目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

31 / 64ページ

食文化を変えた工場食品たち

●現代社会は急速に食文化が変わっている

 食文化というのは本来ならそう急激に変化するものではありませんでした。日本人は2千年間、日本のお米、ジャポニカ米を主食としてきました。明治時代、そして太平洋戦争後、パン食が入ってきましたが、いまだに日本人の主食はごはんが中心。

 1993年(平成5年)におこった米不足による『平成米騒動』では、急きょタイからタイ米(インディカ米)が輸入されましたが、日本人の口に合わず、大量に放棄されたり、あるいは「日本の米がないなら、パンを食べればいいではないですか」と、マリー・アントワネットのごとく(実はアントワネットが言った言葉じゃないけど)という人などおらず、まして「貧乏人は麦を食えばいい」などという人もおらず、日本人はただひたすら「日本のお米が食べたい」と訴え続けたことがあります。

 食文化というのは、それほどその国や民族文化と同体であり変化もしにくいものなのですが、ここ百年、数十年の科学や機械の進歩、情報化社会、国際化、交通機関の発達などによって、私たちの日常もそして食卓も大きく変化し続けています。

 食文化がそれほどの勢いで変化したのは『工場』で『製品』として、食べ物が作られ、その製品が世界中に渡って食べられるようになったからです。

●ナポレオンの時代、缶詰が発明される

 もちろん20前半以前にも、大勢の人が集まって魚の干物を作るなど、工業製品に近い作り方をする食べ物はたくさんありました。

 しかし歴史的にそれが本格的になったのは、おそらくナポレオンの時代に開発された缶詰食品ではないでしょうか?

 当時ナポレオンはヨーロッパ各地で戦っていたため、食料の保存がきいて持ち運びやすい方法を探していました。最初に使われたのが加熱殺菌した食べ物を入れたビン詰めです。しかしビンは重く割れやすいという欠点がありました。1810年、缶詰がイギリスで発明され、わずか3年後の1813年やはりイギリスで世界初の缶詰工場が誕生します。

 缶詰誕生の裏話を一つ。缶詰が誕生して48年間という間、缶切りが発明されなかったということ。

 どうやって缶詰を開けていたかというと、ナイフやノミなどを使って強引に開けていたそうです。

 缶詰は、調理した食品を加熱殺菌するため保存がきき、料理するという手間も省けるため、とても便利で一般にも普及。普通の食品だけでなく、果物やジュースにビールと、食文化に大きな影響を与えました。

●レトルト食品はアメリカ陸軍から。一般食としては日本が最初

 現在、実に多くの種類があるレトルトパウチ食品(以下レトルト食品と略す)は、1950年代、アメリカ陸軍により開発がはじまりました。

 軍隊では缶詰よりも軽く使いやすい軍用食を求めていたのです。しかし一般には普及せず、なんと世界で最初にレトルト食品を商品化したのは日本だったのです。

 その商品はいまでも多くの人に愛されている『ボンカレー』(大塚食品工業(現・大塚食品))です。

『ボンカレー』は1968年に発売されましたが、工業製品としての大量生産する食べ物は1958年(昭和33年)にすでに誕生していました。日本で開発発明されたインスタントラーメン、日清食品の『チキンラーメン』です。

 日々、大量生産、大量消費される工場で作られる食べ物たちは、確実に日本の、あるいは世界の食文化を変えつつあるのです。

 

●工場製品食品は食文化の個性を殺す?

 大量生産の工場製品食品は、いってみれば食文化のグローバリゼーション、地方や民族や国境を越えて、食品の均一化をなすものです。

 日本ならば、どこの県のコンビニにいっても、同じ商品の食べ物を食べることができるということです。いまから50年前であれば、ある地方の人が別の地方に旅をしたとき、生まれ故郷とまったく違う味噌汁など、その土地土地の料理を食べることができました。

 しかしいまでは、東北の人が九州に旅をしても、郷土料理のお店にでもはいらない限り、同じ食品を食べることが多くなりました。私が以前、北海道に旅をしたとき、地元の人のご招待だったのですが、連れていっていただいた料理店は、なんと北海道なのに沖縄料理店でした。

 北海道の味を……、と思っていたのですが、北海道の人にとってそれは当たり前で、沖縄料理の方が、北海道の人にとってご馳走だったのかも知れません。

 北陸に全国的にも有名なお医者さんがいて、友人なのですが、北陸にいったとき「最近、近所におもしろいお店が出来てさ」と、連れて行ってもらったお店が……、なんと東京の私の自宅近所にあるお店のチェーン店だったこともあります。

 つまり地方地方の食文化の破壊につながるのではないか? という意見もあります。しかし私は、それほど心配をしておりません。文化とは変化するものであり、現代という急速に時代が変化している時代であっても、その土地の食文化は、時代に適応しながら変化しつつ残っていくことでしょう。

 私はそんな時代に生まれたことを幸せにすら感じているのです。20年後、私たちはきっといまと違う、しかしいまの伝統を引き継いだ食べ物を食べて楽しんでいるのでしょう。

 

(文:食文化研究家 巨椋修(おぐらおさむ))2018-03


風邪に効くお茶

 まだまだ寒い日が続きます。体がゾクゾク...風邪かな?と思ったら、温かいお茶で体を温めてみてはいかがでしょう?

