閉じる


<<最初から読む

1 / 42ページ

 

 

 

 

 

アナタ方は、徳川の政治だと思いなさるから間違っています。天下の政治です。
                                            勝海舟


 

 

 

 

 

直き真心持ちて 道に違ふことなく


まえがき

2009年夏、民主党への政権交代がおき、新しい政治への期待が高まりましたけれども、一年半たって現われたのは、民主党政権に対する失望と怒りでした。

 

果たして、政権交代とはなんだったのか。

 

本書は、民主主義に潜むリスクとコストとは何かについて考えを纏め、筆者のブログ「日比野庵本館」http://kotobukibune.at.webry.info/にて、エントリーした政治関連の記事の中でも特にこれは、と思うものを抜粋編集したものです。

 

混迷する日本の政治について考える一助となれば幸いです。


直き真心持ちて 道に違ふことなく 【目次】

まえがき

第一章 政治家の実力とマスコミ
 日本人が持つ帝王の理想像
 人徳と実力の両立
 征夷大将軍は帝に仕える存在
 マスコミにも据えられるお灸
 ポジティブキャンペーンとしての政治報道
 マスコミへの公的支援は是か否か

第二章 政治と宗教
 認識のギャップ
 政治家と預言者
 正義と正義のぶつかり合い
 権力を与えるもの
 信教の自由と政教分離の原則
 カルトが嫌われる理由
 政治の役目
 政治と宗教の役割分担
 健全な民主国家の条件
 経済大国の責任

第三章 世襲と民主主義のコスト
 民主主義のコスト
 政党助成金
 地盤・看板・鞄は民主主義のコストを最小化する
 鼓腹撃壌の日本
 徳治主義と民主主義の隙間
 世襲という看板
 一門の力
 民主主義のコストを薄く広く負担する
 直き真心持ちて 道に違ふことなく

特別対談 ~知人との世相についての対談~

あとがき

 


 

 

 

第一章 政治家の実力とマスコミ



読者登録

日比野克壽さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について