目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
健康食品という食文化
大久保の心中 
春先のめまい発作
たかがゴミ拾いされど・・・ 
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

60 / 68ページ

ペット用携帯電話

ついにペットも携帯電話を持つ時代になりました。

何年か前に流行ったバウリンガルのような受信機を首輪につけて、飼い主と離れていても電話で話すことができるペット用携帯電話が米国に登場です。

オートアンサー機能で、飼い主からの電話を受けるとスピーカーフォンの様に声を聞くことができるもの。

長いお留守番中も電話で声が聞ければ、お互い楽しく安心できます。

また、迷子になってしまった時も、発見した方がコールバック・ボタンを押せば飼い主と連絡を取ることもできるという素晴らしい機能も。

オプションとして、ペットのいる場所の気温を知る事ができたり、GPS機能や小型ファイバーカメラもつけることもできるそうです。

(文:愛玩動物飼養管理士・フラウ山田/絵:吉田たつちか)
2006-03


ノロウイルスの消毒に関する注意点について

 インフルエンザ、ノロ・ロタ等が猛威をふるっています。消毒法についてのお問い合わせがありましたので回答させていただきますね♪

★ノロウイルスの消毒に関する注意

1,ノロウイルスは、アミノエチルグリシン系の界面活性消毒剤では、殺菌できませんので、ノロ発生時のトイレのドアノブ等には、次亜塩素酸製剤をご使用ください。

2,便や吐物で汚染された床を消毒するには、次亜塩素酸濃度0.1%(1000PPM)の消毒液が必要です。ハイターなどの市販の次亜塩素酸で殺菌する場合の簡易的方法として、500ミリリットルのペットボトルに、キャップ2杯(5ミリX2)のハイター原液を入れ、500ミリの水で希釈したものを用います。

 衣類や器具等のつけ置き、ドアノブの除菌等には、0.02%を用いますので、500ミリリットルのペットボトル水に対して、キャップ半分弱2ミリで作ります。(日光や、高温の部屋で分解され、効き目がなくなりますので、作り置きはしないでください。)

3,消毒の際には、必ずビニール手袋、マスク、染みない衣服などを用意し、換気をよくします。

4,便、吐物は、ペーパータオルなどで、中心に向かって拭き取り、消毒薬を入れたビニール袋に捨てて、固く縛り廃棄します。

5,胃液の酸が拭き取られていないと、塩素が発生する可能性があるので、ペーパータオルで水拭きした後に、消毒します。

6,消毒後、10分ほど放置し、再度、水拭きします。(特に金属は、水拭きしておかないと、腐食します)つけ置きしたものも、必ず水洗して、日光干ししてください。(高濃度の次亜塩素酸が衣類にしみこんだまま乾燥し、摩擦で発火した例があります)

7,消毒作業をした後は、必ず手洗い、うがいをし、すぐに調理作業をしないようお願いします。

★感染予防に対する、消毒以外の注意点

 インフルエンザや、ノロウイルスに対して、消毒マスク、手洗い、うがい等の外的注意ばかりが喚起されていますが、もっと大切なことは、個々の内部環境(免疫力)を浄化することです。ウイルスに感染して、発病する人と、そうでない人がいるのは、免疫力の違いです。免疫力をあげるために、以下の点に気をつけてください。

