目次
7月のこよみ
7月の星座 りゅう座
梅雨末期の集中豪雨
梅雨前線のメカニズム
紫外線を吸収してくれるオゾン
夏の健康の味方「スイカ」
意外とすごい!?スイカの効用
七夕バレンタイン
たなばたとお星さま
土用の丑の日に鰻
朝顔にも歴史あり
低気圧の誕生
新しい台風情報
花(蓮)よりラーメン
5G時代の新聞
袋鉢で夏野菜
日焼け対策は「黒」
海に沈むことのない2つの星座
アロマオイルでゴキブリなどの害虫対策!
車も日焼けする?
夏を彩る浴衣
各国の夏休み
知って得する機内サービス
アルカリイオン水でアルカリ体質になるの?
女性は7の倍数で歳をとります
脾不統血の崩漏
細胞の感情
脱水と熱中症のおはなし」
絵画の楽しみ方
食器を手にもつのは世界的にはめずらしい
『いただきます。ごちそうさま。』
鍋とお箸の熱くない関係
旬を食す
生のまま野菜を食べる?
牛乳物語
百寿者の分析から
健康にいい植物オイルの使い方/選び方
イギリスの飯はまずい?
食の宝庫、ニュージーランド
遥かなる原始時代の食文化① 
幸せのおにぎり
うまい!TKG。
世界に広がるラーメン!
美味しく食べて健康に!
ときめいて過ごしましょう!
過激なダイエットは逆効果
お腹が張る原因
代謝低下で起こるめまい
不快サヨナラ、痰濁のめまい
熱中症予防に『熱さ指数』
フワフワ眩暈(午前型)
無意識ストレスと酸化
血に関する老化
沈先生の風邪対処民間療法
夜盗上がり
ストレスと便秘(気滞便秘)
恐怖感
体育会系薩摩藩士が見た長州の同志的放言
中間管理職の悲哀
音声入力が凄い!
信長が西向きゃ家康は東
太平洋横断の歴史 
満点アタチュルク
幕末維新は、女たちの戦いでもあった
英雄、残酷さと一瞬の微笑
損な役回り、蒲冠者範頼  
ちょっとの心がけで、豊かな暮らし
「提灯はまっすぐ下がる」の理に感嘆!
『古事記』の神々(その4)
デジ日記帳のオススメ
死んでも残るサイト
裸文化と日本人
「何もできない」人はいない
りんごの唄にみる詩人の凄み
こどもをお客さんにしてしまうのは誰?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

5 / 76ページ

紫外線を吸収してくれるオゾン

日本では、7月といえばまだ梅雨の末期のところが多い時期です。去年のような大雨による局地的な被害が出ないことを祈ってやみません。
さて、今回は一足早く夏の話題、というより、日焼けについてお話します。

近年、オゾン層が破壊され、地上に降り注ぐ紫外線の量が年々増加してきていることはみなさんもよくご存知のことだと思います。

オゾン層は、私たちが暮らす対流圏(上空約11kmまで)よりはるか上空の成層圏(上空約50kmまで)のうち大体高度20~30km付近にあります。そこで、紫外線のうちで人体に有害とされる波長0.32~0.28μm(マイクロメートル)の「UV-B」と呼ばれるものを吸収しています。

オゾンは、酸素原子が3個が結合した気体です。これらは、約20億年前、海中に誕生した藍藻類が二酸化炭素と紫外線を使って酸素を作り出した際(光合成)、大気中に広がり、上空に安定し、現在のオゾン層を作ったのです。そしてさきほども書いた通りオゾン層が生物に有害な紫外線を吸収してくれるようになったおかげで、生物が陸上に進出することができるようになったのです。

極端に言い換えれば、オゾン層が破壊されて有害な紫外線が大量に降り注ぐようになった現在の地球は、だんだんと生物が生きていくのに適さない環境になってきているといえるわけです。

かと言って、私たちが暮らす対流圏では、オゾンは、二酸化炭素やメタン・フロン・一酸化二窒素などとならんで温室効果気体としての働きがあるので、対流圏でオゾンを撒き散らすのも問題があると思います。

今回はちょっとおおげさな話になりましたが、ともかく、外出時には、日に当たる部分には必ず日焼け止めをしましょう!

