目次
3月はなだれの季節
3月の星座 おおぐま座
春の天気は忙しい
うららかな春
桜の樹下で
春の蜃気楼
地球の気温
運気学「二の気」
仲良しのふたご座
巨大かにと怪物へびの友情
チューリップバブル
女の子のお祭り
世界の卒業・新学期
プラセボ効果と健康食品の存在意義
肺の老化  
食養生について
男性と女性の老化パターン
人はどんなときに病気になる?
ストレス太りは何故起こる?
胃腸の冷えと花粉症
発がん要因をチェックしてみましょう
食物アレルギー
ワカメの色の神秘  
食物酵素のお話
カレーの歴史
麺類の仁義なき戦い!
お肉柔らかな素
朝食定番メニューに豆乳
戦国武将はどんなものを食べていたのか?
美味しく体に優しいキャベツ
食文化を変えた工場食品たち
風邪に効くお茶
病気になったらはじめる養生
要介護にならないために!
過ぎたるは及ばざるが如し
季節野菜の効用
日本食は庶民が発展させた
<電子レンジ簡単レシピ>ま~るいオニオンスープ
<電子レンジ簡単レシピ>白子のとろろ蒸し
<電子レンジ簡単レシピ>芋餅
<電子レンジ簡単レシピ>リゾット風ミルク がゆ
なぜか身近に感じる二胡の音色
普通に出てきた物が食べられる社会
決して絶望する事なかれ
1万円出しても惜しくない握り飯
一諾を守る」の持つ信用力
幕末のアイドル坂本龍馬の実相
優秀な家臣がいても
大金持ちの財力
「高松城の水攻め」にみる黒田官兵衛の心理作戦
人生意気に感ず 功名誰かまた論ぜん
よく遊びよく働け、野村徳七の教え
慶長遣欧使節団に託した思い
スマホで変わる世の中
『古事記の神々』 その12
スコットランド式シャワー
車を安く直す秘訣 
オイル交換を忘れずに
水の色は?
ペット用携帯電話
ノロウイルスの消毒に関する注意点について
丸い氷で一杯
再生細胞の不思議   
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 64ページ

運気学「二の気」

三月二十日からは二之気に入ります。二之気の主気は少陰君火、客気は太陰湿土になります。主気の火の性質が、客気の湿により抑圧され湿と温が混ざって温室のような気候になることが予測されます。このような気候のときに予測される病は、主に首から上の上半身の疾患です。口内炎、鼻出血、頭痛、脳梗塞などが心配されます。

 また、湿気と熱気が絡む気候では、新型インフルエンザが再び猛威をふるうか、伝染性の疾患の流行が予測されます。 吐き気や下痢、軟便など胃腸風邪が流行る可能性もあります。

 体に湿熱(余分な水分や熱、)を溜めている方や、陰虚傾向(体に潤いがない方)にある方は特に症状がひどく出ることがありますので注意が必要です。

     この季節の養生としては、

1,食べ過ぎを避けて腹八分

2,甘い洋菓子類、揚げ物、油料理、脂身の多い肉、香辛料、味が濃い料理を避ける

3,寝不足を避けて、なるべく午後十時には就寝

4,黒豆、黒ごま、木耳などの色の黒い食べ物、緑黄色野菜をしっかり摂り補血する

5,豚肉、松の実、百合根、白ごま、貝類などをメニューに取り入れるなどに気をつけてください。

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)

2011-03


仲良しのふたご座

 3月の南の空、高い所に、2つの明るい星を見つけることができます。それぞれの星を先頭に、いくつかの星が並んで列をなしているのが、お誕生日の星座でもよく知られている、ふたご座です。2つの明るい星のうち、西を「カストル」、東を「ポルックス」といいます。カストルは2等星、ポルックスは1等星に分類されていますが、夜空では、同じくらいに明るく見えるはずです。

