目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

54 / 64ページ

スマホで変わる世の中

 久しぶりに都会に戻り、山手線に乗った。夕方の帰宅時間に遭遇したが、車内の様子が以前とまったく違っている。サラリーマンの朝晩の電車通勤スタイルに、新聞は欠かせないものであった。ところが、新聞を読んでいる人は皆無。殆どの人がスマホに見入っている。ニュースは新聞でなくスマホで読むのが当たり前になっているようだ。駅構内の売店に煙突状態で刺さっていた夕刊紙の存在感も後退している。雑誌も同様だ。若い知人に聞くと、今や、自室にパソコンもテレビも置いていない人も珍しくないという。全ての情報の入り口はスマホなのだという。

 今後、新聞社はどう生き残れるのだろうか?新聞業界出身者の一人として今後の動向が心配だ。

 そういえば、NHKがスマホユーザーにもNHK受信料を取る方策を検討しているという。NHKという有料放送局の存在の必要性の有無についても検討が必要な時代なのかもしれない。

 NHKの独壇場であった国会中継も今やネットで見ることができる。(衆議院TVインターネット審議中継http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php)今後、相撲のネット中継ができればNHKの存在意義は半減しかねない。昔、ホリエモンがテレビ局を買収しようとしたことがあったが、彼は、テレビ局の有する過去のストック映像に商品価値を見出していたが、時代がやっと彼が描いていたテレビとネットの融合時代に近づいた。その意味では、NHKは莫大な映像ストック資産を有しており、これは国民の財産でもあるわけで、世界中に商品として売ることで、受信料は半額かゼロでもやっていける筈だ。

 電車中でのスマホ学習に便利な「アンキスナップ」(ぺんてる)というマーカーペンが話題になっている。これで参考書やノートにマークしたものを専用のスマホアプリで開くと、マーキングした箇所が黒塗りとなり、この部分をタッチするとマスクが消え、文字が見えるという優れもの。電話としてしか使っていなかった小生のスマホ。今年はもう少し使い方を広げてみようと思った。

(ジャーナリスト 井上勝彦)/絵:そねたあゆみ 2017-03

 


『古事記の神々』 その12

 さて、八百万の神々から追放処分を受けた須佐之男命(すさのおのみこと)は、出雲の国の、今で言う斐伊川(ひいがわ)の上流にある、船通山という地に降り立ちました。そのとき、川上から箸が流れてきました。それを見た須佐之男命は、上流に人が住んでいるのだなと気づき、川沿いをのぼっていきました。

 すると、年配の男女が二人で暮らす小屋があり、あいだに幼い女の子を挟んで、泣いています。その様子を見た須佐之男命は「そなたたちは誰だ」と尋ねました。

 男性が、「わたしはこの地の神、大山津見神(おおやまつみのかみ)の子で、足名椎(あしなづち)と申します。この老婆は妻で、手名椎(てなづち)、そしてこの娘は櫛名田比賣(くしなだひめ)と申します」と答えます。

 須佐之男命は足名椎に、なぜ泣いているのかと尋ねます。すると足名椎は次のように言います。

 「今年この娘を八俣(やまた)の大蛇(おろち)へのいけにえに出さなければならないのです。八俣の大蛇は、一つの体に八つの頭と八つの尾を持った怪物です。瞳はホオズキのように赤く、体には苔や檜や杉で覆われ、全長は八つの谷と八つの丘をまたぐほどと言われており、その腹からはいつも血が滴っているとのことです」

 須佐之男命は初めて自分が天照大神の弟であると素性を明かし、足名椎にこの娘をくれと言います。さらに、「八回醸造した強い酒をつくり、垣をつくり、その垣に八つのかどを設け、かどごとを結び、その桟敷ごとに酒樽を置き、船ごとにその強い酒を溢れんばかりに入れよ」とお命じになりました。

 準備が整うなり、八俣の大蛇が現れました。それは須佐之男命のもくろみどおり、八つの頭を八つの酒樽にそれぞれ入れて、酒を飲みました。やがて酔っ払い、眠ってしまいました。そこへ須佐之男命は、十拳剣(とつかつるぎ)を抜き、大蛇のを切り刻んだので、斐伊川は真っ赤に染まりました。須佐之男命が大蛇の足を斬ろうとしたとき、刀の刃が欠けたのでよく見ると、一本の太刀がありました。この太刀を取り出し、天照大神に事情を伝えて献上したところ、それは草薙の大刀(たち)だということでした。(つづく)

(コラムニスト 気象予報士 CHARLIE)2018-03

 


スコットランド式シャワー

 暦の上では春を迎え、明るいイメージのある3月。しかし実際は季節の変わり目で、移り変わりの激しい天候同様に気分も体調も不安定になりがちです。また、別れの季節でもあるため、なんとなく憂鬱さを感じる人も多いのでは?心身の活力を高めるには、時間をかけずに家庭で簡単にできるハイドロセラピーがお勧めです。

 ハイドロセラピーとは水を使って病気や痛みをケアすることで、広義では温泉や半身浴なども含まれます。日本の場合は特に熱い湯につかって体の疲れをとることが重視されていますが、気分の浮き沈みが激しく調子が出ない場合には、湯と冷水を交互に使うスコットランド式シャワーがいいでしょう。

