閉じる


【1】

【海外旅行】インドネシア編(ハマっちゃったんだな、こりゃ・・・)

今の会社へ入る前は海外は全く興味が無かった。旅行は好きだが、もっぱら国内で温泉めぐりなどが好きだったのだ(ジジくせ~!)。パスポートを取得 するのも面倒だし、英語も出来ないし、言葉の通じるところを旅して、現地の特産物を食べるのが好きだったからだ。何時間も飛行機に乗りたくないし・・。
そんな自分が海外へ行くきっかけになったのは、今の会社の先輩のおかげである。

今の会社には年に数回、海外旅行をする人が何人かいた。
ある年の新年会にて、仲のいい先輩と旅行の話をしていたら、すっかり酔っている先輩(カトちゃん)は、「おぅ、マル。今年の夏もバリ島行くで、来いっ!」と絡んできた。

自分もすっかり酔った勢いで、「いいっすよ~、どこでもついて行きまっス!」などと調子のいい事を言って、旅の話で盛り上がっていたのである。その 会話に違う先輩も絡んできて(ナベちゃん、ちなみに年下)、知らないうちに、翌月から毎月(給料日)に積み立てをする、という話になった。
翌日、あまり先日の会話の記憶が無い自分は、毎月の積み立ての件を改めて聞いて、しぶしぶ応じる事に・・。すっかり素面に戻っている自分は海外旅行なんて興味が無かったのである。

が、カトちゃん、ナベちゃんはすっかり盛り上がっていて、バリ島のガイドブックなどを何冊か持ってきて、「よかったら目をとおしておけよ~!」と自分に渡してきたので、「こりゃ、マジで行かなあかんのか・・」と半ば諦める俺。

数日後、当時すでに3年半付き合ってた彼女に、「今年の夏休みは会社の人とバリ島へ行くから・・」と言ったら・・・彼女とは、少し前からすれ違いを感じるようになっていたのだが、このときの彼女も冷めた反応で、
「じゃあ、私は友達と沖縄でも行こうかな・・」などと言い放った。

その後数ヶ月の間は特に変わった事も無く、普通に仕事をして、普通に彼女と会い、普通に過ごしていた。時折、一人で図書館や本屋などでガイドブックを手に取り、バリ島のことについて調べたりしていた。
・・・彼女との溝は深まっているとも知らずに。これが7年前の梅雨時の事だった。

【2】

もとより趣味優先の自分が、彼女より旅行を選ぶのは必然だった!?かも・・・

夏も近づいてきた6月、旅行も現実味を帯びてきたので、元から旅行好きの俺も図書館に足を運んだりしながら、バリ島の情報などを調べていた。

この頃、普段なら週末は彼女が家に遊びに来ていたのだが、最近は来ないどころか電話すらない。
自分は自分で、彼女に電話などをして近況を聞いたりはしていたのだが、淡々と話すだけであまり突っ込んだ事などは聞かずにいた。
それより、図書館や、一緒にバリ島へ行くカトちゃん、ナベちゃんと飲みに行ったりしていた。

6月末にボーナスが支給されるので、海外へ行く前に北海道とかに彼女を誘おうと思い、電話をしてみる。
・・・久しぶりに聞く彼女の声は、「しばらく会いたくない」との事だった。
自分もそれ以上は詮索する気になれず、「何かあったら電話してくれ」としか言わなかった。

元から、あまりマメで無い上に、彼女とよりも男友達と居酒屋などで飲んだりするほうが好きだったのである。
しかも、自分の趣味にはトコトンこだわる方なので、今まで付き合ってきた彼女達には、「私より、○○(趣味)の方が大事なんでしょ!!」などと言われてきたのだ。
その度に、一抹の寂しさを感じながらも、「うん、確かにそうだ・・」などと思う俺。

あまり器用ではない上に、どっちかをおろそかにする、なんてことはしたくないし・・・。今の楽坊へのハマリ具合を見れば一目瞭然である(笑)

そんなこんなで、彼女とも連絡を取らなくなってからバリ島旅行は目前に迫っていた。

投稿者 maru : July 4, 2004 12:44 PM


コメント

φ(.. )彼女は置いてけぼり・・・メモシトコッ

投稿者 jingshang : July 4, 2004 09:17 PM

彼女頂戴っ♪ U=゜エ゜=U ハチ啓

投稿者 U=゜エ゜=U : July 5, 2004 07:04 AM

自分も不器用ですから・・・by健さん
(注:けんたろう はありません。高倉健さまです)

投稿者 けんたろう : July 7, 2004 11:03 PM



【3】

これまで行った事のない海外へ行くのだから、ガイドブックなどを買って、情報収集に明け暮れる毎日&少しでも現地の言葉を話せたら旅も変わるかな、と思い、バリ島の(インドネシア)言語を勉強しはじめる夏が始まった。

