目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

37 / 72ページ

イギリスの飯はまずい?

 今、中国でこんなジョークが流行っているそうです。中国人の男性が理想とする「世界で最も幸せな男」というのは、「アメリカ企業の報酬を得て、日本人を嫁にし、中国人のコックを雇い、オーストラリアの家に住む」だそうで、反対に、中国人男性が「世界で最も不幸な男」と考えるのは、「中国企業の報酬を得て、アメリカ人を嫁にし、イギリス人のコックを雇い、日本の家に住む」だそうです。

 これを聞いて、思わず、昔あったヨーロッパのそれを思い出してしまいました。曰く、ヨーロッパにおける理想の組み合わせは「イタリア人のコック、ドイツ人の役人、フランス人の恋人、イギリス人の銀行家」だそうですが、往々にして、気が付くと、「イタリア人の役人、ドイツ人の恋人、フランス人の銀行家、イギリス人のコック」となっている・・・と。

 ちなみに、「天国では、イギリス人の警官、フランス人のコック、スイス人の役人、イタリア人の恋人、ドイツ人の技師、地獄ではイギリス人のコック、フランス人の役人、スイス人の恋人、イタリア人の技師、ドイツ人の警官」というのもあるそうですが、結局、「イギリスの飯のまずさ」は万国共通の認識のようですね。

 そう言えば、昭和42年頃、マンガ「ゴルゴ13」では、「国歌を聴くと、アメリカ人はファイトを燃やし、イギリス人や日本人は厳粛になり、フランス人は果敢になるというが、フランスの役人だけは動揺する。やることなすことうまくいってないからだろう・・・」というセリフが出てきましたが、まあ、如何にも戦後20年の当時らしいな・・・と。

 また、黒澤 明監督の名作「七人の侍」も結構国民性がわかるそうですね。監督が生前、インタビューに答えて言っておられましたが、「アメリカ人は志村喬演じる島田勘兵衛のリーダーシップが好きで、フランス人は久蔵(宮口精二)のストイックさが好き。で、イタリア人は菊千代(三船敏郎)が好き」なんだそうです。

 何となく、わかるような・・・。ちなみに、私の友人に聞いてみたところ、圧倒的に多かったのが勘兵衛でしたが、私は断然、宮口精二さんの久蔵が好きです。その意味では私はフランス人的なんでしょうか?。

(文:小説家 池田平太郎/絵:吉田たつちか)10-07


食の宝庫、ニュージーランド

ニュージーランドの町を歩くと、出くわすのは、中国人、インド人、ブラジル人、韓国人と多国籍だ。それもそのはず、国勢調査では人口の70%弱がヨーロッパ系、あとは少数ずつ先住民のマオリ族、アジア系、太平洋の島々から移り住んでいるアイランダーと呼ばれる人種で分類されている。

街中にはあらゆる国のレストランがあり、地元のスーパーマーケットにでさえ、イタリアコーナー、フランスコーナー、メキシカンコーナー、もちろん日本食品や、お隣の韓国コーナーも存在する。タイ料理の代表格、トムヤンクンが食べたければ、いとも簡単に全ての材料が買い揃えられる。中でも驚くのが、缶詰類の種類の豊富さだ。タイ産のバナナの缶詰、サモア産のココナッツの缶詰、リンゴや、アロエベラ 苺、白身魚、牡蠣と何でもある。ちなみに地元の人達に人気の日本食材といえば、

市販されているカレーのルーと、マヨネーズだ。

一般家庭でも日本のカレーのルーを使ってカレーを作りサラダには日本のマヨネーズで和えるというのも普通にありえる話だ。実際、私が働くカフェで日本のマヨネーズはありますか?と聞かれたぐらいだ。色々な人種が互いに生活しあう中で、美味しいものを探し求める。

てんぷらに凝っているカンボジア人がいたり、トルコ料理のケバブをほお張りながら歩いている日本人、ちなみに私はインドのスパイスを買いあさり、インドカレーにはまっている。

世界のどこからも遠い小さな島国ニュージーランドだがある意味、食の宝庫と言えよう。

(ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)09-07


遥かなる原始時代の食文化① 

我々のご先祖様は何を食べていたのか?

 およそ人類ほど多様な食べ物を食べる動物は他にいないでしょう。いくらアフリカやインドのゾウがたくさん食べるからと言って、人類が、そうあなた一人が食べるもののコストを比べると、ゾウの食べ物など安いもの。

 野生のゾウが食べるのは、自然に生えている草ですが、あなたが食べているものは、ビニールハウスで作られた野菜。ビニールは石油製品ですし、もしかしたら冬なら暖房、夏なら送風といった電気が使われていたりします。

 食卓に並ぶサーモンは、遥か遠方北の果てともいえるノルウェーか、はたまた真逆の南米チリ産か。いやいやもしかしたら北米カナダ産かも知れない。

 そんな遠くで捕れた魚を、高いディーゼルオイルで動く巨大船で日本まで運んできたものを、あなたは食べているのです。

 国内産の野菜や肉にしても、農家や畜産家のみなさんが、大量の肥料や飼料を与えて、大変は労働力で育てたものを食べている。

 人類は、地球の生き物の中で、もっともコストが高い食べ物を食べて生きているといっていいでしょう。そんな我々人類のご先祖、つまり原始時代を生きた人類は何を食べて生きてきたのでしょう?

