目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

12 / 76ページ

低気圧の誕生

温帯低気圧は、暖気と寒気の衝突でできます。

空気には、温度差のある空気同士がぶつかると、温度を同じようにする性質があって、そのために温帯低気圧は発生します。  

停滞前線は、寒気と暖気の勢力が同じ時にできますが、そのどちらかの勢いが強くなった時、そこにキンク(ねじれ)ができ、それが大きくなると、温暖前線 と寒冷前線を伴った温帯低気圧が誕生します。 台風も、元は熱帯低気圧という低気圧の一種です。

地球の性質上、北・南緯5度より赤道に近い辺りでは、滅多に台風は誕生できません。おおむね、海水温が26、5℃以上の海上で、大量の水蒸気をエネルギー源として台風は誕生します。暖かい空気の塊だけでできているので、台風はほぼまん丸な形をしており、温帯低気圧のように温暖前線や寒冷前線を伴っていま せん。  

そうして回転しながら、さらに暖かい空気と大量の水蒸気を吸収することで台風は発達してきます。

台風 は「中心付近の最大風速が17.2m/sを超えた熱帯 低気圧」をさします。だから、中心付近の最大風速が衰えてくると、その場所に応じて、熱帯低気圧に変わったり、温帯低気圧に変わったりするのです。

「台風が温帯低気圧になる」と、ホっとしたように報道している天気予報がよくありますがこれは決して安心できることではありません。さきほども述べたと おり、低気圧は暖気と寒気の衝突によって成り立っています。台風が温帯地域にもたらす暖気は、普通の温帯低気圧を誕生させるそれよりもはるかに高い温度を持っているため、普段よりも寒気と暖気の温度差が大きくなり、一般の温帯低気圧よりも激しい気象現象が 発生する恐れがあります。台風が温帯低気圧に変わる と聞いても、決して気を緩めず、用心を怠らないよう にしてくださいね。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)


新しい台風情報

気象庁では2007年から、台風情報についての改正を行いましたので一部をご紹介します。  

変更点の1つ目。これまでは進路予報を12時間後と24時間後としか表示していなかったものを、「24時間 先までの3時間刻み」と変更します。つまり、これまでは3つしかなかった予報円が、9つに増える訳です。  

そして2つ目。これまでは、予報時刻ごとに暴風警戒域を円で表示していましたが、今後はそれらを「一 つの円」で表示するようになります。つまり、円の重なりがなくなってわかりやすくなります。ちなみに、「暴風域」とは、平均風速25m/sの風が吹く可能性のある範囲、「強風域」とは15m/sの範囲を示します。しかし「突風率」というのがあって、平均風速の1.5~2倍の風が吹くことがあるのです。だから、 強風域にすら入っていなくても、くれぐれもご注意下さい。  

また「予報円」ですが、これは「台風の中心が70% の確率で位置すると予想される範囲」です。だから、予報円の外を通る可能性もありますし、決して中心だ けが危険というものでもないので、用心して下さい。  

さらに3つ目。「熱帯低気圧の情報」も報道することになりました。熱帯低気圧は「台風の子ども」です。便宜上、「中心付近の最大風速が17.2m/sのもの」 を台風と呼んでいるだけなので、これが発達すると台風と呼ばれるようになる訳です。  

最後に4つ目。「温帯低気圧化する台風についての情報」を公開します。台風は、熱い空気だけからできていますが、そこに冷たい空気がぶつかったとき、前線を伴う温帯低気圧になります。それぞれの空気の寒 暖の差が大きければ大きいほど天気は荒れますので、普通の低気圧よりも警戒が必要になります。油断せず、充分に気を付けて下さい。

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)


花(蓮)よりラーメン

 池に浮かぶ大輪の花、蓮(ハス)。七月の誕生花であり、夏の季語でもあります。白やピンクの花びらが幾重にも重なり、水面に映ったその様は、一時の清涼感を与えてくれます。

 蓮の花の原産はインド。それ故か、古くから宗教と密接な関係を持っています。仏教でも、蓮が芽吹いて花を咲かせ、やがては枯れてゆく姿を人間の一生に例えています。寺院でよく見かける御釈迦様の台座には蓮の花が用いられ、仏教絵画にも蓮と共に御釈迦様が描かれています。良い行ないをして死んだ者は、極楽浄土の世界で一つの蓮の花の上に身を託して生まれ変わる――。そんな考えが、仏教にはあります。そこから生まれたのが『一蓮托生(いちれんたくしょう)』という言葉。結果の良し悪しに係わらず行動や運命を共にするという意味で、身近なところで蓮が私達の生活に関与しているのです。

 それ以外にも蓮は私達の生活に関与しています。地下茎はレンコン(蓮根)として食卓に並び、種子は甘納豆に変わります。蓮を国花としているベトナムでは、花をお茶にして飲む習慣があり、日本でもベトナム料理店で飲むことができます。また、鎮痛・滋養強壮作用もあるので生薬としても用いられています。

 それだけではありません。意外ですが、ラーメン愛好家にも蓮の花は深い関係があるのです。ラーメンを食べる時に箸と一緒に使うレンゲ。レンゲは正しくは散蓮華(チリレンゲ)と言います。名の由来は、スプーン状の陶器の形が一枚散った蓮の花びらのようだから。その散蓮華という呼び名が簡素化され、今日では蓮華(レンゲ)とだけ呼ぶようになったのです。

