目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

69 / 76ページ

『古事記』の神々(その4)

 前回は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと、男神)と伊邪那美命(いざなみのみこと、女神)とのあいだに初めて生まれた「水蛭子(ひるこ)」を葦船で流したところで終わりました。この二神のあいだには、次に「淡島(あわしま)」が生まれましたが、これもまた子の仲間には数えられていません(淡路島とは関係ないようです)。どうやら「良くない点」があったようです。

 そこで二柱の神さまは相談し、天つ神(あまつかみ)の元へ、お伺いを立てに行きます。天つ神は鹿の肩の骨を桜の皮で焼き、ひびの入りかたで吉凶を占う「太占(ふとまに)」を行い、次のように二柱へお告げになりました。「女性から先に声をかけるのが良くない。島へ降りてもう一度やり直すと良い」と。

 島に戻った二柱は天の御柱を回り、伊邪那岐命のほうから声をかけました。そうして生まれたのが、「淡道の穂の狹別島(あわじのほのさわけのしま。淡路島)」、「伊豫の二名島(いよのふたなのしま。四国)」となりました。そうして、筑紫島(つくしのしま。九州)、壱岐(いき)の島、対馬、佐渡ヶ島、さらに、大倭豊秋津島(おおやまとあきつしま。奈良を中心とした畿内地域)を生みました。これら八つの島を、「大八島国(おおやしまぐに)」と呼びます。

 その後、吉備児島(岡山県児島半島)、小豆島、大島(山口県)、姫島(大分県)、知訶島(ちかのしま。長崎県五島列島)、両児島(ふたごのしま。長崎県男女群島)の六つの島を生まれました。これで二柱によるいわゆる「国生み」は完了します。

「国生み」の中に、今のわたしたちが当然として捉えている「本州」が含まれていないことが、『古事記』が編纂された飛鳥時代らしさを反映しているように感じます。

 さらに二神は「子ども」を生み続けます。石の神、土の神、砂の神、屋根の神、家屋の神、海の神、川の神、風の神、木の神、山の神、野の神、霧の神、渓谷の神、船の神、豊饒の女神、などなど。人々の生活に不可欠な神々を生みました。火の神を生んだとき、伊邪那美命はひどいやけどをしました。苦しんで吐いたものは鉱山の神に、排泄物は粘土や灌漑用の水や生産の神に、それぞれ変わりました。そうしてよく知られているように、その後伊邪那美命は伊邪那岐命を残して息を引き取るのです。初めて生まれたのは、骨のない子どもで「水蛭子(ひるこ)」と呼ばれ葦船に載せて流されました。

(コラムニスト 気象予報士 CHARLIE)2017-07

 

 

 

 

 

 

 


デジ日記帳のオススメ

  早いもので、1年も既に半分以上過ぎてしまいました。歳を重ねると確実に実感時間速度は速くなるようです。年明けから始めたチャレンジは何本継続していますか?歩数目標を決めたウォーキング、体操、習い事などなど・・・・。

 毎年、頓挫する割合が多いのが日記です。年末に書店やホームセンターなどに山積されていた日記帳は1年日記ならば既に半分を経過しているはずです。既成の日記帳はあらかじめ日付けが印刷されているので、途中で放棄した場合は雑記帳にしか使えません。そういう私も、これまで、何度、日記に挑戦して挫折したかわかりません。

 今年はパソコンアプリの日記帳(ズバリ日記帳)に取り組んでいますが、途中、記載を忘れる日があっても、なんとか今日まで続いています。今回は相当年続きそうな予感がします。

 このソフトでは、いろいろな定型入力パターンがあらかじめ用意されているので、自分で使いたいものを選択するといいでしょう。

 「今日の食事」は朝昼晩の食事をデジカメで撮影して入れるだけで完成します。3食では掲載が面倒なら毎朝だけ載せてもいい。

 作句が得意なら、「今日のポエム」がおすすめ。詩や句を書き入れ関連する写真も入れられます。

 旅行や読書メモ、学習記録、観察日記、スポーツ観戦、映画、音楽、演劇などもあります。これらには写真も入れられますから、文章が苦手な人は、切符を撮影して入れ込むだけでもいいのです。文章に拘って日記を書こうとするから長続きしなかったが、カメラを利用したり、体重計に載ってその記録を記すなど、自分なりの記録範囲をきめて行えば、持続が可能だと思います。

