)「粒マスタード焼き」
(電子レンジレシピ)「お好み はんぺん」
吉田松陰を育てた母が説く風呂の効用
イギリス人は外交上手
馬や駕籠は楽か?
情報公開と情報隠蔽の損得
文字とは何か?
人工クモ糸を創った
宝くじ納税という考え方
空き家解体の是非
電子図書館
タダでテレビ電話
動物の鳴き声
格安スマホの甘い罠
国民の声を無視出来ない時代
 一歩上の素敵な女性になるために(フアッション編)
日本料理を圧迫し続けた武士階級
肉食とタブー
三日見ざれば
軍の発言力は流した血の量に比例する 
『古事記』の神々(その1)
『古事記の神々』 
名文は業務連絡に適さず
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

16 / 71ページ

試し読みできます

キャベツの底力

 今回は、キャベツの健康効果について紹介したいと思います。

 キャベツは、ビタミンA、B1、B2、C、EK、ナイアシンなど、ほとんどのビタミン類が含まれているほか、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄などのミネラル類も満遍なく含まれていてバランスのよい食品です。

 そして、キャベツの栄養学的な特徴は、アブラナ科植物に共通して存在するイソチオシアネートとビタミンUが含まれていることです。イソチオシアネートは、イモ虫など昆虫類の食害に遭いやすいアブラナ科植物が、自らの体を防御するために作っているのではないかといわれている抗菌成分です。抗菌作用の他に、優れた抗がん作用も持っています。

 米国立ガン研究所によるとキャベツは、ニンニクに次いで2番目に抗がん作用の期待できる食品として位置づけられていますが、キャベツがこのように高い評価を受けているのは、イソチオシアネートの抗がん作用が深く関わっています。

 イソチオシアネートは、生のキャベツを刻んだり、口の中で噛んだときに酵素の働きで生成します。したがって、キャベツを加熱調理した場合には、酵素が働かなくなりますし、イソチオシアネートは揮発性なので熱で蒸散してしまうことになります。

 ビタミンUは、ビタミンの定義に当てはまる正式なビタミンではありませんが、重要な働きをもっているために、ビタミン様物質として位置づけられています。ビタミンUのUが英語で胃潰瘍を意味するUlcer から由来しているように、胃酸の

分泌を抑え、胃粘膜の修復を助けて胃潰瘍を防ぐ働きがあります。ビタミンUはまたの名をキャベジンと言いますが、キャベツから初めて見つかったからです。ビタミンUは胃薬にも配合されていて、胃薬「キャベジン」の名称もこのビタミンUの別名から名づけられたものです。

 ビタミンUも熱に弱いので、キャベツの栄養成分を最大限に活かすには、生で食べるのがよいでしょう。

 しかし、よく煮込んで柔らかくなり、甘味の増したキャベツも捨てがたいものがありますね♪

 

(医学博士 食品保健指導士 中本屋幸永/絵:吉田たつちか)2010-04

 


試し読みできます

白い食べ物は肺を潤す

  肺を丈夫にするひとつの方法は、皮膚の表面を鍛えることです。皮膚は、外邪から身を守るバリアーのようなものです。正常な皮膚には、艶と潤いがあり、毛穴の開閉機能が正常で、必要に応じて汗をかくことができます。

 皮膚を丈夫にするためには、暖かい時期から、乾布摩擦をしたり、暖かいお湯と、冷ための水とを交互に四肢にかけて、反応を良くすることが効果的です。

 また、大腸は内臓の皮膚のようなもので、やはり外からの異物を上手に排除する働きがあります。これには、腸が善玉菌を中心とする腸内フローラで覆われていることが大切です。

 糖分、油脂、動物性タンパクの摂りすぎは、悪玉菌の餌となり、便の滞留時間を長くし、腐敗しやすい環境を作ってしまうので要注意です。穀類と野菜、豆類を中心にした和食は、腸内環境を整え、免疫力を高めます。

