閉じる


<<最初から読む

1 / 25ページ

   ベース オブ シークレット
清水らくは

 宝の山から引っ張り出したものは、着々と実用段階に移されていった。とりあえず一番高い買い物はガスボンベで、それ以外のものはほとんど現地調達できた。コンロには火が点いたし、やかんも洗ったらそれなりに綺麗になった。各自家から持ってきたティーパックで、最初の温かい一杯。

 三人は顔を見合わせ、大きくうなずいた。いいじゃないか……そういう気持ちだったと思う。

 初めてこの場所を発見してから約一か月。地道な努力の甲斐あって、ついに僕たちは快適に過ごせる秘密基地を手に入れたのだ。

「それにしても……謎だよな」

 秘密基地の建設に関しては、僕らは何もしていない。見つけた時にはほぼ現状のまま「あった」のだ。汚れてはいたものの、朽ちている、と言ったところはほとんど見られなかった。そして食料や毛布、いくつかの生活用品もあり、おそらく誰かここに住んでいたのだろう、ということになった。

 ここに住んでいた人がどうなったのかは、当然気になる。でも、生活の跡はあるものの現在誰か住んでいる様子はなかった。別のところへ行ってしまったのか、あるいは……

 しかし僕らは、そんなことを長く気にするタイプではなかった。労なく手に入れた秘密基地。しかも夏休みが迫っている。沢を下らなければいけないものの、距離的にもそれほど遠くない場所にある。こんなにわくわくすることがあるだろうか!

「うん。ここに住んでた人、どんな人だったんだろうね」

 最初は仙人か何かかと思ったけれど、見つかるものはすごく俗っぽかった。古い一眼レフカメラ、携帯ラジオ、ゴシップ雑誌、そして数多くのボードゲーム。まるでここには、大学生が複数人で暮らしていたのではないかとすら思えてくる品揃えだった。虫取りや木登りに飽きると、僕らはボードゲームを楽しんだ。セミの鳴き声降り注ぐ中、三人だけ利空間で遊ぶボードゲームは最高だった。

 双六やモノポリー、オセロに将棋。僕らはそれらのゲームにバカみたいに夢中になった。誰にも咎められることなくゲームができる、それがうれしくて仕方なかったのだ。もちろん夕方には家に帰らねばならない。でもちゃんと帰りさえすれば、僕らは元気に駆け回っていると思ってくれる。まさか秘密基地でゲーム三昧とは気が付くまい。

「案外、ずっとここに住んで大人になった人だったりして」

 三人の想像を組み合わせると、ここに住んでいたのは中学生の時に家出をした男性で、世間とはあまり関わらないままこの場所でずっと暮らしていた、というものだ。ただしいろいろとお金のかかるものがあることから、年に数か月だけ働いていたのではないか。そしてある日、父親が病気であることを知りここを去って行ったのだ。

「うおー、なんか小説みてえ」

 武雄はこの話になると妙に興奮する。ただし、話の内容を考えるのは主に久司だった。

「小説なら、その人がひょっこり帰ってきて僕らと鉢合わせ……するかもね」

「まじかー」

 久司は想像力が豊かだ。ただ、たまに現実を忘れてしまうところは欠点なのだが。

「あ、もう五時だ。帰らなきゃ」

 僕の役目は、この二人を引っ張っていくことだ。武雄は走り出すと、久司は考えだすとなかなか止まらない。僕はたいして得意なことはないけれど、いつでも時間を気にするぐらいならできる。

「早いなー。また明日来ような」

「そうだね」

「さあ、帰ろう」

 帰り道は少し切ない。別に家が嫌いなわけじゃないけど、どこか心が落ち着かない。そんな毎日の繰り返し、だった。

 

 

「見つけたー」

 突然の声に僕らは動きを止めた。だるまさんが転んだ、をしているみたいになった。入口からこちらを覗く二つの顔。一つはよく知っている。近所に住むヨオコだ。散髪屋の娘で、親同士が仲がいいのでよく遊んだ。少し黒めで、髪はさらさらと肩まで、そしてひょろっと手足が長い。

