目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

49 / 76ページ

不快サヨナラ、痰濁のめまい

ここのところの不安定な気候で、今年は本当にめまいに悩まされる方が多いです。昼間は真夏のように暑いので、皆さんかなり水分をとっておられます。のどが渇いたときに、冷蔵庫から出してすぐの冷たいものを一気に飲むと、胃袋が氷嚢のようになって、動きが鈍ります。

夜も例年のように暑ければ、自然に水がはけてゆくのですが今年は夕方から西風~北風が吹き、秋~冬の冷えた風なのでいっぺんに体が冷えてしまいます。

夜は毛布が未だに離せないほどなので、昼間にとった水分はそのまま胃腸に停滞し、まるで体内氷嚢のように体を冷やします。

西洋医学的には、体が冷えて代謝が悪くなった状態です。

明け方はますます体が冷えて、朝から鼻水が止まらない、頭が重い、胸が痞える、吐き気がする、食欲がない、眠たく体に力が入らない、体がだるく重い・・・などの症状を伴うめまいが起きやすくなります。こんなとき、舌をみてみると、べたっと白い苔がついています。

このタイプのめまいは、とにかく胃腸を温めて、消化管を動かし、水はけを良くすることが大切です。

昼間に暑くても、冷たいものを一気のみせず、西瓜や、メロン、トマトなどの瓜類で喉の渇きを癒してください。

また、温かい飲み物の方が吸収されやすく、喉の渇きを素早くとってくれます。

どうしても冷たい物が欲しい人は、ゆっくり一口ずつ飲んでください。

また、そうめんや、冷や麦なども、勢いよくズルズルと流し込むのは胃腸を傷める元!少し噛んでから飲み込まれた方が宜しいですね。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)07-07

 


熱中症予防に『熱さ指数』

 ジリジリと照りつける太陽。あっという間に汗ばむ気節がやってきました。この時期気をつけなくてはいけないのが熱中症。 環境省のホームページによると熱中症とは、『高温環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破たんするなどして発症する障害の総称』だそうです。

 熱中症は四つの種類に分けられます。まずは熱失神。皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳血流が減少します。症状としては、立ちくらみや失神、顔面そう白や唇のしびれ、呼吸回数の増加などが挙げられます。次に熱疲労。大量の汗をかき脱水症状をおこします。脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがおきます。

 これら熱失神や熱疲労を発症した場合の応急処置は、涼しい場所に移動し、水分を補給すること。吐き気やおう吐で水分補給が出来ない場合は病院に運びましょう。

 長時間スポーツをする人に多いのが、熱けいれん。大量に汗をかき、水だけを補給して血液中の塩分が低下すると、足・腕・腹部の筋肉にけいれんがおきます。この場合は塩分を0.9%含んだ水を飲むと症状が改善します。具体的には1リットルの水に対して2グラムの食塩を溶かします。

 最後に熱射病。これが一番危険です。体温の上昇のため、中枢機能に異常をきたします。意識障害があらわれ、頭痛、吐き気、めまいなどが起こり、最悪の場合、脳・心臓・肺などの臓器障害をおこして死に至ります。熱射病と思われる場合は直ちに救急車を呼び、待っている間に全身に水をかけたり濡れタオルをあて

たりして体を冷やしてあげてください。

 このような熱中症にかからないためには、薄着を心掛けること、熱い日の外出は控えて冷房のきいた室内にいること、十分な睡眠をとって体調を整えることが大切です。

 2013年、6月1日より環境省では『熱さ指数』のメール配信を実施しています。この情報を基に、自ら熱さ対策をするのも熱中症を防ぐことにつながると思います。

 

(フードアナリスト 愛川いつき/絵:そねたあゆみ)13-07


フワフワ眩暈(午前型)

 突然に頭がフワ?として気分が悪くなる・・・・・こんな症状が若い方にも急増中です。

 動悸や息苦しさも伴いやすく一気に不安な気持ちに襲われ、このフワフワ感はパニック症の前兆でもあります。

 突然起こるこのフワフワ眩暈には大きく分けて2つのタイプがあります。

1,午前中に起こりやすいタイプ

 このタイプの方は、朝起きるのが非常に辛く、なかなか元気が出ません。そして朝はとてもテンションが低く、無口になります。

 食欲もなく、朝食を食べずに出勤する方が多いようです。とにかく疲れやすい、疲れた時にフワフワが始まる、あるいは食事中に気分が悪くなります。

 朝はお日様とともに、体のお日様(活動の源である陽気)も頭に昇らなければなりませんが、このタイプの方は胃腸が弱いために、起きてから時間が経たないとお日様が上がってくれないのです。