 ここまでくるとすでにおわかりの方も多いと思いますが肺は非常に免疫力と関係している臓です。肺は乾燥にとても脆いので、適度な湿気が必要です。肺を潤す食べ物として、ユリの根、銀耳、松の実、白ごま、大根、じゃがいもりんご、梨、玉葱、白菜、キャベツなどがあります。このような白い食べ物は肺を潤すと覚えてくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2010-04


試し読みできます

ご飯の缶詰

 "ニュージーランドおもしろ食品"の第二弾を紹介させていただきます。前回は缶詰のスパゲティーをご紹 介しましたが、今回はご飯の缶詰について少しお話させていただきます。 ニュージーランド人の国民性なのか、毎日の生活が忙 しすぎるのか、缶詰の種類が日本と比べ物にならないぐらい市場に出回っています。

その中の一つがご飯の缶詰"クリームライス"です。なんとも美味しくなさそうな響きですが、予想通り食べられる代物ではありません。日本では甘みのあるふわふわのご飯にお漬物とお味噌汁!といきたいところですが、このご飯の缶詰はデザートのライスなのです。

そのお味はというと、バニラ風味にストロベリー、チョコレートまであり、ご飯に甘い牛乳をかけたような想像を絶する味に仕上がっており、お米にうるさい日本人にはちょっと受け付けられない食べ物となっています。私はどこに行っても、珍しい食べ物があれば試食してみたくなる性分なので、何でも挑戦していますが、私が辛党な為このクリームライスだけは一口でギブアップでした。

でも甘党の方には受けが良いかもしれませんね。皆さんも何でも経験ですので、海外に行った際には是非 も勇気を出して色々な物を食してみてくださいね。

(ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)2008-04

 


試し読みできます

一日の食事バランス

 皆さんは一日の食事をどんなバランスで摂られていますか?

朝お陽さまが出てくるのと同じように、朝には陽気が目覚め、お昼に最も盛んとなり、夕方お日さまが沈むと陽気は急速に衰え、今度は陰の気が盛んになってきます。人もこのように自然のリズムに従って生活すると、長生きすると言われています。

 朝食は、穀類、芋類、体を温めるスープ、血を作る黒豆、人参ほうれんそうなどのお野菜をたっぷりめに、よくかんで美味しくいただきましょう。体が温められ、一日の活動パワーがみなぎってきます。

お昼は、気血を巡らす、お蕎麦、血肉を作るタンパク質も摂るとよいですね。

 昼間によく活動する方は、体の熱をさます食べ物・・・きゅうり、とまと、せろり、とうがん、春雨、お豆腐なども付け合わせに食べられるとよいでしょう。

 そして、夕食は、飽食せず、もっとも量を減らし、遅い時間に食べないことが大切です。

食べてすぐに寝ると、毒素を溜めやすくなります。

 夕食は、油っぽい料理や、こってりした肉料理などを避けて、体の陰分を補う、きくらげ、松の実、黒ごま、白ごま、脂の少ない豚肉、カキ、帆立、ゆりね、枸杞子などの食材を適宜取り入れてみましょう。

夕食を一口減らせば99まで生きられるという言い伝えがあります。くれぐれも夕食の摂りすぎにはご注意くださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2007-04


試し読みできます

食品原材料表示

最近私は食品を購入する際には食品原材料表示を気にするようにしています。
私は昔から牛乳が飲めない体質なので「牛乳さえ飲まなければ大丈夫」そう思ってきましたが、どうやらそうではないようです。

牛乳が飲めないと言っても2通りあります。
1つは牛乳アレルギーでもう1つは乳糖(ラクトース)不耐症です。
牛乳アレルギーとは牛乳中のタンパクに反応するもので牛乳そのものや牛乳が使われている食品であればアレルギー症状が出てしまいます。
乳糖不耐症とは牛乳中に含まれる乳糖が腸で分解できない為に下痢をする体質のことなのでヨーグルトや乳糖が含まれていない牛乳では症状は出ません。
乳糖というものは牛乳だけに含まれているわけではなく、実に様々な食品に一部で添加されています。
身近なものではパン類、クッキーやチョコレートなどのお菓子類、ソースやドレッシング類、ハムや冷凍食品、インスタントラーメンなど様々です。
市販の飲み薬の中にも乳糖が含まれているものがあります。

