twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格840円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『観』 』 『 『功徳』 』 『 『一円の公案』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 『 覚りの境地(2019改訂版) 』 を購入した方は 480円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション ノンフィクション 作者 SRKWブッダ
価格 840円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『観』 』 『 『功徳』 』 『 『一円の公案』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 『 覚りの境地(2019改訂版) 』 を購入した方は 480円(税込)
タグ 仏教仏道ブッダ覚り修行感興句
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

89 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 19ページ (Web閲覧)
72ページ (PDF)
試し読み:7ページ
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
価格改定しました。 → ¥840 (すでに購入いただいた方、ご了承くださいませ)

  もろもろの如来、つまり生き身の仏は人々の問いに応えて理法を説く。いわゆる説法である。しかし、説法はどうしても説教じみたものになってしまう。と言うのは、衆生たる人々の問いは未熟で、本質・核心に迫る問いをなかなかなさないからである。したがって、その問いに対する答えも如来の本質をなかなか反映したものにならないのである。

ところで、如来たちは時として問われないのにふと思いを込めて言葉を発することがある。それが感興句である。この感興句は如来たちが発した純粋な言葉のいわば宝庫である。そこには仏の本質、覚りの真相、法(ダルマ)の根本にまつわることがらについての言葉がちりばめられている。

 本書は、釈尊をはじめとする過去の仏たちの感興句を引用したものではなく、現代の仏たる私(=SRKWブッダ)がこれまでに発した感興句の中から修行者の覚りの道に役立つであろう言葉を私自らが抜粋しまとめたものである。聡明な人は、この本に記されたそれぞれの言葉が人智を超えたところから発せられた智慧の一端を表すものであると知って自らの覚りの道を堅固ならしめるであろう。感興句とはそのような働きをもつ言葉なのである。

 本書を読んで覚りの道を歩みを堅固ならしめた人は、発心し、必ずや解脱を果たして欲しい。ただ、それは本で得た知識によるものではなく自分自身の因縁によってもたらされるものであることを忘れないで戴きたい。(PDF640KB) 「読者登録」・「手紙」歓迎します。

【おしらせ】

 ホームページ『覚りの境地』(→ http://www.geocities.jp/srkw_buddha)の涼風通信のパスワードは、本書の目次の次のページに最新版が記載されています。

 姉妹本『覚りの境地』も参照ください → http://p.booklog.jp/book/19730

この本には試し読みが 7 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...
400円
路地裏流・繁盛店の創り方

この本を開く

全国の路地裏で、商売を成功させている方はたくさんいます。悪条件は考え方次第で好条件になる、というモノ...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

幼児向け絵本ですが、大人もどうぞ。ジンベエザメのジンベは海より広いのは何だろうと思いました。コバンザ...

もっとみる