 「一日一膳」「1日の終わりに」などの定例パターンもあります。日記を書くことで感情浄化作用(効果)があることが最近の研究でわかってきました。書くことが精神的な健康をもたらすというのです。書くことは、お風呂に入ってリラックスすると同様の日々の生活のストレスを解き放つ働きをしてくれます。

 最近はやりのブログも日記の一形態です。でも、鍵のかかった自分だけの備忘録としての日記にもチャレンジしてみたいものです。ちなみに今回紹介した「ズバリ日記帳」は暗証番号が設定できますし、ハードデスクやUSBなどにもバックアップできます。(ジャーナリスト 井上勝彦/絵:そねたあゆみ)2014-07

 

 

 

 


死んでも残るサイト

 以前よく利用していたインターネットサイトに久しぶりにアクセスすると、当該頁がリンク切れ(「File not found」)になっていた。その頁は「あらすじ源氏物語(もり語り>源氏物語)」といって、難解な源氏物語を各巻ごとに、おもしろく要約している便利な頁だった。映画でも、小説でも、あらすじを読んでから見たり・読んだりすると、頭に入りやすい場合がある。

 頁が閉鎖された確たる理由は分からないが、おそらく、制作者が死去して、しばらく更新が行われず、サーバーの費用も支払われなかったため、契約更新が行われずに、自然消滅(閉鎖)されてしまったものと推測される。

 以前、行きつけの飲み屋の主人から、亡くなった郷土史家が書き留めた「隠れキリシタン」についての膨大な研究資料があるのだが、見てみないかと言われて興味はあったが、そのまま実行に移さないうち、当の居酒屋の主人が亡くなったため、郷土史家そのものにたどり着く術がなくなってしまった。

 高齢化社会を迎え、このような貴重な資料がどんどん埋もれて、消滅してしまうのは惜しい気がする。

 インターネットがこんなに発達している現在、少なくとも、ネット上にあったデータだけでも残せないものかといろいろ調べてみたら、格好のサイトが見つかったので、紹介しておきたい。

 ウェイバックマシン(WayBackMachine)http://archive.org/web/というサイトで、ここは、アメリカの非営利団体「インターネット・アーカイブ」と米アレクサ・インターネット社が提供しているキャッシュデータ閲覧サービスだ。

「ウェブ創世記が、記録が残っていない『暗黒時代』にならないように」ということで、1996年からの全世界のウェブページを定期的に収集している。この頁の検索窓にリンクが切れていて閲覧出来なかったURLを入力し、「Take Me Back(BROWSE歴史)」ボタンを押して、表示されたカレンダーの青丸をクリックすると、当該頁が出てくる可能性がある。

 さっそく、「あらすじ源氏物語(もり語り>源氏物語)」のURLを入力してみたら、なんと、出てきた、感動ものだ。

自分で書きとめたブログ頁やHPのアドレスを入力し、「頁を保存」ボタンを押すと、その頁がキャプチャ(保存)出来る。しかも、無料サービス(寄付は受け付けているが)なのだ。現在このサイトには4790億ウェブという膨大なデータが収録されていおり、毎日増え続けている。さっそく自分も2つのサイト(おもしろコラムとphoto俳句)の頁をアーカイブした。これまで書きためたコラムや俳句が自分の死後もだれかに読まれるかも知れないと思ったら、なんか嬉しくなってきた。亡くなった居酒屋のご主人を偲びながら、今宵も一献傾けるとするか。 (ジャーナリスト 井上勝彦)

2015-07


裸文化と日本人

 キリストの頃まで1億人だったと言われる世界人口も今や70億人。本来、多産でないはずの人類がこれほどまでに繁殖できた理由の一つに「繁殖期を無くしたこと」があるとか。で、以前、ある人から、「女性が体を服で隠すから、見たい人が出るんだ」と言われ、私は内心、「それはちょっとこじつけだろう」と苦笑したことがあるのですが、最近、少し思ったことがあります。

