目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

18 / 64ページ

人はどんなときに病気になる?

現代医学は、病気から出た不快症状や病気による反応を抑え込む(封じ込める)ことばかり考えていますが、「何故、その人がその病気になった?」ということには殆ど目を向けないようです。
安保先生(新潟大学教授)によると、人は過酷な生き方をしたときに病気になります。

例えば、長時間の労働、持続的に不安を伴う環境、夜更かしの連続、パソコン等で目を酷使しすぎること、そして常に怒りっぽい性格・・・

食物を腹一杯食べることも、体にとってはストレスとなります。

人は怒りで手があがるほどの状態のとき、呼吸とともに全身が震え、血圧は230を超すそうです。

このような激しい交感神経の緊張により、血管系への負担、消化管粘膜からの出血等が起こります。

気が短い人は、起こる前に深呼吸をして、努めて怒らないように努力してゆきましょうね。

そして、夜は十分に休息をとることです。

東洋医学的にも、夜は陰を補う時間です。

昼間の活動により消耗した体(組織、血液等)を回復させ、また食事により取り入れた食物を、体に必要な栄養素に変換したり、異物を免疫により排除したりするのも、夜、寝ている間に行われます。

また食事により取り入れた食物を、体に必要な栄養素に変換したり、異物を免疫により排除したりするのも、夜、寝ている間に行われます。夜更かしすると、免疫パトロールも体の修復も、頭のデフラグもされず、人はやつれて病気になります。
毎晩12時前には就寝し、週に2度は午後10時には眠りましょう♪(安保先生との対談から)

(薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)

2008-03


ストレス太りは何故起こる?

ストレスにもいろいろありますが、同じストレスを受けても、痩せるタイプと逆に太ってしまうタイプとがあります。

一般的には、ストレスを受けると、五臓では

「肝」を傷め、それが「脾」の力も弱めてしまうため、食欲がなくなったり、お腹がすいても食べられなかったり、胃がシクシクと痛む・・などの症状が現れます。

しかし、こうなるのはどちらかというと、普段から胃腸が弱かったり、気血のエネルギーが少なく、あまり体力が無い方に起きやすい症状ですね。

それではストレスで何故太ってしまうのでしょうか?

これは普段からエネルギーが過剰なタイプに起こりやすいようです。

ストレスが入ると、それに打ち勝とうとして頑張り過ぎ、どんどんと食事を取り込まなくては栄養をとらなくては・・・・と思います。

ところが、ストレスでどんどん火が焚かれ、肝気が欝滞してくると、気の塊が、血の流れや、代謝の経路を塞いでしまい、正常なエネルギー代謝が行われなくなります。

こうなると、せっかくとった食事もエネルギーに転換しないため、ますますお腹がすいて、潜在意識的に食べ物を口に運びたくなります。ストレスを食ではらす、お菓子をやけ食いするなどは、まさにこのタイプです。
こんなときは、気の巡りをよくするのが一番!

漢方では、カラタチ、半夏厚朴湯などを使いますが、ジャスミン茶や、柑橘類を食べるのも良いでしょう。

ただ、ストレスが長く続くと、気の滞りが、ドロドロの血や、痰鬱といって、ネバネバした痰の塊のようなものを体のあちこちで作り、これを取り除いてやらないと、疲れやすい、体が重い、眠れない、動悸がする、気力が全くわかない、さらには免疫力の低下、そしてガン・・・などを作ってゆくことになります。

こんなときは、まずタンポポ茶「ショーキ」や「キ草」+「ホクギヨウ」などの漢方食品で解毒をかけ、不完全燃焼のものを取り除きエネルギー効率を高めてあげることです。

「キ草」は糖を効率よく燃やしてしまうため、空腹感がなくなり気持ちが満たされます。やけ食いの防止になりますね。

また、「ホクギヨウ」は水分代謝を高め余分な水毒(痰)を取り除き、これらを燃焼させやすい体を作ります。
(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)

2007-03


胃腸の冷えと花粉症

そろそろまた、花粉症の季節がやってきました。

去年の夏は非常に暑かったので、今年も花粉はかなり飛びまくるかも。

ところで、花粉症は、胃腸の冷えで起こりやすくなることをご存じですか?

