目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

15 / 76ページ

5G時代の新聞

 5G時代の到来で世の中が大きく変わるといわれている。その主役の座をめぐってアメリカと中国がけん制しあっているとのこと。実際には中国のファーウェイとアメリカのグーグルが暗躍しているのだそうだ。両社ともネット社会での覇者であり、もうけ頭でもある。そして、共通しているのが、国の垣根をこえてビジネス展開していることである。その結果、国の庇護をうけると見せかけながらも裏では共通の利害が一致しているようだ。彼らにとっては国の概念はもはや邪魔なのかもしれない。

 5G時代においては今の通信ボリューム(容量や速度など)が100倍以上になり、放送はもとより、新聞、雑誌、ラジオなど既存メデアに大きく影響が出るようだ。すでにその兆候は猛スピードで出ており、新聞発行部数は激減し、朝日新聞社員の給与を100万円以上ダウンさせても追いつかない。NHKの受信料についても見直すことがクローズアップされているように、既存メデアの在り方が大きく問われている。

 小生の古巣の日刊自動車新聞が最近ネット新聞に大きくシフトした。今や自動車関連企業は、その下請企業けまで含めて、世界規模で経営している。そのため、対象読者は世界中に散らばっているし、従業員も日本人だけではなくなっている。この人たちに業界情報を伝達するのには、新聞の形を維持しながらネット配信するという新しい商品が生まれている。これまでは、現地で印刷するか、飛行機や郵送でしかできなかった新聞配布がむしろネットで生き残れる可能性が生まれた。小生のような古い時代の人間にとって、ネット時代になってもやはり新聞は新聞の形態で読みたい。見出しがあり、リードがあり、記事があり、解説もある。小さなべた記事にも時にはヒントがある。記事下の広告も大きな情報源であり、ネット広告のようなしつこさがないのも貴重だ。

 AIも大きく変化していて、日本語の新聞が瞬時しかも安価に各国語に翻訳されて、配信できることになる。ネット配信だから新聞社が印刷部門を持つ必要もなくなり、その分野の経費は大きく削減される。

 5G時代にこそ。むしろ、紙媒体の既存メデアが蘇生できると感じている。ただし、読者は国内だけでなく、世界規模となるのだ。そのためには、記者などの人件費や取材経費をケチらず、もっと大きな視野で経営の立て直しをしてもらいたいものだ。新聞だけ消費税の軽減税率を適用されることを了とする既得権益にしがみついた古い頭の経営陣では遠からず時代に遅れて、退場を余儀なくされること必定だ。

 ファーウェイやグーグルのような世界的視野を持った経営陣でなければ5G時代は生き残れまい。

(ジャーナリスト 井上勝彦)2019-07

 

 


袋鉢で夏野菜

 自動車の保有をやめたため空いた駐車場跡の庭で家庭菜園を行っているが、鉢植えだと今一元気がない。そこで、今年の夏野菜は袋鉢で育てることにした。とっておいた培養土の空袋に古い土にボカシ肥料を混ぜた土を3分の1ほど入れ、その上にホームセンターで購入した培養土(ペーハー調整済、必要な元肥入りのもの)を3分の1加えて、苗を植える。こうすると、残った袋3分の1が風防の役目をしてくれるので、苗の定着もいい。袋は土を入れたプランターの上に置いているので、土の深さは十分ではある。入れる前に、袋の底部にナイフで穴をあけておくことで、根張り範囲が広がる。

 ただ、この方法だと、畑の見栄えはあまりよくなく、先日、家に来た次女からは「まるでゴミ屋敷みたいだ」と叱責された。

 混栽することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる野菜のことをコンパニオンプランツ(共栄作物・共存作物)という。

トマトにはニラ=青枯れ病や立ち枯れ病を防ぐ。ナスには枝豆=元気に育つ。ピーマンにはシソ=味が良くなる。キューリにはニラやネギ=蔓割れ病・青枯れ病を防ぎ、アブラムシなどを防ぐ等。

 夏野菜として、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン類は主菜になり、ニラ、ネギ、枝豆、シソ、三つ葉があれば、酒の肴にも、冷やしソーメン、冷や汁なども、庭から採ってきてすぐに作ることができる。老夫婦には小さな家庭菜園で必要十分な食材がそろう。夏野菜は成長が早く、採れる期間が長いし、このような袋鉢栽培でも十分な収穫が得られるので便利だ。

 最近はかっての大規模公営住宅などでも、住民の高齢化が進み買い物弱者の問題がクローズアップされている。老朽化した公営住宅の建て替えで高層化したため、かっては家庭菜園で夏野菜を自給できた人も、庭がなくなってしまった。ベランダでも栽培可能な袋鉢菜園にチャレンジされることをオススメする。(ジャーナリスト 井上勝彦)2017-07

 


日焼け対策は「黒」

これからの季節、やっぱり気になるのは紫外線対策じゃないでしょうか。みなさんは、日焼け対策にどんな方法を使っていますか?