(文:気象予報士 チャーリー/絵:吉田たつちか)


夏の健康の味方「スイカ」

スイカのおいしい季節になりました。この時期キンキンに冷えたスイカにかぶりついたときの至福感は何ともいえないものがありますね。実は、スイカは単に渇きを癒しくれるだけでなく、健康に役立つ様々な機能も持っている健康食品なんです。今回はスイカの健康機能について紹介したいと思います。

 スイカは、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯 が原産地とされていますが、日本には室町時代以降に中国から伝来したようです。中国では、西から伝わってきた瓜ということで西瓜(シーグァ )と呼ばれていて、日本へは漢字も発音もそのまま伝わって来たみたいです。

 スイカの学名は、「Citrullus vulgaris」と言います。スイカやキュウリ、ゴーヤなどウリ科植物に含まれるアミノ酸シトルリン(Citrulline)はスイカから初めて見つけられたためにスイカの学名に因んでこのように名づけられました。

 実は、このシトルリン、とてもすばらしい健康機能を持っています。まず、シトルリンは尿の素である尿素の材料となる物質であることから利尿作用があります。尿がスムーズに排泄されると尿と一緒に様々な老廃物の排泄も促進されます。

また、この利尿作用とシトルリンのもう一つの作用である血管拡張作用の二つの働きによって血圧を下げる効果も期待されています(なお、利尿作用にはスイカに含まれるカリウムも関わっています)。

さらにシトルリンやスイカの赤色色素リコピンは、がんやその他の生活習慣病の原因になるなど万病の元である悪玉の酸素「活性酸素」を消去してくれる優れた抗酸化作用も持っています。このように、身近な食品の中にもすぐれた健康機能を持つものが数多くあります。それらの健康機能を上手に使い分けながら、上手く食生活に取り入れていきたいものです。

スイカに感謝!

(医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田あゆみ)
2011.07


意外とすごい!?スイカの効用

 スイカのおいしい季節になりました。この時期、キンキンに冷えたスイカにかぶりついたときの至福感は何とも いえないものがありますね。実は、スイカは単に渇きを癒しくれるだけでなく健康に役立つ様々な機能も持っています。今回はスイカの効用について紹介したいと思います。

 スイカは、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯が原産地とされていますが、日本には室町時代以降に中国を経由して伝来したようです。中国では、西から伝わってきた瓜ということで西瓜(シーグァ )と呼ばれているらしく、日本へは呼び名もそのまま伝わって来たみたいですね。

 さて、スイカやキュウリ、ゴーヤなどウリ科植物は、シトルリン(Citrulline)というアミノ酸を含んでいるのが特徴です。シトルリンという名前ははスイカから初めて見つけられたためにスイカの学名「Citrullusvulgaris」に因んでこのように名づけられました。

 実は、このシトルリン、とてもすばらしい健康機能を持っています。まず、シトルリンは尿の素である尿素の材料となる物質であることから利尿作用があります。尿がスムーズに排泄されると尿と一緒に様々な老廃物の排泄も促進されます。なお、利尿作用にはスイカに豊富に含まれているカリウムも関わっています。

 また、シトルリンは血管拡張作用も持っていて血圧を下げる効果も期待されています。さらにシトルリンやスイカの赤色の元になっている色素リコペンは、悪玉の酸素「活性酸素」を消去してくれる優れた抗酸化作用も持っています。活性酸素は、がんやその他の様々な生活習慣病の原因なるものですから万病の予防に役立ちます。 庶民的な果物だけど、意外とすごい!?

