目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
健康食品という食文化
大久保の心中 
春先のめまい発作
たかがゴミ拾いされど・・・ 
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

65 / 68ページ

大久保の心中 

 文化大革命の時、毛沢東の命令に従い、同志である劉少奇国家主席の粛正を実行しようとする周恩来に対し、部下が、「こんなことをしていたら、死んだら地獄行きだ」と諫言したところ、周は、「私が地獄に落ちずして誰が落ちますか」と言ったという話があります。実際、中国には「周は体を張って、毛の暴挙を止めなかったからけしからん!」という声があるそうですが、もし、そうすれば、単に周が失脚して、もっと忠実に命令を実行する人に変わっただけで、惨禍はさらに拡大したでしょう。

 ドラマ「踊る大捜査線」の名ゼリフ、「正しいことしたいなら偉くなれ」はけだし名言だと思います。で、思うのが、西郷隆盛亡き後の大久保利通の心中もまた然りではなかったかということ。

 実は、私はかねてより、大久保暗殺の際のあまりの無防備ぶりに違和感を抱いていました。事実、暗殺犯である石川県士族らは事前に大久保宛てに殺害の予告状を送っており(まあ、大久保としても脅迫状はこれに限ったことでは無かったでしょうから、一々、真に受けてはいられないということだったのかもしれませんが)、さらに、暗殺犯らの石川県出発は県令がすぐに警戒の必要があることを通報しています。

 しかし、このときも、同じ薩摩出身の川路利良大警視は、「腰抜けに何ができるか!」と吐き捨てただけで何の対策もとらなかったとか。これは、当時、まだ、要人を警護するという発想が無く、他の高官らにも護衛がついていなかったらしく、大久保だけに護衛をつけるというのは、大久保を臆病者扱いすることに繋がり、「勇気」至上主義の薩摩人にとっては侮辱に値する行為という思いもあったようです。確かに、大久保のこの豪胆な姿勢が脆弱な基盤の明治政府を支えていたともいえ、それは85年後、敢えて無防備でダラスに降り立ったケネディにも通ずる「覚悟」であったでしょうか。ただ、それでも、政府の最高権力者が、護衛も付けず、馬車一台で通勤していたというのは釈然としない部分があるのですが、大久保に、「盟友西郷を非業の死に追いやっておいて自分だけ安らかに死ぬわけにはいかん」という意識があったとすれば説明がつくような気がします。

 ちなみに、この前年には、残る維新三傑の一人、木戸孝允もこの世を去っていたことから、大久保死後は、再び、「同格」ばかりの時代になってしまい、結果、山県有朋の影響下で軍部の発言力が増大、後の日本に暗い影を落とすことになるわけです。もし、大久保が生きていれば山県も勝手なことは出来なかったはずで、つまり、大久保の死は単に大久保独りの問題では無かったということですね。

(小説家 池田平太郎)2019-03

 

 


春先のめまい発作

 寒い日が続き、急に午後から気温が急上昇した日や、寒いところから温かい部屋へ移動したときなどに、突然発症するめまい発作が増えてきています。特徴は、頭がのぼせてくるような感じがあり、後頭部が詰まったように重だるい。動悸がして、息苦しい感じなどがあり、”倒れるのでは???”という不安感に襲われる・・・と

いうもの。

 特にずっと立ちっぱなしで作業していたり、ずっと座り仕事をしているとき、あるいは気分的に焦ったりしたときに起こりやすいです。この発作は、ストレスや環境の変化に伴い、肝が疏泄をして(西洋医学的には自律神経を調整すること)血液を分配し、変化に対応するのですが、それがうまくいかないことにより、上半身に熱が溜まり、下半身は冷えているという、肝陽上亢という状態が生じることで起こります。

その原因として①肝血が十分に養われていない②ストレスに対応できず肝が熱をもち、気が上に上がってしまう③痰が、正常な気血の上降を妨げ、停滞する④老化に伴い、肝の熱を抑える滋陰潜陽力が低下する----などが考えられ、特に病中病後で、体力が低下しいるときや、更年期に伴いホルモンが急激に変しているときなどは要注意です。