皆様、冷たいビールを飲んだ翌朝に、とても鼻が詰まったり、ズルズルした経験は、ありませんか?

そうなんです。

冷たい水分は胃腸を冷やし、鼻水となって上へ排泄されてきます。

胃腸が冷えきっていると、花粉症等のアレルギーもとても起こしやすいんです。

胃腸が冷えると、体温も下がり、腸の免疫力も弱ります。

外から入った異物を、うまく処理する力も低下してしまいます。

去年までは何ともなかったのに、いきなりアレルギーが出た場合は、消化管に負担がかかりすぎて、どんどんと胃腸を冷やす体質が出来上がってしまったことを意味しています。

胃腸を冷やしてしまうのは、毎日の食習慣・・・冷たいビール、ジュース、アイスクリームなどを好んで食べる、冷蔵庫から出した冷た~い食品をそのまま食べる、牛乳、乳製品、豆腐などを冷た~いまま食べる、甘い物、油物が大好き・・

・・すべて胃腸を冷やす元になります。

これを毎日続けていると、いつかはアレルギーが発症する可能性があります。

心あたりのある方、すでに花粉症のある方は、今からでも良いので胃腸を温めましょう。

お豆腐なども、温めて食べたり、焼き豆腐、厚揚げなど、一度火が通っているものの方が、体を冷やしませんョ!

 

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)

2006-03


発がん要因をチェックしてみましょう

 ①低体温 ②低酸素 ③高血糖 ④慢性炎症 ⑤解毒力低下 ⑥免疫力低下の6つは、発がんにつながる危険要因です。それでは、日常のどのような習慣が発がん要因につながるかをチェックしてみましょう!

A 生活習慣

1、不規則な勤務等で食事や睡眠時間がバラバラ=①②⑤⑥

2、過酷な勤務を強いられていて休息できる時間が少ない=①②③④⑤⑥

3、職場や介護、人間関係等で慢性的にストレスが続いている=①②③④⑤⑥

4、パソコンに向かう、立ち作業など長時間同一姿勢の仕事をしている=①②⑤

5、じんわり汗をかく程度の運動が週に3日以下で、意識的に体を動かさない=①②⑤⑥

6、入浴はシャワーですますことが多く、ゆったりとお湯につからない=①②⑤⑥

7、冷えを気にするより、オシャレを優先した服装をしている=①②⑤⑥

8、午後10時前に寝ることはほとんどない=⑤⑥

9、就寝3時間前に、夕食、晩酌、夜食等を食べることが週3回以上ある=③⑤⑥

10、食事に時間をかけない(早食いの傾向)=③⑤⑥

11、暖房、冷房ともに、過剰傾向がある=①⑥

12、タバコは止められない=①②④⑤⑥

13、冷える生活環境で暮らしている=①②③④⑤⑥

B 食事習慣

14、玄米、胚芽米、五穀米などは、ほとんど食べない=①③⑤⑥

15、朝食はご飯よりもパンのことが多い=①③⑤⑥

16、麺類を一日一食食べることが多い=①③

17、肉、ハム、ベーコン、卵、乳製品などを好んでよく食べる=④⑤⑥

18、揚げ物、炒め物など油を使う料理をよく食べる=①③④⑤⑥

19、根菜、色の濃い野菜、海藻、きのこ、こんにゃく、乾物などを好まない=①②③⑤⑥

20、インスタント食品、ファーストフード、コンビニ弁当などをよく利用する=③④⑤⑥

21、冷たいお茶、ジュースなどの水分を一気に飲む方=①⑤⑥

22、洋菓子、菓子パンなどのスイーツ、フルーツ、デザート類をよく間食する=①③④⑤⑥

23、濃い味付けを好む=③④

24、カレー、キムチ、唐辛子など辛いものをよく食べる=④

25、苦味のある食べ物を好まない=⑤

26、酢の物を好まない=②⑤

27、晩酌の習慣があり、深酒しやすい=④⑤⑥

28、コーヒー、緑茶等を一日4~5杯飲む=①

29、食事のとき、野菜やスープからでなく、炭水化物から食べる=③

 