 実は、お隣の韓国は日本ほど喫茶の習慣がありません。食事の席には、水または白湯が一般的で、ウーロン茶も飲みません。逆にウーロン茶が用意されている店は日本人御用達と言っていいくらいでしょう。そして、ちょっと一息、コーヒーを飲むのも若い世代のみなのです。

 さて、韓国での喫茶文化の始まりは、日本と同様に仏教文化の影響を受けたからで、当初は僧や貴族のような限られた人々が緑茶を嗜んでいたようです。

しかし、その緑茶に重税がかけられたため、一般庶民にまで緑茶というものは普及しませんでした。

そこで、代用品としてカリンやトウモロコシなどの身近な果物や漢方素材を使った茶が広がったのです。今で言うハーブティといったところでしょうか?

このような背景からか、韓国で茶を飲むということは、食欲促進、疲労回復など健康維持に繋がるよう。医食同源の思想とも関係するのでしょう。

 そこで、体を温める茶として上げられるのが、サンガチャと呼ばれる生姜茶です。殺菌効果もあり、冷え性にもよいとされています。 作り方はいたって簡単。生姜をスライスしたものを数枚煮れば出来上がり。本来は干したナツメの実も加えるのですが、なくても大丈夫。じっくり弱火でコトコト煎じてください。生姜の香りが充満して、それだけでも体が温まる感じがするでしょう。飲むときに、はちみつをお好みの量加えます。砂糖でもかまいません。体の芯から温まります。ぜひお試しください

(韓国食文化研究家 カン美加/絵:吉田たつちか)
2005-03


病気になったらはじめる養生

 人の体には、病気になったときに治る力というものが備わっています。生き物は、全て寿命を迎える・・・という宿命をもっていますが、本来の寿命以前に起こったトラブルに関しては、全力で治そうとする力が働いています。

 皆さんがインフルエンザをひいても、しっかり睡眠をとって休めば自然に回復しますし、怪我をしても、しばらくすれば治ってゆきます。急性の病気は、一時的な原因によるものなので、比較的治りが早いですが、がん、アレルギー、糖尿病、血管疾患、認知症・・・というような生活習慣が関わる慢性疾患に関しても、習慣を改め、治る力を後押しする生活を心がけてゆけば、少しずつ快方に向かい、やがては治癒してしまうことも、数多く経験しています。

 私達が快適に生きてゆくためには、それに適応した生活の仕方、食べ物、その人らしい生き方・・というものがあります。

 例えば、車にもいろいろな種類があり、それに合ったタイヤを履き、燃料を入れ、適した路を走る・・・というように♪

 当たり前のことかもしれませんが、おひさまが上がったら、交感神経が働き、陽気が増して活動しはじめ、おひさまが沈んだら、リラックスし、副交感神経が働き休み、明日の活動に備える・・・というような自然のリズム。

 体にとってバランスのとれた食べ物を補給し、燃料を入れたら脳や筋肉を動かして消費するというエネルギーの収支。毎日を笑顔で過ごすことができる、心の持ち方。

 このような、何でもないことが、私達の免疫力、修復力、治る力のスイッチのオンオフに大きく関係しています。

 あなたがもし、重大と思われる病気の宣告をされ、気持ちが落ち込み、将来に大きな不安を抱えておられる・・・としても、焦ることはありません。

 今までの生活を振り返り、あなたに適合した生活を始めることで、本来の治癒力が目覚めてゆきます。

 治療をするにしても、しないにしても、養生は何の邪魔もしません。邪魔どころか、養生こそが治る近道と考えてください♪

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2018-03

 


要介護にならないために!

 冷暖房の完備や医療の発達により、日本人の平均寿命は80歳代と高齢ですが、介護を受けずに生活できる健康寿命は?というと男女ともに10歳以上低くなり、12~15年、家族や社会のお世話になりつつ寿命を迎える人が増えてきています。

 現在の80歳~100歳の方々は、子供の頃から厳しい生活環境や粗食を乗り越え、精神的にもへこたれない皆様かと思います。

 これに対し、生まれた頃から冷暖房完備の安定した生活環境で暮らし、加工食品やインスタント、外食を度々利用、辛抱や頑張ることをあまり得意としない、若い世代が80歳を迎えることができるかどうか?も気になるところです。要介護にならず、最期まで自力で生活できることは、万人の願いかと思います。

 現在、自力生活を満喫しておられる80歳以上の皆様の特徴から学んでみましょう。

1,身内に対する依存心が少ない=動けなくなったら、子供のお世話になるのは当たり前・・・と考えず、子供には子供の生活があるから、なるべく自分のことは自分で頑張る!という気構えがある。男性では、退職後、掃除や洗濯、料理作りも自分で挑戦する人、女性では、家族をコントロールすることなく(自分が思うように家族を使う、用事を頼む等)精神的、金銭的に自立できている人

