目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 72ページ

夏を彩る浴衣

暦の上では今の時節を晩夏といって夏の末の意ですが本格的な夏の訪れは実際にはこれからです。

盛夏となると風物詩である夏祭りや花火大会が各地で盛んに行われ、最近は色とりどりの浴衣に身を包んだ若い女性の姿が多く見られるようになりました。また女性のみならず渋い取り合わせの浴衣を纏った若い男性も増えているようです。

実は浴衣が外出着となったのは明治以降とまだ新しい文化で、浴衣の元を辿ると、古くまだ風呂が蒸し風呂だった時代に着たまま風呂に入った「湯帷子-ゆかたびら-」(帷子-かたびら-とは麻素材の単衣の衣をさします)に行き着きます。

時代が変わり湯船に浸かる風呂が出来てからは帷子を湯上りの汗取りとして着るようになり、浴衣の字が当てられるようになりました。

次第に単に汗取り・水切りであったものから、湯上りのくつろぎ着へと変化して庶民の間に定着し、江戸時代に銭湯が出来て以降は、風呂に通う際に外へも着て出るようになりました。こうして気軽な外出着の要素が強まり、現在の浴衣の原型ともいえる木綿に染めを施した浴衣が普及していったのです。

和装の文化が見直されつつある昨今、若い世代がまずは手軽な浴衣に興味を持って取り入れるのは大変に好ましい事と思います。

現在は染色技術の進化によって着物と見紛うような華やかな浴衣も多く、時代の変化と共に着方も人それぞれですが、あくまで着物とは一線を画した普段着であることを知っておいて頂きたいと思います。先述の経緯のように、浴衣は決して着物が簡略化した物ではなく、別の用途から独自に発展した物であることを考えればお解り頂けるのではないでしょうか。

近年更に発展した外出着としての浴衣は一過性のブームでは無く定着しつつある感があり、夕闇に映える華やかな姿を今年も沢山見ることが出来るでしょう。

(文:現庵/絵:吉田たつちか)

 


各国の夏休み

厚生労働省が、2003年に調査した『主要企業の平均夏季連続休暇日数(夏休み)』は8日でした。夏休みを利用して、国内・海外旅行や、帰省など移動する人が多いのが特徴だそうです。日本の子供たちにとっての夏休みは7月20日頃から8月末までの約1ヵ月半。小学校高学年ともなると塾の夏期講習などに参加する子供も多いですが、1週間程度の家族旅行の他は友達の家を行き来し遊ぶことが多いのだそう。8月の後半になると宿題に泣かされ夏休みの苦い想いでとして残っている人も少なくないのでは。

アメリカ人は、有給休暇を自分の好きなように組み合わせて長期休暇にするため「夏休みを何日とる」という感覚はありません。アメリカの子供たちにとっての夏休みは6月の中旬から9月の中旬までの約3ヶ月。この長い休暇の間には、サマー・スクールに参加したり、サマー・キャンプに参加したりとイベントが目白押しです。サマー・キャンプでは、1ヶ月にわたり家族から離れた集団生活を行い、勉強ではない様々なことを学びます。生涯の友や将来ビジネス・パートナーとなる友を見つける人も少なくないのだとか。ちなみに子供の夏休みに合わせて親も1週間~2週間の休みをとり、家族旅行として国内の避暑地に旅行に行くのが定番です。ちなみに9月が新学期なので、宿題はありません。

フランス人は、1ヶ月以上の夏休みをとる人が多いとのこと。フランスの労働法では、給与所得者は1年間に最低5週間の有給休暇を取得することを義務ずけており、このような長~い夏休みが可能となるのです。夏になると彼らは南フランスの田舎街や、東南アジアやアフリカなどにも足を伸ばします。そして1ヶ月まるまる滞在して、海や山など自然を思いっきり堪能するのです。ちなみに子供たちの夏休みは2ヶ月。アメリカ同様、夏休み明けが新学期となるので宿題はありません。

オーストラリア人にとっての夏休みはクリスマス!と、言うのも日本と気候が正反対のオーストラリアにとって、7月は冬の季節だからなのです。オーストラリアが夏を迎えるのは11月頃。12月のクリスマス・シーズンから1週間から10日間もの夏休みをとる人が多とのことです。子供たちは2ヶ月の夏休みを、ビーチなどで楽しみます。アメリカ・フランスと同様の理由で宿題はありません。

「海辺でビールを飲むサンタ」がトレードマークなのがオージー流サマー・バケーション。半袖半ズボンのサンタなんて面白そうですよね!

(文:JULIE/絵:吉田たつちか)


知って得する機内サービス

飛行機は、私たちにとって本当に身近な乗り物になりました。
その飛行機内には、お客さまに快適な空の旅を過ごして頂くために、色々な物を搭載しています。
頭痛薬、乗り物酔い止めの薬、下痢止めの薬、消毒薬、バンドエイドなど。家庭の常備薬と同じような薬が、一通り揃っています。体調が悪くなったら、我慢せずに乗務員に伝えてください。妊娠・アレルギー等、確認した上で、薬を渡してくれます。
また、市販の薬だけに留まらず、喘息用のスプレーから狭心症に効く薬や、ちょっとした手術道具まで搭載しているのです! 