 初夏を彩る美しい花、蓮。公園を散歩して池にぽっかりと浮かぶ蓮の花を見ると、花より団子……ではなく、ラーメンが食べたくなってしまうかもしれませんね。

(小説家 華山 姜純/絵:吉田あゆみ)

2011.07


5G時代の新聞

 5G時代の到来で世の中が大きく変わるといわれている。その主役の座をめぐってアメリカと中国がけん制しあっているとのこと。実際には中国のファーウェイとアメリカのグーグルが暗躍しているのだそうだ。両社ともネット社会での覇者であり、もうけ頭でもある。そして、共通しているのが、国の垣根をこえてビジネス展開していることである。その結果、国の庇護をうけると見せかけながらも裏では共通の利害が一致しているようだ。彼らにとっては国の概念はもはや邪魔なのかもしれない。

 5G時代においては今の通信ボリューム(容量や速度など)が100倍以上になり、放送はもとより、新聞、雑誌、ラジオなど既存メデアに大きく影響が出るようだ。すでにその兆候は猛スピードで出ており、新聞発行部数は激減し、朝日新聞社員の給与を100万円以上ダウンさせても追いつかない。NHKの受信料についても見直すことがクローズアップされているように、既存メデアの在り方が大きく問われている。

 小生の古巣の日刊自動車新聞が最近ネット新聞に大きくシフトした。今や自動車関連企業は、その下請企業けまで含めて、世界規模で経営している。そのため、対象読者は世界中に散らばっているし、従業員も日本人だけではなくなっている。この人たちに業界情報を伝達するのには、新聞の形を維持しながらネット配信するという新しい商品が生まれている。これまでは、現地で印刷するか、飛行機や郵送でしかできなかった新聞配布がむしろネットで生き残れる可能性が生まれた。小生のような古い時代の人間にとって、ネット時代になってもやはり新聞は新聞の形態で読みたい。見出しがあり、リードがあり、記事があり、解説もある。小さなべた記事にも時にはヒントがある。記事下の広告も大きな情報源であり、ネット広告のようなしつこさがないのも貴重だ。

 AIも大きく変化していて、日本語の新聞が瞬時しかも安価に各国語に翻訳されて、配信できることになる。ネット配信だから新聞社が印刷部門を持つ必要もなくなり、その分野の経費は大きく削減される。

 5G時代にこそ。むしろ、紙媒体の既存メデアが蘇生できると感じている。ただし、読者は国内だけでなく、世界規模となるのだ。そのためには、記者などの人件費や取材経費をケチらず、もっと大きな視野で経営の立て直しをしてもらいたいものだ。新聞だけ消費税の軽減税率を適用されることを了とする既得権益にしがみついた古い頭の経営陣では遠からず時代に遅れて、退場を余儀なくされること必定だ。

 ファーウェイやグーグルのような世界的視野を持った経営陣でなければ5G時代は生き残れまい。

(ジャーナリスト 井上勝彦)2019-07

 

 


袋鉢で夏野菜

 自動車の保有をやめたため空いた駐車場跡の庭で家庭菜園を行っているが、鉢植えだと今一元気がない。そこで、今年の夏野菜は袋鉢で育てることにした。とっておいた培養土の空袋に古い土にボカシ肥料を混ぜた土を3分の1ほど入れ、その上にホームセンターで購入した培養土(ペーハー調整済、必要な元肥入りのもの)を3分の1加えて、苗を植える。こうすると、残った袋3分の1が風防の役目をしてくれるので、苗の定着もいい。袋は土を入れたプランターの上に置いているので、土の深さは十分ではある。入れる前に、袋の底部にナイフで穴をあけておくことで、根張り範囲が広がる。

 ただ、この方法だと、畑の見栄えはあまりよくなく、先日、家に来た次女からは「まるでゴミ屋敷みたいだ」と叱責された。

 混栽することで互いの成長によい影響を与え共栄しあうとされる野菜のことをコンパニオンプランツ(共栄作物・共存作物)という。

トマトにはニラ=青枯れ病や立ち枯れ病を防ぐ。ナスには枝豆=元気に育つ。ピーマンにはシソ=味が良くなる。キューリにはニラやネギ=蔓割れ病・青枯れ病を防ぎ、アブラムシなどを防ぐ等。

 夏野菜として、キュウリ、ナス、トマト、ピーマン類は主菜になり、ニラ、ネギ、枝豆、シソ、三つ葉があれば、酒の肴にも、冷やしソーメン、冷や汁なども、庭から採ってきてすぐに作ることができる。老夫婦には小さな家庭菜園で必要十分な食材がそろう。夏野菜は成長が早く、採れる期間が長いし、このような袋鉢栽培でも十分な収穫が得られるので便利だ。

 最近はかっての大規模公営住宅などでも、住民の高齢化が進み買い物弱者の問題がクローズアップされている。老朽化した公営住宅の建て替えで高層化したため、かっては家庭菜園で夏野菜を自給できた人も、庭がなくなってしまった。ベランダでも栽培可能な袋鉢菜園にチャレンジされることをオススメする。(ジャーナリスト 井上勝彦)2017-07

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について