(文:医学博士 食品保健指導士 中本屋 幸永/絵:吉田たつちか)


七夕バレンタイン

7月7日は日本では「七夕」の日ですが、台湾では「情人節」の日としてお祝いされます。

「情人節」とは「バレンタインデー」のことで、2月14日の西洋式バレンタインとは別に、台湾式七夕バレンタインが旧暦7月7日に行われます。

日本では、七夕の日に願い事をする習慣がありますが、台湾では七夕の日は織姫と彦星が年に一度会って愛を確かめ合える日だと認識して、恋人同士が愛を確かめ合う七夕バレンタインデーとなったのです。

七夕バレンタインの夜には、山や海辺など夜景の綺麗なスポットにカップルが大勢集まりデートをします。そして、西洋式バレンタイン同様、男性から女性にプレゼントが渡されたり食事をご馳走したりするのです。

台湾では女性が男性よりも強く「尻にひかれ気味」であると言われますが、バレンタインでは女性の勤め先に豪華な花束を届けて女性の自尊心を満たすなど、男性はかいがいしく女性に貢ぎます。なんと、あのホワイトデーも台湾では男性から女性に食事をご馳走する日となっているのです。つまり、一年に3回男性から女性にプレゼントをする日が定められている、女性にとっては夢のような国、男性にとっては懐が痛くなる国といえるでしょう。

それにしても七夕バレンタインなんて素敵だと思いませんか?みなさんも今年のバレンタインは意中の人と豪華な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?  

(文:JULIE/絵:吉田たつちか)

 


たなばたとお星さま

 たなばたは、アジア各地に伝わる伝統行事です。日本でも古くは、旧暦の7月7日に行われていましたが、今では新暦で行うことが多くなりました。新暦の7月7日は梅雨の真っただ中なので、たなばたの星々が見える確率は、50%ほどです。

 たなばたの風習は、奈良時代に日本に伝わりました。しかしそれ以前から日本でも、「織姫星」「牽牛星」は、夏の夜空に明るく目立っており、養蚕や耕作を司る星と考えられていました。また日本では、旧暦7月7日はお盆のころと重なるため、江戸時代などはお盆(盂蘭盆会)の行事の一環とされていたようです。

 一方中華圏では「七夕情人節」といって、恋人同士でプレゼントの交換を行っているようです。よく似た行事にバレンタインデーがありますが、それとは比較にならないほどの経済効果が、たなばたにはあるそうです。

 さて。このたなばたの主役であるお星さまたちについて、あれこれと。

日本では「織姫」と「彦星」(もしくは「牽牛」)と言うのが一般的かと思います。天文学では織姫を「こと座のベガ」、彦星は「わし座のアルタイル」といいます。ともに1等星です。そうしてこれら2つの星の橋渡しをするカササギに見立てた星を、「はくちょう座のデネブ」と言います。これは天の川の中に見える1等星です。これら3つの星を、「夏の大三角」と呼びます。

 織姫と彦星が、地上から見ると、1年のうちでこの日だけ近づいて見える、というのがこの伝説の由来なのは周知のことと思います。では実際のところ、ベガとアルタイルの距離はどれくらいなのでしょう? 実はこの2つの星は、16光年離れた所にあります。「1光年」というのは、光が1秒間に進む単位で、秒速30万kmを意味します。ですから、ベガとアルタイルは、近づいているように見えて、実はあまり近い所にはいないことになります。ちなみに、地球からアルタイルまでの距離も、16光年です。そう考えると、織姫と彦星が会うことは、相当難しそうですね。

 また西洋では、織姫のベガのことを「真夏の女王」と呼ぶそうです。彦星について、「アルタイル」ということばはアラビア語で「飛ぶわし」という意味があるそうです。

 目立つ星に、洋の東西はないのだなぁと感じます。

(コラムニスト 気象予報士 チャーリー)2015-07

 

 

 



読者登録

atecさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について