目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

42 / 76ページ

うまい!TKG。

  娘一家が5年ぶりにアメリカから日本に帰ってきた。

今やお金さえ出せば、アメリカの都会では、日本の食材はほとんど買い求めることが出来る。帰国早々、娘達が食べに行ったのは牛丼屋である。日本の大手牛丼屋チェーンの一部もすでにアメリカに進出しているが、生卵の有無が違う。

 ほとんどの外国では卵を生食する習慣がない。面白いもので卵の賞味期限もアメリカと日本では異なる。日本が2週間であるのに対し、アメリカでは3週間である。これは生食の有無と気候の差からくるようだ。

 先日、テレビで、究極の卵がけご飯の食べ方というのをある大手卵メーカーの研究者が紹介していた。彼女曰く、温かいご飯に、まず、割った生卵の白身だけを入れてよくかき混ぜる。ご飯の熱で白身が細かく泡だってご飯とからんできたら、次に取りおいた黄身を入れてまぜると、黄身と白みとご飯がうまい具合に混ざり合うのだ。

 私も早速やってみた。これまでの卵がけご飯とは一味違う美味さだ。卵には私なりのこだわりがある。ストレスのない環境(放し飼い)で、野菜や草、ミミズなどを主として食べている鶏から生まれた卵だ。最近の高級卵は、やれ黄身の色が濃いだの、爪楊枝を刺しても倒れないなど邪道がまかり通っているが、放し飼いの黄身は特別な色をしていなくて、ごく普通であり、黄身も時として割り出すと崩れてしまうこともある。狭いゲージで機械の一部のように飼われた鶏の卵との違いは薄皮に顕著だ。殻と白身の間にある薄皮が自然卵のものは強靭である。そして、毎日食べていると気付かないが、たまに、スーパーの安い卵を食べると食味(ニオイ)が悪い気がする。

 一昔前までは、どの家庭でも、小さな鳥小屋を作り、毎日、生みたての卵を採って食べていたものだが、今では、よほど山間部にでもいかなければ、鶏の鳴き声がうるさいといって近所から顰蹙をかうことになる。

 牛丼といえば、吉野家が最近、肉を熟成させて使っているとのニュースがあった。牛肉は適正な温度で寝かせると、時間とともにタンパク質が分解され、うまみ成分であるアミノ酸に変化していく。そしてペプチドという成分が増えることで牛肉の酸味が抑制され、まろやかになる。これまで吉野家は、冷凍していた肉を解凍、スライスし、調理するまでに経過する期間を熟成期間としていたが、現在は、従来よりも約2週間早く冷凍から冷蔵に移行し、熟成期間を延長することで更にうまみが増し、肉の食感も向上したおいしい牛丼の提供が可能となったと、HPではリリースしているが、私の近所の吉野家には、そのことをアピールしたポスターもチラシもまだ、見当たらなかった。

 3歳まで日本いて、5年間アメリカにいた上の孫は、生卵が食べれなくなっているとのこと。本当に美味い卵を持っていって、日本人の原風景のひとつでもある卵がけご飯(TKG)を再び好きにさせてやろうと思っている。

ジャーナリスト 井上勝彦/絵:そねたあゆみ)2014-07


世界に広がるラーメン!


●ラーメンを食べに来日する外国人観光客たち

 

 いまヨーロッパで、アメリカで、中国で、東南アジアで、世界中で日本のラーメンが流行っていることを皆さんご存知でしょうか?

 例えば、「新横浜ラーメン博物館」では、平成25年度で、なんと15万人以上もの外国人観光客が訪れたといいます。

 その数は、来館者数全体の2割弱を占めるほど!

