閉じる


更新履歴

  • [2010-07-04][add] 全般 : CakePHP における mod_rewrite
  • [2010-07-04][add] 全般 : .htaccess とは
  • [2010-07-04][add] 全般 : CakePHP の基本的な流れ

1
最終更新日 : 2010-07-04 15:59:32

この文書を読み際の注意点

  1. PHPで掲示板を自作できる程度の方を対象としています。
  2. 少なくとも、CakePHP のチュートリアルサンプルを作成できる方が対象としています。
  3. stable (安定版)を対象として、説明を行いますが、開発版の動向もできる限り盛り込みます。
  4. 開発版のことも視野にいれているため、内容の作成時期が異なります。(コードが出現する際には、PHP と CakePHP のバージョンを記載します。)
  5. CakePHP の説明のため、同じPHPフレームワークである Zend Framework (Zend Technologies Ltd.) と  Symfony (Sensio Labs) を引き合いに出しています。理由として、
    1. 同時期の 2005年頃に開発がスタート(これ以前に開発がスタートしたフレームワークは存在します)
    2. 利用者が多いフレームワーク(日本誤の情報が多いことや、ユーザーの会がある、など)

2
最終更新日 : 2010-06-26 19:38:09

PHP4 と PHP5 と PHP5.3

PHP4 と PHP5 と PHP5.3 は、本書では機能面で別々な扱いをしています。これらは大きな変更が加わったバージョンであり、フレームワークやライブラリがどれをサポートしているのかに留意する必要があります。

PHP4 は、2007年12月31日でサポートが終了しており、また、重大なセキュリティに関する修正のみも2008年8月8日までで、既に終了しているバージョンです。

PHP5は、2010年、主力のバージョンです。PHP4 に加えて、メンバ変数・メンバ関数のアクセス制限、オブジェクトの参照の変更、interfaceのサポート、abstract なクラス、メソッドなどが加わり、PHP4 とは、別物の印象が強いです。PHP5 を使いながら、PHP4 にも対応した書き方をすることは可能ですが、多くの場合、コードが煩雑になります(特に、static な扱いをしようとすると)。

PHP5には、5.0.x、5.1.x、5.2.x と3系統ありますが、使用するなら、5.2.10 以降が推奨です。旧バージョンは、関数のバグや文字コードの扱いに難があります。

CakePHP2 は、PHP5.2 以上のサポートとなっています。

PHP5.3は、2009年6月にリリースされた最新のバージョンです。名前空間、遅延静的束縛、クロージャ、などの新機能が導入されました。PHP5.3 以上をサポート対象としているフレームワーク、ライブラリは、これらを使用しており、PHP5.3 未満では動作しないため、特に区別する必要があります。

レンタルサーバなどでは、サポートしているものが少ないです。使うなら専用サーバにてインストールする必要があります。

[現在:2010-06]
おまけ。
PHP6 は、文字コードの扱いが問題で実装が中断され、巻き戻しが発生しました。内部では、開発が進められるらしいですが、はっきりとしたことは、決まっていません。

3
最終更新日 : 2010-06-28 23:11:21

動作環境

  • Apache 2.x
  • PHP 5.3.2
  • CakePHP 1.3.2

4
最終更新日 : 2010-07-04 18:39:05

CakePHP とは

CakePHP とは、PHP(Hypertext Preprocessor)で開発されたフレームワークです。
MITライセンスの元で配布されています。

5
最終更新日 : 2010-06-26 18:20:14


読者登録

zaininnariさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について