もちろん、強い薬や、手術道具は、医師の資格を持った人でないと使用できませんので、ご安心を。

客室乗務員は、ファースト・エイドCPRの資格を持ち、毎年更新しています。満点を取らないと取得できない資格なので「たかがスチュワーデス」といえど、いざとなれば頼りになりますよ。ちなみに、このファースト・エイドには、出産のアシスタント訓練も入っているのです! *

本当に様々な訓練を受けている客室乗務員ですが、赤ん坊のお世話も、その一つ。ミルクの作り方、オムツの替え方までも、トレーニングで学んでいます。機内には、粉ミルク、哺乳瓶、ビン詰めのベビー・フード、SMLサイズのオムツ、玩具などが搭載しており、オムツ替えの台が付いてるトイレもあるので便利です。鏡の側に台を倒して利用するのですが、じっとしていない赤ちゃんも、鏡に気を取られるので、比較的スムーズにオムツ替えが出来ます。

また、航空券予約時に、リクエストをすれば、特別機内食を召し上がれます。離乳食、お子様食、糖尿病の患者さま向けの食事、低塩食、アレルギーに対応した食事、などなど。これらの食事は「スペシャル・ミール」と呼ばれ、ミール・サービスの時、誰よりも早くお召し上がりになれるのも特徴の一つです。

機内には、狭い通路でも移動可能な車椅子を搭載しているので、車椅子をご利用される方も安心です。車椅子の方も利用可能な、大きめの手すりのついた、お手洗いもあります。
他にも、おなじみの新聞、雑誌から、トランプや便箋、ビスケットなどのスナックなど、色々なものが搭載されています。

次回、飛行機にお乗りの際には、色々な物を頼んでみてはいかがでしょうか。搭載していても、お客さまがご利用されなければ意味がないのですから。

*通常妊娠数36週以上の場合、医師の診断書と同意書が必要だったり、38週以上だと医師同伴でないと搭乗拒否されますので、ご注意を。航空会社によっては、妊娠週28週以上だと医師の診断書や医師の同伴が必要にな ったり、36週を過ぎると搭乗させてもらえない場合もあります。
(注)航空会社によって、客室乗務員のトレーニング内容や飛行機内搭載物が異なる場合もあります。

(文:Julie/絵:吉田たつちか)

 


アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?

人間を含む動物もその起源をたどれば海にいたのです。その名残で、人間の体液の構造は「海水」にきわめて近い性質を持っています。
そして、海水に似た体液は、個々の細胞が住みやすいように、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、塩素といった成分を常に一定のバランスに保つように、微妙な調整を行っています。また、人間の体液は弱アルカリできわめて狭いPH(ペーハー)の範囲でコントロールされています。この調整機能をホメオスターシス(恒常性維持機能)と言います。だから酸性の体質がアルカリ性になるといううたい文句でアルカリイオン水といっているのは全く意味がないのです。

そもそも弱アルカリ性の水を飲めば体内がアルカリ性になるなんて発想が根本的に間違っています。なぜなら、われわれ人間の胃は、胃液を出しますが、胃液は強い酸性であることを知っていれば、アルカリ水がいかに馬鹿げているかすぐわかります。もし、本当に胃液を中和させようと思ったら、一度に何リットルものアルカリイオン水を飲まなければならないし、そんなことをしたら胃の方がますます酸性の度合いを強めようとします。すなわち、胃酸過多を起こしてしまう危険性が強いのです。

 (文:薬剤師 三上治美/絵:吉田たつちか)


女性は7の倍数で歳をとります

東洋医学の考え方では、女性は7の倍数で歳をとります。

女性は28才が身体的、性機能的(妊娠に最もよい)にピークを迎えます。

35才=肌の乾燥、抜け毛が多くなる。

42才=しみ、しわ、白髪が増えてくる・・・プレ更年期・・・若い頃になかった症状が出始めます。

49才=閉経、体型が崩れる・・・一般的に閉経前後5年くらいを更年期と言われています。

勿論、個人差があります。

30才を過ぎると、通常、1才ごとに体の機能が1パーセントづつ減退しますので、なるべく早くからの老化防止対策が大切です。

・精神安定、リズムのある生活、過労に注意し、趣味をもちつつ地域とも何らかの形で交流。

・消化力が年々低下するので、バランスよい食事で薄味、良質のタンパク質、高ビタミン、高繊維低コレステロール、低糖、低塩食。

・老化すると、腎、肺、脾の3臓の機能が低下するので、それらを補う働きの食事。

具体的には、補気、養血、滋陰、助陽

補気=米、やまいも、じゃがいも、かぼちゃ、きゃべつ、しいたけ、蜂蜜、鶏肉、うなぎ、かつおなど

養血=にんじん、ほうれんそう、小松菜、ぶどう落花生、レバー、イカ、タコなど

滋陰=梨、白きくらげ、ごま、松の実、豚肉、あわび、ほたてなど

助陽=くるみ、くり、羊肉、牛肉、なまこなど

その他、年々代謝が落ちて、毒素も蓄積しやすくなるので、解毒も大切です。

保健室でのお勧めは、腎、脾胃、肝を助ける、補血滋陰効果の高い子羊袋(プラセンタ) と解毒のタンポポ茶です。

老化はとても個人差があります。早くから養生すれば、同じ年代の人よりもとても若く過ごせますヨ♪

(文:薬剤師、薬食同源アドバイザー   高田理恵/絵:吉田たつちか)



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について