閉じる


<<最初から読む

10 / 25ページ

3六歩

清水らくは


傷つけ合うことは基本楽しい
認め合わなければ殺し合いになるから
二人は出会いを歓びに変える
それでも時に
絶望が片側を闇で照らす

盤上で日は暮れる
ぶつかり合う鐙
安心していた心の隙に
見たこともない槍が刺さる
痛みを感じる暇もない
秒は有限を刻々と知らせる
汗も唾も涙も全て
逆流するほどの熱が来た

突き出されたものは
受け止めねば ならない
与えられたものには
答えを返さねば ならない
けれど
時に残酷に痛みは一方的に
覆いかぶさってきて
世界を停止させて
そして
未知の歓びを植え付けていく

二人の逢瀬が過ぎて
戦場は風に飲まれる
3六歩という歴史は
未来の引力を倍増させた
再び傷つけ合う

一番長い日の一瞬

清水らくは

戻れないことも
理解できないことも
後ろ向きになっても
力の限りで
悔いながらでも
没頭するしかない

まだわからない
類似局面の中で
やめてしまえばいいとか
待ってほしいだとか
わかりはしないだろう
たいしたことはない
などと言い捨てても
弁解は見苦しい

ただ、止まれない
逃げても、逃げ切れない
崖っぷちでも
忘れてしまっても
ごくまれにある希望へと
浮かび上がっていく心は
誰だって望むことだろう



楽しんだのは昔のこと
悲しんだのは昨日のこと
儚いのはいつものこと
信じられない全てのこと
不誠実で切り拓いていけ
時間に追われ限界を超えて
今しかない先端を追え

禁じられた扉を開けて
無定型の果てで探す
羅針盤は壊れてしまった
未完成の城壁の手前
受け取った天命
来期へと橋を渡す

灰色を自分色に染める
ぶつかった瞬間の想いを込めて

金本月子(以下月子)
えー、皆さんこんにちは。『五割一分』という小説に登場する金本月子と言います。今回『駒.zone』創刊を記念して、ツイッターで大人気のぜいらむたん(@Zeirams)と特別ルールでツイッター対局することになりました。

今回の特別ルールは、「三択チャンスルール」
下手が好きな時に三択チャンスを宣言すると、上手は候補手を三つあげます。下手はその中から好きな手を選べるのです。
三択チャンスは三回。……このルール、実は重大な不備があったのですが……とりあえず、対局の方を見ていきましょう。

ぜいらむ ▲7六歩
月子!ぜいらむが勝ったら月子が一昨日履いてた虎縞のニーソもらうお!だから手加減してね♡
(※ぜいらむたんの中では、私は「ツインテールでニーソという設定になっているのです……)
あれ?全然反映されてないんだよ? (twitter将棋)
…と思ったら始まってた。
月子 △3四歩
ニーソネタで押し切らないでくださいね!
(※実は二手目が悪手。角交換されたら取る駒が二つしかなく、ここで三択チャンスを使われていたら角損になるところでした。三択ルールはどうやら無理があるようで……)
ぜいらむ ▲7五歩
この対局は「駒.zone」に掲載予定とのことなんだけど月子のコーナーはないの?巻頭グラビアとか。
月子 △3五歩
コーナーは企画しているのですが、私にするかさくらさんにするかで作者は悩んでいるそうです。……グラビアは……えーと……
(※「さくらさん」は『レイピアペンダント』という小説の主人公)
ぜいらむ ▲ 7八飛
おかしい。月子は原作では居飛車党だったはずなのにっ!何かSui / Shogiの匂いがするっ!
(※「Sui / Shogi」は作者のホームページ。将棋を心理学的に解析……したりしてるんでしょうか?)
月子 △3二飛
作者が石田嫌いなのとは……関係ないですよ?
(※嫌いです)
ぜいらむ ▲5八金左
相矢倉を指したかったのに(嘘だけど) 作者が気難しいせいで(ぼそっ)
三択チャンスのルールを【全く】把握してなかったしww 月子さんのツイートを遡るなど。
月子 △4六歩 
とりあえず……成り行きに任せます
(※ぼけてました)
ぜいらむ
4六歩はどこから飛んできたwww?
月子 △4四歩
失礼しました。モニターをひっくり返して見たいです……
ぜいらむ ▲ 6六歩
さっきので反則負け終了だったら「駒zone」休刊のお知らせだったね。
月子 △8二銀
……盤に着手しない限り、大丈夫と教わりました。ええ、ええ。
ぜいらむ ▲6八銀
ふと思ったんだけど、角道とめたのは三択ルールの穴に気づいたぜいらむを信用してないってことだねっっ!ひどい!
(※……正解です)
月子 △6二王
いやーまさかーそんなことないですよー。しいて言えばルールの不備に気付いていなかった作者のせいです……
(※システム上後手の王将は「王」で表されます)
ぜいらむ ▲6七銀
質問!月子さんは里見さんみたいに詰め将棋毎日解いてるの?ぜいらむは毎日妖怪絵を眺めてるけど。
月子 △4二銀
枕元に本を置いていて、一問解けてから布団を出るようにしてます。あと、移動中は解いていることが多いかも……
(※私は師匠である三東四段の家に居候していて、ロフトで寝ています)
ぜいらむ ▲4八玉
ところで、月子は、自分が師匠より遥かに遥かに遥かに強いって、いつ気づいたの?ま、まさか、一目会ったその時とか?
月子 
そうですね……二段に上がったころ、練習将棋で勝てるようになりました。……今夜はここまでで、封じ手にしてよいでしょうか。
(※『五割一分』内では、師匠は最弱若手棋士という設定になっています……)
ぜいらむ
そうか、先生は二段か(ぼそっ あ、封じ手とかいつでもいいよん。無言で去ってもOK。のんびりやりましょ。「駒ZONE」発行はどうせまだまさ先だし(ぉ



そんなわけで一日目はここまで進みました。ご覧の方は思うことでしょう……「ぜいらむたん、ハンデ要らないんじゃ?」
三択チャンスの恐怖に怯えつつ、慎重に駒組みを進める私。さて、この後どうなるでしょうか……


読者登録

清水らくはさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について