1,過労しないよう、十分な睡眠・・・午後10時の就寝が望ましい

2,暴飲暴食を避けて、腹七~八分・・・胃腸に負担がかかった後に、免疫力が低下し、感染します

3,甘い物、アブラ物の摂りすぎに注意・・・どちらもウイルスの分裂を促します

4,ウイルスの排毒には、タンポポ茶が有用 

5,持続的ストレスは免疫力を著しく低下させるので、発想の転換をして、いち早くストレスから脱却する

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)2014-03


丸い氷で一杯

 痛風にかかって以来、外飲みでは、もっぱらハイボールにしている。

バーテンダーがアイスピックで器用に丸氷を作るバーの飲み代は高い。というよりも、今や、そんな技量を有するバーテンダーにはめったにお目にかかれない。行きつけのスナックで、その話題が出たので、ネットで調べると、丸氷を作る用具がいくつか見つかった。その中で「ポーラーアイストレイ 製氷器」なるものを購入。容器の小さな注ぎ口から水を入れ、冷蔵庫の製氷BOXに12時間置いて、静かに凍らせる。一回目は、途中、冷蔵庫の開け閉め時の振動で、容器が揺れたため、崩れた球になり失敗。そこで、保存用でめったに開け閉めしない小さい方の冷蔵庫で再挑戦。今度はうまくいった。透明度の高い丸氷で、オンザロックが一味違う気がする。面白い道具にはすぐ飛びつく癖に、すぐ飽きてしまうと家人に文句を言われているが、今回も、これは氷屋が作って売っている筈だと、ネットで調べると、あった。「丸氷」アイスボール。*48時間かけてゆっくり凍らせた氷(純水)を機械で丸くくりぬいて作るそうだ。圧倒的な存在感かつツルツルとした美しさが輝く。表面積が広い為、砕いた氷よりも冷却度が圧倒的に違うし、100%純氷なので、飲み物の味を損なわない。球形は立体の中で最も表面積の小さい形状なので、同じ重さの氷の中で、最も融けにくい形であり、お酒を水っぽく薄めることなく、飲みごろに冷やしてくれる。また、純氷を用いているので不純物がなく堅く融けにくいために、飲み物本来の味を引き出してくれるのだという。

直径70mm、55mmの2種類を試しに注文。氷屋のお薦めの飲み方は、最初は大振りのグラスに70mmの丸氷を入れ、飲むほどに丸氷の径が小さくなるほどに、グラスを小振りなものにチェンジしていくのがいいという。最後のショットグラスサイズまで、可愛い丸(玉)の形のままで融ける。コンビニに売っていないか探したが、どこのもなかった。送料分得になるので、是非、コンビニでも売ってほしい逸品である。*https://store.shopping.yahoo.co.jp/ko-ricom/mice70-2.html

 (ジャーナリスト 井上勝彦)2018-03

 

 


再生細胞の不思議   

 種芋用にと、麻袋に入れて地下室に置いておいたジャガイモを取り出してみたら、10センチほどの芽が伸びていた。植えつけるには時期尚早であるが、やや深めに穴を掘り芽を横にして畑に植えた。早すぎると、土から顔を出した芽が遅霜にやられてしまう。

 ジャガイモに限らず芋類は、再生力が高い。サトイモやサツマイモの切り片を水を入れた皿に置いてベランダに出しておくと、芽が出て葉が茂ってきて、盆栽として楽しめる。

 生命力の特に強い山芋などは、芋を切り分けて、土に埋めて栽培する。菊芋を一度畑に植えると、採っても採っても、芽が出てしまう。借り農園などにこれが植えられていると、次に借りた人が、雑草のように次々に芽が出る菊芋に閉口してしまう。私の借りている修善寺の農園では管理組合の人が、パワーシャベルを持ってきて、土を掘り返し、ふるいにかけて残り芋を除去したほどだ。

 冬、枯葉が落ちたクヌギ、ナラなどが切り出され、1メートルくらいに切りそろえられる。シイタケ菌を植えるホダ木にするのだ。春先にドリルで穴を開け、種駒(シイタケ菌)を打ち込む。昔は、ホダ木に傷を付けて雑木林に放置しておくと、シイタケ菌がどこからか飛来して自然に、シイタケが発生したというが、今は、確実に発生させるために、種駒を打ち込む。春になると、切り株から芽ぶいて、数年すると、雑木林は自然に再生する。

 動けない植物は、このように、身体の一部から全部が再生可能になる能力を神から与えられている。

 これに対して、動物の細胞は再生能力がないというのが常識であったのだが、先ごろ、日本の若き研究者小保方晴子さんが簡単な手法に「よって、刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)の製作に成功したと話題になっている。難しいことは分らないが、動物でも再生細胞が可能になるようだ。

 先日見たアメリカの連続テレビドラマTHE4400では、歳を取らなかったり、キズが自然に治ってしまったり、どんな病気でも治してしまう不思議な能力を持った人などがが登場する。突然何者かに連れ去られ、ある日突然光る球体と共に返された4400人の失踪者をめぐっての物語だが、すでに、STAP細胞もどきの能力が再現されているのがおもしろい。ともあれ、今回の発見が、人類のよりよい未来に繋がることを期待したい。

 歳をとってものぐさになってきたようで、植えたら、特別手をかけなくても収穫できる作物が年々畑に増えてきてる。菊芋・ヤーコン・山ウド・食用菊・ジャガイモ・イチゴ・山芋・セリ・三つ葉・フキ・ニラ・ネギなどである。これぞ、究極の自然農法だと一人合点している。(ジャーナリスト 井上勝彦/絵:そねたあゆみ)2014-03


健康食品という食文化

●食と健康の時代

 現代社会ほど、多くの人が命をつなぐためではなく、健康を意識しながら食事をしている時代は過去一度もなかったでしょう。多くの人が、ただ美味しいものをおなか一杯食べたいと願うよりも、むしろ「太りたくない」「健康が気になる」という理由から、食べ物を選ぶ時代となりました。

 テレビや新聞雑誌にネットなどでは、これでもかというほどの健康情報が満ち溢れているといっても過言ではありません。

 平均寿命は延び、終戦直後の平均寿命は男女とも50歳に手が届くかどうかだったのが、いまや男性81歳、女性87歳と30年も長生きできるようになりました。これも医学の発展のみならず栄養や食事の充実が深く関係しています。

 

●その健康情報は正しいの?

