目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 64ページ

桜の樹下で

旧暦2月15日平安末期の歌人西行の忌日とされています。

西行は武士の身分から23歳の若さで出家して仏に帰依、歌を詠みながら諸国行脚の生涯を送り、桜をこよなく愛した人物です。

「願はくば花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月のころ」は、西行が詠んだ有名な歌の一つ。

「望月」とは旧暦十五夜の満月のことで、「そのきさらぎの望月」とは釈迦の入滅が「インド暦第2月の満月の日」という伝えに由来しています。釈迦入滅の年月日は不明とされながらも、旧暦での満月はほぼ15日と決まっていましたので、日本や中国では釈迦の入滅は2月15日と定められました。

すなわち西行は釈迦が沙羅双樹の林の下で入滅したとされる2月15日に、自分の愛する花咲く桜の樹下で最後を遂げることを念願としていたのです。西行の終焉の地は河内の弘川寺。その日は2月16日でありましたが、先の歌に因み2月15日を西行忌としています。

この日は現在の暦に直すと3月の下旬頃、早咲きの桜は咲いていたかもしれません。

(文:現庵/絵:吉田たつちか)
2006-03


春の蜃気楼

「蜃気楼と言えば神秘的なイメージをお持ちの方も多いと思います。しかし現在では、そのメカニズムが完全とはいえないまでも、ずい分解明されてきています。

蜃気楼とは、春の季語ですが、富山湾などでは、冬場の日中なら、ほぼ毎日見られるようです。これには、冬型の気圧配置が影響していて、大陸からの冷たく乾いた空気が、比較的暖く湿った日本海の上に重なるとき、その温度の差が空気の密度の差を生み、その境界層を太陽の光が通るときに屈折し、対岸の景色が下方に反転して見えるのです。空中に浮いているようにも見えるため、「浮島現象」と呼ばれます。意外に感じられるかもしれませんが、これは砂漠で見える蜃気楼や、アスファルトの逃げ水と同じ原理です。

さて春の蜃気楼ですが、日本でこのタイプのものが見られる場所は非常に限られています。そのうち富山湾と琵琶湖では毎年観測されていますが、伊勢湾では今のところ毎年とはいかないとのこと。北海道ではオホーツク海沿岸の網走・紋別辺りでも見られるそうです。空気の温度差が原因で発生するのは同じですが、空気の温度の配置が逆で、上層が暖かく下層が冷たいときに発生するようです。このタイプのものは、対岸の風景が上方に伸びて見えるのが特徴です。さらに、画像が反転し、反転した上に反転像が重なるという、3像現象や5像現象といった、極めて珍しい景色を見られることもあります。このタイプは、富山では3月の半ばから7月の半ばにかけて、年に十数回しか見られないそうです。

自然の中には、この「春の蜃気楼」やオーロラのように、見られるか見られないかわからない現象がいくつもあります。運試しをするつもりで、春の蜃気楼を求め、旅に出るのも一興ではないでしょうか?(くれぐれも脇見運転には気を付けて!)

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)

2006-03


地球の気温

人為的影響による地球温暖化が問題になっていますが、地球の気温はこれまでにもさまざまな要因で変動をしてきているのです。

まずは、太陽活動の影響。太陽には「黒点」と呼ばれる小さな点が現れます。それは11年の周期で変動しています。太陽の他の部分の温度がおよそ6,000度なのに対し、黒点部分は4,000~5,500度と低くなっています。そのため、黒点が多く現れている時期は、地球に届く太陽の熱も温度が低くなります。 またエルニーニョ現象やラニーニャも、異常気象を引き起こす要因として注目され始めたのはこの十数年ですが、昔から起こっている現象です。赤道太平洋で起こるため、海洋の温度分布が従来と違ってしまうことにより、地球規模異常気象をもたらす現象です。

いずれも研究が進められてはいますが、断定的な予測 ができるまでには至っていないのが現状です。さらに、大きな火山の噴火が起こったあと数年にわたって、世界中で気温の変化が見られます。噴火の際に吹き上げられた火山灰等は、長い時間をかけて成層圏(高度約20~50km。オゾン層があるところ)まで上昇し、地球を覆います。そこで「エアロゾル」として、水蒸気が水滴になる温度を高くする役割を果たします。すると、当然空は曇りがちになり、降水量が増え、もちろん日照時間も短くなり、気候は寒冷になります。(「日傘効果」といいます)