●ご先祖は何でも食べることができたから生き残った

 はるか昔、まだ我々のご先祖がサルに近く豊かな森林から草原に出てきたとき、ご先祖は飢えと戦わねばなりませんでした。なんといっても、森林と違い、草原にはこれまで食べていた木の実はそれほどありません。そこでご先祖は目に見える木の実ではなく、地中に埋まっている根菜類を探して食べるようになります。イモ類や地下茎と言われるダイコンやニンジンの原種を食べていたことでしょう。

 人類に近いチンパンジーは集団で狩りをして肉を好んで食べるのですが、足も腕力も牙もなく、動きの遅いご先祖は、小動物や虫などは食べていたでしょうが、大きな獲物は捕れません。もっぱら、他の肉食獣た倒した獲物の食べ残しをあさっていたようです。その食べ残しを食べるにも、肉を切り裂く牙がないご先祖は、砕いた石をナイフとして使い、食べるようになりました。骨の中にある骨髄も貴重な食糧。石器を使って骨を砕き、骨髄をすすっていたようです。

 また人類は火を利用するようになりました。これは、腐りかけの食べ物を安全に食べることができるうえ、固い食べ物を柔らかくして食べることで、動植物の栄養をより多く摂ることを可能にしました。道具を使って食べ物を食べる。火を利用して食べる。食文化の第一歩です。

●肉食が人類の頭脳を飛躍的に発達させた

 肉を効率的に食べることができるようになったご先祖は、その頭脳を飛躍的に発達させるようになります。肉は脳を作るのに必須な栄養素が含まれています。

 また、道具を使うことができるようになったご先祖は、大きな獲物を狩ることができるようになります。その狩り方は集団で獲物を延々と追いかけるというもの。獲物を何日も追いかけ、獲物が疲れ果てて動けなくなるほど、追いかけて仕留める方法。そんな長距離を走るのですから、元々のすみかから遠く離れてしまうことになります。そのとき必要なのは帰るときに迷わずに戻れること。狩りをすることで、人類はいまに繋がる記憶力を身につけたのではないかと言われています。

 また脳が消費するのはブドウ糖。おそらくご先祖様はブドウ糖を多く含む根菜類や果実も好んで食べていたことでしょう。私たちが、特に子どもの頃に甘いものが大好きなのは、それが身体に必要だからです。しかし生き残るは至難の業。いかに人類が頭が良くても、天災にはかないません。いまでこそ人類は75億人もいて、かつてないほどこの地球に溢れんばかりですが、過去に二度全地球人口が1万人以下になるほどの絶滅の危機を経験しています。それは私たちが、現在生き残っている現生人類ホモサピエンスに進化して間もない19万年前。地球が氷期(氷河期)に入るのです。

 当時、ご先祖にしてまだ生まれて間もないホモサピエンスは、まだアフリカに住んでいました。氷期は豊かで緑の大地であったアフリカ大陸を、砂漠化していきました。アフリカ大陸で生き残ったご先祖ホモサピエンスは、南アフリカの海岸のみ。世界人口は1万人以下。絶滅寸前です。そのときご先祖を助けたのは【いじきたなさ】……、いいえ、他の生き物以上に多様な食べ物を食べることができたということです。南アフリカの遺跡には、これまでにない貝類を食べた跡があるといいます。

 次の絶滅危機は、約7万年前にインドネシア、スマトラ島にあるトバ火山が大噴火を起こして気候の寒冷化を引き起こしたときに人類は数千人にまで減少したといいます。そのときもご先祖が生き残れたのは、火の利用と【なんでも食べてやろう】という知的好奇心であったに違いありません。実はその時代、ご先祖ホモサピエンスとは別系統の人類、ネアンデルタール人は、ホモサピエンスと同等の知力があり道具も火も利用していて、なおかつホモサピエンスより腕力があったのですが、やがて絶滅してしまっています。ホモサピエンスとネアンデルタール人の違いは、ホモサピエンスがあらゆるものを食べていたのに対して、ネアンデルタール人はそれほど多くの種類を食べてはいなかったようなのです。

 好き嫌いはしてはいけないということかもしれませんね。(つづく)

(文:食文化研究家 巨椋修(おぐらおさむ))2018-07

 

 

 

 

 