 しかし有名な新聞や雑誌、テレビ番組だからといって、健康情報を鵜呑みにしてしまうと、かえって健康を損ねかねないということも少なくないようです。

 例えば、お酒の二日酔い防止にウコンのサプリやドリンクを摂取する人も多いことでしょう。しかし日本肝臓学会の報告によると、ウコンによる薬物性肝障害は全体の24.8%もあり、薬物性肝障害の中で突出して高いものでした。

 日本医師会のホームページには「通常、食事中に含まれる量であればおそらく安全と思われますが」と注意がなされているのです。(もちろんウコンが体に悪いという意味ではありません。過剰摂取に注意ということです)

 ブルーベリーで目が良くなるという話しを聞いたことがある人も多いでしょう。ブルーベリーエキスのテレビCMも盛んに放送されていますがブルーベリーが目に良いという医学データはありません。

 昭和の時代、鉄分が豊富と推薦されていた「ひじきの煮物」は近年、釜を鉄からステンレスに変えたことで鉄分が激減。それどころか無機ヒ素という発がん物質が多く含まれることがわかり、厚労省は現在、毎日たくさん食べないように指導しています。(これも食べてはいけないということではなく、大量に毎日食べるのはやめましょうということです)

 このように一般人が「健康的」「健康食」と思っている食べ物の中に、効果が証明されていないものや、むしろ危険かもしれない食品が多くあり逆に一般人が「危険」と思っている食品がむしろ安全な場合も多くあるのです。

 

●消費者庁の健康食品への意見が辛辣すぎて笑えるほど

 17年に消費者庁が『健康食品Q&A』という冊子を公表しました、国民の健康食品への質問をまとめたものですが、それがかなり辛辣なのです。全文を引用すると長くなるので一部要約すると……

Q.栄養の偏りや運動不足があるので、健康食品でカバーしたい。

A.健康維持の基本は「栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な休養」。この3つに代わる健康食品はない。

 

Q.薬は副作用が心配。健康食品は食品なので有害な作用は無いですよね?

A.健康食品にも有害な作用がある場合がある。むしろ、保健機能食品以外の

「その他健康食品」の多くは、販売前に製品としての人での安全性や有効性の確

認がほとんどされていないので、どの程度の有害な作用があるかわからないと考

えたほうがいい。

 

他にも【天然・自然由来だから安全とは言い切れない】

【利用者の体験談は信用できない】

【健康食品には摂取目安量がある。自己判断で指定の量以上を飲むと、健康

被害を受ける場合がある】

 などなど、身も蓋もないくらいです。確かにマルチ商法やネットワークビジネスのほとんどが、健康食品や美容に関した商品を売っていて、その効果は【?】なものが大変多いので注意が必要でしょう。

 

●結局バランスが大切

 現代日本の食文化は、ただ美味しいものを食べるのではなく、健康や美容を気にするものとなりました。いまや日本女性の8人に1人が痩せすぎで、終戦直後よりカロリー摂取量が低いそうです。

 その一方で糖尿病とその予備軍は2000万人以上であったりもします。そういった人たちを狙って、悪質な健康食品会社や成分がはっきりしないサプリを販売する会社も後を絶ちません。

 高齢化ということもあり、これからますます食と健康への関心は強くなってくることでしょう。ちょっと注意してほしいのは、世間に健康情報が溢れ「●●を食べるとある病気に効果的」などといったマスコミ情報を鵜呑みにし、そればかり食べたり、その成分が入ったサプリを大量に摂取したりして、かえって健康を害してしまう人がいることです。

 100年後に「21世紀前半の食文化は健康や美容を気にするあまり、偏った食生活や健康食品を食べすぎて、健康を害する人が増えた」などと言われないようにしたいものです。

 健康的な食事は結局バランスのいい食事なんですから。

(文:食文化研究家 巨椋修(おぐらおさむ))2019-03

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について