 さらに「ラーメン博物館」は博物館のヨーロッパ進出まで企画しているとか。外国人観光客の中には「本場のラーメンを食べたくて日本に旅してきた」というラーメンファンもいて、日本の旅行ツアーに「ラーメン博物館」が組み込まれていることもあるといいます。

 

●世界に広がるラーメン

 

「新横浜ラーメン博物館」調べによると、2014年5月の時点で、世界37か国、約2500軒のラーメン店があるそうな。

 37か国2500軒! もはやラーメンは、中国から日本に伝わり、日本人の国民食になっただけではなく、世界で通用する国際食になりつつあるようです。

 例えばアメリカのニューヨークだけで100軒ものラーメン屋があり、中には「行列ができるラーメン屋」まで存在します。

 もちろん、行列ができるまでの人気ラーメン屋はニューヨークだけではなく、ヨーロッパにも中国にも東南アジアにもあるのです。

 では、なぜラーメンは世界の人々に受け入れられたのでしょうか?

 

●ラーメンの柔軟性

 

「ラーメンの柔軟性」といっても、麺が柔らかいとかという意味じゃありませんからご注意を!

 日本のラーメンには、各土地土地に馴染んだ「ご当地ラーメン」ってのがありますよね。

「ラーメンといえば、鶏ガラに醤油ベースで、上にナルトとチャーシューと、メンマが乗っていて……」

 という統一されたものではなく、九州では白いスープの豚骨ラーメン、札幌の味噌ラーメン、あっさりした塩ラーメンに、背脂をごっそりのせたラーメンに、最近ではトマトソースのラーメンや、ヨーロッパのブイヨンを使ったラーメン、夏場に美味しい冷やし中華などなど、実に柔軟に、土地や時代に合わせて、変化し進化し続けているのです。

 こんなラーメンですから、世界のどこにいっても、その土地土地の風土や国民性に合わせて、馴染んでしまうのかも知れません。もちろん、それには地元料理人の大変な努力と試行錯誤があるからです。

 でもそれは、努力と試行錯誤してもいいから、もっと美味しいラーメンを食べたいと思わせるラーメン自身に、魅力があるからに違いありません。

 

●世界にラーメンを広めた功労者インスタントラーメン

 そんな世界に広まっているラーメンですが、本格ラーメンが広まる前に、世界中の人々にラーメンを親しまれたもう一つのラーメンがあります。

 それが「インスタントラーメン」であり「カップめん」です。どれくらい世界の人々に親しまれているかというと、世界ラーメン協会の推定では

 

2014年度データ

日本が即席めんを輸出している国の数【49か国】

年間輸出量【約7,223万食】

一年間に全世界で消費されたインスタントラーメンの数【1027.4億食】

 

 という膨大な数! もちろん本格ラーメンと同様、その土地土地で工夫された【ご当地インスタントラーメン】もたくさんあります。

 ラーメンは中国から日本にやってきて、日本風にアレンジされ、日本食として世界に広まりました。

 でもこの勢いだと「え? ラーメンって日本の食べ物なの? 自分の国の食べ物かと思ってた」なんていう世界の人たちがたくさん現れてくるかも知れませんね。

 

(食文化研究家・巨椋修(おぐらおさむ)/絵:そねたあゆみ)2015-07

 


美味しく食べて健康に!

●食は薬という思想

 

『医食同源』という言葉があります。この言葉、実は日本で作られた造語なんですよ。元々は『薬食同源』という中国の言葉でした。

『医食同源』という言葉は1972年、NHKの『きょうの料理』という番組で使われたのが最初。『薬食同源』だと、『薬』が化学薬品を連想させるのではという考えから、『医食同源』という言葉にしたのだそうな。

 でもまあ意味は同じ。食べ物は薬と一緒ということです。いわゆる『薬膳』ということですね。食べ物は薬と一緒。体にいいものを食べましょうということです。

 

●健康と食

 

 江戸時代の日本人にとって、肉は薬として食べられていました。タンパク質のほとんどを米と大豆、わずかな魚で摂っていた昔の日本人にとって、肉は滋養強壮の薬同然だったのです。