 では、ふたご座ができた由来をご説明しましょう。

 ギリシア神話では、大神ゼウスと人間の母親レーダーのあいだに生まれた息子の、双子が空に上がったと言われています。その双子のうち、兄をカストル、弟をポルックスといいました。

 しかし、同じ双子でありながら、弟のポルックスは神で、不死身なのに対し、兄のカストルは人間で、いつか死ぬことになっていました。

 この2人は非常に仲の良い双子だったので、それを不憫に思った弟のポルックスは、自分の父親である大神ゼウスに、自分の不死を、半分兄に与えてくださいという祈りを捧げました。

 祈りは叶えられました。ゼウスは、1年の半分の時間、2人を天に上げて神とし、残りの時間を地上におりて人間として過ごすことができるようにしたのです。

 こうして、神さまでいるあいだの双子の姿を、私たちが見ることができるようになった、ということです。

 また別の説もあります。

 兄カストルは乗馬の名人、弟ポルックスは剣とボクシングを得意とした、活発な双子でした。しかしある日の戦争で、流れ矢に当たってカストルが死んでしまいます。ポルックスは仲の良かった兄の死を、嘆き悲しみました。その様子をを見た、父である大神ゼウスは、ポルック1人を星座にしようと思いました。しかしポルックスは、兄であるカストルと一緒でなければ行かないと言ってききません。困ったゼウスはしかたなく、ポルックスが持っていた不死性の半分をカストルに与え、2人を1日おきに、夜空と地上とで暮らさせるようにすることにした、とも言われています。

 南イタリアには、レギッルス湖畔の戦いに勝利した記念として、「カストルとポルックス神殿」と呼ばれる遺跡が、現在も残されているということです。

(コラムニスト 気象予報士 チャーリー/絵:そねたあゆみ)2016-03

 


巨大かにと怪物へびの友情

 春の夜、小さくぼんやりと光の雲のように輝く星雲があります。中国では「死体から立ち上る妖気」とも呼ばれるような不思議な夜空の白い星雲。これを中央に置いた星座がお誕生日の星座にもなっているかに座です。このかにはギリシア神話では、有名なヘラクレスと関わりがあると伝えられています。

ヘラクレスは浮気者の大神ゼウスと、人間の女性アルクメネのあいだにできた、生まれつき怪力を持った男性です。ゼウスの妻ヘラは嫉妬深くて有名な女神です。ヘラはもちろんヘラクレスにもいやがらせをしました。

そのうちの一つでヘラクレスは、アルゴスという国を荒らしているヒュドラという怪物の退治を命じられました。ヒュドラというのは九つの頭を持ち、真ん中の一つが不死の頭と言われています。それ以外の頭は、いくら殺しても次々とすぐに生き返ってくるのです。

ヘラクレスはヒュドラが住んでいると言われている枯れた井戸の底深くに潜り込みました。いざ、ヘラクレスがヒュドラに襲いかかろうとすると、ヒュドラと親しくしていた体の大きなかにが、ヒュドラをヘラクレスから守るために姿を現しました。このかにはただ大きなだけで、ヒュドラのように特別な生命力を持っているわけではありません。しかし友人のために命をなげうってヘラクレスの前に立ちはだかったのです。しかしヘラクレスの強さは圧倒的で、かにになすすべはありません。戦いとも呼べないうちにかには命を落としてしまいました。それを天から見ていた女神ヘラはこのかにを哀れに思い星座の列につらねたということです。

また一説では、このかには、そもそもヘラクレスの邪魔をするために女神ヘラが差し向けたのだとも言われています。そしてこのヒュドラは、全天で一番大きな星座うみへび座として空に輝いています。(ヘラクレスが星座になったヘルクレス座は五番目に大きな星座です)