2,臨機応変に行動でき、適応能力に優れている=例えば、健康維持のために毎朝30分散歩する!・・・と決めたら雨風、風雪強くても極寒、熱中症になる暑さの中でも、何が何でもやりきろうとする頑固さ!これは、返って命を縮めることになるようです。このようなタイプの方は、万事がこのありさまで、食事にも超神経質、やれないことにストレスを感じる・・・等、心も頑なになりやすく、体も実際に硬い。年老いても元気な方は、天候や体調をみて、臨機応変に目標を軌道修正できるし、今日はこれだけやれたからOK,OK!と思うこともできます。

3,可愛い気とユーモアがある性格=可愛い気がある方は、実際に素敵な笑顔の達人なので、一緒にいるだけで周りも幸せになります。その心得は、世の中はいろんな人がいて成り立っていて、皆さんのおかげで自分は生活出来ている・・・感謝、感謝、ありがたや!だから自分も自分に出来ることで、人様のお役に立てると良いなぁ~とボランティア精神を発揮できる人。やっていただけたら、ありがとう!人の労をねぎらう、笑顔で受け答えできる方には、周りの人も、もっとやってあげたいと思ったり、やってあげて

よかった!と幸せな気持ちになるものです。

 他にも勿論、色々なポイントがあると思いますが、この3点に気をつければ、頭も体も常に刺激されかなりの割合で健康寿命が保てると思います♪

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)/絵:そねたあゆみ 2017-03

 


過ぎたるは及ばざるが如し

 「過ぎたるは及ばざるが如し」という格言がありますが、健康食品もまさにこの格言どおり、過ぎると毒になることがあります。健康食品を摂取する上で是非気をつけていただきだい過剰摂取の問題について取り上げてみたいと思います。

 医薬品を過剰摂取すると毒になるというのは容易に想像がつくと思いますが、通常の食品でさえ過剰に摂取すると毒になることがあります。例えば、お酒の飲みすぎによるアルコール性肝障害、塩分の過剰摂取による高血圧や胃がん、糖分や脂肪分の取りすぎによる糖尿病や動脈硬化など、言われてみればなるほどと思っていただけることも多いのではないでしょうか。

 全ての食品は薬になることもあれば、量の多寡によっては毒にもなるので注意が必要です。ただし医薬品と食品を比べると薬から毒に変わるまでの量、いわば安全域の広さが圧倒的に違います。医薬品と食品の中間に位置する健康食品は、この安全域の広さも中間に位置していると考えられます。医薬品ほど毒性は出にくいですが一般の食品よりも過剰摂取の害は出やすくなっています。

 健康食品の中で、各種のビタミンやミネラル類は「サプリメント」などと呼ばれて利用されていますが、それらは濃縮や精製が行われることが多く少量でも有用性を発揮しますが、その分過剰摂取に陥る可能性も高くなっています。

 サプリメントの中でも特に注意を要するのは脂溶性のビタミン類です。脂溶性とは、水よりも油に溶け易いということです。具体的には、ビタミンA、D、E、Kが脂溶性ビタミンです。脂溶性のビタミンは、肝臓など体内に蓄積され易く過剰症になりやすいのです。

 一方、油よりも水に溶けやすいのが、水溶性ビタミンのB1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、ビオチン(以上はB群と総称される)とビタミンCです。これらは尿として排泄され易いので脂溶性のビタミンほどは過剰症になり難いといわれています。

 脂溶性ビタミンの過剰症には、以下のようなものがあります。

1)ビタミンA過剰症=食欲不振、皮膚落屑、脱毛、皮膚乾燥、骨・関節痛、肝脾腫、皮膚色素沈着、脳圧亢進など。また、妊娠初期の過剰摂取は奇形児出産のリスクを高めます。

2)ビタミンD過剰症=筋緊張低下、吐き気、食欲不振易刺激性、腹痛、脱水、便秘、下痢、多飲・多尿、かゆみ、腎石灰化症、異所性石灰化、腎不全、尿路結石、高血圧症の悪化など。

3)ビタミンE過剰症=脂溶性のビタミンの中では、比較的過剰症を起こし難いといわれていますが、出血の危険性を高めたり、筋力低下、疲労、吐き気、下痢を起こすことがあります。

4)ビタミンK過剰症=ビタミンKも比較的過剰症を起こし難いのですが、貧血、血圧低下、吐き気、呼吸困難発疹、胃腸障害などを起こすことがあります。

また、水溶性ビタミンであっても、過剰症が全くないということではありません。ナイアシンと葉酸は水溶性ビタミンの中でも比較的過剰症になりやすいといわれていますので、注意したほうがよいでしょう。いずれにせよ商品に記載されている目安量を守ることが重要です。

病気の方や何か気になる症状をお持ちの方は、藁(ワラ)にもすがる思いで、あるいは早くよくなりたい一心で、つい多めに摂取するという傾向があるようです。ビタミンだけを例に取り上げましたが、どのような食品でも過剰に摂取すると健康危害が発生する可能性があるということを知っておいて欲しいと思います。是非、「過ぎたるは及ばざるが如し」ということを肝に銘じて、健康食品をご利用の際には、各商品の目安量を確認し安易に多めに摂取するようなことは避けていただきたいと思います。

(医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永)2012-03



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について