目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

16 / 64ページ

食養生について

 養生とは、命を養うことで、食養生とは命を養うための食事であるはずです。

 うちには猫ちゃんが6匹いますが、食事の時間になると、猫まっしぐら!とばかり食器に顔を突っ込んで、がむしゃらに食べています。2匹の子猫は、半年前まで掌に乗る大きさでしたが、モリモリ食べてすっかり大きくなりました。成長してくれた猫ちゃんをみていると、「命が助かって、大きくなってくれて良かった!」と感無量になります。

 さて薬局には、養生中の皆様が訪れますが、悩みの一つに”何を食べてよいかわからなくなった。今まで食べていたものが体にとってはダメで、アレもダメ、コレもダメ!と思ったら、すっかり食欲がなくなり、生きる元気も無くなってしまいました!というご相談がとても多いのです。

 例えば、

★無農薬有機栽培の徹底した玄米菜食にこだわり、遠くまで食材を買いに出かけて、それだけでも疲れる・・・。

★料理があまり得意でなく、野菜スープが良いと聞いたら、そればかりでレパートリーがなく、嫌気がさしてしまう・・・。

★養生食が自分が好きな食事ではないので、少ししか食べられず、どんどん痩せて体力がなくなってしまった・・・。

★ガンをやっつけるための食事をしていたら、生きる元気もやっつけられてしまった・・・。

 いかがですか? 心当たりありませんか?命を養うための食事であったはずが、命を削る結果になっていたら、それは本末転倒ですよね?

 食養生とは、そのときの体の状態に応じて、生きる力を回復させるためのものです。

 手術の後は重湯からはじまり、しだいに何分粥に変えてゆきますし、風邪の時はお腹に優しいお粥をいただきますが、実際それが一番美味しく食べられる状態ではないでしょうか?

 胃を切ったあとに、ゴツいステーキが出てきたら皆さん「これ大丈夫?食べられないよね?」とお腹と相談するでしょ?それが体の声を聴くということです。

 60兆個の細胞のうち、殆どは正常細胞で、ガン細胞はその中の僅かです。まずはこの正常細胞を養ってあげなくては、ガンに打ち勝つための免疫まで低下してしまいます。

 あまりにも悩んで食べられなければ、気持ちを緩めて栄養を入れてあげる必要がありますし、貧血や筋力低下でフラフラになっているならば、それを養うタンパク質を摂る必要もあります。食養生は、体が今最も必要なものを補給するわけですから、本当はとても美味しいのです。美味しくいただく工夫も勿論大切ですが、体に合っていると、食材そのものから滋養と旨みが感じられるようになります。

 養生上手な方ほど、この能力に長けてきますので、今の食事に疑問を感じている方は、もう一度食養生を見直してみましょう。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2016-03

 

 

 

 

 

 

 


男性と女性の老化パターン

中医学では、男性は八年ごとに、そして女性は七年ごとに体の節目を迎えると言われています。具体的にみてみますと

・男性八歳 女性七歳=成長と発育が活発になる 男の子、女の子らしさが出てくる

・男性十六歳 女性十四歳=男性は射精できるようになり、女性は初潮を迎える

・男性二十四歳 女性二十一歳=身長が伸びきり、性ホルモンなども充実

・男性三十二歳 女性二十八歳=身体的にも性機能的にもピークを迎える理想的な出産期

・男性四十歳 女性三十五歳=肌の乾燥、が始まり自律神経失調症状が現れることもある

・男性四十八歳 女性四十二歳=白髪や顔にシミ、皺が目立つようになり性機能も衰え始める

・男性五十六歳 女性四十九歳=男性では抜毛や白髪が増え、女性では閉経を迎え、体型が崩れる

といった具合です。

一般的に三十歳を過ぎると、一歳年を経るごとに体の機能が1%づつ減退してゆくと言われています。ですから早めの老化対策は、とても大切です。

男性五十六歳、女性四十九歳以降は記載がありませんが、これは養生の有無で大きな差が現れるためです。

つまり、見た目では判断しにくくなります。実年齢が九十歳でも、七十歳位にしか見えない若々しい方もいらっしゃいますし逆にまだ六十代なのに七十代に見られてしまう方もいらっしゃいます。ここから先は努力次第です。

そのポイントは、ストレスの受け止め方、体を若返らせる食事、そしてある程度の運動負荷をかけて、体を刺激してあげることと言えます。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)
2008-03


人はどんなときに病気になる?