(文:気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)
2010-03


チューリップバブル

花屋にチューリップが並ぶようになりました。

「もう?」と思われることでしょう。季節の移り変わりは早く、確実に春が近づいてきているのです。

 チューリップと言えばオランダが浮かびます。チューリップの栽培に力を入れ、世界各国に輸出しています。日本で販売されている球根もオランダからの輸入がほとんどです。そのせいでチューリップはオランダで生まれた花かと思ってしまいますが、意外にも原産国はトルコなのです。オスマン帝国で咲き誇り、宮殿の壁のタイルにも描かれていました。

 ではなぜ、現在ではトルコよりオランダで多くのチューリップが栽培されているのでしょうか。それは、十七世紀に起こったチューリップバブルに起因しているからです。

 オスマン帝国からオランダにチューリップがもたらされると、たちまち園芸家の間で話題になりました。彼らは独自の品種を生み出し、そして美しい花を咲かせました。それらが人々に受け入れられ、チューリップは流行りの花になりました。

 しかし、球根から芽が出て花が開くまでに時間がかかり、一度に沢山の花が実らないことから希少価値が高まって球根の値段を吊り上げました。それに目をつけたのが投資家。チューリップ人気がより一層高まると予測し、球根を売買して大儲けをしました。ひとつの球根が豪邸に変わるほどだったのです。その話を聞いて黙っていなかったのが庶民。彼らも一攫千金を夢見て投資を始めました。これが結果的に市場に混乱を招いたのです。ある日突然球根に買手がつかなくなりチューリップバブルが崩壊し人々を破産に追い込みました。

 オランダの観光名所であるキューケンホフ公園。多種多様のチューリップが花開き、庭園を赤や黄、紫の色に染めています。投資という熱狂から覚めても人々は変わらずチューリップを愛し育て続けています。バブルは崩壊してもチューリップを美しいと思う気持ちは崩壊しなかった、からと言えましょう。

(小説家 華山 姜純/絵:吉田たつちか)2011-03

 


女の子のお祭り

 三月三日は雛祭り。女の子のお祭りです。雛人形を飾ったり菜の花や桃の花を飾って祝います。別名「桃の節句」とも言われる由縁は、桃がこの時期に咲く花であり、又、昔は桃が邪気を払うと信じられていたので女児の成長を願ってそう名付けられました。

 雛祭りがいつから行なわれていたのか、はっきりとは解っていませんが、平安時代に「流し雛」という風習がありました。医者や薬の少なかったその時代、子供の死亡率は高いものでした。人々は紙で人形を作り、それを川に流して厄を追い払ったのです。人形に災いを持ち去ってもらい、健康でいられるようにと祈りました。現在でもその風習は引き継がれ日本各地で流し雛は行なわれています。

 今日見られるような雛人形が飾られるようになったのは江戸時代から。人形は平安時代の貴族を表しています。初期の頃の雛人形はお雛様とお内裏様が立った姿の立雛でした。その後、お雛様は十二単を着るようになり、背後に金屏風が置かれました。江戸時代後期には女官である三人官女と笛や太鼓などを持つ五人ばやしも飾られるようになり、更に左大臣や右大臣も加わると、雛段の数も増えてにぎやかになりました。下段に家具などの小物も飾られ、子供達は平安時代の貴族の暮らしを頭の中で想像し、いろいろと人形を動かして楽しんだことでしょう。

 しかし、あまりにも豪華で大きな雛人形を飾ることが流行ってしまい、質素倹約が要求された享保の時代には大型の雛人形が禁止されてしまいました。その当時、大きな物では等身大のお雛様もあったとか。夜中に見たらゾッとしそうですね。

 さて、今では雛人形と共に雛祭りの定番となっているのが雛あられ。このお菓子は関東と関西では味も形も違うのをご存知でしたでしょうか。関東の雛あられは、米粒のようで砂糖で味付けされた甘いお菓子です。それに対し、関西の雛あられは直径一センチ程の丸い粒で、醤油や塩で味付けされているので甘くないのです。

 お住まいの地域では、どちらの雛あられを食べてらっしゃいますか? 両方食べてみたくなっちゃいますね。

(小説家 華山 姜純)2012-03



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について