紫外線を浴びると、体内でビタミンDの合成が促進され骨が丈夫になると言われています。確かにそれは正しいのですが、それ以上に、紫外線が体に与える悪影響のほうが大きいのです。シミ・ソバカスを増やし、タルミの原因になるばかりか、皮膚がんの元となります。

日焼け止めを使うのが、簡単な方法ですが、実は「色の力」で日焼けを予防する方法があります。それは、「黒」を使うこと。「黒」は紫外線を吸収し、熱に変えてしまい、肌まで浸透させないので、一番予防効果が高いとされています。

「黒」じゃなくても、色が濃いほど、日焼け止め効果は強くなります。逆に、「白」の場合、紫外線を透過してしまうので、あまり意味はありません。しかも、反射率が高い色なので、反射された紫外線が顔にあたり、逆にライティング効果になる場合も・・・

だから、白い長袖に、白い手袋、白い日傘を使っている方は要注意!!日焼け防止と思ってつけていると、効果がないばかりか日焼けを促進している場合もあるかも知れません。

また、素材も大切です。ポリエステルやウールなどの密が濃い素材は紫外線を透過しにくく、麻や綿など繊維の目が粗いものは透過しやすいのです。

ここで注意して欲しいのは、サングラスの場合。濃い色のサングラスは、瞳孔を開き紫外線が多く入るので、身体が紫外線を多く受けたと勘違いし、日焼けの原因になります。今は、UV加工された素材のものがたくさん出ているので、それを利用すればどんな色でも、日焼け止め効果は期待できるでしょう。

ただ、油断大敵!!日焼け止めクリームを併用して、上手に日焼けを防ぎましょうね☆

(文:カラーコンサルタント 山田美帆/絵:吉田たつちか)


海に沈むことのない2つの星座

一年中海に沈むことのないおおぐま座とこぐま座。この二つの有名な星座が海に身を隠すことができないのには、とても悲しい理由があるのです。

ギリシア神話の大神ゼウスがまた人間の美女カリストに浮気をしました。当然ゼウスの正妻ヘラはそれを許しません。ヘラは夫の心を奪った罰として、カリストを人よりもはるかに大きな熊に変えてしまいました。人の心が残っていて、自分の身に起きた悲劇をいくら嘆いても、それは恐ろしい熊のおたけびにしかなりません。カリストは人目を避けて森へ逃げ込みました。

それから何年かしたある日のこと、カリストを狙う狩人の青年と出会いました。それはなんと、カリストとゼウスのあいだに生まれた息子の成長した姿だったのです。カリストは自分が熊の姿をしていることも忘れ、青年を抱きしめようと思い近寄りましたが、青年にはそれが母だとは思いもよりません。当然のように、向かってくる熊に槍を突きたてようとしました。

それを、間一髪、ゼウスもさすがに見かね、息子を小熊の姿に変えました。ゼウスはヘラがカリストを熊にしてしまったことにも長年悔いを感じていたので、二人がもう決して離れることのないように、おおぐま座、こぐま座として天上に置いたのでした。

しかしヘラは、自分がカリストを熊にしたことが彼女たちが天へ上がってくる結果を招いてしまった上に、天でも一番目に付くところに置かれたことに対して腹の虫が治まらず、海の神々に頼んで、この二つの星座が決して海に沈まないようにしてくれと頼みました。ヘラは、カリストが海に隠れたあいだにまたゼウスと親しくなるのではと嫉妬したのです。

だからこの二つの星座が海に沈むことはないのです。

(気象予報士・小説家 チャーリー/絵:吉田たつちか)


アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!

 出てくると、とても嫌な気分になる「ゴキブリ」。特に温かくなってくると、余計に目にする機会も増えるので困りものです。

 ゴキブリ退治の製品もいろいろと市販されていますが、人体に悪影響はないのかと心配になってしまう方も多いのではないでしょうか?特に小さな子どもがいらっしゃる家庭は特に気になられているのではないかと思います。

 そこで、今回はアロマオイルを使ったゴキブリ対策の方法を紹介したいと思います。ゴキブリ対策におすすめのアロマオイルは、「クローブ」です。クローブは、スパイシーな強い香りがするアロマオイルで、フェノール類のオイゲノールという成分が70~85%も含まれており、虫除けや殺菌効果、防カビ効果があると言われています。特にゴキブリがこの匂いを嫌うようです。

 このクローブのアロマオイルをコットンなどにしみ込ませてゴキブリが出てきそうな場所に置いておくと、ゴキブリが嫌がって出て来なくなります。乾燥させたグローブそのものを置いても良いようです。クローブに加え、ペパーミントを組み合わせると、さらなる相乗効果が期待できます。

 ゴキブリ以外にも、クローゼットや靴箱、押入れなどに置いておくと、衣類などに着く害虫対策になります。また、カビの繁殖なども防いでくれるので、とてもおすすめです。

 クローブや以外でも虫よけ効果があるアロマオイルは、他にもたくさんあります。ゼラニウム、レモングラス、シトロネラユーカリ、シトリオドラ、ティートゥリーレモン、マージョラムなどです。これらのアロマオイルを使って蜜蝋クリームやスプレーを作ると良いでしょう。蚊の多い季節などに有効的に利用してみて下さい。

(文:お笑い作家の卵 成宮わたる/絵:吉田たつちか)



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について