現代医学は、病気から出た不快症状や病気による反応を抑え込む(封じ込める)ことばかり考えていますが、「何故、その人がその病気になった?」ということには殆ど目を向けないようです。
安保先生(新潟大学教授)によると、人は過酷な生き方をしたときに病気になります。

例えば、長時間の労働、持続的に不安を伴う環境、夜更かしの連続、パソコン等で目を酷使しすぎること、そして常に怒りっぽい性格・・・

食物を腹一杯食べることも、体にとってはストレスとなります。

人は怒りで手があがるほどの状態のとき、呼吸とともに全身が震え、血圧は230を超すそうです。

このような激しい交感神経の緊張により、血管系への負担、消化管粘膜からの出血等が起こります。

気が短い人は、起こる前に深呼吸をして、努めて怒らないように努力してゆきましょうね。

そして、夜は十分に休息をとることです。

東洋医学的にも、夜は陰を補う時間です。

昼間の活動により消耗した体(組織、血液等)を回復させ、また食事により取り入れた食物を、体に必要な栄養素に変換したり、異物を免疫により排除したりするのも、夜、寝ている間に行われます。

また食事により取り入れた食物を、体に必要な栄養素に変換したり、異物を免疫により排除したりするのも、夜、寝ている間に行われます。夜更かしすると、免疫パトロールも体の修復も、頭のデフラグもされず、人はやつれて病気になります。
毎晩12時前には就寝し、週に2度は午後10時には眠りましょう♪(安保先生との対談から)

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)

2008-03


ストレス太りは何故起こる?

ストレスにもいろいろありますが、同じストレスを受けても、痩せるタイプと逆に太ってしまうタイプとがあります。

一般的には、ストレスを受けると、五臓では

「肝」を傷め、それが「脾」の力も弱めてしまうため、食欲がなくなったり、お腹がすいても食べられなかったり、胃がシクシクと痛む・・などの症状が現れます。

しかし、こうなるのはどちらかというと、普段から胃腸が弱かったり、気血のエネルギーが少なく、あまり体力が無い方に起きやすい症状ですね。

それではストレスで何故太ってしまうのでしょうか?

これは普段からエネルギーが過剰なタイプに起こりやすいようです。

ストレスが入ると、それに打ち勝とうとして頑張り過ぎ、どんどんと食事を取り込まなくては栄養をとらなくては・・・・と思います。

ところが、ストレスでどんどん火が焚かれ、肝気が欝滞してくると、気の塊が、血の流れや、代謝の経路を塞いでしまい、正常なエネルギー代謝が行われなくなります。

こうなると、せっかくとった食事もエネルギーに転換しないため、ますますお腹がすいて、潜在意識的に食べ物を口に運びたくなります。ストレスを食ではらす、お菓子をやけ食いするなどは、まさにこのタイプです。
こんなときは、気の巡りをよくするのが一番!

漢方では、カラタチ、半夏厚朴湯などを使いますが、ジャスミン茶や、柑橘類を食べるのも良いでしょう。

ただ、ストレスが長く続くと、気の滞りが、ドロドロの血や、痰鬱といって、ネバネバした痰の塊のようなものを体のあちこちで作り、これを取り除いてやらないと、疲れやすい、体が重い、眠れない、動悸がする、気力が全くわかない、さらには免疫力の低下、そしてガン・・・などを作ってゆくことになります。

こんなときは、まずタンポポ茶「ショーキ」や「キ草」+「ホクギヨウ」などの漢方食品で解毒をかけ、不完全燃焼のものを取り除きエネルギー効率を高めてあげることです。

「キ草」は糖を効率よく燃やしてしまうため、空腹感がなくなり気持ちが満たされます。やけ食いの防止になりますね。

また、「ホクギヨウ」は水分代謝を高め余分な水毒(痰)を取り除き、これらを燃焼させやすい体を作ります。
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)

2007-03


胃腸の冷えと花粉症

そろそろまた、花粉症の季節がやってきました。

去年の夏は非常に暑かったので、今年も花粉はかなり飛びまくるかも。

ところで、花粉症は、胃腸の冷えで起こりやすくなることをご存じですか?

皆様、冷たいビールを飲んだ翌朝に、とても鼻が詰まったり、ズルズルした経験は、ありませんか?

そうなんです。

冷たい水分は胃腸を冷やし、鼻水となって上へ排泄されてきます。

胃腸が冷えきっていると、花粉症等のアレルギーもとても起こしやすいんです。

胃腸が冷えると、体温も下がり、腸の免疫力も弱ります。

外から入った異物を、うまく処理する力も低下してしまいます。

去年までは何ともなかったのに、いきなりアレルギーが出た場合は、消化管に負担がかかりすぎて、どんどんと胃腸を冷やす体質が出来上がってしまったことを意味しています。

胃腸を冷やしてしまうのは、毎日の食習慣・・・冷たいビール、ジュース、アイスクリームなどを好んで食べる、冷蔵庫から出した冷た~い食品をそのまま食べる、牛乳、乳製品、豆腐などを冷た~いまま食べる、甘い物、油物が大好き・・

・・すべて胃腸を冷やす元になります。

これを毎日続けていると、いつかはアレルギーが発症する可能性があります。

心あたりのある方、すでに花粉症のある方は、今からでも良いので胃腸を温めましょう。

お豆腐なども、温めて食べたり、焼き豆腐、厚揚げなど、一度火が通っているものの方が、体を冷やしませんョ!

 

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)

2006-03



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について