今の会社では、有休と特別休暇を使って夏期休暇の申請をすれば、7月から9月までの3ヶ月の間の好きな時に連休が取れるので、カトちゃん、ナベちゃんと話し合った結果、
「どうせなら少しでも長く行きたい!」ということになり、土、日曜日と9月の祭日を絡ませれば13連休になるので、9月中旬に行く事に。
7~8月と会社の同僚などが夏期休暇で旅行に行くのを、羨ましく思いながら、(あと4週間、あと3週間・・・)と日々、指折り数える暑い夏だった。

この年の夏、彼女と連絡を取らなくなってからすでに2ヶ月がたっていた。仕事の休日の日なども、自分の中では「どうしているだろう。元気でいるだろうか?」などと思いつつも、
自分から連絡を取ることもなく、カトちゃん、ナベちゃんと飲み歩く日々を過ごし、頭の中ではサンセットで有名なクタ・ビーチでサーフィンなどをしている姿を想像したりしていた。

次第に旅行の日も近づき、8月の終わりごろにパスポートの申請をした。パスポートの有効期間は5年より10年の方が安くなってるので迷わず10年の方を選択・・・
そのおかげで、未だパスポートの写真は7年前のロン毛の自分の写真が・・・(自分で見ても笑ってしまう)

9月に入り、旅行用の洗面道具や海外でも使用できる電化製品(シェーバー、ドライヤーなど)を買ったり、ガイドブックを見ては、(海外へ持っていったら役に立つもの)なるものを
買い揃えたりして、自分はすっかり(旅行モード)に入っていた。海外旅行へ行くときは、当日の朝、5分ほどで用意する今では考えられないが。

旅行の用意や、本などで情報収集などをして、いよいよ来週はバリ島へ!というときに突然、彼女から電話がかかってきた・・・。

投稿者 maru : July 21, 2004 09:23 PM


コメント

ドキドキ じらさないでね。

投稿者 太もも : July 24, 2004 02:16 AM


【4】

バリ島から帰ってきたら、一度は自分から彼女へ連絡を取ってみようとは思っていたのだが、いきなりの電話だったので驚いたのと同時に、自分の中に、悪い予感も走った・・・。

今回の旅行の話が出る前は、3年以上付き合ってたこともあり、言葉にはしなかったものの、(結婚)という意識はすでに自分の中にあった。が、これほど長い間彼女と連絡を取らなかった期間、というものも無かったのだ。

携帯のスピーカーから聞こえてきた返事は・・・・・予想通りのものだった。さすがに楽天家の自分もこの時ばかりは凹んだ・・・。
その日から数日は落ち込んでいたものだが、悩んだり考えたりしても気分が悪くなるだけなので、(時間がたてば忘れられるだろう・・・)と自分に言い聞かせ
あまり考えないないようにしていた。この日を境に、カトちゃん&ナベちゃんは、自分の強引な「飲みにいこう!」という半ば強引な誘いに付き合わされることに(笑)

旅行の前日に、今まで旅行用に買い揃えていたものを収容するものを、ということで、(海外に行くならやっぱりスーツケースかなぁ・・)と思い、カバン専門店へ。
実際にスーツケースを見てみると、キャスターがついて便利そうだが、いかにもゴツイうえに、冒険好きであちこちに行く自分としてはいかにも不便そうなの で、結局手ごろなバックパックを購入。・・・これ以後海外旅行を繰り返していた時期に、この選択は正しかった!と知るのだった。

家へ帰り、用意したものなどをバックパックへ詰め込み、何度も忘れ物はないか、などと点検をし、早めに寝ようと思っていたのだが横になっても旅先で の空想などをして、半ば興奮しているので、なかなか寝つけれずに時間だけが過ぎていった。・・・小学生の頃、遠足の前日にワクワクして寝れなかった頃が あったような気が。・・変わってないな、自分と思ってみたりする(笑)
「少しでも寝とかないと」、と思い、ビールに手が伸びる俺。

「とにもかくにも、明日は初海外!」ということで、空になったビール缶を横目に、更に(プシュ~ッ!!)と缶を開ける自分・・・。これが翌日、体調に響いたのだが(笑)

投稿者 maru : July 24, 2004 11:34 PM


コメント

あの,実は自分,海外旅行したことないんです・・・。このシリーズ,勉強になります・・・。

投稿者 nk : July 26, 2004 05:58 PM

>あの,実は自分,海外旅行したことないんです・・・。

鎖国主義の方ですか?嘘

投稿者 keidoh : July 26, 2004 06:43 PM

あの~持ち物はバックパック一個だけなんでしょうか?
 