 もう一つの顔は初めて見る。色白で顎が細くて、くせっ毛を強引に後ろで束ねている。ヨオコの後ろに隠れるようにしているが、見たことのないようなきれいな顔立ちで、どうしても目をひかれてしまう。

「なんだよ、ヨオコ。何しに来たんだ」

 最初に呪縛から解かれたのは武雄だった。

「最近静かだからおかしいと思ったの。夏休みは毎年うるっさくしてるのに」

 ヨオコは腰に手を当てて仁王立ちだ。まるで僕らは容疑者のよう。

「その子は誰?」

 そう聞いたのは久司。僕と同じ疑問を持っているようだ。

「従妹の冬美。しばらくこっちにいるの」

「……お世話になってます」

 控えめな様子、上品な感じ、すべてが新鮮に見えた。彼女は都会から来たに違いない。僕がこれほど想像しているのだから、久司の中では目くるめく物語が出来上がっていることだろう。

「それにしても、こんなものよく作れたものねえ」

「最初からあったんだよ。作れるわけねーだろ」

「考えてみればそうね」

「三人で協力して、掃除したりしたんだよ」

「ふうん。じゃあ、手伝うわ」

 三人は顔を見合わせた。

「何よ、私たちはのけ者にする気?」

「いやそういうわけじゃないけど……どうする?」

 こういう時に武雄には決断力がない。僕の出番だ。

「どうせ断ったって引き下がらないだろ。その……せっかく従妹も来てるわけだし、みんなで楽しもう」

「さすが話が分かる。いいわね」

「わかったよ」

「了解」

 そんなわけで、三人の秘密基地は、五人の秘密基地になった。

 



 七日間、という区切りが重要な意味を持つようになった。冬美ちゃんがここにいられる時間だ。

 冬美ちゃんは僕らよりも一歳年下で、帰国子女らしい。日本には一時帰国していて、イギリスに戻らなければならないのだという。都会どころか外国だった。

「じゃあ、英語話せるの」

「はい。あとメキシコにもいたので、スペイン語も」

「すごい……」

 冬美さんはボードゲームに興味を持って、控えめに笑いながら楽しんだ。日本でしか手に入らないものも多いようだし、何よりご両親があまりそういうものを買ってくれないのだそうだ。

 ヨオコは家から立派な釣竿を持ってきた。父親のものらしく、大きなリールが目立つが、手入れはあまりされていないようで汚い。

「倉庫にあったから持ってきた」

「すげー」

 僕らが竹から作ったものとはまるで違う。冬美ちゃん以外はすごく興奮した。

「あの……」

「どうしたの、冬美」

「えーと……魚って、川にもいるの?」

 冬美ちゃんのとんでも発言に皆しばらく顔を見合わせた。

「えーと」

 困るヨオコ。

「そっか、イギリスには川がないのか」

 おかしなことを言う武雄。

「今から、実際に釣れるところを見に行こう」

 建設的なことを言う久司。そんなわけでみんなで釣りをすることになった。

 小さな滝壺があり、腰掛けられる大きな岩がある場所。昔からそこが僕らの釣りスペースだった。

「冬美ちゃん持ってみなよ」

 武雄が強引に釣竿を持たせる。

「こ、こうですか」

「そうそう。浮きをよく見ておくんだ」

 と、最初はいろいろと教えることがあったのだが、結局は待つしかない。竿が一本しかないので、みんな暇になる。

「ひょっとしたら、本当に川には魚いないのかもねー」

 一番最初に飽きたのはヨオコだ。自分が持ってきたのに釣竿を使えないので拗ねているのかもしれない。

「あっ」

 と叫んだのは久司だった。視線の先は浮き……動いている!