 玉子もそうです。いまの値段だと一個400円ほどもした玉子は贅沢品、病気のときなどに精を付けるために食べていました。玉子には上質のタンパク質にビタミン、ミネラルも入っている完全食なので、下手な健康サプリよりはるかに効果的。現代人でも一日一個は食べたいところです。

 江戸では、白米が中心でおかずはほとんどありませんでした。そのためビタミンB1欠乏症である脚気という病気で亡くなる人がたくさんいました。玄米にはビタミンB1が含まれているのですが、精製した白米にはビタミンB1には含まれません。そのため脚気になるのです。江戸の人たちは脚気予防のために好んで蕎麦を食べたといいます。

 蕎麦にはビタミンB1がたっぷり含まれていたからです。まだビタミンの存在はわかっていませんでしたが、江戸っ子たちは経験上で知っていたのでしょう。

 また、たくあん漬けにもたくさんのビタミンB1が含まれており、これも脚気予防として好んで食べられていたようです。

 また、体が冷えたら生姜湯を飲んだり、逆に暑い夏にはキュウリやナスといった体を冷やす効果があると言われているキュウリやナスを食べて、健康に過ごそうとしていたようです。

 

●歴史上はじめて健康と美容のために食べないという文化が生まれた

 ときは流れ、いまや21世紀。21世紀の日本は江戸時代と違って、食べ物があふれている時代。日本は食糧の廃棄率が世界でトップクラスでもあるそうな。

 そんな飽食の時代ですから、昔と違っていかに食べないかということに苦労する人も多くなっています。

 それは健康のためのフィットネスであったり、美容のためのダイエットであったりするのですが、例えば最近流行している糖質制限ダイエットは、糖質、つまり砂糖や炭水化物をカットすることで、体重や脂肪を減らそうというもの。

 砂糖は一昔前なら、なかなか口にできない贅沢品であり、炭水化物はコメやムギといった命を繋ぐための大切な食べもの。これらを食べないようにして痩せよう、健康になろうという人がたくさん出てきました。

 おそらく人類史上はじめてのことでしょう。先進国には豊富に食糧があり、それを食べ過ぎないように苦労するという新しい食文化が生まれたのです。

 今後いかにカロリーを減らすか、糖質を減らすかといった料理が開発され、それが主流になってくるかも知れません。それも食文化の一面なのでしょう。

 

(食文化研究家:巨椋修(おぐらおさむ))2019-07

 


ときめいて過ごしましょう!

先日、大阪にて帯津良一先生と春名伸司さんと鼎談する機会を頂きました。

 帯津先生は「日本ホリスティック医学協会会長」「帯津三敬病院の名誉院長」で、がん患者さんが最も会いたいお医者様として著名な方です。

 また、春名伸司さんは、末期の中咽頭がんを乗り越えられ、いきいき健康長寿研究会を立ち上げられ、がんの語り部として講演活動を行っておられる方です。

 帯津先生は、どこまでもお優しくユニークで心温まるお人柄。春名さんは、笑顔が爽やかで、ご一緒するだけで心が朗らかになれるような方で、お二人とお話させて頂くだけで、心の免疫力がぐっと上昇しました。