江戸時代の日本の銭湯が混浴だったというのは割りとよく知られている話ですよね。現代人、特に女性の感覚からすれば、とても信じられないような話ではないかと思いますが、でも、一般の日本人女性が人前で体を隠すようになったのは明治後期以降、自国民の蛮風を恥じた明治政府が「裸は恥ずかしい」と啓蒙(?)したからで、事実、明治17年に来日したある外国人女性は夏の海辺の信じられない光景を日記に記しています。

曰く、「果物売りの小さな女が商売を終えた後、そのまま、海に入り汗を流して砂浜で体を拭いていたところ、一人の男が現れた。彼女は平然と体を拭き続けていたが、男が顔見知りだったらしく、やがて微笑んで裸のままで挨拶を交わし始めた」と。また、ある外国人男性は温泉に浸かっていたところ、知り合いの日本人から声をかけられ、湯の中で妻子を一人一人、普通に紹介されたとか。

つまり、当時の日本人には「肉体」という人間の自然な姿に「恥」とか「罪」とかいうものを感じなければならない道理が理解できなかったということですね。まさしく、「楽園を追われる前のアダムとイヴたち」だったのでしょう。ただ、それは主要都市が少なからず日本より緯度的に北にある所が多い西洋人はそもそも保温のために衣服を身につけることが前提であって、高温多湿の日本は本来、「裸文化」なんですよ。

まあ、確かに、今の日本人がすべて普通に裸で街を歩いていたら、おそらく、私も含め、最初は幕末の欧米人よろしく、「オーマイガッ!」となるのでしょうが、でも、たぶん、人間の発情というのはそれほど長い時間、持続出来るものではないように思うんですね。つまり、慣れてくる・・・と。結果、やがて、普通に何事も無く、すれ違うようになる・・・と。ちなみに、別のある外国人は、「日本人の尺度によると、単に健康や清潔のためとか、仕事をするのに便利だからということで体を露出するのは、まったく礼儀にそむかないし許されることだが、どんなにちょっぴりであろうと見せつけるために体を露出するのは、まったくもって不謹慎なのである」と書き残していますが、一方で、江戸時代の混浴銭湯も一切、そういう問題が起こらなかったかというとそんなこともなく、幕府は風紀が乱れるという理由でたびたび禁止のお触れを出しております。  (小説家 池田平太郎)2015-07

 

 


「何もできない」人はいない


 貧乏人は、人にモノをあげたりして、相手を喜ばせることはなかなかできません。でも、お金が無くても、人を笑顔にしたり楽しませたりして、喜ばせることはできます。

 仏教の教えに、「無財の七施(むざいのななせ)」という言葉があります。これは、宝を蔵の中に貯め込むのではなく、自分の心の中に貯めよ、それがとても大きな徳につながる、という教えです。

 無財、つまり財力の無い人でも、人に対して与えられる施しが7つはあるということです。この「無財の七施」を行なうことにより、開運、金運、商運を呼び込める、と言われています。

「目による施し」=心を清らかに保ち、目つきも穏やかにすれば自分も気持ちが良く、人も気分が良くなる。

「笑顔による施し」=いつもにこやかな顔でいれば、自分も人も幸せになる。

「言葉による施し」=悪口を言ったり、グチをこぼしたりせず、真の心で、真の言葉を遣う。

「まごころによる施し」=つねにまごころで人に接していれば、良いことが起こる。

「労働による施し」=弱い人やお年寄り、困っている人には、無償で力を貸してあげよ。

「席を人に譲ることによる施し」=乗り物では、お年寄りや身体の不自由な人に、席を譲ってあげる。

「住まいによる施し」=どんなボロ家に住んでいても、いつも清潔にしておけば、自分も健康になり、人にも好ましく思われ、みんなが清々しい気持ちになる。

 お金が無くても、これだけのことができます。施しを心がけ、自分の心に徳を積めば、運も開けてくるということです。

ちょっと説教臭いのですが、正しい教えだと思います。

(コラムニスト 佐藤きよあき/絵:吉田あゆみ)

2011.07

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について