 たとえとして、ヤカンに水が少ないとすぐに沸騰てしまう(コンロの火はストレスと考える)のに似ています。

ですので、対策としてヤカンの水(気血津液)をしっかり増やすことと、ヤカンの水がうまく対流して巡っている状態を作り出すことが大切です。

 この辛い症状に対する、頓服的な漢方としては、めまいやしびれをとる”かぎかずら”と動悸、息切れ不安を改善する”スーパー紅景天”の併用がお勧めです。そして、手の内関のツボ押しや、足首を雑巾しぼりして、気を下へ下げる手当ても有効です。根本的な改善(発作を起こさなくする)には、状況に応じた補剤(ヤカンの水の不足成分)が必要です。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵) 2019-03

 


たかがゴミ拾いされど・・・ 

 スマホにしてからいろいろなアプリを入れては試している。主に無料のアプリだが、使ってみてつまらなかたら削除すればいいだけだから、昔のように役立たないソフトを買って失敗するという懸念もない。

 今回新たに入れたのが「ピリカ」というゴミ拾いを楽しむソフトだ。これがなかなかおもしろい。子供たちがゲーム感覚、SNS感覚で楽しんで、ゴミ拾いにいそしんでいるという。

 ゴミ拾いといえば倫理研究所の実践活動が昔から有名だが、

なかなかゴミは無くならない。コンビニが増え、スナックや飲み物もパッケージや紙やプラスチックの容器に入っていて便利ではあるが、使い捨てである。

 私が子供のころは、豆腐屋がラッパを鳴らして自転車で売りに来ると、鍋や桶を持って、買い求めたもので、ゴミが残る余地がなかった。当時に比べ、確実にゴミの素は増えている。

 昔、仕事で台湾・台北に行った時、現地の知人がマクドナルドを食べた後のゴミを道に放り投げて平気な顔をしているのをいぶかしく思ったが、翌朝早く、リヤカーに掃除道具を摘んだ老人たちがゴミを掃き集めて掃除している光景に出会った。自分の狭い持ちエリアが決まっていて、毎朝掃除するのが、彼らの仕事で、市からいくばくかの対価が出ているという。すなわち老人にもできる簡単な仕事を生み出して、社会福祉の費用を少しでもセーブすることと、老人たちの生きがい、健康増進にも役立てているのだそうだ。そういえば、台北では犬は放し飼いが普通で(日本でも昔はそうだった)、犬の糞は、飼い主が誰かを問わず、自宅前、自分の店の前にあれば、そっと掃除するだけだという。それほど時間がかかる量でもないし、手間でもない。放し飼いにされている犬はストレスも溜らず、むやみに吠えたり、人を噛んだりしないという。

 先ごろ、中国が日本からのペットボトル等の廃棄プラスチックの輸入を中止したというニュースが流れた。中国にもコンビニが増え、自前の廃プラスチックで賄えるようになったようだ。自動車のスクラップなども早晩、同じ道を辿るに違いない。

 自国で発生したゴミは自国で処理するべきであり、自分の家の周りだけ、ゴミ拾いすれば、それほど大変なことではない。むしろ、行き過ぎたゴミの分別の方が費用対効果の面で問題がありそうだ。高温燃焼炉がある自治体なら、分別せずに一緒に燃やした方が費用的にも環境的にも良いという学者もいる。

 そういえば、廃棄自動車も丸ごとプレスしてそのまま溶鉱炉に投入する方法とシュレダーにかけて資材別に分離処理する方法の2つが並行して行われたが、どちらに軍配があがったのだろうか?

 我が家の隣に、ゴミ集積場と郵便ポストがあるが、どちらも近いので助かっている。

(ジャーナリスト 井上勝彦)2019-03

 

 


奥付



おもしろコラム(3月編)


http://p.booklog.jp/book/21816


著者 : atec
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/atec/profile


発行所 : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.


感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/21816

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/21816



この本の内容は以上です。


読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について