 ぬるめの水から水温を40℃まで徐々に上げて、シャワーヘッドで円を描くように全身をシャワーした後、また徐々に水温を20℃程度まで下げて同様に全身に水を浴びます。15分間にこの行程を2~3回繰り返すと、温水で拡張した血管が冷水によって収縮し、血液の流れが活性化して全身に活力が湧いてきます。

 また、温水だけでシャワーを浴びると、血液が身体の表面を向かって流れて熱を放出しようとするので、実はその後に体がすぐに冷えてしまいます。しかし、最後に冷水を浴びると血液が内臓などの器官に移動して、体の内側に熱を温存することができます。冷え性やむくみが改善されて体が軽くなれば自然と心も明るくなるはず。そして冷たい水により脳や身体が刺激されて覚醒し、行動するパワーも漲ります。

北欧フィンランドなど寒い地域に暮らす人たちが、サウナの後に冷たい湖に飛び込むのも同じ原理から。熱気の後に冷たい水で身も心も引き締め、厳しい気候に負けずに丈夫な身体をキープして活動的に暮らすためにできた習慣なのです。

架空の人物ですが、ジェームズ・ボンドもこのスコットランド式シャワーを実践していたという記述があります。国際的スパイは常に頭をフル回転させてエネルギッシュに行動しなきゃいけませんから、このシャワー方法が適していたのでしょう。

(コラムニスト ベルギー在住 びねくにこ)2012-03


車を安く直す秘訣 

自動車メーカーが軒並み赤字に陥っている。こんな時は、積極的に車を買い換えることが景気を浮上させることにつながることは理解していても、自分自身の財布の中身をのぞくとなかなか決断できない。

いまある車をもう少し継続して乗ってみようかというのが大方のカーユーザーの傾向だ。さらに、より安い費用で修理やドレスアップできないかというのも共通のニーズだ。

欧米では、家や車はリフォームすることでその価値が高まるが日本では、車に修理暦があると逆に中古車としての価値が下がるというへんな傾向がある。

日本の車の性能は、世界一優秀だ。このため、日本では廃車になった車でも、ロシヤ、アジア、アフリカなど世界中で元気に走り回っている。車は、修理やドレスアップすれば、もっと長く使えるのだ。

メンテ費用を安くするには①部品交換でなく修理を優先させる②中古部品を優先的に使う③リビルト(再生)部品を優先的に使う④社外部品を使う・・・・など、部品の選択肢を広げてみるといい。

また、塗装を伴う修理の場合、①計量調色でOK②1メートル離れていて見えないゴミの付着はOK③簡易マスキングでOKなど、仕上げレベルを下げたり、ギャランティ不要とすることで費用はぐっと軽減される。

なお、中古部品は、必ず見つかるわけではない(ヒット率30%程度)が、色までピッタリと合致すればさらに費用が軽減される。日本では、意匠登録された部品の社外部品は輸入販売が出来ないが、ジェネリック薬品があるように、生産から一定年度を過ぎた部品(特に外装部品)についてはOKというように法を変える必要がある。そうすることで、カーユーザーはより安いメンテ費用を享受できるのだ。

(文:ジャーナリスト 井上勝彦/絵:吉田たつちか)
2008-03


オイル交換を忘れずに

先日、自動車整備業の方とお話していたら、最近、エンジン故障で入庫する車が増えているとのことです。

規制緩和で、セルフ給油のガソリンスタンドが増えているのがエンジントラブルの原因です。

以前は、給油のたびに、スタンドマンが車のフードを開けてエンジンオイルの汚れや劣化状態を調べてくれました。これは、親切心からの行為ではなく、オイル販売促進の一環として行っていたのです。

カーユーザーも、2~3回、交換を要請されると、シブシブながらオイル交換を了承していました。

ところが、セルフ給油だと、誰も注意してくれません。そのため、オイル交換の時期を大幅に過ぎて、オイルが劣化したまま、あるいは減少したままで走行を続けてしまい、エンジン本体を壊してしまうことになるのです。

エンジンの載せ替えは膨大な費用がかかります。古い車ならば、中古車を買った方が安い場合もあります。

アメリカでは、高校などで、車の簡単なメンテナンスの教育が行われています。砂漠の真ん中で、エンジンが止まってしまうと命にかかわる場合があるから、最小限の知識は不可欠なのです。

これに対し、日本では、学校教育現場での教育もなされずに規制が緩和されてしまったために、カーユーザーが車を壊してしまうはめになるのです。

車にはこの他にも、トランスミッションオイル、パワステオイル、ブレーキオイル、ATF(オートマチック専用オイル)などがあり、それぞれ適切な交換時期が定まっています。

オイル交換時には、次回の交換時期(走行距離または年月)を記したシールを貼ってくれますが、私のようなずぼらな人間は、これさえ確認することを忘れてしまいます。修理工場やカーショップ、ガソリンスタンドなど、信頼できるところか人を決めて、交換時期が来たら、携帯電話やメールで知らせてもらうと安心です。

<自動車オイルの事をわかりやすく紹介しているサイトはhttp://www.w-bandaibashi.com/life/oil/

(文:ジャーナリスト、井上勝彦/絵:吉田たつちか)
2007-03



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について