twitterアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 IT関連 , 政治・社会 作者 yumeonelight
価格 無料
タグ 東日本大震災インターネットtwitterFacebookソーシャルメディア
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

843 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 27ページ (Web閲覧)
148ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
東日本大震災で考えるインターネット活用 ~日本中・世界中の人をつなぐネットワーク

日本中・世界中をつなぐインターネット、「東日本大震災」で、Twitter、FaceBook、そして様々なホームページを通じて、インターネットは、一瞬にして、多くの国民に日本中・世界中の情報を提供しました。

異常時や緊急時こそ物事の真価が分かりますが、まさに、今回の未曾有の大災害、東北関東大震災で、インターネットの底力を、つくづく感じました。そして、一コンピュータ技術者として、私ができることは、このインターネットの力を活用して、少しでも、大震災や福島原発事故に関して、有益な情報を提供し、応援する事だと考えました。

そこで、本レポートは、大震災発生の2011年3月11日から、微力な一コンピュータ技術者が、大震災やインターネット活用の情報の流れを日々追って、少しでも、多くの皆さんに、「インターネットの便利さと危険性」、「市民をつなぐネットワーク」について知ってもらいたく、書いたものです。

本レポートを書きながら、自らもコンピュータ技術者として成長したいと思います。中には、誤解も数多くあると思います。個人としての限界であると、ご理解の上、暖かく見守って下さい。なお、内容は、最新情報を加えながら、改訂をしていきます。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