幸せのおにぎり

つい最近、私が住んでいる町のメインストリートを歩 いていると、いつものように何人かのホームレスに遭遇した。彼らはいつも、「Give me money or food」と書かれたダンボールの切れ端を自分のひざの上に置き、通り行く人々を眺めている。お腹がすいているのか、生きる気力がないのか、トロンとした目でひたすら座り続け、人々の助けを待ちぼうけている。もちろん、そうそう手を差し伸べる人は現れないが、彼らは常に同じ場所で物乞いをしている。   

その日は薄暗いどんよりした一日でした。そんな中、ちょうど私がある一人のホームレスの前を通り過ぎようとした時、私の前を歩いていた女性が、そのホームレスに何かを差し出した。それは半分に切ったアボカドの皮にご飯とアボカドの実を詰め、サランラップで巻いたおにぎりのようなものだった。  

私はその様子を傍でじっと見ていると、そのホームレスの男性は両手にそのおにぎりを置きじっと見つめて食べようとはしない。長い間そのおにぎりを握りしめた後ゆっくりと食べ始めた。その男性の本当に幸せそうなほころんだ笑顔は私の心に焼きついた。 色々なことを考えながら私も家路へと急いだ。彼は間違いなく空腹であるのにもかかわらず、慌てて食べようとはせず、たった一つのおにぎりに感謝し、味わいながらゆっくりと食した。物が溢れるこの世の中、食べ物一つに対し感謝することを忘れていた私にブレーキがかかったような気がした。  

食事も沢山はいらない、少しの量を味わいながらゆっくりと食べたいと思うようになった。お酒もタバコ も気休めにたくさん吸ったり飲んだりするのではなく、一本一本味わって一つ一つに感謝したいと思うよ うになった。あのホームレスの男性に大切なことを教わった一日 であった。本当にありがとう。

(文:ニュージーランド在住、Reeoko/絵:吉田たつちか)07-07

 

 


うまい!TKG。

  娘一家が5年ぶりにアメリカから日本に帰ってきた。

今やお金さえ出せば、アメリカの都会では、日本の食材はほとんど買い求めることが出来る。帰国早々、娘達が食べに行ったのは牛丼屋である。日本の大手牛丼屋チェーンの一部もすでにアメリカに進出しているが、生卵の有無が違う。

 ほとんどの外国では卵を生食する習慣がない。面白いもので卵の賞味期限もアメリカと日本では異なる。日本が2週間であるのに対し、アメリカでは3週間である。これは生食の有無と気候の差からくるようだ。

 先日、テレビで、究極の卵がけご飯の食べ方というのをある大手卵メーカーの研究者が紹介していた。彼女曰く、温かいご飯に、まず、割った生卵の白身だけを入れてよくかき混ぜる。ご飯の熱で白身が細かく泡だってご飯とからんできたら、次に取りおいた黄身を入れてまぜると、黄身と白みとご飯がうまい具合に混ざり合うのだ。

 私も早速やってみた。これまでの卵がけご飯とは一味違う美味さだ。卵には私なりのこだわりがある。ストレスのない環境(放し飼い)で、野菜や草、ミミズなどを主として食べている鶏から生まれた卵だ。最近の高級卵は、やれ黄身の色が濃いだの、爪楊枝を刺しても倒れないなど邪道がまかり通っているが、放し飼いの黄身は特別な色をしていなくて、ごく普通であり、黄身も時として割り出すと崩れてしまうこともある。狭いゲージで機械の一部のように飼われた鶏の卵との違いは薄皮に顕著だ。殻と白身の間にある薄皮が自然卵のものは強靭である。そして、毎日食べていると気付かないが、たまに、スーパーの安い卵を食べると食味(ニオイ)が悪い気がする。

 一昔前までは、どの家庭でも、小さな鳥小屋を作り、毎日、生みたての卵を採って食べていたものだが、今では、よほど山間部にでもいかなければ、鶏の鳴き声がうるさいといって近所から顰蹙をかうことになる。

 牛丼といえば、吉野家が最近、肉を熟成させて使っているとのニュースがあった。牛肉は適正な温度で寝かせると、時間とともにタンパク質が分解され、うまみ成分であるアミノ酸に変化していく。そしてペプチドという成分が増えることで牛肉の酸味が抑制され、まろやかになる。これまで吉野家は、冷凍していた肉を解凍、スライスし、調理するまでに経過する期間を熟成期間としていたが、現在は、従来よりも約2週間早く冷凍から冷蔵に移行し、熟成期間を延長することで更にうまみが増し、肉の食感も向上したおいしい牛丼の提供が可能となったと、HPではリリースしているが、私の近所の吉野家には、そのことをアピールしたポスターもチラシもまだ、見当たらなかった。

 3歳まで日本いて、5年間アメリカにいた上の孫は、生卵が食べれなくなっているとのこと。本当に美味い卵を持っていって、日本人の原風景のひとつでもある卵がけご飯(TKG)を再び好きにさせてやろうと思っている。

ジャーナリスト 井上勝彦/絵:そねたあゆみ)2014-07



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について