「おっ、ほら、引いて」

「え、え」

 武雄が必死にサポートしようとするが、冬美ちゃんはおろおろしてなかなかうまく糸を巻けない。結局武雄がリールを巻き始めた。

 そして僕は、冬美ちゃんの後姿をずっと見ていた。白いワンピースが似合うだなんて、なんて素敵なんだろう。

 何とか釣り上げられたのは、あんまり大きくない魚だった。

「マスかな」

 よくわからないけど、久司が言うならそうなんだろうということになった。そして、次に竿を握ったのはヨオコ。待ってましたという感じだ。そして武雄が続けて指南をしている。

「なんか疲れちゃいました」

 冬美ちゃんは、僕と久司の方を向いてはにかんで見せた。かわいすぎた。

「戻ろうか。釣れることはわかっただろ?」

「はい。私、釣りは苦手だと思う」

「久司は」

「僕はもう少しいるよ」

「そっか。じゃ、いこっか」

 平静を装ったが、ドキドキしている。僕のすぐ後ろをついてくる冬美ちゃん。今から、二人っきり。

 

 

「あのね……これ教えてほしい」

 小屋に戻るなり冬美ちゃんが指差したのは、マグネットの将棋セットだった。久司と少しやってみたものの、なかなか終わらなくてやめてしまった。動かし方はわかるのだが、いまいち熱中はできない。

「なんでこれを?」

「前、友達に聞かれたの。日本人だから知ってるでしょ、教えてって」

「へー」

 外国人は意外なことを知りたがるものだ。まあ、忍者の秘儀を教えてくれと言われるよりはましか。

「じゃあ、やってみようか」

 盤を広げ、薄っぺらい駒をつまみ上げていく。

「同じように並べていって」

「うん」

 僕の真似をしていく冬美ちゃんだったが、飛車と角の位置を逆にしてしまった。どちらでもいいと思ったようだ。

「角が左なんだ」

「なんでかな」

「なんでだろう」

 理由を考えていったらよくわからなくなる。とりあえず先に進むことにした。

「歩はね、一マスだけ前に進めるんだ」

「うん」

 一つずつ、実際に動かして教えていく。冬美ちゃんも、真似をして動かす。だんだん頭と頭が近寄ってきて、なんかいいにおいがしてくるような気がする。

「で、相手の駒と同じところに進んだら、取ることができるの」

「そうなんだ」

「で、自由に空いたところに置くことができるんだよ」

「すごい」

 ルールを教えるだけだけど、結構時間がかかってしまった。こんな時間ならば、いつまで続いたっていいのだけれど。

「じゃあ、やってみようか」

「うん」

 実際に対局をしてみる。冬美ちゃんはまだ動かし方を覚えきれていないのか、たまに動けないところに駒を動かしてしまう。そのたびに訂正して、もう一度手を考えてもらう。一局終わるのに一時間ぐらいかかった気がする。

「あー、負けちゃった」

「でも、接戦だったね」

「そうかな。もう一回やろうよ」

「うん」

 二度目の対局、駒がぶつかり始めた頃。

「あっ、何してんの」

 ヨオコの声だった。そのあとさらに二人分の足音。みんなが帰ってきた。

「将棋」

「へー。そんなのまであったんだ」

「おっ、面白そう」

 武雄も興味があるようだ。

 そのあとみんなで将棋をしてみたが、すぐにヨオコは飽きてしまい、武雄も勝てないので「おかしい!」と言って無理やり久司とヨオコを誘って別のゲームをし始めてしまった。結局再び僕と冬美ちゃんで将棋を続けることになった。

「そろそろ帰ろうか」

 いつもは僕が言うセリフを久司が言った。夕方になっていた。

「また明日……教えてね」

「うん」

 気分は、もう明日だった。

 毎日が同じように楽しく過ぎていくわけではない。冬美ちゃんがいられる時間は決まっているのだ。

 僕らは昼ご飯を食べ終わると、一直線に秘密基地に向かうようになった。一度待ち合わせる時間をも惜しむようになったのだ。中でも僕は早めに向かった。最初に小屋に入り、こっそり見つけた将棋の本を読むのだ。すごく古くて、紙は黄ばんで今にも崩れそうだった。書いてある中には読めない漢字もあった。それでも今まで知らなかった知識がいっぱい書いてあり、僕はむさぼるように読んだ。そして冬美ちゃんに、得意げにそれを教えるのだ。

「すごーい。全然攻められないね」

 冬美ちゃんかが一番驚いたのは、「美濃囲い」というものを作った時だ。たぶん、「みのうがこい」と読むと思うのだが、簡単に作ることができて、その上とても王将が安全になる。