 今日のお話の中で最も印象に残ったのは「毎日をときめいて過ごす」こと、そして「凜として老いる」という言葉でした。

 生き物には全て平等に死の時が訪れますが、それは何十年後かもしれないし、明日かもしれません。

 故に、何時そのときが訪れても心に後悔がないように命ある今日、只今を大切に生きてゆくこと。

 元気に長生きに越したことはないのですが、その内容が味わいのあるものでありたいですね。

 春名さん曰く、元気で長生きされる方は、小さな事に喜びを見つけることが上手で、感動しやすく手先が器用という共通の特徴を持っておられるようです。

 「ときめき」の気持ちは生命を躍動させ、治癒力を高めたり、エントロピーの増大を最小限にし、老化を遅らせるようですね。

 一日には昼と夜があり、朝に活動が始まり夕には休息が始まります。

 あたかも朝に産まれ夕に死すかように、人は毎日生まれ変わっており、昨日の自分と今日の自分では、別物です。

 昼間(陽・動の時間)は活動し、発散しエントロピーは増大しますが、夜間寝ている時(陰・静の時間・・・あたかも死と同じ時間)は、成長ホルモンの働きなどにより、その日受けた心的エネルギーと摂取した食物等をもとに、身体の作り替え(整合)の作業を行います。即ち逆向きのエントロピーが増えて、翌日のエネルギーがチャージされています。

 陽の世界で活動し消耗したら、陰の世界で補い、再構築され、また生まれ変わる・・・という輪廻を日々繰り返し、やがてエントロピーの増大が極限になった時に、陰と陽が離れ陽の世界にあった身体は消滅します。

 しかし、命(心)は消滅してしまうのではなく、陰の世界でその記憶を再構築し、リスタートのスイッチが入る瞬間(受精)を待っているのです。

    そして再び…

 これはあくまでも私見ですが、このように考えたら、死は怖いものでも、忌み嫌うものでもありませんね。

 そう思うと、ぐっと気持ちが楽になりますよ。まずは今日一日・・・就寝までの限りある時間に楽しみを見つけ、そして喜びワクワクと時めいて過ごしましょう。

 結果としてその連続が、あなたを豊かで自信と輝きに満ちた「凜」としたものにしてゆく事になると思います♪

 

(薬剤師、薬食同源アドバイザー 高田理恵/絵:そねたあゆみ)13-07


過激なダイエットは逆効果

ダイエット相談に来られる殆どの方が「何でもよいから、とにかくラクして痩せたいのですが・・・」というもので、この願いには応えられず、いつも困っています。

私共では、健康な体作りを目指しており、何でもよいから痩せたい!という、不健康になる方法を提案していないためです。

1ヶ月に3キロ以上も痩せることは、とても危険であり、どんどんと成人病体質を作ってしまいます。

痩せるために、皆さん食事制限をしたり、OOダイエットというように、特定の食品だけをとってしのぐ方法がありますが、摂取カロリーを減らすと、最初の30分は糖が利用されますがそれからは、アミノ酸を燃やしてエネルギー源を作ってゆきます。

なぜなら、無酸素でエネルギーを作り出すことができるのは、糖とアミノ酸だけだからです。

肝腎な脂肪は、有酸素状態・・・つまり、筋肉を動かして運動をしないと燃やしてエネルギー源を作り出すことができません。

従って、運動なしで食事制限をしていると、筋肉がどんどん痩せてゆき、体脂肪率はダイエットするたびに多くなってゆきます。

こうなると、水を飲んでも太るような代謝の悪い体になります。そればかりか、急激に、危険な内臓脂肪が増えてゆきます。

また、食事を制限しながら、運動していても、短期間に体重が減りすぎると体は危機感を感じ内臓脂肪を増やして、緊急時に対応しようとします。内臓脂肪というのは、脂肪酸を分泌し、摂食中枢が刺激されて、どんどんと甘いもの、油物を欲し易くします。また、インスリン抵抗性を高め、糖を入れても入れても、エネルギー源として利用されない体となり、ますます多食に拍車をかけます。

さらに、血液の粘性を高め、血栓を作ったり、アテローム硬化を促進する働きもあります。こうなると脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因になるばかりかガンや、感染症も誘発しやすくなります。

更年期の女性は、今まで女性ホルモンに守られていましたが、閉経前後は、女性ホルモンの減少により脂質代謝が変わり、特に内臓脂肪がつきやすいので注意が必要です。

歳をとるほど痩せにくくなり、ダイエットすればするほど内蔵脂肪がついて、病気を促進しますので、ムリなダイエットほど、体を損なうものはありません。

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー  高田理恵/絵:吉田たつちか)05-07



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について