おなかの調子が悪くなる原因は乳糖だけとは限りません。
甘味料の中には一度に多量に摂取すると良くないものもあります。
ガムやキャンディーなどのパッケージ部分に「一度にたくさん食べるとお腹がゆるくなることがあります」
などと書かれた注意書きにご記憶のある方も多いと思います。
多量の糖質が腸内で吸収されにくくなる為に起こると言われています。
アルコール類や炭酸飲料、冷たい飲み物は胃や腸の刺激になるのでなるべく量は控えたほうがよいでしょう。
例えば、よく冷えたビールなんかは「冷たい+アルコール+炭酸」の三拍子が揃った「3重苦」ということになりますね。

あまり過敏になってしまうと食べたい物も食べられなくなってしまいそうですが、なにがなんでも排除しなくてはならないというわけではなく、少しだけなら大丈夫という場合もあるので、どの程度までなら摂取しても大丈夫なのか、そういった面も知っておくと食品に対しての意識がより高まると思います。

(コラムニスト ディック・ハンター/絵:吉田たつちか)2005-04


試し読みできます

気に関する老化

 皆さん歳をとると、若い頃のような元気がなくなった・・・とか、根気がなくなった・・・気力が湧かない・・・など、気に関する衰えを表現されます。
 気は生まれつき親からもらった先天の気に、食べ物や新鮮な空気から取り入れた後天の気があわさり作られていますが、やはり歳とともに、その生成量も減ってくるんですね・・・。

 気の働きのひとつに、各臓腑と組織の生理機能を促進する働きがあるのですが、気が衰えれば臓腑の働きも低下するため、疲れやすくなったり、気力が湧かなくなってしまいます。

気には、体を温める働きや、外敵から体を守る働きもありますが、気の働きが低下すると、体が冷えやすくすぐに風邪をひいてしまったり、病気がなかなか治らず、奥へ奥へと入っていってしまうこともあります。免疫力の低下が現れますので感染症に罹らないようにウガイや手洗い、マスクの着用、人混みを避ける事が大切です。

 身体のバリヤーを強化する方法の一つに、昔から言われている乾布摩擦がありますが、体表の陽気を補い血行を良くするので理にかなっています。また、もうひとつの重要な働きに、気の固摂作用があります。

固摂とは、内臓の位置をしっかりと固定したり、血液を脈管から漏らさないようにする、汗や尿、便などを漏らさないようにする働きです。これが衰えると、内臓が下垂したり、痔がでやすくなること。そして少し動いても汗がダラダラ出てしまう。アザ(内出血)ができやすい。尿漏れを起こしやすい、などの不快症状に見舞われることになります。

 気は目に見えませんが、大切な働きをしているのです。気が弱っているかどうかは、頭のてっぺんの百会をさわってみるとよくわかります。気がしっかりと充実していれば、百会は弾力がありしっかりとしていますが、気が低下すると、グニャグニャします。 

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2009-04


試し読みできます

インフルエンザにかかる人と、そうでない人の違い

 今年もまたインフルエンザの季節になりました。

私も先日、急患センターの当直をしたのですが、A型インフルエンザの方が多く、待合室の空気も独特の温病の臭いがして、「う、うっ・・・うつらないように頑張らねば・・・(-_-;)」と思いました。

 先日の安保先生のお話では、インフルエンザが流行しているとき同じようにインフルエンザのウイルスを吸い込んでいるわけですが、発病する方としない方のちがいは、マクロファージの段階でウイルスが処理されるかどうかの違いということでした。