「もう、将棋ばっかりして。大富豪しようよ、大富豪」

 ヨオコはトランプが好きだった。武雄もそれに合わせているし、久司はトランプに対して何かしらの探究心を持っているようだった。

「わかった、じゃあちょっとだけ」

「またあとでだね」

 あまりにしつこいので少しだけのつもりで参加したら、熱中してしまった。大富豪には終わりがない。

 気が付くと夕方だった。

「あのね……明日は、早く来る」

 帰り際、僕にだけ聞こえる声で冬美ちゃんは言った。

「うん、僕もそうするよ」

 そう、明日は七日目。冬美ちゃんが来られる、最後の日。

 

 

 風の音が、少し大きかった。沢の水の流れも、早い気がした。空は曇り空。

 小屋の扉を開けると、冬美ちゃんはすでにいた。小さな口を大きく開けて、おにぎりを食べていた。僕が入ってきたのに気が付くと、あわてて空いている方の手で口を隠した。

「あ、……こんにちは」

 ちょっともごもごとしながらのあいさつ。とってもかわいかった。

「早いね」

「最後の日だからいろいろ見て回りたいって言ったら、お弁当作ってもらえたの」

「ヨオコは?」

「まだ寝てた」

 二人でくすくすと笑った。そして冬美ちゃんはご飯を食べ、僕は将棋盤に駒を並べた。最後の一日。そして、最後の二人だけの時間。

「はじめよっか」

「よし」

 将棋を始めて、いつもより少しだけ口数が少なめになった。ここに来れなくなるだけでなく、冬美ちゃんは日本からも離れるのだ。今この瞬間を、大切な思い出にしたいと思っているんじゃないだろうか。僕も、精一杯その手伝いをしたい。