C 精神習慣=①②③④⑤⑥

30、イライラ、セカセカ、カッとしやすいしやすいイラチ症=肝、心

31、やりたいことがたくさんあり、あれもこれもと思って頑張ってしまう=肝

32、不満があっても口に出せず我慢してしまう=肝、脾

33、イヤなことでも、イヤと言えずに引き受ける傾向が強い=肝、脾

34、他人と自分を比較したり、競争意識が出てしまうことが多い=心

35、喜びや楽しみを見つけることが得意でない=心

36、過ぎたこと、先のことなどクヨクヨと思い悩むことが多い=脾

37、神経質、潔癖症、完璧症できちんとやらないと気がすまない=脾

38、前向きになれず、否定的な発想から入ることが多い=肺

39、気持ちが迷いやすく、決断が苦手=脾、胆

40,しんどくても無理して頑張ることが多い=腎

41,恐れや不安が強く、ビクビクしやすい=腎

それぞれ、どの臓を傷めやすいか記載しています!

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)


食物アレルギー

昨年末、カナダで15歳の女の子がボーイフレンドとキスをした直後、ショック状態に陥り亡くなってしまいました。原因はボーイフレンドが直前に食べていたピーナッツバターのサンドウィッチ。女の子はピーナッツアレルギーだったのです。

日本でも三人に一人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。アレルギーとは、身体に無害なものに対してもウィルスと同じように免疫反応を起してしまうことですが、その中でも怖いと言われているのが食物アレルギーです。どの食物にアレルギー反応を起すかは人それぞれですが、卵、ピーナッツ、そば、肉、魚などのたんぱく質に限られています。この『特定のたんぱく質』が腸から吸収されると、免疫ブログリンと呼ばれる抗体と合体します。

そして、これが全身に回ると、肥満細胞や好塩基本細胞らがこのたんぱく質を追い出そうとする反応が起きるのです。この反応により腫れが引き起きるため、蕁麻疹が出たり、気管支の粘膜が腫れ呼吸困難を起したり、最悪の場合ショックに陥り命を落としてしまうのです。

また、反応は、30分以内に起こるので、アレルギーの起こる食物を食べてしまった場合は、早急な対応が求められることになります。

全ての人が重いアレルギー反応を起すわけではなく、ただ口の周りが痒い、咳が出る、といった軽い症状の場合もあります。しかし、症状が悪化したり、20歳以上でも突然発症するケースが多いので、心当たりがある方は一度検査を受けてみるとよいかも知れません。皮膚テストや血液テストにより、何にアレルギー反応を起すのか分かります。

食物アレルギーであることが分かった場合、緊急時に備えて抗ヒスタミン薬などの内服薬を処方してもらうと心強いと思います。アメリカなどでは、アレルギー反応を即効で抑えることが出来るエピネフリン自己注射製剤を処方してもらえますが、残念ながら日本ではまだ承認審査中です。

ちなみに、乳幼児の場合腸の吸収力が未熟なため食物アレルギーを起すことがありますが、この場合腸の吸収が発達すれば収まります。しかし、そうでない場合は一生アレルギー反応は起こるので、見極めるのには医師の指示を仰ぐのが必要でしょう。「沢山食べれば慣れて治る」と考える人もいますが、食物アレルギーだからと言って決して甘くみてはいけないのです。

(文:JULIE/絵:吉田たつちか)

2006-03



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について