投稿者 太もも(空港のカート利用者) : July 26, 2004 07:57 PM

当時はバックパックに荷物を詰め込んでましたが、今はバックパックの中はパスポート、現金、着替え1枚ずつのみ持って行って、洗面道具や着替えは現 地調達しています(アジアなら安い上に手軽なお土産に!?)4年前に買ったTシャツや下着、短パンなどは今でも愛用してます(笑

投稿者 まる : July 26, 2004 09:45 PM


【5】

いよいよ、旅行当日である。目覚めて時計を見ればまだ朝の5時半である。

昨夜寝たのは、空が白み始めた4時頃だったので正味2時間も寝ていない。深酒がたたったのか頭が重く、目の焦点もピントがずれまくりである。
だが、(旅行へ行ける!)という期待感で身体は軽かった。

シャワーを浴び、荷物の点検を再度してから、集合場所のナベちゃんの家に。カトちゃんもすでに来ていた。
この後、同じ会社の海外旅行好きの先輩に、名古屋空港まで車で送ってもらうのだが、ここでも3人揃うとすぐに(乾杯~!)が始まった。
2本目の缶ビールを飲みかけの頃、迎えの車が。飲みかけのビールを手に車に乗り込み、他人の車の中で宴会を始めるうちら。

朝の早い時間なら1時間とかからずに名古屋空港へ。車を降り、空港内へ。国際線ターミナルはテレビのドラマ等でよく別れのシーンなどで使われているのを見たことがあるので、
(どんなんかな?)と思って足を踏み入れたら・・・今の名古屋空港は最近改装したのだが、このときは、それ以前の古くてボロっちい、小さいターミナルだったので、いささか拍子抜けした。

とりあえずチェックインカウンターで、座席のリクエストだけしておこう!という事になったので、迷わず喫煙席でトイレに近い席を確保。
今では海外へ行くときは、当然のようにリクエスト等してるのだが、この時は、飛行機の座席をリクエストしたり、今では残念な事に無くなってしまったが、ガルーダインドネシア航空には、喫煙席、というのがつい2年位前まで存在していたのだった。

3人が3人ともバックパックで荷物は機内持ち込みのみだったので、チェックインも早く終わり、搭乗時間までの1時間以上の間をレストランで過ごす事に。
朝食もろくにとってなかったので、モーニングセットを頼む3人。もちろんビールもだが。

飲食をしつつ、ガイドブックを眺めたり、インドネシア語の単語を口に出してのたまい始めたりしていた自分。
いきなりカトちゃんが、「おい、マル!国際線の飛行機は靴を脱がなあかんぞ~!」とか言ってきたので、「はい、はい。初めて飛行機に乗る奴に絶対言う冗談ね~」、と
あしらってたら今度は、「知っとるか~!国際線はビール飲み放題やぞ~!!」、とか言ってきたので、「はいはい、分かりますた~!・・・だったら、ここで金を払ってビールを飲んでるうちらはな~に??」とか酔っぱモードで会話していた。
・・・ビールが飲み放題の乗り物。「そんな夢のような乗り物があったら、毎日乗るっちゅ~の!!」、とこの時は思っていた。

朝食も終え、さらにビールを飲むおいら達。周りの客の白い視線にも気づかずに、ますますヒートアップして、でっかい声で、「サヤ マウ プルギ ク ~~「私は~へ行きたいです」などと、
ガイドブックに書いてあるインドネシア語を、ろれつの回らない口で朗読していた俺。

投稿者 maru : July 26, 2004 07:28 PM


コメント

ビールの飲み放題もありがたいのですが、東南アジアからの帰路で北上してるとき気流の乱れるところありませんか?
私の中国旅行では、いつもといっていいほどあって、「シートベルト着用サイン」が出てトイレに行かれなくなります。
私の旅行は中国国際航空が主だけど、あの会社の飛行高度って高いんですよね。だからだと言われたことがある。
以前はユナイテッド航空で上海に行ってるときはそんなことなかった。だからゆっくり飲めたのだけど(笑。
でもアメリカンビールばかりで不味かった!

投稿者 keidoh : July 27, 2004 06:04 AM

この旅行紀も含め、一番利用するのが、ガルーダ・インドネシア航空で、名古屋発だと7時間のフライトになりますが、途中、台湾~フィリピン上空で必 ずと言っていいほど、シートベルト着用のランプ点灯とともに、機体がかなり揺れるスポット!?があります(笑)今では慣れましたが、当時は、機体が少し揺 れるだけで、背筋がゾッ、とした記憶が・・・詳細は、今後レポで乞うご期待!!

投稿者 まる : July 29, 2004 07:47 PM



読者登録

keidohさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について