 風が扉をたたく音が大きくなってきた。そして、肌に少し湿り気を感じる。窓から外を覗くと、雨粒が見えた。みるみるそれは勢いを増し、あっという間に大雨になった。

「急だね」

「すぐやむかな……」

 冬美ちゃんにとって、日本の気候は全て未知数なのだろう。だけど、僕にもこの雨がどうなるかなんてよくわからない。

「とにかく……雨漏りしないといいな」

「今のところ大丈夫そう」

「みんな……来れるかな」

 この雨では足元も危ないだろう。傘を持ちながらの移動も危険だ。

「このままだと来れないかなあ。すぐやんだらいいけど」

「だといいね」

 僕たちもこのままでは帰れない。いつもより暗い部屋で、とりあえず二人は将棋を始めた。

「なんか、すごい強くなった気がするな」

「そうかな」

 二局ほど終わった時だった。部屋の中が一瞬真っ白になった。二人の動きが止まった。そして数秒後、ドーンという大きな音とともに、小屋全体がびりびりと揺れた。

「ワッ」

 冬美ちゃんは体を揺らして、そしてとっさに僕の手をつかんだ。僕もとても怖かったけれど、なんとか「大丈夫だよ」と言って、笑顔を作った。

 それから何回か、雷は続いた。将棋どころではなかった。そして、当然誰も来なかった。二人は世界から取り残されているかのように、不安に顔をゆがめていた。

 どれぐらいの時間がたっただろうか。雷は鳴らなくなり、小屋全体が静寂に包まれていた。窓から外を覗くと、雨脚も随分と弱まっている。

「やんだら帰ろう。みんな心配してるだろうし」

「そうだね」

 雨はどんどん小降りになり、降らなくなり、ついには日の光まで差してきた。世界は、嘘みたいに明るくなった。

「もうちょっと、みんなといたかったな」

「もう、ここに来ることはないの? 来年は?」

「日本には来るかもしれないけど、ここまでは……。先のことはわからない」

 あまり考えないようにしていた。毎年、夏休みは終わらないつもりで遊んでいた。そして今、この日、冬美ちゃんとの最後の時間だということも受け入れられていなかった。

「わからないなら、来れるかもしれないよね」

「……うん」

「じゃあ、またここで会えるかもね」

「……うん」

「もっと教えられるように、将棋強くなっとくよ」

「……うん! 私も、何とかして勉強しておく」

「じゃあ……これ持ってきなよ。僕はどこかで買うから」

 最初からぼろぼろで、そしてさらに使い込まれた将棋の本を、僕は冬美ちゃんに渡した。

「いいのかな」

「いいよ」

 扉を開ける。日常へと戻る、出口。

「またここでね。たとえ十年後でもさ」

 なんでそんなことを言ったんだろう。でも……言わずに後悔するような人間じゃなくてよかった、と思った。

「うん。またここで」


 埃を掃き集めて、外に捨てる。月に一度ほどは掃除しているとはいえ、使っていないとすぐに汚くなってしまう。

 僕だけがここに残った。大学、就職、夢を追っての上京。いろいろな理由で、みんなが旅立っていった。

 だんだんと、それはただの習慣になっていった。何かにすがって、信じ続けて、頑張り続けるような人間ではなかった。この秘密基地を守り続けることで、自分を見失わないでいられる気がした。みんなのように大きな目標は持てなくても、大丈夫だって安心したかった。

 腰を掛けて、折り畳み式の盤を開く。九年前、お年玉で買ったものだ。今思えばおもちゃなのだが、当時は木の盤というだけでとてもテンションが上がった。駒袋から駒を取り出す。駒も平べったい、字をプリントしたもので、せめてもと思ってあとでいい駒袋を買ったのだ。その後バイトもするようになって新しいものを買う余裕はあったけれど、結局ずっとこれを使っている。

 駒を並べていく。何回も繰り返したこの作業。僕は、棋譜を並べるのが好きだった。一つ一つの棋譜が、オリジナルの物語だと思った。途中で難しいことは考えずに、ただただ再現していく。それが楽しい。

 携帯電話を開いて、モバイルページに接続する。昨日行われたタイトル戦の棋譜を検索。今日この場所で並べるために、見るのを我慢していたのだ。

 今、一番強い人たちの将棋。やっぱり、迫力が違う。

 中盤から、よくわからない手順が続く。次の一手が全く予想できない局面で、手が止まる。きっとここが勝負どころだ……

「昨日の将棋だね」

 耳の後ろから、すっと手が伸びてくる。白くて細くて、それでいてピシッとしていて。その手は飛車をつかみ、自陣に打ち付けていた。まったく予想外の、相手の攻めを封じ込める一手。

「見てたんだね」

「昨日、日本に来たの」

 振り返り、ちょっと驚いた。そこにいたのはもちろん大人になった彼女で、それは予想していた。けれどもすらっと背が高くて、肩まである髪はゆるやかにウェーブしていて、とっても知的な顔で。記憶の中の少女が、こんな風に成長するとは思っていなかった。

「それでここまで来たんだ」

「私、約束は守る方だから」

 彼女が帰国すると知ったのは二週間前。アマチュアの女流棋戦に海外招待選手が呼ばれることになって、そこに彼女の名前があったのだ。見つけた瞬間は飛び上るほどびっくりしたけれど、すぐに言い知れぬ喜びに変わっていった。

 僕はどこかで、確信していた。どれだけ時間がかかっても、この日が来ると。

「時間はあるの」

「うん。今日は大丈夫」

「じゃあ、指そうよ」

「うん」

 僕の前に座る彼女。真っ白なワンピースだ。

「ちょっと待ってね」

 急いで棋譜を並べて、そして二人で最初の形に駒を並べ直す。

 十年ぶりだ。

「なんか変な感じ。あの頃と変わらないね」

 そう言って、冬美ちゃんが最高の笑顔を見せてくれる。確かにこうしていると、子供の頃の気持ちがよみがえってくるようだ。

 だけど。確実に一つ変わったことがある。あれから僕は、頑張って将棋の勉強をした。いつの日かこうして対局できるとき、しっかりと教えられるように。そして、アマ初段の免状をとった。それを見せて、少しは自慢しようと思っていた。

 でも、冬美ちゃんの方が頑張っていたのだ。彼女は海外で一番強い女性になって、ここに戻ってきてくれた。教わるのは、僕の方だ。

 窓の外は、太陽の光であふれている。夏の日に、秘密基地で、最高の思い出に、最高の思い出を重ねていく。

「お願いします」

「お願いします」

 大人になった二人はしっかりとお辞儀をして、対局を始めた。きっとずっと、忘れない一局になる。



読者登録

清水らくはさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について