つまり、マクロファージが元気で、ウイルスを食べ尽くせば、発病しないし、マクロファージが満腹で働けず、顆粒球やリンパ球の免疫細胞に動員をかけると、発熱し、戦いが始まります。(発病)こうなると、戦いが終わるにも、一定の時間を必要とします。

 マクロファージさまに、貪欲にウイルスを食べ尽くしていただくには、普段よりマクロファージに腹ペコでいてもらうことが大切です。

 糖分の多い食べ物、油が多く消化が悪いもの、肉、卵、乳製品等の異種タンパクの多い食事(いわゆる美味しいもの)をたらふく食べていると、それを処理するのにマクロファージは満腹になりウイルスのような美味しくないものには見向きもしなくなります。(これは極端な表現ですが・・・つまりそういう感じ)

皆さんも、食べ過ぎの後に、風邪をひいた経験はありませんか?

 このお話を聞いた後の当直でしたので、腹7分を心がけ、当日の朝は温かいお粥を食べていざ出陣!!

もちろんマスクをして、インフルエンザの患者さんに服薬指導後は、ティートリーでうがいをしました。

そして、タンブラーに、タンポポ茶を2袋入れてゆき、チビチビ飲んでいました。お陰様で、発病もなく元気です。

皆さんも

1,粗食を腹七分

2,タンポポ茶で解毒

3,喉の痛みがあれば銀翹散で、温病(インフルエンザ)対策しましょう・・・ね。(安保先生との対談から②)

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)2008-04


試し読みできます

昔は青鼻、今は水鼻

「昔は青鼻、今は水鼻」これは何のことでしょう?

そうです!これは、昔の病気と今の病気の違いを述べたものです。

終戦後~昭和30年代前半までは食料事情も悪く、ほとんどの方が栄養失調気味でした。

そのため、いろいろな感染症にかかりやすく、一度かかるとなかなか治らない!子供たちも青鼻をダラ~と垂らして、着物の袖が、鼻でコペコペになってピカ~と光っている光景が思い出される方も多いと思います。

青鼻の正体は、黄色い膿をもった鼻汁のことで、細菌と戦ったあとの白血球の死骸です。

今日では日本中どこを探しても、青鼻を垂れているような子はもういませんね!逆に増えているのは、子供からお年寄りに至るまで、薄いシャビシャビの水鼻をティッシュでかんでいる光景です。

水鼻は花粉などの異物を体から洗い流そうとする反応で、花粉症や、アレルギーなどのときに見られる症状です。涙でグシャグシャになる、水っぽい痰が出る、下痢をする・・なども同様の反応です。

空気が汚染されてきたこと、食糧事情の変化で体にとって異物となるものを摂りこみ過ぎていること、体がとても冷えやすくなってきていること等が原因です。

 

今年もまた、花粉の季節がやってきますが、体質改善は今からでも決して遅くはありません。

去年はとても花粉の量が多かったにもかかわらず、養生により全く症状のない方もみえました。

アレルギーは、突然起こることがありますが、逆に養生により、いつの間にか治る可能性もあります。

今年こそ、是非体質改善にチャレンジしてみてください。

 

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)2006-04

 


試し読みできます

漢方薬をより効かせる飲み方

「漢方薬を病院で処方してもらっているけれど何だか思うように効かないの!」と言われる方が時々あります。

世間では、漢方薬は穏やかな効き目というイメージが定着しているようですが、漢方薬でも即効性の物がいろいろとあります。

風邪の時の葛根湯、麻黄湯などは、体に強く働きかける作用があり、飲んでしばらくすると、発汗したり、ぞくぞく感がとれてきます。

一般的に、急性病の漢方は、証さえピッタリとあえば非常に早くききます。

とくに、風邪をひいて、寒気がする。節々が痛むなどの、寒による症状を呈している場合は、いただいたエキス顆粒状の漢方薬でも、お湯のみ半分くらいのお湯に溶かして、温めて飲むと、非常に早く効いてくるので、是非お試しください。

