閉じる


<<最初から読む

3 / 5ページ

精一杯の...

 

欲しいものは買えるようなものじゃなくて

 

手に入らないものを切望するのは虚し過ぎて

 

この想いを覚られないよう  

 

精一杯 精一杯 精一杯

 

精一杯、何も欲しくない振りをした

 


Wedding bell


   『幸せになってね!!』

    そぅ笑ってあなたに微笑むけど

   本当は私があなたを幸せにしたかったのにな

 

 

 

                              おめでとう

                              

                               そして

 

                              さようなら....




わかってる

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかってる 

                    

わかってる

           

 わかってるよ...

 

あなたからの連絡

     

くるわけないって分かってるよ

 

でもいつもの癖なの

 

困ったなぁ

 

私の体はなかなかわかってくれないみたい

           

違う...

     

分かってるからこそ

 

『もしかしてっ』て

 

0に等しい確立を信じてしまうの.....

 

 


この本の内容は以上です。


読者登録

カオルさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について