twitterアカウントでログイン

カテゴリー 趣味・生活・芸術 その他 作者 オリバー
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

431 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 7ページ (Web閲覧)
19ページ (PDF)
評判
  • 5(平均5 / 1人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
今から約二千年前、中東のエルサレムでイエス・キリストが十字架にかかって死に、三日目に復活するという人類史上最大の出来事がありました。聖書はキリストの十字架には二つの重要な面があることを告げています。その二つの面とは(1)十字架の贖いの面と、(2)十字架の交わりの面です。今日、十字架の贖いの面を認識しているクリスチャンは大勢いますが、残念なことに十字架の交わりの面を認識している人はあまり多くありません。本書では、特に十字架の交わりの面についてアンドリュー・マーレーが聖書から解き明かします。十字架の死の主観的経験は復活の命の主観的経験への道を拓きます。より深い信仰生活、主との交わりを求めるクリスチャンにお勧めの本です。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

なまずくの耐震事件簿の第1.5話と第2話。耐震診断情報を整理して診断書を作成し報告に行きます。果たし...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

 あまり記憶には薄いかもしれないが、とある地方の事件としてこんな記事が新聞に躍った。2017年7月、...

この本を開く

誰もが知ってる桃太郎!でも、なんだか少し様子がおかしいようです。イヌもサルもキジもこんなんだったかな...

もっとみる