また、慢性の病気で、漢方薬を処方してもらっているけれど、なかなか効果が現れない!という方・・・。

それは、一つには証がしっかりと合っていない可能性があります。

一ヶ月ほどして、全く何の変化もない場合は、処方された先生にもう一度ご相談ください。

また、証が完璧にはまっているのに、3ヶ月ほどたっても、全くよくわからない・・という場合は、服用している本人の側に問題があります。

漢方薬の処方というのは、現代のものではなく、昔の人の智慧から培われてきたものです。そのころと現代

では、食事の内容が大幅に変わっており、現代人は非常に腸が汚れています。甘いもの、油物のとりすぎで繊維質の不足する食生活をしていると、腸は汚れ、機能、免疫力ともに低下します。

漢方薬は、生薬成分に配糖体というものを含んでおりこれが、腸内細菌により分解されないと、薬効を示すことができません。

つまり、腸の働きが低下していると、漢方薬は、ズバリ、効きにくいのです。

何日も便秘傾向にある人、ニオイのきついウンチやオナラが出る人は要注意です!

まず、漢方薬を飲む前に1週間ほど、お腹の大掃除をされることをお勧めいたします。

具体的には、

1、油物、甘いものを控えて玄米とお味噌汁、根菜を中心とした和食メニューにきりかえる。

2、大豆製品、味噌、漬物などの発酵食品は乳酸菌を補い、腸の働きを促進!

3、ワカメ、キノコ類、こんにゃくなどをよく噛んで食べる。

4、その他に、腸の働きをよくするサプリメントをとるのもOKです。

一週間も続けると、便秘も解消され、お肌がツルツルしてきます。

こうなれば、処方された漢方薬はとてもよく効くようになります。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵)2005-04

 


試し読みできます

大人のアトピー

大人のアトピーのご相談に多いのが陰部のアトピーです。お子さんのアトピーでは、卵、乳製品、動物性のタンパク質、脂肪そして白砂糖食品を摂りすぎず、穀物菜食を取り入れてゆくことが養生の基本となりますが、大人になってから発症するアトピーは、肺、脾、腎の弱りと肝の使いすぎ(異常亢進)が根本にあります。

 長年アトピーの発症と緩解を繰り返している方は、基本的な食養生はすでに身につけておられ、季節の変化に伴うストレス、環境の変化に伴うストレスが差し水となって一時的に症状が出るが養生のコツを知っておられ、何とか体調をコントロールする術を身につけておられる方が殆どです。

 ところが、大人になってから初めてアトピーを発症した方は、今までうんと加工食品、インスタント食品、外食を重ねてこられた方が多いようです。そして年齢とともに五臓が弱まり、今までのように解毒できなくなった結果、症状が現れます。

 加工食品やインスタント食品、外食は、添加物が多いだけでなく、脂肪もカロリーも高いものが殆どです。血液の中に、未消化のタンパクや薬品があふれると、肝臓は大変に疲労します。 解毒しきれない毒は脂肪の中に一時蓄えられます。

 乳腺、陰部は、どちらも肝の経絡が通っており、非常に毒が溜まりやすい箇所なのです。さらに陰部は他の皮膚に比べて熱放散しやすい箇所ですので、他の皮膚の汗腺が閉じていて汗がなかなかかけない方では解毒が陰部に集中してしまい、なかなか症状が改善されないのはこのためです。

 陰部の症状がなかなか取れない方は、解毒を促進するタンポポ茶やツヤゴールドに、肺脾腎の虚損を補い、代謝経路を改善する通竅を加えられることをお勧めします。 汗がかけない、気持ちよく排便できないなどは肺の働きが大変に関与しているからです。また、下剤に頼らないと排便できない方は、長く服用しても心配のない土大黄に変えてみられてはいかがでしょうか?

 食物の他に、肝に大変負担をかけるのが、ストレスと睡眠不足です。大人にはどちらもつきもので、だからこそ養生していただかないとそこから脱することができません。その日のストレスはその日に帳消しにする発想。そして遅くとも11時には就寝してくださいね。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)2011-04

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について