 エネルギーが上がってくれないために、手足と下半身が重だるく、頭は妙にフワフワと軽く、思考力がまとまらないのが特徴です。

★このタイプの方は食事のドカ食いは絶対になさらないでください。甘い物、油こいもの、インスタントもの、冷たい水分を避けて腹八分を心がけましょう。

 また、いろいろなことをクヨクヨと考えがちな性質も災いしています。心に捕らわれを作らずに熟睡を心がけてください。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)10-07


無意識ストレスと酸化

 いつもエネルギッシュに仕事をしていて、多くの人が“あの人、よくあんなに頑張れるなぁ”と思っているのに当の本人はには、それが当たり前、いやむしろまだ、物足りない感じで、全くストレスなんて感じていない・・・

そんな人の酸化バランス防御系の検査をしたところ、驚くほど酸化ストレス度が高く、抗酸化力が非常に弱いことが明らかになっています。

 これを無意識ストレス・・・といい、本人に自覚がないまま、体は非常に強いストレスを受けており、これに気がつかないでいると、突然死、心筋梗塞や脳梗塞、がんなどの重大な疾患にもかかりかねないので、注意が必要です。

 

★無意識ストレスがある方の特徴

 

1,いつも何かに追われている

2,手帳に予定がぎっしり詰まっていないと落ち着かない

3,休日も頭から仕事の事が離れない(メールをチェックするなど)

4,布団に入っても、明日の仕事が気になる

5,~しなくてはならないという気持ちが強い

6,完璧を求める傾向

7,遊ぶことに罪悪感を感じる

8,人が思い通りに動かないとイラッとくるが、顔では笑っている

9,頑張らない人をみると、内心腹がたつ

10,何事も引き込まれやすく、映画の世界などにすぐに入り込んでしまう

 

★無意識ストレスにより、交感神経が過剰に高ぶり、副交感神経が働かず、酸化が進んでいくときの症状

 

1,首や肩が常に凝る

2,体のどこかに、痛みや炎症がある

3,血圧が夜になっても常に高い

4,眠りが浅く、夜中に何度も目が覚める

5,口臭がある

6,漢方薬の効果が現れにくい

7,指先や指紋の筋が黒っぽい

8,掌の第一関節から先が赤く鬱血

9,目の下にクマができたり、顔色がくすんだ感じ

10,定期的にプチ欝がやってくる

 

★無意識ストレスによる酸化の防ぎ方

 

1,頑張ることをヨシとするのでなく、幸せ、喜び、楽しみスマイルをヨシと頭のスイッチを切り替える

2,オフの時は、メ~ルなどは時間を決めて見るなど制限し、仕事から離れる

3,~せねば・・でなく、~やりたい思考に切り替える

4,楽しみや休養は、仕事と同程度必要

5,人のことは思い通りにならなくて当たり前だし、人のことで悩んでも解決はできない・・・その人の良さを見てみよう

6,布団に入ったら、綺麗な自然の景色や大好きな状況を瞑想

7,血糖値スパイクを起こさない食事に切り替える

8,野菜をたくさん食べて、青汁を飲む習慣

9,深呼吸スクワットを朝晩10~20回

10,30分程度のウォーキングを習慣化

 

等の養生を取入れてください・・・約10週間で、体質が変わってきます!!!

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵)2018-07

 


血に関する老化

若い頃は血気盛んな方もだんだんと歳とともに衰えが見られます。それは、血の生成が衰えるためです。

ご存じのように、血は全身を栄養しているわけですが、特に血の消耗が激しい部分は、脳と目。そして肝や腎もそうです。

皆さんが物事に集中したり、考えをまとめたり、良いアイデアが浮かんできたりするのは、脳が十分に血で満たされているときです。

ひとたび血が少なくなると、頭がぼうっとして、考えがまとまらない。忘れっぽい。やる気や気力が起きてこない。そして熟睡できない・・・などの症状に見舞われます。

また、目は多くの毛細血管の集まりです。血液が勢いにのって順調よく流れていれば、目は明るいのですが、パソコンのやりすぎ、テレビの見過ぎ、夜の読書等により、血を消耗すると、いっぺんに毛細血管の血流が低下し、目がかすむ、見にくい等の症状が出てきます。

肝や腎も毛細血管の集まりです。細かい血管に目詰まりを起こしたり、流れが細くなると、本来の機能を発揮することができません。 肝は体の各要所に血液を分配したり、体に入ってきたものを解毒したり、ストレスを上手くコントロールする働きをもつので肝の働きが落ちると非常に疲れやすくなります。   

また、腎は、成長、老化防止、ホルモン系の産生に関わる臓です。腎の血流が低下すると、体が冷え、足腰が痛む、耳が遠くなる、白髪、禿など老化症状がでてきます。

血はとても大切ですね・・・。

 

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:吉田たつちか)09-07



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について