同じエアロゾルの影響でできるものに、「飛行機雲」があります。飛行機も成層圏を飛びます。水蒸気が水滴に変わるときには熱を発生させます。が、飛行機雲は火山の噴火と違って小規模なものなので、逆に地球温暖化の一因になっていると警告されています。一方、飛行機雲は空が湿っているときにできるので、雨の予兆ともされています。
(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)

2007-03


運気学「二の気」

三月二十日からは二之気に入ります。二之気の主気は少陰君火、客気は太陰湿土になります。主気の火の性質が、客気の湿により抑圧され湿と温が混ざって温室のような気候になることが予測されます。このような気候のときに予測される病は、主に首から上の上半身の疾患です。口内炎、鼻出血、頭痛、脳梗塞などが心配されます。

 また、湿気と熱気が絡む気候では、新型インフルエンザが再び猛威をふるうか、伝染性の疾患の流行が予測されます。 吐き気や下痢、軟便など胃腸風邪が流行る可能性もあります。

 体に湿熱(余分な水分や熱、)を溜めている方や、陰虚傾向(体に潤いがない方)にある方は特に症状がひどく出ることがありますので注意が必要です。

     この季節の養生としては、

1,食べ過ぎを避けて腹八分

2,甘い洋菓子類、揚げ物、油料理、脂身の多い肉、香辛料、味が濃い料理を避ける

3,寝不足を避けて、なるべく午後十時には就寝

4,黒豆、黒ごま、木耳などの色の黒い食べ物、緑黄色野菜をしっかり摂り補血する

5,豚肉、松の実、百合根、白ごま、貝類などをメニューに取り入れるなどに気をつけてください。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)

2011-03


仲良しのふたご座

 3月の南の空、高い所に、2つの明るい星を見つけることができます。それぞれの星を先頭に、いくつかの星が並んで列をなしているのが、お誕生日の星座でもよく知られている、ふたご座です。2つの明るい星のうち、西を「カストル」、東を「ポルックス」といいます。カストルは2等星、ポルックスは1等星に分類されていますが、夜空では、同じくらいに明るく見えるはずです。

 では、ふたご座ができた由来をご説明しましょう。

 ギリシア神話では、大神ゼウスと人間の母親レーダーのあいだに生まれた息子の、双子が空に上がったと言われています。その双子のうち、兄をカストル、弟をポルックスといいました。

 しかし、同じ双子でありながら、弟のポルックスは神で、不死身なのに対し、兄のカストルは人間で、いつか死ぬことになっていました。

 この2人は非常に仲の良い双子だったので、それを不憫に思った弟のポルックスは、自分の父親である大神ゼウスに、自分の不死を、半分兄に与えてくださいという祈りを捧げました。

 祈りは叶えられました。ゼウスは、1年の半分の時間、2人を天に上げて神とし、残りの時間を地上におりて人間として過ごすことができるようにしたのです。

 こうして、神さまでいるあいだの双子の姿を、私たちが見ることができるようになった、ということです。

 また別の説もあります。

 兄カストルは乗馬の名人、弟ポルックスは剣とボクシングを得意とした、活発な双子でした。しかしある日の戦争で、流れ矢に当たってカストルが死んでしまいます。ポルックスは仲の良かった兄の死を、嘆き悲しみました。その様子をを見た、父である大神ゼウスは、ポルック1人を星座にしようと思いました。しかしポルックスは、兄であるカストルと一緒でなければ行かないと言ってききません。困ったゼウスはしかたなく、ポルックスが持っていた不死性の半分をカストルに与え、2人を1日おきに、夜空と地上とで暮らさせるようにすることにした、とも言われています。

 南イタリアには、レギッルス湖畔の戦いに勝利した記念として、「カストルとポルックス神殿」と呼ばれる遺跡が、現在も残されているということです。

(コラムニスト 気象予報士 チャーリー/絵:そねたあゆみ)2016-03

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について