twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 雑誌 , ノンフィクション 作者 示現舎
価格 100円(税込)
タグ 同和在日大阪土地差別調査事件
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

49 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 17ページ (Web閲覧)
45ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
ガチな日本が読める雑誌「同和と在日」。
大阪土地差別調査事件の背後にある糾弾ビジネスを徹底追跡。
やっぱりあの団体が作っていた大阪府部落リストを発見。
同和行政の総本山大阪を現地から大特集。


目次
●リベラルな電波グラビア館
・俳優・宇梶(うかじ)剛士(たかし)の母がアイヌを語る
・小沢一郎にハマる中高年左翼たちの謎
●追跡 大阪土地差別調査事件
・「隠蔽(いんぺい)」と「暴露(ばくろ)」
・同和地区が個人情報であるという拡大解釈
・糾弾はビジネス? 企業が入会をすすめられる「同企連」の会費は○○万円
●ワイド 大阪同和大帝国
・やっぱりあった“大阪府部落リスト” 作ったのはあの団体
・同和奨学金返還業務は大阪市職員の墓場?
・隣保館運営費等補助金は一般対策!?
・豊中市同和住宅 一般化の意外な手法
・大阪地域支援人権金融公社のなんでやねん? 極楽返済計画
・興信所条例改正を迫る民主党にギブアップ気味の橋下府知事
●自伝本はゴールできなかったサッカー日本代表・李(り)忠成(ただなり)
●声に出して読みたい「同和と在日」文献の旅
・第1回「大阪の部落史第7巻」
●草津市ゴージャス隣保館ぶっちゃけ裏事情
・自立したくても自立できない、甘やかしと甘えの構造
・同和地区と一般地区に立ちふさがる壁
●滋賀県同和行政バトル日記⑤
・第2回口頭弁論「公営住宅の名称と位置は個人情報か?」

著者紹介:鳥取ループ
ジャーナリスト。信州大学工学部物質工学科卒。
鳥取県鳥取市出身。同和行政を中心とする、地方行政のタブー、制度の矛盾を奥深くまで追求する。
公式ブログ http://tottoriloop.miya.be/

著者紹介:三品《みしな》純《じゅん》
フリーライター。法政大学法学部法律学科卒。
月刊誌、週刊誌などで外国人参政権、人権擁護法案、公務員問題などをテーマに執筆。「平和・人権・環境」に潜む利権構造、暴力性、偽善性を取材する。
公式ブログ http://soukeidehanaika.blog2.fc2.com/

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